がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>肺がん末期の呼吸困難

222 名前: ゆきりん 投稿日:2011/11/10(木) 02:23
父が亡くなって、早いもので一年3ヶ月が経ちました。

父が体調が悪くなり、病院へ行った際(母も同伴で)ドクターから、長生きは行られない!っと言い放ったらしいです。

その日、父は食事が出来なかったらしく、凄く母も落ち込んでました。

その事を弟に話したら、直ぐにドクターに連絡して話をしたそうです。でも、ドクターは、私は永い事医者をしてるが、そんな事を言った事は一度も無い!っと言い放ったらしいです。

父は、その話を聞いて、急激に悪くなって…入院…そして、ドクターが話した月に亡くなりました。

父は治療方が無く、でも頑張って生きろうとしてたのに、ドクターの一言が、精神的に…。

私は一生涯ドクターがいい放った言葉を忘れません。
○○鉄八幡病院の今永先生…

部長までしてる貴方は何故患者の気持ちも解らず、そんな事を言ったのが…

話しても水掛け論で、医者にはかないませんから…。

ても言われた父、母はかなりの落ち込み様でした。

ドクターの皆さん、簡単に人の死を口にして欲しくないです。

223 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/11/11(金) 16:26
医療以外でも
言った、言わない
は、よくある事
あるタイプの人間は
平気で自分の発言した事をお忘れになりますからね
私なんて、以前
あなたの聞き間違いでしょう
と、サラッと言われましたから

224 名前: ゆきりん 投稿日:2011/11/14(月) 09:40
223名無しさん…返答ありがとうございます。
どこにも人の気持ちを解らない人って居ますよね。


ですが、その当時の父の気持ちを考えると遣り切れない気持ちです。

父は肺ガンが見つかり、同時に血液の病気もみつかって、肺ガンの治療をすると、血液の病気が白血病に移行する…その確率は9割りと言われ、ただ月一の定期検診をするだけで、2つの病気の治療は全く出来ませんでした。

そんな父にドクターが言った一言…あまり長生きは出来ないやろ~…

父と母の初めて見る落ち込んだ顔…まだ覚えてます。

本当に酷いドクターです。

225 名前: りく 投稿日:2011/11/16(水) 21:36
初めて書き込みをします。
今月頭、母が肺がん末期で余命3ヶ月を宣告されてしまい
まだ頭の中の整理がつかずにいる者です。
母のがんは全身に転移し、腰に大きな転移箇所があるので
歩くこともおぼつかないような状態です。

つい先月までは大きな声で笑っていたのに
随分と痛みを我慢していたのだろうと思うと
涙が止まりません。

きっと、母もショックを受けているのだろうに
家族を気遣ってか痛みがない時は散歩につれて行ってとか
あれが食べたいとか言ってくれるのですが
やっぱり痛みは酷いようです。

この先、皆様のレスを読む限りでは
呼吸困難などの症状が現れるのですね・・・。
私も覚悟しなくてはいけませんね。

今まで、沢山心配をかけてしまったから
私にできることはすべてしてあげたい。
一日でも、一分でも一秒でも長く
母との時間を過ごせたらいいと願う毎日です。


ゆきりんさん>>
医師ってどうして無神経な人が多いのでしょうね。
私の母も最初、肺がんと診断される前に足が思うように動かなくなった事で
整形外科にかかったのですが、そこで
何でもないことのように

「あー、肺がんの末期だね。うちで治療できることないから呼吸器内科行って。」
と突き放すように言われました。
確かに整形では畑違いなのでしょうし
できることもないのかもしれませんが
もう少し気を使ってくれても良いのではないかと
後になって腹が立ってしょうがありませんでした。
その時はショックで呆然となってしまって
あ、そうですか。としか言えなかったんですけどね。

大きな病院の場合(うちの母の場合は某大学病院でしたが)
患者数が多い事もあって麻痺しちゃうんでしょうかね。


226 名前: まる 投稿日:2011/11/21(月) 21:44
りくさんへ。

うちの父も肺小細胞癌と診断されたとき、担当医に
余命が長くて1年といわれました。
その1年は、好きなことができますか?という私の質問に

「いやいや、まあこの先頭か肝臓か骨に転移して・・
あ、骨は痛いねー、尋常じゃなく。」と半笑で
言われました。

人間じゃないと思いました。

今、父は放射線治療による間質性肺炎でとても危険な状況に
あります。
苦しそうで見ていて本当に辛いです。毎日泣いています。

りくさんのお母様がどうか、少しでも苦痛のない
治療がありますように祈っています。

お互い辛いですが、がんばりましょうね

227 名前: りく 投稿日:2011/11/23(水) 19:05
226 まるさん>>

お父様が危険な状況にあるとのこと、心配ですね。
家族が苦しい時、何もしてあげられない事がとても辛いです。
できる事なら代わってあげたいとさえ思います。

患者が痛い時、家族も同様に苦しいのだという事を
理解できていない医者が多いように思います。
慢性的な医師不足なのでしょうし、日々多くの患者を診ている医師の
感覚が麻痺してしまうのも、仕方のない事なのかもしれませんが
医師にとっては大勢いる患者の一人でも私たちにとっては
かけがえのない家族だって事を忘れないで欲しいものですね。

