がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>イレッサと副作用 II

1 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/12/16(土) 07:01
新規スレッド立てました。

2 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/12/16(土) 07:09
★前スレ
イレッサと副作用
http://www.gankeijiban.com/bbs/read/020mune/1005825428

参考にして下さい。



3 名前: ワンチビ◆dKg2ukuLuE 投稿日:2006/12/18(月) 11:05
イレッサローテーション開始し、TS-1では上がっていたマーカーがイレッサに戻すと少し下がりました。
レントゲン上では、よーく見てみると少し腫瘍面積が小さくなりました。肝機能の数値(GPT、GOT)は少し上昇傾向です。


4 名前: S.M 投稿日:2006/12/18(月) 17:43
肺がん外科医様 有難うございました。
母はイレッサを使用して5日目になります。2日目の時に少し吐き気
が出たようですが、その後は問題ないようです。それまで、アラビノキシランを免疫
力をつける為に服用していましたが、今は中止しています。
食べ合わせでグレープフルーツがよくないといわれていますが、それ以外に注意した方がよいか教えください。





5 名前: 肺がん外科医 投稿日:2006/12/19(火) 08:54
>4
胃酸が少ないとイレッサの吸収が悪くなりますので、胃酸分泌を強力に抑えるような薬の併用は
慎重である必要があります。グレープフルーツの他にもイレッサの代謝に影響のある薬物があり
ますが、そのへんはイレッサの小冊子(もらいましたね?)にも書かれていますし、薬局がチェック
することになっています。

危険な副作用である間質性肺炎には、何らかの形で免疫が強く関与していると考えられています。
従って、免疫能に影響を及ぼすものの摂取にも慎重であるべきです。アラビノキシランが免疫力
云々は相当にマユツバですが、体に何らかの影響を及ぼすのであれば、何らかの副作用が
ありえますから、止められたのは賢明です。また、ひょっとしてアラビノキシランに効果があると
すれば、イレッサと同時に使用してしまうと両者の効果を区別できなくなりますので、同時に使わ
ない方が良いでしょう。

6 名前: S.M 投稿日:2006/12/19(火) 10:41
病院治療を実施していますが、イレッサの小冊子はもらっていませんので、今日早速催促してみます。有難うございます。


7 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/12/19(火) 21:15
母がイレッサを病院にて服用中です。
入院は2週間と言われています。
同室に今日からイレッサをする方がいて、その人はお正月に入るので少し短いですが
10日の入院でもいいですよと先生に言われていました。

何かで入院は4週間と聞いた事があるのですが、何週間が正しいのでしょうか?
ちなみに母もイレッサの小冊子はもらっていません。
薬局でもらうのでしょうか・・・。

8 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/12/20(水) 00:12
イレッサ服用中の患者用ページは
http://www.iressa.jp/patient/pati_index.asp
にありますよ。

のみ合わせが悪い薬のことは
http://www.iressa.jp/patient/pati_guide6.asp
ここに書いてありますね。
たぶん小冊子と似たような内容ではないでしょうか。

9 名前: 肺がん外科医 投稿日:2006/12/20(水) 00:15
>>7
イレッサの添付文書は以下のように警告しています。

>また、急性肺障害や間質性肺炎が本剤の投与初期に発生し、致死的な転帰をたどる例
>が多いため、少なくとも投与開始後4週間は入院またはそれに準ずる管理の下で、間質
>性肺炎等の重篤な副作用発現に関する観察を十分に行うこと。

「入院またはそれに準ずる管理」ということで、必ずしも入院しなければいけないわけでは
ありません。実際、入院していても毎日レントゲンを撮ったりする訳ではなく、呼吸苦、咳、
熱などの間質性肺炎を疑う症状が出た時以外は、せいぜい1週間に1度くらい、レントゲンや
血液をチェックするだけです。

ですから、正しい入院期間というのはありませんし、我々のところでは臨床試験でもなければ
通常は外来通院でイレッサを使います。息が苦しかったり、いつになく咳や熱が出る時は
すぐに連絡していただくことが条件ですが。

イレッサの小冊子は、イレッサを在庫している薬局ではたいてい置いてあると思いますが、
入院中は医者や薬剤師が管理しているのが建前なので、くれないかもしれません。

10 名前: 7 投稿日:2006/12/22(金) 23:36
>>9
詳しく説明して頂き有難うございます。

必ずしも入院というわけでは、無いのですね。
イレッサを服用し初めの一週間後にレントゲンと血液検査をしました。
しかし二週間後の退院日には検査なしで次の外来で検査すると言われました。
つまり16日間検査をしないことになります。

肺がん外科医様は「せいぜい1週間に1度くらい、レントゲンや
血液をチェックするだけです。」とおっしゃっていますので16日後ですと
「入院またはそれに準ずる管理」に当てはまらないような気がします・・・。



