がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>末期がん患者に対する大病院の医師達

3 名前: Mr 時わすれ 投稿日:2010/06/07(月) 23:53
   Y さんっ 医師は 患者 および 家族を 客観的に みている傍観者にすぎません。 医師に すべてを ゆだねることは 間違いだと 思います 

   文面で 拝見すると Yさんはお母さんには 十分に 看護を してこられたものと 拝察します 

   母上は それで 十分と 思って いらっしゃたことでしょう 医師が明確な医療ミスを犯したのであれば べつですが・・・^^



   私は 妻の 膵臓がん治療の間 医師に 終始一貫して「リハビリ治療」を 主張してました 結果、リハビリの甲斐なく 5月初めに 妻は 旅たちました :-)

4 名前: 馬場 投稿日:2010/06/29(火) 22:00
こんばんわぁ!はじめまして。 私が思うに、医師だろうと研修生だろうと、そんな事は関係ない!
結局貴女は、甘えてる!
家族で病院を決め、主治医を信じて病院に任したんだよね。医師が代わろうが治療は変わらないはず。自分達で決めた病院なんだから・私の母も末期ガンで、戦ってます! 病院には、ありがとうございますと言うつもりです・母が死んでも病院に感謝します





5 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/30(水) 04:48
単純

6 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/30(水) 05:05
私、主治医が研修生に変わってしまったら嫌だな
命かかってるんだもん
4さんと同じ、自分が患者ではなく、親が患者で
しかも、もう末期がんならば
ありがとうって言えなくもないけどね。

病院選ぶ時、主治医が誰に変わっていくか
先が読めて病院選びできるほど
便利な予知能力が欲しい
そうしたら、はじめからそんな病院選ばないから。

7 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/30(水) 05:15
あとね、医師が変わろうが治療はかわらないはずって、
同じ病院でも医師によって見解が違うから
治療に影響し、予後が変わるよ。
診断の時点で、最初の担当医がすぐに治療にむけての
診察を進めていたのに
担当医が変わってしまい、その担当医からは
その治療はまだ先でいい、との見解で
延ばされた結果、悪化したわ。

8 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/30(水) 05:36
>>4さん、わざわざ「馬場」って名前入れていいの?
釣られちゃったわ。




9 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/30(水) 15:18
今更、言うのもおかしいけど
医師選びは重要だよ。おんなじ分けないよ。
親戚がスキルス胃がんで、有名らしい医者に手術してもらったら
完治したよ。
本当に有名なのか?知らなかったけど、すごいなと思った。
術後、抗癌剤ですごい辛そうでみるみるうちに
痩せていったので、親戚中、もし癌になったら
絶対、治療は受けないなんて考えをもった位なのに
もう10年たってるけど
おばさん再発してない。
おじさんも、胃がんになってその医者にやってもらったら
やっぱ8年位たってるけど再発なし。


10 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/30(水) 15:22
でも、どんな患者でものわけはないだろうけどね。
間に合ったんだろうね。

11 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/22(金) 09:38
父は約5年前、肝臓がんの手術を受けました。

その後、脳梗塞で倒れましたが、日常生活に支障なく暮らしていました。

父は、2か月に1度で外来で診察を受けていて、治して頂いた病院に感謝していました。

ところが半年前、診察の際に体の不調を訴えていたそうです。

しかし、夏バテやら風邪やら言われ、「体調が悪くなったら来てください。」

「お薬出しておきますね」などと言われ帰されたといっていました。

つい先日、咳が止まらずに苦しくて仕方がないからと、

かかりつけの病院に行ったところ、ようやくレントゲンを撮ってもらい、

癌の多発転移がわかり、うちの病院じゃ治療できないから、

ほかの病院に行ってくださいと言われたそうです。

紹介所を手渡された父は、衰弱しきった体で紹介された病院に行ったそうです。

そちらの病院でも、いい返事はもらえないかったようですが・・・即入院しました。

肺に水がたまっているからと肺から水を出すためのチューブをいれてもらい、

食べ物は受け付けず、左半身は腫瘍で腫れ上がっていました。

背中にはピンポン玉ぐらいの腫瘍とおもわれるデキものが体から突起していました。

私は、父と一緒に暮らしていなかったので、気づいてあげつことができませんでした。

悔しくてしかたがありません。

2か月に1度通院していたのは、経過観察だと信じていましたし、癌が再発したら

スグに気づいていただけるものだと思っていました。

後悔先に立たずです。父の余命は1か月です。



12 名前: まさ 投稿日:2011/03/05(土) 22:55
私の父は食道がんで死にました。術後半年で再発。あとは抗がん剤治療。手術でガンを完全に摘出できていれば生きる事ができた。しかし、ガンは死ななかった。父が生きようとするとガンも生きようとする。今の医療では完全にガンだけを殺す事ができない。父も殺されてしまっている。次第にどちらも力つきてしまった。たとえば、風邪を引いた。病院で薬をもらう。治った。もし風邪を治す薬がなければ又は発明されていなければ、医者はなにもできない。治したくても特効薬がまだ見つかっていない。末期は助けられない。奇跡を信じるしかない。現状医者も患者もどうしようもない 医者は患者を責め、家族は医者を責める。いまの医療ではどうにもならない 家族に暴言はく医者、一方的に医者が悪いとはく家族 誰か早くガンの治療薬を早く見つけてください。本当は誰も悪くないと思います。みんな辛いんです。だから、、 父は死んでしまいましたが父は医者を恨んでいないと思います。今の医療ではしかたないなぁーと天国でつぶやいていますから。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]