まるさんのお父様が肺炎を乗り越えてくれる事を祈っております。




228 名前: レモン 投稿日:2011/11/25(金) 13:40
1週間ぐらい前にあたしの彼氏が癌で余命1ヶ月と宣告されました。

なかなか会える距離ぢゃなく、電話ぐらいしかできません

2、3日前から夜に喘息が出て意識なくなるとゆっていました

彼の家族によると彼の心拍数わ一回ゼロになったそうです

いつ喘息がでるかわからず
いつ死んでもおかしくない状態なんですが私わ彼を失いたくないです

でも何をしてあげればいいのかわかりません


229 名前: 投稿日:2011/11/25(金) 22:03
はじめまして。

祖父が余命あと1週間で入院中です。鼻カニューレに酸素マスク、心電図にサチュレーション、点滴にモルヒネのルート…。
もう辛そうで見てられない状態です。

毎日祖母とお見舞いに行きますが、ルートを引きちぎったり酸素マスクを外してしまったり、痛みと呼吸苦で暴れてしまい、医者からモルヒネの投与を進められ昨日から投与を始めました。
祖母も祖父のことで気がまいってしまい、鬱状態になってしまいました。

医師からモルヒネを打ってからは少しずつ意識がなくなっていく状態になると言われ、了承したのですが、複雑な心境です。
よかった。今日は起きてる。明日は起きてるかな?いつまで起きててくれるのかな?と思うと、モルヒネを了承した自分が祖父を殺してしまっている気分になりました。

祖父は早く治って家に帰りたいと言っており、このまま意識を無くしてしまうのは祖父の意思に反するのではないか、しかし痛みが強く、モルヒネを投与しなければどうしようもないという状況です。
祖母にもモルヒネの投与の話は話しておらず「強い痛み止めで、時々ぼーっとすることがあるかもしれない」としか話していません。


明日は生きていてくれるでしょうか。明日はまだ起きていてくれるでしょうか。
自分の判断は間違っている気がしてなりません。
悔いが残らないようにと言いますが、何をしても後悔が残ってしまいます。

来年から看護師として働くのですが、こんな辛い思いをする仕事とは思いませんでした。祖父に何もしてあげられず、何のために看護師になろうと思ったのか、何の役にも立っていないじゃないかと自責の念にかられます。

愚痴だけをこぼす形になってしまい申し訳ありません。


230 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/11/25(金) 23:16
>>229

>医師からモルヒネを打ってからは少しずつ意識がなくなっていく状態になると言われ、了承したのですが、複雑な心境です。

なんと申しましょうか、それが普通の判断だと思います。
ただ、

>祖母にもモルヒネの投与の話は話しておらず「強い痛み止めで、時々ぼーっとすることがあるかもしれない」としか話していません。

これはまずいかも知れません。
おじさいさまとおばあさまは夫婦なのですから、話すべきではないでしょうか。

>来年から看護師として働くのですが、こんな辛い思いをする仕事とは思いませんでした。祖父に何もしてあげられず、何のために看護師になろうと思ったのか、何の役にも立っていないじゃないかと自責の念にかられます。

しかし、そういう経験を持った人が看護師になっていただくのは患者としてはありがたい話です。
この先、人の死に慣れてしまって感覚が鈍感にならないように注意していただきたいと思います。


231 名前: りく 投稿日:2011/11/29(火) 02:00
>>229

私の母は余命3ヶ月と宣告されてから一ヶ月が経過しようとしています。
まだ抗がん剤の治療も始まっておらず、痛み止めを服用していますが
吐き気が強く、背中をさする事しかできない自分がもどかしく思う事が多いです。
いずれ、私もモルヒネ点滴の選択を強いられるのでしょうが
きっとMさんと同じ選択をするのだろうと思います。
痛みで苦しむ姿を見るのは辛いですし、あまりにも可愛そうですから。

それから、これはガンとは関係ありませんが
私自身腎不全を患い、入院、一生透析生活となった時
明るい看護師さんにどれだけ勇気付けられたかわかりませんし
泣いている私の母にもやさしい言葉で励ましてくださったそうです。
Mさんはご家族の気持ちも経験として分かってくださる
イイ看護師さんになられると思います。
どうか、頑張ってくださいね。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]