がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>肺がん末期の呼吸困難

235 名前: hiro 投稿日:2012/04/08(日) 07:26
MMSというサプリメントは御存知ですか?
判断は自己責任ですが、一応リンクを貼っておきます
http://www.vernisaj.com/wordpress/

236 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/04/08(日) 14:27
サプリ禁止だから、ここは

237 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/04/09(月) 00:22
>>235
注意喚起されているMMSを貼らないように。

カナダ保健省
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1423.html
米国FDA
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1493.html

238 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/04/23(月) 20:36
母は肝臓癌で死に、今度は父が肺がんです。
これからどうしよう。

239 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2012/05/27(日) 17:35
父がいるのが当たり前で、末期癌を宣告されても割と元気だった父に
何もしてあげることができなかった。
仕事も最後までやり遂げたいと、亡くなる数日前まで会社へ行っていた。
体調が急変して入院してお見舞いに行った時には、変わり果てた
父の苦しむ姿に涙が止まらず、しかしどこまでも前向きだった父に
涙は見せてはいけないと、暖かい言葉をかけたくても余りかけることができず
自分の無力さに後悔がつのるばかり。
いつものように玄関の鍵をガチャリと開けて、帰ってきてほしい。

240 名前: ぽぽ 投稿日:2013/05/10(金) 09:35
昨日父の余命を聞きました。まだ父には告知していません。医師から治療はもう、何も出来ない、あとは痛みを取る事だけ…と言われました。昨年肺癌判明わ直ぐに1
~2カ月に渡る放射線治療して、腫瘍が小さくなったので退院。暫くは、元気に過ごしてきたが、昨年まつから、咳痰が増え、呼吸困難、肺炎発症し入院繰り返す。定期的に肺癌観察していて、今年の2月まではあまりかわらない診断、昨日の診察で腫瘍が大きくなってる。治療は何も出来ない!はぁ?なに?って感じでした。あげくのはてに余命宣告。父も薄々感じ取っているみたいでわ弱気な発言ばかり…元々、喘息持ちで、じん肺からの肺癌!他の病院に変わっても、治療はしてもらえないのか…痛み取るしかないのか…どうしたらいいのか、分かりません。父は76歳。母は17年前に乳癌で他界。

241 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2013/05/10(金) 11:48
240 ぽぽ様

厳しい状況が続くかと思いますが、家族としてできることは
お父様が食べたい物を食べさせてあげたり、
体をさするなどのマッサージで、少しでも気分良くさせてあげてください。
最期までご本人は、精一杯生きることに頑張られるはずです。
病状が進んで意識不明になられたとしても、励ましの声掛けは大切です。
お辛いでしょうが、今を大切になさってください。

242 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2013/05/10(金) 14:09
>>240

>今年の2月まではあまりかわらない診断、昨日の診察で腫瘍が大きくなってる。治療は何も出来ない!はぁ?なに?って感じでした。

どのような経過観察が行われてきたのかにもよりますが、残念ながら、その手の見落としの類いの話はよくある話です。

>他の病院に変わっても、治療はしてもらえないのか…痛み取るしかないのか…

病院にやる気がないなどの不信感をおぼえたのなら、当然、他の病院を探すべきでしょう。
ただ、日本のがん医療では早期発見された場合は世界でもトップクラスの医療が受けられるのですが、早期発見されなかった場合は一転して先進国でも最低水準の医療しか受けられません。
しかも、老人となると、さらに医者のやる気がなくなります。
さらに、呼吸器内科に回されているのなら、これまた、やる気のない医者が多い診療科なのです。
よって、やる気のある医者を探すには方々の病院を当ってみる必要があります。
内科医はやる気がない場合が多いので、内科的治療であっても、あえて、外科医に依頼するという人もいます。


243 名前: ぽぽ 投稿日:2013/05/10(金) 14:35
424:名無しさんありがとう。兄とも話したのですが、まず、本人の意思を最優先、治療を希望するなら、他の病院連れて行こうとかんがえてます。ただ、現在じん肺訴訟して、国からの援助受けてる状況。資金具利は厳しい状況もあります。それに、今まで、じん肺の方で、長いこと苦しい思いをしてきた父にこれ以上は苦しい思いをさせるのも…私の意地で他の病院つれついってもと、悩んでます

余命に関してはまだ、父はしりません。伝えて身辺整理をさせるか、今まで、父一人でしてくたので、私達は何もわからず、施設に父の母も健在していて…

244 名前: ぴぃちゃん 投稿日:2017/09/06(水) 22:50
はじめまして
夫が小細胞肺癌末期と診断受けました。
6月末に胸が苦しいと体調不良を訴え、すぐ総合病院に救急搬送されました。しばらくして病状も改善し医師からも異常なしと言われて帰宅。その時、レントゲンや血液検査等をしてもらいました。翌日、開業医で胃カメラなどで診てもらいましたが、これも以上なしでした。なんだったかよくわからないまま、通常の生活に戻り、仕事もそのまま継続しました。
8月始めに出張先で同じような症状にみまわれ、救急搬送されました。そこで初めて縦隔離に大きな腫瘍が確認され、癌の可能性があると言われました。すぐ帰るように伝えて翌日に帰宅させ、その次の日に初めて救急搬送された病院を受診しました。
検査、検査で診断されたのは8月末。
呼吸器癌専門の病院にかかり、やっと9月に抗がん剤治療開始の予定になりました。
余命宣告は受けていませんが、医師より厳しい状況だといわれてます。
この2カ月、悔やまれてなりません。
既にリンパに転移しており、呼吸困難などの症状が出現してます。6月の時点で予測されていたら・・違ったかも?と悔やまれます。
明日、抗がん剤治療で夫の身体状況に大きな変化がみられるでしょう。
不安でたまりません。夫はまだ66歳です。悔しい!


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]