11 名前: 肺がん外科医 投稿日:2006/12/23(土) 19:47
>>10
いや、「せいぜい」ですから、最初の検査で何も問題がなく、その後も体調に特段の
変化がなければ、別に16日開こうが、1ヶ月であろうが、普通は問題ありません。
もちろん、普通でない方も稀にはいらっしゃるわけですが、それはもう例外とするしか
ないです。

12 名前: 7 投稿日:2006/12/23(土) 20:23
>>11
そうですか。少し安心しました。体調は普通です。
わざわざ返答して頂き感謝します。

13 名前: なお 投稿日:2006/12/25(月) 02:46
母の事で相談があります。
母は肺腺ガン4期、イレッサを服用し始めて3ヶ月半が経過しました。今のところ副作用も無く、もともとあったガンが8割方消滅したと言われ、良い経過です。
現状はレントゲンで経過を見守っている状態ですが、耐性による原発の増大を見極める際にレントゲンだけの検査で充分なのでしょうか?
イレッサを服用されている皆様はどのくらいのペースでどういう検査をされていますか?
年明けに転移を調べる為にPETを撮る予定があります。

14 名前: S.M 投稿日:2006/12/26(火) 17:41
私の母は本日イレッサを使用して2週間になり、本日無事退院となりました。入院中は一週間毎にレントゲンで副作用を血液調査でマーカー等をチェックしています。今回の入院に拘らず抗癌治療を実施している時も基本的に月一度CTで原発を確認しています。
因みに今回母も肺にたまった水が減少傾向にありますが、原発が縮小したとは確認出来ませんでした。副作用については、鼻が乾燥気味になり、クリームを塗って対応しています。

15 名前: 肺がん外科医 投稿日:2006/12/29(金) 11:20
>>13
肺の病巣の大きさがレントゲンではっきり見えるのでしたら、レントゲンによる検査だけで十分です。
お母さんのようによく効いて安定されている患者さんでは、2-3ヶ月毎の検査でよいでしょう。検査の
内容は病巣の状態によりますので一概には言えません。はっきりと評価できる病変を観察できる検査で
あればよいのです。私の患者さんの中にはCEAと病勢が良く並行している方が数名おいでで、レントゲン
では病巣は良く見えないのですが、間質性肺炎のチェックのために撮っており、病勢の評価はCEAのみ
で行っています。

16 名前: S.M 投稿日:2007/01/05(金) 10:24
母は退院後毎昼にイレッサを一錠飲んでいます。
退院時の検査では肺水は減少していると医師から良い兆候であると言われていますが、
普通に散歩に出たりしていますが、たまに疲れやストレスがたまったりすろと呼吸が荒くなったり
します。特に咳き込むとかの症状はないのですが、若干不安です。
又、肺のせんがんが背骨に5CMぐらい転移しているのですが、イレッサはこの部位にも効果はあるのでしょうか?
先日が背中が痛いということでさすったりしましたが、転移している部位ではなく、周りの筋肉の様でした。
9日には病院で検査がありますが、それ以前に検査を受けるべきでしょうか?
教えください。

17 名前: ねこねこ 投稿日:2007/01/06(土) 04:31
はじめまして。
肺がん外科医様。
私の母は肺せん癌4期で、
最初は入院してイレッサを使用する予定でしたが、
昨日の診察で入院せずに、自宅で11~12時の間に、
服用する様に言われまして一週間分のイレッサをいただきました。診察後、自宅から病院が遠く、用事もあった為、
帰宅時間が遅くなってしまい、
初めて服用するのに、出先で飲ませるのは不安でしたので、
夜中に飲ませたのですが、翌日の服用時間は何時間位あけてから飲ませれば良いでしょうか?
早朝から、申し訳ございませんが、
ご覧でしたら、至急ご回答頂けます様、
宜しくお願い致します。

18 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/01/06(土) 09:44
>>17
イレッサを飲む間隔、時間はあまり厳密ではありません。1日1回ということで、夕方なら夕方に飲むと決めて
しまって一向に構いません。朝飲みたいのであれば、今日から朝飲むことにしてしまっても差し支えありません。

19 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/01/06(土) 09:49
>>16
急いで検査する必要はないでしょう。背骨への転移があると、周囲の筋肉が緊張して凝ったような感じの
痛みが出ることは珍しくありません。ただ、背骨への転移が悪化していて脊髄を圧迫するようですと、そこ
から下の麻痺につながり、早急に対処する必要がありますので、足の方がしびれるとか、感じが鈍いと
いうようであれば、急いで相談された方がよいです。

背骨の転移にイレッサが効いているかどうかは検査しないとなんともいえません。多くの場合、原発巣に
効いていれば転移巣にも効きますが、原発と転移では性格が異なってくることもあります。


