がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>膵臓癌の自覚症状

80 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/10/10(水) 17:29
叔母が2年前にすい臓がんで亡くなりました。
発見されたときは末期でした。

叔母は常におなかが痛い、背中が痛い、と言っていました。
今思えばそれが癌の自覚症状だったんでしょう。

それと、叔母は性格的にひねくれているところがありました。
何か鬱になっては人に電話をかけてきて、愚痴る、死にたいという。
しばらくして何の音沙汰もなくなった、どうしてるかな?
と心配して電話をかけてあげれば
「今忙しいのよ、何電話してきてんの?」
という始末。
正直相手にしてませんでした。

しかし、死ぬ1年ほど前からは鬱の状態がひどかったです。

すい臓がんの特徴として、
癌ができる部位によって症状が違いますが、叔母は鬱になる部位にできていました。
まぁ、鬱は性格的なものもあるとは思いますが。
食欲不振はあったものの、黄疸等はまったくなかったです。

背中が痛いからもう死んじゃうんだ、とか泣きわめいていましたが、
「年なんだからどこかしら痛いというのは当たり前、そんなに心配なら病院行け!」
と言うのに絶対病院には行かなかった。

ご飯がまったく食べられなくなった時に、息子に無理やり病院に連れていかれた状態です。

癌センターに入院して、点滴を受け、しばらくは嘘のように元気になりました。

しかし、数日後に高熱を出し、肺炎(院内感染?)で亡くなってしまいました。
直接の死因は肺炎なのに癌センターだから死因を「肺炎」とは書かないのですね。
確かに癌で免疫は落ちていたでしょうが、ものすごく元気になっていたんです。
いきなり高熱が出るなんて院内感染としか思えない。

叔母の性格が変だったとは言え、
最後に電話で話したあの日、もう少しやさしくしてあげていればよかった、と後悔しています。




  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]