がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>癌性腹膜炎による腸閉塞

1 名前: とん 投稿日:2004/08/22(日) 00:40
62歳の母。ステージ3の卵巣癌と診断されて丸4年です。
現在、癌性腹膜炎による腸閉塞のため鼻からイレウス管を挿入しており三ヶ月なにも口にしておりません。
もう体力面から考えても抗癌剤治療はむずかしく今後は悪くなる一方だと言われています。
あまりに本人が喉の苦痛を訴えるので、胃漏を作って何とかそこから老廃物を出せないかと
内視鏡で試していただきましたが胃のまわりの腫瘍が邪魔してテストの針も刺すのは危険と断念することになりました。
娘としてはこのまま母が毎日苦痛に耐えながらベッドの上だけで生活(トイレだけは自分で行きます)
するのかと思うと辛くてたまりません。
食べるのは無理だとしても、せめて好きな読書や音楽だけでも楽しんでもらいたいのに…。
どなたかこんな例をご存じの方はいらっしゃいませんか?
なんとか鼻のイレウス管を抜くことはできないでしょうか。
                     

96 名前: はな 投稿日:2013/04/19(金) 21:13
45才。女性。
昨年7月に胃がんがみつかり摘出はしましたがすでに腹膜播種ありと診断され、
抗がん剤もやりましたが、効かなくなり使える抗がん剤がなくなったので抗がん剤を中止。
他の臓器への転移はなくリンパ節もいくつかは摘出しましたが今のところ転移なし。
昨年までは普通に食べることもでき普通に生活していましたが、今年に入り、ガン性腹膜炎による腸閉塞を起こし嘔吐したため、入院しました。

約2週間、病院でフェントスとサンドスタチ投与、エルネオパの点滴でサンドスタチンを一旦終了しましたが再び嘔吐したため、再度、サンドスタチン投与。

その後、ホスピス病棟へ転院。
転院後、フェントステープ、サンドスタチン、一日200mlの点滴でホスピスで治療中。

現在は痛みもなく腸閉塞は完全に塞いでいるわけではなく、便交じりの粘液が少しずつ
漏れ出てくる程度ですが、経口摂取は水分のみ。
ホスピス入院後約2カ月になります。意識はしっかりしていますが、体力は日々落ちる一方で
ここ一週間ほど、体力のなさかカラダが動かず、この数日とくに体力もなく、今では歩くこともやっと、
トイレに立つだけで一日ベッドで横になって過ごしています。
自分のカラダが動かず、一人で出来るはずのこともできなくなってしまい、
戸惑っています。

水分も摂るには摂りますが腸管をそのまま通過し、下へ流れている様な感じです。

ここはホスピスなので、積極的な治療はしませんが、最低限の生命維持の状態です。

一週間ほど前には先生からの提案で一日1000mlのエルネオパを数日点滴したこともありましたが、
腸管の状態も変わらず、時折、気分が悪くなり吐き気が少し出たりすることもあり、
体力的には何も改善が見られず、点滴時間が長くなるだけだったので、エルネオパ中止し
また一日200mlのみの点滴、サンドスタチン投与の状態です。

正直、この状態がとても辛いです。

何も改善も変化する見込みもないものでしょうか?

毎日、トイレへ立つだけだけがやっと。
何もせず時間だけが過ぎていきます。

家族も、もう私は帰って来ないものと受け入れながら私のいない生活をし始め、それぞれに生活しています。

何か、改善なり、可能性なり、がないものかと・・・

このままでは、意識だけはしっかりしてますが寝たきりの状態に近づいてきています。

こういう場合、あとどれくらいこの様な状態が続くのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。








 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]