20 名前: なお 投稿日:2007/01/06(土) 21:54
>肺がん外科医さま
ご回答頂きましてありがとうございます。

>病勢の評価はCEAのみで行っています。
主治医曰くイレッサが効き始めてからマーカー検査をしていないとの事でした。継続してもらうべきだったと後悔しています。
2~3ヶ月ペ-スでCTを撮ってもらうよう頼んでみます。ありがとうございました。


21 名前: S.M 投稿日:2007/01/09(火) 09:25
肺がん外科医さま
有難うございます。
今日がかかりつけの先生の診察となりましたので、母には痛みが出てる事を
先生にちゃんと言うそうです。指摘の有りましたしびれについては出ていません。

22 名前: kiki 投稿日:2007/01/13(土) 23:42
どなたか、ご意見をいただけるとありがたいです。

母、肺腺ガンⅣ期 脳、肝臓転移ありです。
昨年3月よりイレッサを服用して、腫瘍マーカーが正常値まで下がりました
11月の腹部超音波で、肝臓も2個から1個に減りました。
12月に頭に再転移しガンマナイフを受けました。

本日CT検査の結果、特に問題は無しでしたが、
CEA23 SLX130 でした。

主治医は、
イレッサの耐性と考えられるので、中断して
抗がん剤に変える方針です。
タキソテールは以前、効果がなかったので、
別のものになります。
考えられるものは、ナビルビンかジェムザールとのことです。

どなたかご意見いただけませんか?よろしくお願いします。




23 名前: S.M 投稿日:2007/01/15(月) 09:35
母が13日に入院になりました。原因は右肺に肺水がたまった為、息ぐるしくなった為です。
酸素濃度も88%に下がってしまい、即日酸素吸入を行い93%に回復しました。
翌14日に肺水を出す施術を実施し、1リットルを排出しました。
主治医に聞いたところ、母の癌は遺伝性のせんがんで、イレッサを使用しているが効果が出ていない。
昨年12/13から服用を開始し、約1月経過し、今度のC/T検査で効果がない場合は中止するとの事。
今後はどのような治療が考えられますか?
抗癌剤もシスプラチンを2クルー投与しましたが効果はありませんでした。
今の状態であればもって後1ヶ月とも主治医に言われて、どうしてよいやら
タダ、母には励ましの言葉をかけていますが内心はつらいです。
との方法を教えください。


24 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/01/15(月) 18:50
>>23
まずは胸水(肺水ではありません)が溜まらないようにすることです。しばらく胸の中にチューブを入れておき、
胸水の出が減ってきたところで肺と胸の壁の癒着を促す薬をチューブを介して胸の中に入れます。これに
よって胸水がたまるスペースを潰し、溜まらないようにするわけです。たいてい2~3週間ほどかかります。

イレッサはおそらく効いていませんので、次はシスプラチン以外の抗がん剤を考えるところです。通常、最初に
抗がん剤を使う時はプラチナ系抗がん剤(シスプラチン、またはカルボプラチン)といわゆる第3世代の
抗がん剤を組み合わせた二剤併用療法をします。お母さんの最初の治療がシスプラチン単独であったのは、
二剤併用がやりにくい何らかの事情があったのかと思いますが、そうであれば今後も単一の抗がん剤を
いろいろ試みるという線になるのでしょう。

「遺伝性のせんがん」というのは何のことやらわかりません。

25 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/03(土) 18:15
母はイレッサ服用して2ヶ月になります。
血液検査でCEAは9.8から6に下がったのですが、ALPが90に上がりました。
5~47が基準のようですが、引き続きイレッサを服用するように言われたようです。

ALPがいくらになればイレッサを中断するものなのでしょうか?
90ではまだ問題無い程度の数字なのでしょうか?

26 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/02/04(日) 16:49
>>25
>ALPがいくらになればイレッサを中断するものなのでしょうか?

このようないわゆる肝機能異常の許容できる程度について、具体的な数値は
示されていません。

>90ではまだ問題無い程度の数字なのでしょうか?

ALPの基準値として5~47というのはあまり見つかりませんが、基準上限のおよそ
2倍ですね。他の肝機能の数値に問題がないのでしたら、とりあえずは様子待ち
というのは普通の判断かと思います。むこう1月くらいの間には再チェックしたい
ところですが。

27 名前: 25 投稿日:2007/02/04(日) 17:59
>>26
ありがとうございます。
他の機能の数値は全て基準内でした。
このままイレッサを服用して下がるとも思えませんし、、。
次の診察は一ヵ月後になります。
体調が悪くなれば受診という事ですね・・・。


28 名前: けんこう 投稿日:2007/02/07(水) 22:47
以前他で、お世話になりました母についてご相談させてください。4月からイレッサを使い始めて
1月の終わり位から、微熱が午後になると出るそうです。主治医が言うには少し炎症反応があると言う事で
抗生物質を出されただけでした。イレッサの耐性が出てき始めたのでしょうか?
 イレッサを使う時母は扁平上皮肺癌で、肝臓と背骨に転移があり痛みをオキシコンチン・ロキソニンで抑え
心膜に水が溜まるという状態でした。その後普通に生活できるようになり無数にあった腫瘍も少なくなっていました。
現在心臓のCTの画像を見るだけの状態なのですが。耐性が出来てしまう時というのはどの段階で判断するのでしょうか?



