がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>明細胞腺癌でも妊孕性を残しました。

1 名前: ひかり 投稿日:2009/09/24(木) 01:32
32歳です。
左卵巣がチョコレート膿腫からがん化してしまいました。
最初にチョコレート膿腫が発覚したのが25歳で、
その時には卵巣の大きさは4cm程度の物でした。
そのため、そのまま経過観察を1年おきにしていた
のですが、去年の冬にガン化してしまいました。
開腹OPの結果、明細胞腺癌でステージは1cでした。
不妊治療で病院に通っていたこともあり、どうしても
どうしても子供を諦められなくて、妊孕性を残しました。
つまり、左卵巣のみ摘出して子宮や右卵巣の摘出と
リンパ郭清をしていません。
現在は化学療法のCPT-Pの6クールを終えたところです。
自分の選択を悔いているわけではありませんが、
やはり不安と恐怖で悲観的になることも多い毎日です。
こちらでは、明細胞癌の方は、全摘をされている方だ
ほとんどだと思うのですが、私のように妊孕性を残して
戦っておられる方はいらっしゃらないでしょうか?
色々情報交換をしたいのですが、参考になるHP等あれば
教えていただけないでしょうか?

2 名前: まるにゃ 投稿日:2009/10/08(木) 17:56
ひかり様。
今は治療も終了されているとのこと、お疲れ様でした。
私も3年前に同じく不妊治療中に癌が見つかり手術となりました、
当時42歳と高齢でしたが諦めきれずに1c期までならということで
妊孕性を残してもらうように手術しました。
術後TJを3クール受け治療を終わり現在に至ります。

がん以外の情報交換をここでするわけにもいきません、
よければ下記のページに来て下さい、卵巣機能不全の掲示板です。
  http:/www.kodakara.jp/bbs3/rannsou/bbs.html


3 名前: さるぼん 投稿日:2009/11/19(木) 13:29
ひかり様
書き込みから大分時間がたってしまって今更ですが、
自分と同じような方がいらしたのが珍しかったので書き込みをさせて下さい。

33歳既婚 6月に手術し腫瘍のあった右卵巣摘出。
明細胞腺癌1a期と診断されました。
手術前の診察の段階で右卵巣内に限局している可能性が高い
と判断されたため、こちらの希望も含めて将来妊娠できるような
手術を目指す、と主治医に言われました。
現在化学療法CPT-Pで4クール目が終了したところです。

ひかり様の仰る通り、明細胞腺癌で妊孕性を残している
パターンはあまり例が無いようで、入院生活の中でも同じような
患者さんに出会うことは今のところなく、書籍やネットを見ては
不安にかられ、自分もこれで本当に良かったのか、と術後主人と
悩みぬきましたが、その不安は診断をして頂いた主治医と
しっかり話をすることで現在は大分解消されました。

私も今は治療に集中していますが、治療が終わったら
また同じような不安にかられるんだろうな、と思っています。
大分時間が経ってしまって恐縮ですが、もしまだこの掲示板を
ご覧になっていましたら、レスを頂けましたら嬉しいです。





4 名前: ひかり 投稿日:2009/11/29(日) 02:30
さるぼん様

こんばんは。
時間が経ったスレッドに書き込みをしてくれて嬉しいです。
仲間がいて、心強い気持ちになりました。

私は1Cだったのできっとさるぼんさんよりも不安は強いと思います。
医師には「1aだったら妊孕性を残すのも良いと思う」
と言われていたので、さるぼんさんはきっと大丈夫ですよ。

今、4クールなんですね。
お辛いでしょう?
私も本当に苦しくて、4クールで止めようかと何度も泣きました。
もともと、1cでも妊孕性を残すという危険な判断をしたので、
絶対に6クール頑張ろうと夫婦で誓ったのに、くじけそうに
なってしまいましたし。
今はすっかり元気になりましたが、やはり今でも点滴を見る度に
吐き気がしてしまいます。
さるぼんさんが心配されているように、あんなに嫌がっていた
点滴が終わってみると、今度はがんと自分の免疫だけで
戦わなくてはいけないので、不安になっています。
この抗ガン剤は効いていたのか、大丈夫なのか、と。

