がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>抗癌剤

108 名前: 肺がん外科医 投稿日:2009/11/06(金) 22:25
>>101
「抗がん剤治療は必要だから」という言い方は誤解を招くところがあります。

お母さんの状況は、リンパ節転移の広がりが「N,」となっていて分らないところが
ありますが、肺内転移があってT4、リンパ節転移はN1-2くらいとしますと、5年生存
率は10%+@程度になるでしょう。とりあえず15%という数字にしますと、点滴による
抗がん剤で上積みされる5年生存率は5%程度ですから20%程度の5年生存率に
なるということです。これは平たく言えば、100人のうち15人は癌細胞がどこにも
潜んでいなくて、何もしなくても治る、5人は抗がん剤で潜んでいた癌細胞を
押さえ込むことができて治る、80人は潜んでいるがん細胞を抗がん剤でも押さえ
込めず、癌で死んでしまうということです。

ですから、抗がん剤を受ければお母さんの病気が治るという訳では全然なくて、
100人のうち95人はやっても役に立たないのです。15人はやらなくても治る、
80人はやっても治らないのですから。従って、「抗がん剤治療は今、するべき
だった」とは言えません。しかし、抗がん剤が役に立つ5人になるかもしれないと
期待するのなら「今、するべき」です。しかしまた、そう期待してやっても95人は
無駄な治療を受けることになります。実は、「80人」の中の1人は抗がん剤の治療の
副作用が元で亡くなるということも考え合わせなくてはいけません。しかも、相手に
するがん細胞は見えませんから、抗がん剤が効いているのかどうかも判断できません。

他方で、抗がん剤による治療で、一般的なイメージのように苦しむとは限らない
ことも重要です。薬の進歩のおかげでケロリとしている方も次第に増えてきている
のは確かで、でも、そういう時代になっても副作用がひどく堪える方もおいでです。
困ったことに、どの程度副作用がつらく出るかはやってみないと分りません。

そのようなわけで、つまるところ、「後悔したくないから、今できるだけのことをやって
おきたい」という願いを持てるかどうかで決めるしかないと思います。副作用は
「ケロリ」でいけるかもと期待してかかり、あとは実際にやってみた具合と、「5%」と
いう数字との兼ね合いで相談していくということでしょう。この方法のよいところは、
副作用の出具合が実際にお母さんではどうなのか、ということがはっきりするから
今後のことを決めやすいという点です。悪い点は、その1回が命取りになる可能性も
少しはある点ですが、それは既に手術もそうだったのです。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]