29 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/02/08(木) 20:32
>>28
いったん少なくなった、あるいは小さくなった病変がまた育ち始めた時に耐性が
現れた、と判断します。微熱、炎症反応の件は病変の状態と関係があるかも
しれないし、ないかもしれないので、そのことだけで耐性が現れてきたかどうかは
なんとも言えません。

30 名前: 25 投稿日:2007/02/11(日) 00:13
>>26
申し訳ございません。
ALPではなくALTでした・・。

31 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/02/11(日) 12:44
ALTでも特に話に変わりはありません。

32 名前: K4 投稿日:2007/02/26(月) 18:58
母の件で相談させていただきたく、よろしくお願いいたします。

母(70歳)が、イレッサ服用開始後約4ヶ月で、
イレッサが原因とみられる薬剤性間質性肺炎を発症し、
現在、ステロイドパルス3回目を実施中です。
いまのところ、効果はあまりみられません。

主治医の今後の方針は、以下のとおりです。
1)1週または2週ごとに、必要に応じてステロイドパルスを実施
2)場合によっては、エラスポールを使用

-質問事項-
1)ピルフェニドン、N-アセチルシステイン、IFN-γなどは、
 イレッサが原因とみられる薬剤性間質性肺炎には有効でしょうか?
2)希望がもてそうな治療法・薬が他にあれば教えてください

-これまでの治療経緯-
平成18年
2月23日:肺がんの診断(左肺、腺がん、病期1B)
3月6日~10日:定位放射線治療
9月27日:定期検査。上縦隔内に大きなリンパ節種大が複数、右鎖骨上窩リンパ節種大、右肺に数個の数ミリの影あり
 *他への転移なし
10月25~11月8日:入院&イレッサ服用開始
 *SDかつ自覚症状改善(首の痛みと嚥下時の違和感)のため、イレッサの効果ありと判断
12月5日:放射線治療開始(上縦隔内リンパ節、右鎖骨上窩リンパ節)
 *イレッサ継続
12月25日:右肺の胸水を抜く(1000ml)
 *数日前から息苦しさを訴え始め、酸素3L/M開始、右肺に胸水貯留を確認、左肺には貯留なし
 *検査の結果、滲出性胸水、がん細胞は検出されず

平成19年
1月6日:右肺の胸水を抜く(1000ml)
1月12日:放射線治療終了。上縦隔内リンパ節、右鎖骨上窩リンパ節ともに多少縮小
1月16日:右肺の胸水を抜く(1000ml)
1月23日・26日:右肺の胸膜癒着術(ピシバニール使用)。癒着不十分だが身体状態不良でこれ以上の癒着術は見送り
2月10日:右肺の胸水を抜く(1000ml)
2月11日:朝、呼吸困難を訴える(酸素7L/Mへ増量)。肺水腫の疑い、利尿剤とステロイドを投与。同日午後、呼吸が楽になる(本人談)
 *その後の検査の結果、間質性肺炎が強く疑われるとの診断
2月14日:ステロイドパルス開始(ソルメドロール1g/日×3日)
 *イレッサ服用中止
2月16日:症状改善、酸素7L/Mから5L/Mへ
2月17日:昼前、呼吸困難を訴え、酸素7~9L/M(記憶が不確か)
  (LDH:452, SpO2:95.7%, PO2:71.9mmHg, PCO2:33.0mmHg)
2月17~19日:ステロイドパルス、効果なし
2月20日:プレドニン服用開始(40mg/日)。酸素8L/M
2月23日:酸素11L/M
  (LDH:507, SpO2:95.1%, PO2:67.7mmHg, PCO2:40.6mmHg)
2月24~26日:ステロイドパルス

ご参考:LDHの推移
H18 10/23 210  H19 01/05 207
H18 11/01 224  H19 01/10 159
H18 11/06 234  H19 01/15 202
H18 11/20 219  H19 01/22 183
H18 12/04 206  H19 01/29 142
H18 12/09 254  H19 02/02 130
H18 12/11 210  H19 02/08 238
H18 12/18 231  H19 02/13 398
H18 12/25 217  H19 02/16 396
        H19 02/17 452
        H19 02/19 546
        H19 02/23 507

※今回の件には直接関係ないことではありますが、
平成18年3月16日に、母はくも膜下出血で倒れ開頭手術を実施、
平成18年4月10日に退院し、それにともなう後遺症はありません


33 名前: けんこう 投稿日:2007/03/11(日) 23:48
以前もご相談させて頂いたのですが、イレッサの耐性が出来てローテーションをすると判断するのは
抑えられていた腫瘍がまた増えだしてきてすぐ考えた方がいいのでしょうか?

