がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>卵巣癌明細胞癌1C

8 名前: もあ 投稿日:2005/11/21(月) 13:54
もう終わったことですが、
手術をうける前の約2ヶ月前の話ですが、
チョコレート脳腫と診断されました。MRIの診断が内膜症からのチョコレート脳腫でした。
そのときの腫瘍マーカーはCA125は150くらいでSTNは250くらいでした。
その時点で卵巣癌であったということは診断できないものでしょうか?
CA125は内膜症でも擬陽性の診断が出るようですが、STNは擬陽性が出にくいと
聞きます。その点が悔しくてたまりません。
私は大学病院で診察して頂いていました。
その辺はどう思われますか_?
その時点で手術されていれば、ステージも1Aだったのではないかと思うと
どうしてもやるせないのです。


9 名前: もあ 投稿日:2005/11/21(月) 13:56
良性という事で順番待ちなどの関係で10月まで手術が延期されました。


10 名前: コッコ 投稿日:2005/11/25(金) 23:14
私は、卵巣が6CM腫れており、子宮内膜性の脳腫といわれました。
CA125は28 と低く、しかし、STNが96、93、100という形で上がってきましたが、
やはり、癌の疑いは大有りでしょうか? 30歳です。 STNが怖いです。
擬陽性率は低いそうですし・・・・。

11 名前: ちづこ 投稿日:2005/11/29(火) 15:30
実は私も卵巣癌明細胞癌でした。
11月中旬に手術をうけました。
破綻もなく、両卵巣、卵管、体網、リンパ節、子宮をとり、リンパ節郭清もしました。
その後の生体検査でⅠaではありますが明細胞眼とわかり、医師より6クールのタキソール・カルボプラチンの化学療法をすすめられました。
他の癌に比べ予後も悪く再発率が高い明細胞癌ですが、化学療法があまり効かないともききました。
現在、化学療法を受けようかとても迷っています。
どうか、適切なアドバイスをください。
お願いいたします。


12 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/11/30(水) 00:27
信頼性はca125>>>>stnです
11さん、明細胞の場合TJなどの奏効は低い…と言われています
効かない…ではありません。

13 名前: ちづこ 投稿日:2005/11/30(水) 08:20
12さんありがとうごいます。
基本的な知識がなくてすみませんが、もうすこし教えてください。
「TJがあまり効かない」ということと「TJの奏効が低い」ということの違いは、つまり「全く効かないということではないが、効きが悪い」という理解でいいのでしょうか?
担当の医師は、手術結果について説明していただいた後「最後に治療法を決めるのは患者さんです」と前置きしてから「経過観察とTJ法のどちらかを選んでください」と言ってます。
その際TJの副作用や治療スケジュールについてはかなり詳しく説明を受けたのですが「卵巣明細胞癌」については「生物学的に悪性度が高い」とだけであまり詳しい説明はありませんでした。
それで今は同じ病室の方(卵巣がん患者さん達)にいろいろ情報をもらっている状況です。
話を聞けば聞くほどどうしようか悩んでいます。
どなたかアドバイスをいただけると助かります。


14 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/11/30(水) 22:56
効きにくいでもない…と思います。
効く人は効く。効かない人は効かない…です。
やってみなければわかりません
しかし、明細胞はイリノテカンをベースにした化学療法が
ベストだと思います。
明細胞は近年急増加した組織であり、
研究データが少ない状態…すなわちどの抗がん剤がベストか
わかってない状態です。


15 名前: 無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/12/09(金) 15:27
>10
CA19-9等はとっておられないのですか?
嚢腫ということであれば、重要な資料になります。
もしくはCEA。CA125が28なら、
上皮性癌の可能性は低いかもしれませんが、hCGやβーhCGが
高い異常値を示している場合には胚細胞、CA19-9が高い異常値を示している場合には、
粘液嚢胞性腺腫(腺癌の前癌状態)の可能性も否定できないかもしれません。
大学病院等の大きな施設で一度検査を受けられてはいかがでしょうか?
ただ、専門家ではありませんので、ご参考までに。


16 名前: 2年生 投稿日:2005/12/22(木) 23:24
04年の8月に子宮と両側の卵巣を摘出し、病理検査で明細胞癌のⅠcと診断されました。
9月にリンパ節郭清のため二度目の開腹手術を受け、タキソールの化学療法を6クール行いました。
検査の段階で腫瘍マーカーはLDHだけが異常に高く他のマーカーはそれほどでもなかったのです。
いろいろありましたが、体重がマイナス11kgからプラス13kgまで戻り、脂肪が付いている
のが悩みです。周囲は元気になった証拠と思っていますが本当に大丈夫でしょうか?
手術からは1年と4ヶ月経過していまのところ元気です。
調べるほどに「明細胞癌」はたちが悪いと言われて落ち込みましたが、
ストレスが一番体に悪いと思い、今を楽しむぞ!と腹をくくったら
とても楽になりました。
あまりご参考にはならないでしょうが・・・・

17 名前: K 投稿日:2005/12/24(土) 11:46
明細胞腺癌の場合、子宮内膜症の有無によって、TJか他の抗癌剤療法かの選択肢が変わってきます。
卵巣癌の補助化学療法についてはPDQ日本語版に無憎悪生存等も含めた臨床データの比較がでています。
もし、その抗癌剤に有効性が認められないと判断した場合には医師は投薬を中止し、別の抗癌剤に切り替えます。
PDQで紹介されているタキサン系が奏功しない患者さんにドキソルビシンが奏効した例などがそうですね。
よろしければPDQ日本語版を参考にしてください。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]