広告募集中1
がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>前立腺ガン

75 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/12/11(金) 14:55
今年5月血尿があり、泌尿器科のクリニックで膀胱癌と診断され
都立の病院で6月中旬にTUR-Btを行いグレードG2、ステージT1と診断されました。
7月末にセカンドルックのTUR-Btで癌は摘除できました。
BCGを経て3ヶ月検診でもOKでしたが、その際PSAも一緒にやっておきますか
ということで検査をしましたところ 9ng/ml でした。直腸触診
でも「堅いところがある」と即生検を行いました。
結果はグレーソン値7 病期はT2bとのことです。
医師は膀胱癌の再発前に前立腺の全摘を進めますが、
再発必至の膀胱癌を抱え前立腺の全摘には不安もありますし、
膀胱を含めすべてを失うことにならないか心配しております。
膀胱癌と前立腺癌を併発した方がおいでになりましたらお教えください。


76 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/12/11(金) 15:01
先ほどの書き込み者 75 です。
年齢を忘れていました。1954年11月生まれ55歳です。
職業は会社経営です。
それと間違い訂正 (誤)グレーソン値 →グリーソン値(正)
申し訳ありません。

77 名前: さかむ 投稿日:2009/12/14(月) 01:21
はじめまして。私は60才前立腺癌ステージD2です。
ホルモンの薬が体に合わないため来月に去勢手術をすることになりました。
それでお聞きしたいのはホルモン剤の耐性が2~3年ときいたのですが去勢の場合は個人差はあると思いますがだいたい何年くらい効果があるのでしょうか?


78 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/01/08(金) 09:55
北海道がんセンターでの治療成績
北海道がんセンター 放射線科 西山典明

当施設ではI-125 seedの永久刺入による前立腺がんの治療を2004年7月より開
始し、現在まで110例の症例を経験している。すべて外照射を併用しない症例
で、開始時より術直前プランニング法を用い、治療ガイダンスプログラムを用
いて針の刺入時および線源挿入時に前立腺皮膜内に留置できるように微調整し
ている。初期には治療計画装置により辺縁配置変法で自動計算された部位に線
源を留置していたため線源数が少なく、中期には線源数確保のため皮膜外にも
留置していた。そのためにそれぞれの症例でPSA低下不良および合併症が見ら
れている。これらの経験についても検討したい。

多地点合同メディカル・カンファレンス[2007-第37回]
2007年12月20日(木) 16:30~18:00

79 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/01/31(日) 19:56
昨年8月下旬に前立腺癌で前立腺全摘出手術を受けました。ステージD2でしたが
事前検査でどこにも転移の兆候はなく、医師の勧めでセカンドオピニオンせず医師に
全幅の信頼を託しました。現在では普通の生活です。思い切って全摘出しました。
ただし後遺症があり勃起不全となりました。64才だから仕方がありません。
それよりもガンの恐怖から解放されただけでも良かったと思っています。

80 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/02/28(日) 00:10
>>79
転移ないのにD2ってどういう事なんでしょう?
転移が認められてD2の診断が出るんじゃないの?

81 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/18(火) 21:14
<がん治療>ペプチドワクチン療法 先進医療に承認…厚労省
5月18日20時37分配信 毎日新聞

 厚生労働省の先進医療専門家会議は18日、新たながん治療法として注目さ
れているペプチドワクチン療法について、前立腺がんに限って先進医療として
承認することを決めた。従来は全額自己負担が必要だったが、費用の一部に健
康保険が適用されるようになる。厚労省によると、国内外で未承認の医薬品が
先進医療に認められたのは初めて。

 承認されたのは久留米大先端癌治療研究センター(福岡県久留米市)が開発
した方法。がん細胞の表面にあるペプチド(たんぱく質の断片)から開発した
ワクチンを注射することで、がん細胞を攻撃する体内のリンパ球を活性化させ
る。

 対象は、ホルモン療法の効かなくなった進行期の前立腺がん患者のうち、白
血球の減少などで標準的な抗がん剤が使えない人。臨床試験の形で、6月から
久留米大病院で使用を始める。1人当たり1~2週間に1回のペースで平均1
3回程度、外来で注射する。

 ワクチンと免疫検査に関する費用(約85万円)は患者の全額自己負担とな
るが、関連して行う検査などは健康保険が適用される。他の医療機関でも治療
を受けられるよう、追加申請の動きがあるという。

 同センターの山田亮所長は「がんペプチドワクチンは、がんの進行を抑え、
抗がん剤に比べて副作用が少ないなどの特徴がある」と説明した。

 これまでの臨床試験では、がんの状態がほぼ同じ患者約50人を2グループ
に分け、ワクチンを投与したグループと投与しないグループの進行状態を比較
した結果、投与したグループは約5カ月間、進行を抑えられたが、投与しなか
ったグループは2.4カ月で進行したという。【佐々木洋】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100518-00000095-mai-soci

82 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/08/01(日) 09:08
信じますか?
前立腺のステージB。放射線治療をやる前の1ヵ月にやったこと。
がんは熱に反応する・・。
@浴槽に43度のお湯を腰が隠れるぐらいまで入れる。
@10分間汗が吹き出るまで開脚して腰湯を続けた。
結果、一ヵ月後。
PSAが10.5から8.5に下がった。
今は放射線治療中なので止めているが、施術の前後の免疫強化に益するようだ。
ただし、重篤末期のケースには??であるかも。

83 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/08/01(日) 10:15
82追記します。
[ステージB/GS7/PSA10]
一ヶ月間、腰湯をしている間はPSAは10.5まで若干上がりました。
そこで、腰湯を一週間休んだら8.5に下がりました。

84 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/01/23(日) 13:54
腰湯を続けた結果、最近の状況はいかがでしょうか。



  新着レスの表示  TOPへ
広告募集中2
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :
広告募集中3

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]