がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>腹膜中皮腫の治療について情報交換しましょう

1 名前: けんと 投稿日:2009/07/21(火) 22:51
2000年にこちらの掲示板で母のこと(膵臓がん)についてお世話に
なったけんと、と申します。

今回腹膜中皮腫についてスレッドを立てさせていただきます。
このスレッドは肺中皮腫を含まず、純粋に腹膜中皮腫に限らせて
頂きたいと思います。
ですので、あえて「肺」ではなく「消化器」のカテゴリーに
入れさせていただきました。

実は夫が腹膜中皮腫と診断されました。
現在手術(Peritonectomy)が適応になるのかどうかの検査中
なのですが、海外在住の為日本のように検査が進まず、待ち
が長くてイライラしているところです。

Peritonectomyについては、いろいろ論文があり読んでいます。
が、論文の対象疾患が腹膜中皮腫だけでなく、他の消化器がん
の腹膜転移も含まれているため、生存率など疾病間の有意差が
あるのかどうか、など細かい事はわかりません。
しかし、生存率2年以上が約50%というかなり希望の持てる
結果が術中温熱化学療法との併用によって可能になっている
ので、手術ができれば何とかなるかもしれない。
という期待を持っています。

腹膜中皮腫については、情報が少なく、ぜひこの掲示板
スレッドをとおして、情報交換をしたいと願っています。



2 名前: けんと 投稿日:2009/07/30(木) 15:08
英語文献のアブストラクトのコピーです。
オーストラリア・シドニーのSt.Georgeホスピタルの
Dr.Morrisのチームが発表しているデータです。

REVIEW OF PATIENTS WITH PERITONEAL MALIGNANCY
TREATED WITH PERITONECTOMY AND HEATED
INTRAPERITONEAL CHEMOTHERAPY
REEMA HADI,* VANESSA SAUNDERS,† OLGA UTKINA,* PHILIP CLINGAN,† PETER KAM,† MATTHEW LINKS†
AND DAVID L. MORRIS*
University of New South Wales, Departments of *Surgery and †Medical Oncology, St George Hospital,
Sydney, New South Wales, Australia
Background: Peritoneal dissemination of malignancy is usually considered incurable. The purpose of the present study was to
evaluate the efficacy of intraperitoneal chemohyperthermia and cytoreductive surgery.
Methods: The present article is a retrospective review of prospectively recorded data in 60 patients who underwent 71 peritonectomy
procedures between January 1996 and May 2004. Hospital records, a database and department notes were studied. Conditions
treated were pseudomyxoma peritoneii (PMP) and appendiceal cancer (23), mesothelioma (7), colorectal cancer (CRC, 15), ovarian
cancer (6) and other forms of malignancy (9). Following cytoreductive surgery, early postoperative intraperitoneal chemotherapy
(EPIC) was given in 47 procedures, five with added i.v. mitomycin C. In 34 procedures, heated intraperitoneal chemotherapy (HIPEC)
was administered. A policy change was made from intravenous to intraperitoneal mitomycin C chemotherapy in December 2001.
Peritoneal cancer index (PCI) was calculated for all procedures.
Results: Of the procedures, 23 had PCI £ 10, 37 had PCI of 11–20, and 11 had PCI > 20. The median operation time was 9 h.
Blood units transfused and length of hospital stay have declined. Mortality was 4/60 patients (6.7%), caused by pancytopenia and
sepsis. Morbidity occurred in 28/71 procedures. The 3-year survival rate for the HIPEC group was 71% compared with 28% for the no
HIPEC group. In the complete excision group, the 3-year survival rate was 52% compared with 13% for the incomplete excision
group. The 3-year survival rate for PMP and appendiceal cancer was 74%. The 2-year survival rate for ovarian cancer was 67%,
mesothelioma 57%, and CRC 50%, respectively.
Conclusions: Morbidity is significantly associated with duration of surgery and units of blood transfused. Our findings are
consistent with the international experience in patients treated with combined peritonectomy and HIPEC.

ちょっと今時間が無いので、英文のまま貼り付けておきます。

3 名前: けんと 投稿日:2009/07/30(木) 15:16
http://www.or-live.com/WFUBMC/1478/

ここから手術の様子が見れます。

4 名前: けんと 投稿日:2009/08/16(日) 22:30
日本では、Peritonectomyの手術は米村豊医師が行っているようですね。
以下アブストラクトのみですが、参考までに。
http://www.pier-online.jp/0385-0684/contents_abstract.php?serial_no=34120&seq=10

米村医師とDr.Morrisの手術の大きな違いは、術前の化学療法の有無だと
思います。
米村医師の場合、術前に化学療法を行って、腫瘍を小さくしてから手術
を行うようです。
Dr.Morrisは術前の化学療法を行いません。
腹膜を出来るだけ完全に切除した後に、腹腔内に化学療法を行う。
という方法をとります。理由は、出来るだけガン細胞を少なくした状態
で、叩く事が一番効果的だと考えるから。との事です。
この2つの違いの生存率への有意差を比較した文献は、現時点では無い
ようです。





5 名前: けんと 投稿日:2009/08/16(日) 22:50
http://www.nikkansports.com/ns/general/health/34/he34_31.html

ここに米村医師の術前の化学療法を行う意義が書かれています。

6 名前: けんと 投稿日:2009/08/16(日) 22:59
http://www.kusatsu-gh.or.jp/newhp/sukirusu/html/index%20sukirusu.htm

草津総合病院(米村医師の勤務している病院)のサイト
手術について参考になります。

7 名前: けんと 投稿日:2009/08/27(木) 19:16
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/search/keywords/003263.jsp

フェーズ2の臨床試験中の中間報告のデータ、日本語版です。


もとの英語論文はこちら。
http://www.asco.org/ASCOv2/Meetings/Abstracts?&vmview=abst_detail_view&confID=65&abstractID=32851