医師によってローテーションの判断、内容が異なると聞いた事がありますが、ある程度のマニュアルは
無いのでしょうか?

最近、微熱、食欲・気力の減退などが見られ不安です。

イレッサローテーションの経験のある方、どうぞご意見を聞かせて頂けたら助かります。
宜しくお願いいたします。


34 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/03/13(火) 21:51
>>33
ローテーションとは、イレッサに耐性ができたと判断された時に、いったん通常の抗がん剤治療に切り替えて
しばらく治療した後に、再度イレッサを試みるというやり方を指しているものと思いますが、このことは役立つ
場合があるということが知られてきた段階で、どういう方にどういう時点で踏み切るともっとも良いというような
ことは殆ど判っていません。ですから、マニュアルのようなものはありません。あまり効かなくなったようだと
判断されても、以前の抗がん剤治療の副作用がきつかったような患者さんですと、それでももう少しイレッサで
粘ろうと決めることもありますし・・・

ということで、どこかでエイヤッと決めるしかないのが現実です。

35 名前: カンチ 投稿日:2007/06/28(木) 02:10
肺がん外科医様

私の父は肺がん4期との診断で3月からイレッサの服用を始めたました。
最近、両足の親指が紫色に腫れ上がり、爪の色も悪く、爪のまわりから
膿や出血もあります。顔や体に湿疹もひどく、右目のまわりも腫れ上がって
きました。
イレッサは毎日飲んでいます。これは全てイレッサの副作用なのでしょうか?
実際、癌には劇的に効いているようで、肺にたまった水もきれいに無くなり、
腫瘍マーカーの数値も平常になり、癌自体も半分になっています。
これだけの効果があったのでイレッサを続けたいのですが、他症状がかなり
辛くなっています。何か良い対処法があればどうかご指導下さい。
通っている病院では、イレッサに効果があるのでそのまま飲み続けるように
との事でした。そして今後の対処法は爪をはがすのとステロイドを使うとの事
ですが結局、イレッサの副作用だとすると服用を止めない限りまた出ますよね?
大学病院に通院して服用しているので皮膚科にまわされたのですが、皮膚科の
先生に聞いたら、イレッサの事はよく分からないので、もし副作用だとすると
爪をはがしてもまた直ぐに再発する可能性はありますかね・・・との事でした。
何か良い対処法は無いのでしょうか?
お手数ですがご指導下さい。


36 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/06/28(木) 22:05
>>35
皮膚や爪、指の状態がすべてイレッサの副作用かどうかははっきりしませんが、かなり
絡んでいそうだとは思います。

お父さんのように肺がんに対してよく効いているけれど、副作用が強く出ている場合、
毎日ではなく、1日おき、2日おきというように間をあけて飲んでみることをお勧めします。
肺がんの現状を維持しつつ、副作用は妥協できる程度に収まりを得ることがしばしば
あります。

なお、私を指名なさるのは止めてください。他のボランティアの方々に失礼ですし、
私も精神的に負担です。

37 名前: 親不孝者 投稿日:2007/07/02(月) 21:29
母が去年に肺腺癌ステージ4を告知され、イレッサの治療をしていましたが、約1年経って
先日の検診でどうやら効果がなくなってきてしまったようで、イレッサの治療をやめることになりそうです。
別の抗がん剤を使うようなのですが、イレッサの後、どのような治療薬が治療にむいているのでしょうか?
母は日本人女性で非喫煙者でしたのでイレッサが効いているときは本当に健康な人のような生活ができていました。
おそらく、ここまできく抗がん剤が他にはないだろうという覚悟はありますが、できることならそれでも
効果があり、なるべく身体に負担のかからない抗がん剤の治療をしてあげたいのです。アドバイスをお願いします

38 名前: ちろ 投稿日:2007/07/03(火) 13:29
私の母が肺癌(腺癌)です。去年の9月末に告知され、その時すでに胸水・心嚢水が溜まっていました。オペ適応外で、放射線もできず。本人と考えイレッサを選択し治療をしてきました。
今回の検査で腫瘍が大きくなっていることがわかり、来週から入院し、抗癌剤を使用することになりました。本人も私も抗癌剤の副作用が出ることにとても不安が強いです。
人それぞれで、必ずしも私の母に効果的であるかわからないけど、希望ってもっていいのでしょうか?