今はさるぼんさんは治療に専念するだけでも
大変だと思うので、先の心配はしなくても良いと思いますよ。
あと2,3ヶ月なんとか耐えて下さい。
絶対、6クールやった方が安心できます。
本当に辛いと思いますが、なんとか耐えて欲しいです。

また、治療の合間の体調の良いときに書き込みしてくださいね。





5 名前: さるぼん 投稿日:2009/12/01(火) 19:41
ひかり様

5クール目のday1の治療を終えて、一昨日ようやく退院できました。
ひかり様の書き込みがあるのを見ることができて、とても嬉しいです。

正直シスプラチン、本当に辛いですね・・。
私もあまりに辛い時には絶望的になり、投げたくなることが度々あります。
その度に、主人のことや将来への希望、そして温存を決めて
治療をしてくれている先生方の決断を思い、なんとか耐えている状態です。
でも、今回ひかり様を知って、現実に一緒に頑張っている方がいる、という
実感があってとても嬉しいです。あともう少しなので頑張ります!!

6 名前: ひかり 投稿日:2009/12/03(木) 11:25
さるぼん様

5クール1日目、お疲れ様でした。
今も苦しんでいらっしゃるんでしょうね。
私は、4クール目くらいからDay8の点滴が白血球不足や嘔吐の為に
遅れるようになっていましたが、さるぼんさんは大丈夫ですか?
治療中の私は、ひたすら、ひたすら眠るようにしていました。
その方が早く時間が過ぎるような気がしてましたので。

きっと妊孕性を残しても残さなくても、再発の不安は
ちょっとしか変わらなかったと思います。
私は、全部摘出(残りの卵巣+子宮+リンパ郭清)の場合の五年生存率は
70%くらいで、妊孕性温存の場合は50%超だと言われました。
たくさんセカンドオピニオンに行きましたし、悩み抜きました。
やはり、生きるという魅力は何事にも変えられません。
でも、今思うことは、やはり妊孕性を残して良かったなと。
これからずっと見えない癌やそれに付随する苦しみと闘っていくと行きに
「子供が産める身体」でいることが、本当に私を勇気づけてくれます。

一緒に、頑張りましょう。
絶対、生き残って、幸せな暮らしを取り戻しましょう!

7 名前: あずき 投稿日:2009/12/13(日) 22:32
私も3年前に卵巣明細胞腺癌Ⅰaと診断されました。
私も右卵巣のみの摘出で、しかも悩みに悩んだあげく、すすめられた
た抗癌剤治療もしませんでした。
自分で決めたこととはいえ、左卵巣を残し、まして抗癌剤もしなかっ
ったことが、退院してからずっと不安で、幸い再発せず3年経過
しましたが、今でもこれでよかったのだろうかと答えは出ないままです。
です。

残した左側も現在4cmの嚢腫で、最近は腫瘍マーカーも上がり
気味で不安だらけなのですが、画像では4cmのまま特に大きく
なっている様子もないので3ヶ月毎に経過観察です。

お互い、前向きに頑張りましょう!!

8 名前: さるぼん 投稿日:2009/12/15(火) 15:35
ひかり様
ありがとうございます。
私も絶対生きぬいて、元気なおばあちゃんになってやるって勢いで
頑張ります。

>きっと妊孕性を残しても残さなくても、再発の不安は
ちょっとしか変わらなかったと思います。

そう思います。私の主治医も生存率の話は(あえて?)しなかった
ですが、残しても残さなくても再発するときはするって言われました。

私の治療の場合、1クール目からスキップがありました(:_;)
先生曰く、私の場合人と違って分解酵素が欠損しているとのことで。
1クール目はday8のスキップで済みましたが、2クール目はday8、15ともに
スキップになってしまったので、3クール目から減量しました。
3・4クールはスキップ無しでしたが、今度は白血球が上がらず5クール目が
なかなか始められない状態になってしまいました。そのため、6クール目もまた
同じようにならないために、5クール目はday8・15をスキップしました。

