がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>肺がん末期の呼吸困難

9 名前: なお 投稿日:2005/02/18(金) 16:05
私の父も肺小細胞癌でした。

最後の入院で、肺に溜まった水がラシックスを使っても抜けなくなり、癌細胞のために肺に酸素が取り込みにくくなって呼吸数が落ち、とても苦しそうでした。
最初の頃は鼻からの酸素、次に酸素マスク。「このままいくとやがて心不全になります。酸素マスクだけの酸素で足りなくなった場合は気管内挿管になりますが、どうしますか?」とドクターに聞かれました。

父は、「治療をすればあと何年も生きられるなら良いけれど、そうではないなら余計な延命はしたくない。ただし痛みだけは取ってくれ」と、言い置いておりましたので、気管内挿管はお断りしました。ドクターに告げたとたん、涙が出ました。

それでも2日ほど頑張ってくれたのですが、いよいよ呼吸数が落ちて苦しそうな父に、私は「先生が、もう少しで良くなるとおっしゃってましたよ」と、(励ますつもりでしたが)不用意に言ってしまいました。すると父は「違うよ、もう解ってる。慰めなくてもいいよ」とでも言うように苦しそうに首を何度も横に振りました。
母と相談して、苦しさだけは何とかして欲しいとドクターにお願いしたところ、「睡眠導入剤を使えば苦しさは感じなくなるでしょう」という事で、モルヒネではなく睡眠導入剤を使って下さることになりました。

朦朧としている父に「先生が楽になるお薬を使って下さるそうなんですが、どうしますか?」と聞いたところ、父は深く頷きました。
父は、全て解っていたと思います。
睡眠剤が入ってとろとろと眠り、苦しそうな表情はなくなりました。その後、何度か薬が切れる度に入れて貰い、2日後に眠るように静かに息を引き取りました。

3年間、癌と壮絶に闘ってきた父に「やっと楽になれたわね」と母が話し掛けていました。
私たち家族の選択は間違っていなかったと思うし、延命を拒否して「尊厳ある死」を自ら選んだ父を尊敬しています。

こういう選択もあるという事で経験談を書きました。長々とすみません。

10 名前: 専門医 投稿日:2005/03/09(水) 03:55
モルヒネ投与はセデーション前の段階です。
モルヒネの作用で呼吸が細くなり、呼吸困難の苦しみが軽減されます。
結果的に体内に二酸化炭素が蓄積されるので体力は少しずつ悪化します。
投与量にもよりますが、モルヒネ=寝つづけるは間違い。
起きて本を読んだり会話したりも可能です。

11 名前: 専門医 投稿日:2005/03/09(水) 04:00
>初回からもう絶対目を覚まさない量のモルヒネを投与すると
これはあきらかにセデーションですね。安楽死と同義です。
セデーションは最後にやる事です。
意識を落とすレベルまで投与しないで、モルヒネ量でQOLを上げる
考えで良いと思います。

12 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/09/22(木) 11:22
叔父が呼吸困難になり、酸素マスクをつけメモリは、8も9もあがっていき
とてもつらそうで唇が紫色になっていました。頭が痛いみたいで
脂汗がでてタオルで冷やしていたタオルがその脂が浮いていました。
結局なにか注射で眠るように逝ってしまいました。ショックで今でもあの呼吸の
音が耳について離れません。同じように入院している主人ですが、痛みを
訴えてきました。肺ガンで気道が狭くなっていてゼーゼー言ってるし
今度は胸から脇にかけて痛みがひどくてロキソニンでは効かなくなっています。
それに肩があがらなくて二の腕にまで痛みがあるようです。モルヒネを使うことは
痛みがとれるでしょうけど、幻覚をみたり、もう時間がない!と
いうことでしょうか?叔父はモルヒネと違う薬でしたが苦しむと決断しないと
いけないことが つらいです。

13 名前: 親不孝 投稿日:2005/10/04(火) 22:42
あたしの父が 肺がんになりました。どうしていいか わかりません
放心してます。

14 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/10/05(水) 18:17
親不孝なんて思わないで親孝行してあげて下さい。
早期なら手術もできますし、治療が可能です。
頑張ってください。

15 名前: 弘康 投稿日:2005/10/17(月) 00:12
      自分も一年前に父を亡くしました。当時診察結果を自分ガ直接聞きました。明日にもタンがからめば・・・と言われました。それからはちょっとでも顔が見たい声が聞きたいと約半年の間毎日病院に行きました。生前は車で20分にいながら半年会わない事もありましたが、それからはちょっとでも顔が見たい声が聞きたいと約半年の間毎日病院に行きました。最後の一ヶ月は昼仕事一日おきの泊りです。自分の生まれた時の話やたまには喧嘩するほど沢山話したり父の意思で医者止められても背負って三階の自宅にも二時間帰ったりした。死んだ時悲しさよりきちんと見送れたと思いました。今は会いたいと思うが一つ静かに眠るように死んだ時、本当は、苦しくても苦しくても目があかない、声が出なったのか、安らかに逝けたのか夢の中ででも聞きたいです。沢山会話したけど父に病状を悟られるのが嫌で全力で育ててくれたお礼が言えませんでいた。お父さん ありがとう。                                                                          

16 名前: 応援してます7 投稿日:2005/10/17(月) 00:50
家族が癌と診断されれば誰でも辛いしどうすればいいかなんてわかりません。診察結果にもよるけど一番辛い患者さんと、どう接していくかで入院生活もかわります。支える人が混乱してどうするんですか、会話の中からやりたい事、食べたいもの、会いたい人、辛い気持ち、今後楽しみにしてる事、聞いていれば自分がやらなければいけない事があるはず。家族は面会に行くのではなく患者さんのお手伝いにいくんですよ。親孝行はこれから沢山出来るじゃないですか、親不孝かどうかは親がきめます。自分は辛くても患者さんが笑えることを見つけてあげてください。ぎ                                                                                                                                                                                                                                

17 名前: .g 投稿日:2005/10/17(月) 00:59
iiop


18 名前: 長男 投稿日:2005/10/17(月) 21:59
四日前、父が肺がんで亡くなりました。六十一歳でした。
最後は次第に呼吸の数が少なくなり、そして亡くなりました。
意外と冷静に見取ることができました。悲しくないといったらうそですが長く苦しい生活から解放され“お疲れ様”といった感じです。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]