がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>抗癌剤

80 名前: 肺がん外科医 投稿日:2008/08/08(金) 11:16
>>79
70は正しいですが、単位が間違っています。70mg/m2(体表面積1平方メートル当たり70mg)です。
いまどきの医者は自分の話を患者さんがきちんと理解しているか、非常に神経質になっています。
このような単位をおろそかに扱われたりすると、話が分っていないんじゃないか、ということで信用
してもらえませんよ。

さて、詳しくはドセタキセル(タキソテール)の添付文書をお読みいただくと良いですが、
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4240405A1029_1_12/
欧米では1回の最大投与量は100mg/m2です。これに伴って浮腫の発現率及び重篤度が高く、
それを軽減するためにステロイドの前投与が原則です。加えて、本邦での臨床試験では70mg/m2
の用量では骨髄抑制がかなり強く、白血球を増やすためにG-CSFを6割以上の方で投与しなく
てはいけなかったということで、調製方法の項目には赤字で「最高用量は70mg/m2です。」と
書いてあります。

従って、本邦で70mg/m2を超えて投与しようということは普通はないはずです。臨床試験として、
例えば骨髄移植やG-CSF投与を前提とした、70mg/m2を超える投与ということは試みられるかも
しれませんが、あくまでも試験ですし、このような工夫を加えた超大量投与の試験の多くは、
超大量ゆえの優位性を示せておりませんので、今後もあまり期待できないと思います。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]