実はCPT-Pをすることになった理由も、タキソールに薬物アレルギーを起こしてしまい、
TCができなかったからなんです(:_;)(:_;)どうも薬に反応しすぎるで。。

CPT-P辛いんですけど、①治療ができるだけまだ良し②減量でかなり楽になった
と自分に言い聞かせて乗り切ってます。
事実、1・2クールのday1の治療は辛すぎて断片的にしか記憶ないですから・・(+o+)

来週から始める予定の最終クール、頑張って乗り切ってきます!!

あずき様
はじめまして。
明細胞腺癌で片方残している方にまたお会いできて嬉しいです。
しかも3年間再発してないってお話、勇気づけられます。
私も原因がおそらく内膜症からと言われているので、
根本的に原因がなくなったわけではないので不安はあります。
マーカーに反応するのって癌だけじゃないですし。。。
明細胞腺癌の研究がもっと進んでくれることが、私達の安心に
つながるんですよね。

でもとりあえずお二人のように経過観察(外来)を目指して、
最終クール頑張って行ってきます(^^)v

9 名前: きぼう 投稿日:2010/04/25(日) 07:47
妻(32歳)が卵巣明細胞腺がんと診断されました。
ひかりさんと同様に妊孕性を温存するために片側卵巣及び大網の摘出のみです。
リンパ郭清をしていないことから、ステージが確定できませんが、
手術後の腹水、細胞診、卵管、子宮体癌の細胞診で悪性細胞は見つからず
手術前のCTでも転移はありませんでした。
暫定Iaということを主治医に言われています。
今後はPETを行い、転移がないかを確認し、転移がなければ、TJ療法を6クール
行う予定です。
みなさんの書き込みは本当に勇気づけられます。
将来白髪になって妻と手をつないで歩くのが今の夢です。
私も経過を報告してみなさんの希望になれればと思います。
みなさまの経過がよくなることを本当に祈っています。

10 名前: きぼう 投稿日:2010/09/11(土) 06:34
書き込みが遅くなりました。

PETで転移もなく、TC療法を開始しています。

4クール目に入りました。
今のところ、順調です。
抗癌剤の副作用で髪の毛はだいぶ抜けましたが、吐き気やしびれの症状は軽い方で
本当によかったです。

やはり、タキソール+カルボプラチンの投与の際は体調が悪くなるので、毎月入院
しています。骨髄抑制も強く、好中球が少なくなるため、薬の投与を何度か休んで
います。

明細胞腺がんなので、不安は消えていませんが、きっと再発もないと信じています。

皆さんもお元気であることをお祈りしています。


11 名前: ひかり 投稿日:2011/02/05(土) 21:47
だいぶ間が空いてしまって、すみませんでした。
みなさま、お変わりなく元気でいらっしゃることを信じています。

毎日再発の恐怖におびえて過ごしている訳にもいかず、
気持ちを奮い立たせて生活しているうちに病気を忘れて
しまっていましたが、みなさまの書き込みを拝見して、
気持ちが引き締まりました。

再発は抗ガン剤終了後の2~3年間が確率が高いと言われました。
今、私はようやく1年半くらいに差し掛かったところです。

定期検診では検査結果にびくびくしていますが、
幸いにも再発を思わせる兆候は今のところありません。
なんとか、このままなにも起こらずに5年経ってくれることを祈ります。

きぼう様

初めまして。
奥様のお加減はいかがでしょうか。
私も主人にたくさん支えてもらい、助けて貰いましたので
きぼう様もどうか奥様を助けてあげて下さい。

病気になんてならずに、幸せに暮らす夫婦が一番イイに決まっていますが
病気になったことで「一緒に生きていく」という実感が生まれました。
悲観的になって、辛い毎日もありましたが、きっと年をとったら
笑って思い返せるようになるのだと信じています。

お互いに頑張って乗り越えましょうね。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]