がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>肺がん末期の呼吸困難

229 名前: 投稿日:2011/11/25(金) 22:03
はじめまして。

祖父が余命あと1週間で入院中です。鼻カニューレに酸素マスク、心電図にサチュレーション、点滴にモルヒネのルート…。
もう辛そうで見てられない状態です。

毎日祖母とお見舞いに行きますが、ルートを引きちぎったり酸素マスクを外してしまったり、痛みと呼吸苦で暴れてしまい、医者からモルヒネの投与を進められ昨日から投与を始めました。
祖母も祖父のことで気がまいってしまい、鬱状態になってしまいました。

医師からモルヒネを打ってからは少しずつ意識がなくなっていく状態になると言われ、了承したのですが、複雑な心境です。
よかった。今日は起きてる。明日は起きてるかな?いつまで起きててくれるのかな?と思うと、モルヒネを了承した自分が祖父を殺してしまっている気分になりました。

祖父は早く治って家に帰りたいと言っており、このまま意識を無くしてしまうのは祖父の意思に反するのではないか、しかし痛みが強く、モルヒネを投与しなければどうしようもないという状況です。
祖母にもモルヒネの投与の話は話しておらず「強い痛み止めで、時々ぼーっとすることがあるかもしれない」としか話していません。


明日は生きていてくれるでしょうか。明日はまだ起きていてくれるでしょうか。
自分の判断は間違っている気がしてなりません。
悔いが残らないようにと言いますが、何をしても後悔が残ってしまいます。

来年から看護師として働くのですが、こんな辛い思いをする仕事とは思いませんでした。祖父に何もしてあげられず、何のために看護師になろうと思ったのか、何の役にも立っていないじゃないかと自責の念にかられます。

愚痴だけをこぼす形になってしまい申し訳ありません。



  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]