39 名前: たわら 投稿日:2007/07/07(土) 00:05
母(62)は肺腺がんの末期です。心嚢水が溜まり緊急入院しましたその時は今後に希望はもてないと 医者からは言われました それから 何とか二週間経ち少し落ち着いきました 先生からは イレッサを薦められましたが 悩んでおります 先生方も色々考えてくださっているとは思いますが ある種 賭をするような 物なのでしょうか?ここまで進行していても服用して可能性をみるという事なのでしょうか ご意見聞かせて頂けないかと思い書かせて頂きました よろしくお願いします

40 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2007/07/07(土) 20:49
ちろ様
お母様の状況は大変なご様子で、ご心配ですね。私は、今年の2月末にⅠBの摘出手術を受けまして、現在UFTを服用しています。
抗がん剤の副作用は不安ですよね。がんを小さくするためには、希望をもって抗がん剤の使用に臨まれた方が良いのではないでしょうか!

たわら様
医学の知識は全くありませんが、お母様の辛い症状を少しでも和らげたいですよね。医師を信頼されて、効果的な治療を臨みたいです。
頑張って下さい。

41 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/07/08(日) 07:52
>>37
イレッサが効かなくなってきたときに、どの抗がん剤が適しているということは分っておりませんし、
イレッサの後だからどうのということはおそらくないと思います。

通常の抗がん剤を使われたことはないのだろうと思いますが、その場合、最も実績があるのは
プラチナ系+第3世代の二剤併用です。主な薬剤は、前者に2種類、後者に5種類あって、10
種類の組み合わせが可能であり、その効果には大して差がないであろうと考えられています。
ただ、プラチナ系の2種類では、より副作用がきつめなシスプラチンの方が効果が高そうである
と最近言われています。

体の負担についてはシスプラチンの方が一般的にはきついのですが、シスプラチンでもケロリ
としておいでの方もいらっしゃいますし、副作用が弱めのカルボプラチンでもヘロヘロになる
方もおいでで、こればかりはやってみないと分りません。

>>38
もちろん、希望があるからがんばっていただくのです。一つアドバイスですが、あまり構えて
かかられないほうが良いですよ。副作用の不安感が強い方ですと、病院にいらしただけで
吐き気が現れてしまう方もいらっしゃいます。副作用の殆どは一時のものですから、まあ
やり過ごしているうちになんとかなる、くらいに鷹揚に構えられたほうが良いでしょう。

>>39
生き物というのはまだまだ分っていないことが多く、すべての治療には賭けの側面があります。
ほぼあらゆる治療において、効果も副作用も保証されておりません。

日本人女性の肺腺癌については、殊に非喫煙者であれば、イレッサはかなりの効果が期待
できます。副作用で苦しむこともあまりありません。進行した肺癌に対する治療の中では、かなり
分のよい方だと思います。

42 名前: ちろ 投稿日:2007/07/10(火) 11:53
≫40
心強い返事をありがとうございます。昨日から入院し、明日から抗癌剤を使用することになりました。
私は母と離れているため、あまり詳しい話をしていませんが、先生とも話をしてみようと思います。
≫41
抗癌剤の副作用も人それぞれなんですね。母は不安を自分から表出する方ではありません。我慢強い女性です。でも、主治医をすごく信頼しているので先生に託しながらも、ここで自分も色々勉強させてください。

43 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2007/07/10(火) 13:24
ちろ様
良い結果を得られますよう、お祈り申し上げます。
まずは、ゆったりとした心が大事だと思います。頑張って下さい。

44 名前: ミータン 投稿日:2007/08/30(木) 12:26
肺がん外科医様にご質問させてください。
私の母は非喫煙者で腺癌のステージⅢbなんですが、抗がん剤治療を始めましたが、ここの掲示板を拝見してて疑問に思うことがありました。もう治療は始まってますが宜しくお願いします。抗がん剤治療とイレッサはどちらを先に行うのが良いのですか?抗がん剤で効果が無くなってきてそれからイレッサを使用しても効果は見込めるものなんでしょうか?それとも最初から使用した方が良いのでしょうか?

45 名前: ユーミン 投稿日:2007/08/30(木) 15:22
お医者さんの意見を聞きたい...という気持ちはわかりますが、
個人を指名するのは大きなマナー違反ですよ。(^^;;
肺がん外科医先生は、他の大勢の方々の質問にも答えられてますし多忙なはずです。
他にも詳しい方々が居られますし、全員に質問しましょう。(^-^)

>抗がん剤治療とイレッサはどちらを先に行うのが良いのですか?
>抗がん剤で効果が無くなってきてそれからイレッサを使用しても効果は見込めるものなんでしょうか?
>それとも最初から使用した方が良いのでしょうか?

