がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>大腸癌→肝臓への転移→リンパにも[関東]

111 名前: 麗那 投稿日:2007/09/09(日) 21:01
みなさん、どうしていますか?
実は、父が今年に入ってからどんどん、病状が悪くなり6月2日に亡くなりました。
今日父が生きていたら67回目の誕生日だったので、お墓参りにいってきました。
今までみんなありがとう!

112 名前: 亜 投稿日:2008/02/22(金) 22:23
こんばんは。初めて書きこみます。
私の母も大腸から肝臓、肺に転移して手術を5回しました。
今年で8年目です。
とうとうリンパに転移して骨や全身にまわってしまいました。
先生には半年と言われましたが、諦められません。
苦労してきた母なので、これから親孝行して人生を楽しんでもらいたい。。。

免疫治療というものを考えていますが、実際、この治療はどうなんでしょうか。。

113 名前: スマイル 投稿日:2008/02/27(水) 13:42
亜(112)さんへ
私の家族も大腸から肝臓に複数転移していて、摘出は無理で化学療法を受けていますが、いずれは癌細胞の耐性等で薬も効かなくなるのでは?と不安を持っています。
摘出も出来ず、抗癌剤も効かないとなると、あとは代替医療に望みを繋げるしかないのですよね?
然しながら、健康食品等に頼るのも不安です。
そうした時に、医学的にも理解できる免疫療法については多少なりとも期待を抱いたりします。
昨今では、色んな病院で高度先進医療の指定を受けて臨床研究がなされているようです。ただ、免疫療法に関しては、民間の医療機関での治療には不安が付きまとうので、大学病院等の臨床研究に参加された方がいいのではないか?と思います。
樹状細胞療法や癌抗原ペプチドワクチン療法等ですね。
私の家族も今は化学療法を優先していますが、それらの治療法に行き詰った時には、そのワクチン療法に参加させたいと思っています。
実際のところ、大学病院でHLAを検査してその臨床試験に参加出来る事が分っています。ですから、今は大学病院の教授へはメールで状況を報告しながら化学療法を受けている最中です。
ぜひ、上記の様な間違いのない大きな病院での免疫療法を検討なさってみてはいかがでしょうか。

素人が意見を言って申し訳ありません。ただ、「藁をもすがる」気持ちは一緒だと思います。

114 名前: みか 投稿日:2008/03/13(木) 09:49
亜さん、はじめまして。
私の父は体も丈夫で今まで病院にお世話になることも一切なく、57年生きてきましたが、今年になって食欲不振が出て、先日検査に行きそのまま検査入院。昨日内緒で家族が集められ、余命3ヶ月と告げられました。大腸癌が肝臓に転移しており、肝臓の3分の2が機能しない状態。まだ検査中ですがリンパも腫れがありおそらく転移しているとの事でした。今も多少の体調不良がある以外は本人も元気で仕事にも出たがっている状態なので尚更やりきれない思いでいっぱいです。進行が早いので一晩あけて今日には今後の治療方法を家族が申告しないといけない様なのですが、私の会社の社長に話したら、東京広尾の日赤に肝臓癌の名医がいるから紹介しともらえるか聞いてみる様に言われました。が、こんな田舎から、そんな凄い先生にすぐに診てもらえる訳ないですよね?
でも手術はもう出来ない状態で担当医は抗癌剤治療を薦めているだけで、このままでは延命にもなるのかどうか…
突然の事で何の知識もないのに決断をしなくてはならずどうしたら良いのでしょうか?

115 名前: スマイル 投稿日:2008/03/13(木) 15:57
114みかさんへ
日本赤十字社医療センターのM・M医師ですね。NHKのプロフェッショナルで紹介されて、肝臓から合計99個の腫瘍を摘出したケースを紹介されていましたね。「最後の砦」として・・・。
基本的に紹介状が必要みたいですし、受診の相談電話をされてみてはいかがでしょうか?
余命を宣告された以上、藁をもすがる気持ちで当ってみたらいかがですか?
いずれ私もそうなるかもしれませんが・・・。


116 名前: みか 投稿日:2008/03/13(木) 18:57
スマイルさんへ。
迅速なご回答、ありがとうございました。昨日にひき続き、担当医の面談を今終えてきたところです。
現段階でリンパ腺を通じ、日々病状の悪化が予測され、肝臓の腫れがひどく破裂してもおかしくない様な状態の様です。
具体的な医師名は出しませんでしたが、癌センター等、他に可能が広がることはあるかどうか確認しましたが、一番問題の肝臓はもう手が付けられる段階ではないとのことで、とにかく今まだ体力があるうちに現状を抑える為にも化学療法をすぐにでも開始しないと一刻を争うとのことでした。なのですぐにその段取りを開始して頂く様お願いしてきました。素人には判断できることではないので、担当医を信じるしかできないのですが、この事態としてはそういった判断に間違いはないでしょうか?

その為に明日本人告知をする事になりました。
本人は毎日、明日は帰って良いか?という心配ばかりしている様で、告知をどう受け止めるか…が今一番の不安です。家族はどんな態度で接し、励ましていけば良いのでしょうか?