治験希望者のクライテリアは以下にあります。
http://www.asbestos.net/clinical-trials/NCT00295503.html



8 名前: けんと 投稿日:2009/08/27(木) 19:57
サンフランシスコで2009年7月31日―8月4日まで行われた
第13回世界肺ガン学会で、Dr. Jonathan Dwell(UT Southwest Medical Center)
が発表した中皮腫の化学療法に関する報告です。

方法:シスプラチン75mg+アリムタ500mg+アバスチン15mg/kgを
3週間おきに6サイクル。その後アバスチンのみを病勢進行まで継続。

対象患者数:43人、有効患者数:40人
胸膜中皮腫82.5%、腹膜中皮腫15%

無憎悪生存期間中央値  6.9カ月 (5.7カ月)
6か月の無憎悪生存期間 54% 
生存期間中央値     14.8か月 (12.1カ月)
病態コントロール率   81%   (41%)
                  *( )はアリムタ+シスプラチンのみ

フェーズ2の治験中ということと、たった40人からのデータである
という事がネックではありますが、かなり期待の持てる結果では
ないかと思っています。

治験も申し込めるようですから、もしクライテリアに合うようなら
主治医と話し合ってみる価値があるのではないでしょうか? 

詳しいリンク先などは、ひとつ前のレスをご参照ください。   

9 名前: けんと 投稿日:2009/08/28(金) 12:15
管理人UTAKA様
8番の書き込み、以下の理由により削除願います。

1.リンク先の引用許可を受けていない
2.英語版のデータと日本語版のデータに差異がある。
 もしかして、日本語版は別のデータを元に作成したのかもしれない。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いたします。

10 名前: けんと 投稿日:2009/09/01(火) 08:58
サンフランシスコで行われた学会のDr.Dowellが発表したPhaseII臨床試験
の中間報告のアブストラクト(英語)手に入りましたので、貼っておきます。
8の書き込み内容に間違いありません!

Abstracts 13th World Conference on Lung Cancer
B1.2 Therapeutic Strategies in Malignant Mesothelioma, Sun Aug 2, 14:30 - 16:00
Pemetrexed, cisplatin, and bevacizumab in patients with advanced malignant mesothelioma: a multi-center phase
II trial
Dowell, Jonathan E.1; Lan, Cynthia 1; Gerber, David1; Hughes, Randall1; Yan, Jinsheng1; Xie, Yang1; Blake, V2; Taub, Robert3; Dunphy, Frank4;
Kindler, Hedy2
1 UT Southwestern, Dallas, TX, USA; 2 University of Chicago, Chicago, IL, USA; 3 Columbia University, New York, NY, USA; 4 Duke University,
Durham, NC, USA
Background: There is considerable data identifying vascular endothelial growth factor (VEGF) as an important growth factor in mesothelioma.
Anti-VEGF antibodies inhibit mesothelioma proliferation in vitro. In mesothelioma patients, high VEGF levels correlate with poor outcome.
Pemetrexed plus cisplatin, the standard chemotherapy for mesothelioma, achieves an objective response rate of 41%, a progression-free survival
(PFS) of 5.7 months and a median overall survival of 12.1 months. We are evaluating the addition of the anti-VEGF antibody bevacizumab to
pemetrexed-cisplatin in an ongoing multi-center phase II study in mesothelioma patients.
Methods: Eligible patients have unresectable, histologically-confirmed mesothelioma, no prior chemotherapy, and ECOG performance status 0-1.
Patients receive cisplatin 75 mg/m2, pemetrexed 500 mg/m2 and bevacizumab 15 mg/kg every 21 days for 6 cycles, then bevacizumab every 21
days until disease progression. CT scans are obtained every 2 cycles. Response is assessed by modified RECIST. The primary endpoint is progression-
free survival. Correlative studies include immunohistochemistry for the VEGF/KDR complex and PCR for simian virus 40 (sv40) T antigen.
Results: 43 patients enrolled at 4 centers from March 2006 to February 2009. Forty patients are currently evaluable for efficacy and 43 for toxicity.
Patient characteristics: male 85%; median age 66 (range 24-81); histology: epithelial 65%, sarcomatoid 12.5%, biphasic 17.5%, unclassified 5%;
site of origin: pleura 85%, peritoneum 12.5%, tunica vaginalis 2.5%; performance status: 0 - 30%, 1 - 70%; thrombocytosis (>400) 33%. The
median duration of follow-up is 10 months. The median PFS is 6.9 months (95% CI: 5.3, 7.7). The median overall survival is 14.8 months (95%
CI: 10, 18.8). Partial response rate 43%, stable disease 38%, disease control rate 81%. Grade 3/4 toxicity (% patients): neutropenia 7%; anemia
0%; thrombocytopenia 3%; venous thrombosis 14%; hypertension 7%; vomiting 5%; mucositis 5%; CVA 2%; proteinuria 0%; visceral perforation
0%.
Conclusions: In this ongoing study, the combination of pemetrexed-cisplatin plus bevacizumab achieved a PFS of 6.9 months, a disease control
rate of 81%, and a median overall survival of 14.8 months. These results compare favorably with historical controls of pemetrexed-cisplatin in
mesothelioma patients. Accrual continues to a total of 65 patients. Correlative studies evaluating IHC for VEGF/KDR and PCR for sv40 are in
progress.

11 名前: なつき 投稿日:2010/04/06(火) 12:23
米村医師の加療を2009年当初に父が受けました。
自分の名誉のことしか考えてみえない
患者の目もみず、笑顔もみせず
命ではなく腫瘍といい免疫だけを
痛めつけるだけのやり方で残念な方でした。



 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]