3つの質問全て、答えは「やってみないとわかりません」です。
色々試しながら、お母様にとってベストの治療方法を見つけていくしかありません。

どのような抗癌剤を使用されてるのかわかりませんが、
通常はプラチナ製剤(シスプラチンとかカルボプラチンとか)と
新規抗癌剤(ドセタキセルとかパクリタキセルとか)を組み合わせます。

これらが功奏する確率は3割~4割という話は担当医から聞かれてませんか?
しかし、これは単なる統計なので、ミータンさんのお母様に効くかどうか?ってのは、
前途の通り「やってみないとわからない」という事なのです。

効けばそのまま投与し続ければいいでしょうし、
効いても副作用もきつければ、量を減らしたり間隔を開けて投与するとかってなるでしょうし、
効かなければ他を試そう(ドセタキセル単独とかイレッサとか)って事になります。

この辺りはネットより担当医に時間をとってもらって、じっくり質問すれば
ちゃんと答えてくれますよ。(^o^)
私の母も腺ガン3Bの診断で抗癌剤治療を始めた時に、主治医に時間をとってもらって
質問したら丁寧に答えてくれましたよ。
ミータンさんもしっかり頑張って!



46 名前: ミータン 投稿日:2007/08/30(木) 22:28
ユーミンさんご指摘ありがとうございます、そうですよね、沢山の方のご意見を参考にしなければなりませんよね。先ほど電話したら今日から抗がん剤開始だったけどその前にステロイドと吐き気止めを点滴したあとにジェムザールという薬を点滴したそうです。色々調べると2剤併用が良いと書いてありますが私の母の場合は違うのでしょうか?次回点滴は1週間後で、それまでは何もしないそうです。気になってしまいます。ご意見宜しくお願いします。

47 名前: なお 投稿日:2007/08/31(金) 02:29
>ミータンさん
お母様、ご心配ですね。
イレッサは現状ですと他の抗がん剤を投与して無効だったという診断があった後、セカンドラインの治療でないと使えないと思います。
ジェムザール単剤投与をされたそうですが、今後腫瘍マーカーと画像の診断と併せて奏効の程を観察し、主治医との相談でイレッサに切り替える、というのはどうでしょうか?
非喫煙者で女性であればイレッサが奏効する可能性は高いと思います。
私の母は肺腺ガン4期でパラ+ドセの二剤を4クール行い、それでも原発の増大が認められたのでイレッサに切り替え、耐性が付くまでの9ヶ月間、下痢などの副作用はありましたが、間質性肺炎を発症する事無く元気にいられました。
今はナベルビン、ジェムザールの二剤に切り替えましたが、イレッサに戻すタイミングを伺っております。
今はインターネットである程度の知識を得る事が出来ると思います。点滴による抗がん剤とイレッサやタルセバのような分子標的剤の効果は大きく同じガン治療薬でも異種の物であると私は受け止めています。
お母様にとってベストな治療を見つけてあげて下さい。

>ユーミンさん
別スレで何度かお世話になりました。
その後お母様はいかがですか?母は上記の通りイレッサの恩恵は今の所受けておらず、脳転移が多発しておりますが、本人は至って元気です。
イレッサをやめた途端に現れた多発転移(20個以上)には正直凹みましたが、サイバーナイフという強い見方を付けて戦っております。


48 名前: ミータン 投稿日:2007/08/31(金) 09:28
なおさん、お返事ありがとうございます。お返事をいただく度に勇気ずけられます。今後の治療を見守りたいと思います、今日孫を連れて里帰りしてきます。イレッサの耐性が
ついても期間をあければまた使用可能になるのですか?

49 名前: ユーミン 投稿日:2007/08/31(金) 10:26
もちろん2剤併用の方が「功奏率が高い」というデータはありますが、
「副作用がきつい」というリスクもあります。
ジェムザールは一言で言えば「他の薬に比べて副作用がマシ」という事です。
#もちろん個人差がありますので、これも「やってみないとわかりません」です。

お母様の状態を見て主治医が判断されてるのでしょうから、、、
なおさんの意見にもありましたが、やはり【主治医と相談】これしかないです。
そんなに気になるのでしたら、ジェムザール単独投与の理由...2剤併用しない理由...
これらを明確にして下さい。
それで納得できればそれでいいし、納得できなければセカンドオピニオンを
利用してください。

>次回点滴は1週間後で、それまでは何もしないそうです。

抗癌剤投与後は体が弱ってますから、体力回復に努めるだけとなります。
しっかりフォローしてあげて下さいね。(^^)

>>48
>イレッサの耐性がついても期間をあければまた使用可能になるのですか?

