がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>大腸癌の腹膜播種

50 名前: おやじ 投稿日:2006/08/04(金) 13:06
食事で気をつけることは、バランス良く 良く噛んで 大食いしない。 それだけです。抗がん剤治療以外でってまず抗がん剤を勉強すべき。 血液検査、マーカーの意味、治療の効果とは、副作用とは を学ぶべき。 医者任せではいかんです。
間違っても健康食品なぞ買うのではない。 そんな金があれば 旅行やら音楽やら有意義なものを患者の為に使うべき。

51 名前: 774 投稿日:2006/08/05(土) 10:00
現在、国内での癌性腹膜炎に対する積極的な取り組みとしては
全身~局所化学療法、姑息的局所処置、症状緩和処置に加え、
都立駒込病院などで行われている切除不能例に対する局所動注療法、放射線/温熱療法、
静岡県立静岡がんセンター、福井大学病院、滋賀医科大学病院、
などの腹膜亜全摘/温熱化学療法、持続温熱腹膜潅流(CHPP)、
鳥取大学病院などの低浸透圧腹腔内化学療法、
岐阜大学病院などの局所バイオセラピー、
などのトライアルがあります。

52 名前: 52 投稿日:2006/08/13(日) 20:17
yumiさんへ
>>34 おちゃさんの教えてくれている国立がんセンターのページを読まれることをお勧めいたします。
自分の父も現在ほぼ同時期にyumiさんのお母さんと同じ状態にあります。
父には思い当たる心労、ストレスがあり、現在は規則正しいストレスの無い生活を送ることに集中しています。
ご家族との旅行なども良いのではないでしょうか。生活の乱れ、ストレスなどにより癌になるとすると、その逆は癌に対抗する手段にもなりうると国立がんセンターも言っているのです。
食事について参考として同HPにこういう説明もありました。
http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/events/050618b.html#06_1

53 名前: ひかる 投稿日:2006/08/18(金) 15:02
73歳の義父です。
2001年の秋に下咽頭ガンと診断され、化学療法・放射線療法を繰り返し、2003年2月に喉頭を摘出しています。
2004年の暮れに下血があり、大腸ガンと診断されました。(転移ではなく原発と診断されています)
2005年の1月に大腸ガンの手術を受けました。
その際に咽頭にも腫瘍が見つかり、パラプラチンを使いながら放射線治療をしたのですが、腕にかゆみを感じ、アレルギーと診断されて抗がん剤は止められました。
今年の7月31日に2度目の腸閉塞を起こし入院。
それから現在まで約3週間、鼻からイレウス管を通しての治療をしています。
今2日に1回くらいのペースで、少しずつ奥のほうへ管を入れていってます。
主治医から、今のところ家族へは改めての病状説明はありません。
ただ、今週14日に廊下で主治医に呼び止められ、「腹膜に転移している」とだけ義母が告げられました。
腹膜播腫とは言われてないのですが、そういう意味であると思っています。
パラプラチンでアレルギーを起こしてから、他の抗がん剤、検査のための造影剤が一切使えないと言われました。
抗がん剤等についてはまだまだ勉強不足だとは思うのですが、他に使えるような薬剤などはないでしょうか?

主治医からの正式な説明がない段階での質問は不適切かと思ったのですが、いてもたってもいられなく、投稿させていただきました。
どうぞ、よろしくお願いします。

54 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/12/11(月) 01:19
骨肉種の症状の始まりは?どんな感じなんでしょう?

55 名前: とまと 投稿日:2007/02/14(水) 23:27
初めて書き込みします。
去年の年末に父が大腸癌と診断され、肝臓にも転移があり、今年に入って手術をしました。
肝臓はそのままで大腸を切って人工肛門になりました。
術後1週間は調子よく流動食も食べていましたが、すぐに腸閉塞になり10日後に再手術になりました。
おなかを開けてみたら、腹膜播種だったのです。肝臓の方も癌でパンパンだったそうです。
先生はもう治療の施しようがなく余命1ヶ月と言われました。
今は2回目の手術から1週間経ちましたが、熱が続いていて腹水もたまってきました。
今もまた癒着がみられるそうです。ずっと禁水・禁食でかわいそうでたまりません。
本当にもう治療法はないのでしょうか?どなたか詳しい方いらっしゃいませんか?
どうぞ、よろしくお願いします。

56 名前: ちゃ 投稿日:2007/03/01(木) 22:37
腸管癒着には漢方薬も効果があると聞いたことがあります。
腹部膨満、便秘に効果のある大建中湯という漢方薬で排ガス、排便が改善した報告例もあるそうです。
腹水には真武湯という漢方薬が効く場合もあるそうです。

微力ながらコメントします。
頑張ってくださいね。

57 名前: とまと 投稿日:2007/03/02(金) 17:52
ちゃさん、ありがとうございます!
あれから腹水は治まって、食事も少し食べられるようにまでなりました。
癌は大きくなっていっているのですが、これからの治療法をいまだ迷っているところです。
漢方薬も視野に入れて先生に相談してみようと思いました。

58 名前: たく 投稿日:2007/03/16(金) 22:12
私の父は、現在77歳です。
一昨年の10月に大腸がんの手術を受け、開腹したら腹膜播種の状態でした。
その後昨年春には、甲状腺がんの摘出手術を受けました。
甲状腺がんの術後経過は良好でしたが、
昨年10月には手で触っても分かるような塊が見つかり、悪性とのことで再手術。
余命数ヶ月だろう、との通告。ショックでした。
その後、より効果の高い抗がん剤。そして、点滴抗がん剤。
月単位で余命を伸ばしましょうと言われましたが、
状態は最悪で、突然、ほとんど寝たきりで食事もとれなくなり、抗がん剤はやめました。
医者は、副作用ではない。と強調しますが、副作用以外の何ものでもありません。
抗がん剤で殺されるところでした。
今後、ガンがどうなるかは分かりませんが、とにかく元気付けて、近々温泉旅行にも連れて行こうと思います。
今、健康食品でガンばってます。

京都のすぐき漬の持つラブレ菌とキチンキトサンでつくった「キトサンラブレ」と
元素ゲルマニウムなどからつくられた「インデューサー」の2つの健康食品を飲んでます。
「キトサンラブレ」はインターフェロンでリンパ球を活性化し、
インデューサーはそのインターフェロンを体内に強力に誘引してくれるということで、
今はそれに賭けてます。
また、インデューサーの有機ゲルマニウムは体内の細胞に沢山の酸素を供給してくれ、全身の血行を良好にしてくれて、ガンにとっては不都合ですが、身体にとっては、良い方向に作用するらしいのです。
結果が出てないので、なんとも言えないですが、抗がん剤では死んでしまうので、父親を励ましながら毎日過ごしてます。
それなりに金額は高いけど、後悔だけはしたくないので、できるだけのことはしてあげたいですね。

皆さんの読んでて、いろいろ参考になります。
いい情報載せてくださいね。






59 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/03/17(土) 11:44
健康食品の書き込みは食品、民間板へ。
こちらではやめてください。

60 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/03/17(土) 13:43
>>58
具体的な商品名を記載するのは問題ですよ。
「健康食品」だけで十分です。



前 次 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp|広告出稿|(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]