117 名前: スマイル 投稿日:2008/03/14(金) 08:48
116みかさんへ
うちは直腸、S状結腸、多発性転移肝癌です。摘出出来ず11ヶ月間、抗癌剤治療中です。ただ当初の抗癌剤も効かなくなり、今回オキサリからイリノテに変わりました。
確かに化学療法を早く始めた方がいいと思いますが、セカンドオピニオン的にも、摘出の可能性を模索してみては如何でしょう?
本人にまだ元気があるようですから、化学療法をしながらでもM・M医師の診察を受けることが出来るのではないですか?
テレビの中でも余命3ヶ月と言われて最後の砦として、M・M医師へ縋った患者さんの場合、まず抗癌剤で腫瘍を小さくしてから摘出していたようです。
とにかく一度、病院に問い合わせの相談をしてみてください。やってみなければ分りませんよ。
うちも最悪の場合は九州から関東であれ行く気持ちです。
うちの家族には私が直接、癌だと言いました。でも、これは主治医が話された方がいいそうです。
でも本人は前向きです。昔から云うように「病は気から」と言うのがよく分かる気がします。強く明るい気持ちを持つように本人を支えてあげてください。
去年の5月から毎日、私の頭から癌と言う言葉が脳裏から消えたことはありません。
一生、癌との闘い或いは共存だと思っています。
癌の直接の痛みは共有できないけれど、苦しみは共有するよと言い聞かせました。
でも本人がとても明るいので助かっています。

本人に告知・・・。一生懸命説明して気持ちをぶつけてください。

118 名前: みか 投稿日:2008/03/17(月) 01:55
スマイルさんへ。
とても参考になる情報、ご熱心に教えて頂きありがとうございます。
先日、医師による本人告知に同席して参りました。翌日は治療に入る前に外出許可を頂き、家族の時を過ごしました。
本人、強がりがどの程度含まれているのかは図れませんが、薄々わかっていたから別に平気だな…と言っているのですが、早期癌ってこと?という様な発言もあり、幸か不幸かまだ事の緊急加減を理解していない部分が見受けられます。
今後抗癌剤を開始するに連れ、徐々にそれを感じて行くのを想像するとあまりにも残酷に思えてなりません。
抗癌剤開始時にショック的副作用はどの程度起こり得るものなのでしょうか?
今はそれが一番の心配です。
まだ突然の事あまり、ご意見を頂くばかりですみません。11ヶ月戦って来られているのですね。スマイルさんやご家族の考え方、とても励みになりました。ご本人が前向きでいらっしゃるのも、ご家族がそれだけ強いお気持ちで支えているからこそではないでしょうか。
抗癌剤を変えられてまたご不安な時と思いますが、効果はいかがな様子でしょうか?

119 名前: スマイル 投稿日:2008/03/18(火) 08:29
みかさんへ
本人は病状を詳しくは理解されていないのですね・・・。しかし、癌と告知されれば、普通は最悪の状況から心配すると思いますから、「早期?」と聞くのは最悪の情況も少しは覚悟はしているのではないでしょうか?
抗癌剤の副作用は個人差があるようですよね。極端に副作用が重篤な方は抗癌剤治療ができなくなっていしまうし・・・。
うちの家族は、副作用は軽い方です。抗癌剤点滴中の数日だけは、吐気、手先の痺れなどがあります。抜毛は当初から少しづつ抜けていきましたが、最近はあることをして毛が生えてきてます。
当初はオキサリプラチンでしたので痺れがありましたが、腫瘍マーカーが上昇気味なのでイリノテカンに変わり、下痢と便秘の副作用が出てきてます。しかし、うちの場合は軽い方です。
みかさんのご家族は病状も進んでいるようですしね・・・。
副作用が強いであれば抗癌剤の量、方法も変更になるでしょうし・・・。個人差があります。
抗癌剤を変える・・・。これは低下傾向だった腫瘍マーカーが再び上昇し始めたんです。これは癌細胞に耐性が出てきた。そもそもオキサリが効く癌もあれば効かない細胞もあるので、抗癌剤は変更しなければならず、のちには抗癌剤が底を尽きる・・・と聞いたことがありますが、こればかりは分りませんからね。
とにかく本人が「強い気持ちを持つ・いい意味で開き直って明るい気持ちを持続」させて、免疫力を高めることだと思います。
今月のがんサポートでは「大腸ガンを諦めるな、ステージⅣでも大丈夫」などの対談がありました。
うちよりも、みかさんの方が大変ですが頑張りましょう。化学療法で腫瘍が縮小することが出来れば先の展望が見えてくる可能性はあるんじゃないでしょうか?
やれることは何でもやってあげましょう。精神的なケアが必要ですよ。頑張って・・・。
うちは明日、FOLFIRIの抗癌剤です。累計19回目です。
諦めるな・・・です。

120 名前: H>>8 投稿日:2009/12/18(金) 11:00
腹水がたまり病院で回復手術。しかし胃の腸に近い下腹部から癌細胞が飛び散っていた と 医師から説明を聞かされました。数ヶ月の命でしたが 今年また腹部が痛くなり入院。
腹水がたまっているとのこと。薬で処置。CT画像で見せていただいたら肝臓に小さな癌細胞が写っていた。最後の抗癌剤となり 髪の毛が抜けた。今は鼻から胃の水を抜くためのチュ-ブと口から食物がとれないから
ブドウ糖の点滴をしています。最近医師から緩和ケアの病院にと転院の話をもらいました。理由を聞くと身体の体力が落ちているから細菌感染がたかまり危険はあります。今は体力が少しあるから痛みもこれから出でくるので穏和をしてくれる
病院をさがします。と言われた。どのくらい痛くなるのか 未知数です。今の病院ではいられないのかな?と考えます。何で外科の医師は転院をすすめるのかしら?


前 次 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp|広告出稿|(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]