イレッサローテーションと言って、他の薬を投与した後で再びイレッサを試したりします。

>なおさん
お母様は元気に戦っておられるんですね。凄い気力です。励みになります。
こちらは術後の補助化学療法を終えて5ヶ月...経過観察中です。
手術の後遺症は全くなし。さすが九州医療センター。
でも抗癌剤の後遺症で手足の痺れと歯茎が弱ってしまいました。
次回検査は10月。何もない事を祈りますが、最近体調を崩し気味なので
ちょっと心配です。
検査結果はまた報告しますね。(^^)


50 名前: ミータン 投稿日:2007/08/31(金) 14:42
ユーミンさんありがとうございます。これから母のところに行ってくるので先生に話しを伺ってきます。

51 名前: ミータン 投稿日:2007/09/02(日) 21:32
母のところに行ってきました、元気な顔を見れてうれしかったです。抗がん剤はジェムザールを先週し今週はカルボプラチンをするそうです。ところで腺癌にはナベルビン、ジェムザールの二剤が効果があると伺いました、その辺はどんなものなんでしょうか?グループの若い先生にはセカンドオピニオンはどうかとも言われたし、頭が混乱してしまいます。

52 名前: なお 投稿日:2007/09/04(火) 03:49
>ミータンさん
お母様がお元気そうで良かったですね。私の母も腺ガン4期、多発性の脳転移がありますが、信じられないくらい元気です。抗がん剤治療の副作用で体力を過剰に奪われる事の無いように、投与日、薬剤と量をメモするなどしていつでもセカンドオピニオンに行ける体制を作っておくと良いと思いますよ。
ナベルビンとジェムザールの組み合わせは一般的で、他の薬剤の組み合わせと比較的副作用が少ない、と聞きました。母も今減量した形で同じ治療を受けています。
頭が混乱するお気持ち、お察し致します。でもお母様を支える為にミータンさんは今出来る事を一つ一つやってゆけば良いと思いますよ。
主治医に聞きたい事を書面にすると自分でも整理が付きますし、短い診察の時間を有効に使えます。

長くなりましたが最後にイレッサの耐性について。
耐性が付いても他の抗がん剤で治療をして間を明け、イレッサを再開する治療法があります。
どのくらい間を明けるのか、再開して奏効するのかどうかは個人差があるようですが、そのローテーションがうまく行ってお元気でいらっしゃる方もいるようです。

53 名前: なお 投稿日:2007/09/04(火) 04:01
>ユーミンさん
お母さま、無事手術を終えられたのですね!手術まで運んだユーミンさんは凄い!!
せっかく踏み切った事ですから良い方向に進む事を祈っております。こちらこそ励みになりますよ。
暑さもおさまってきましたからお母さまも本来の体調を取り戻されると良いですね。
母も10月に脳の検査です。また多発してたら、、、とつい後ろ向きになってしまいます。
お互い頑張りましょうね。

54 名前: ミータン 投稿日:2007/09/06(木) 01:59
なおさんありがとうございます。母も私もまだ始まったばかりだから、少しようすを見てみたいと思います。また色々教えてください、宜しくお願いします。

55 名前: 長男の嫁 投稿日:2007/09/08(土) 21:47
皆さんご無沙汰しております。
よいご報告を早くしなくてはとお思いつつ、ごめんなさい。
私自身が仕事と仕事で受けなくてはいけない試験の勉強に追われてしまって遅くなりました。
なんと義母の3度目のイレッサはとてもよく効いています。
元気に仕事もしていますし、胸膜癒着術もしましたが、レントゲンでも白くなっていたものがだんだんとクリアになってきたそうです。
1度目のイレッサの時は脳の転移にも効果が出ましたが、今月末には脳のほうも検査に行くのですが、また効果があればと願っています。
今年の初めに脳の腫瘍で発作を起こした時には、いつ人口呼吸器を付けてもおかしくないと言われたのにまるで嘘のようです。
がんと告知されてから11月で丸5年になります。
まだまだ義母はあきらめないといっています。
季節の変わり目ですので、ご家族や皆様もお気をつけください。

56 名前: なお 投稿日:2007/09/11(火) 02:49
>長男の嫁さま
お母様、3度めのイレッサが効いているなんて素晴らしいですね!長男の嫁さんのご尽力の賜物ですね。イレッサは肺に奏効すれば脳転移にも効く感触がありました。
治療を開始されて5年ですか。本当に勇気をもらいます。長男の嫁さんもご自身がお忙しい中、義母さまを支えていらっしゃるのですね。私も頑張らねば、と思います。
義母さまの更なるご回復をお祈り致します。

母は10月にまた脳の検査があります。肺も少しずつですが進行している様子があります。咳が収まらないのが気になりますが、減量抗がん剤治療でかろうじて現状維持は出来ている感触です。



57 名前: ワンチビ◆dKg2ukuLuE 投稿日:2007/09/11(火) 16:05
長男の嫁さま、お義母様のイレッサローテーション上手くいっているようでよかったですね。
うちの母も、3度目のイレッサローテーションです。母の場合は、主治医は「原発には変化はないが、脳転移が新たに出現したということはイレッサの効果はないとも判断できます。別治療に変え時だと思います。
しかしながら、原発がコントロール出来ているのでイレッサで様子を見るという選択肢もないとは言えません。とにかく治療を始めて、丸6年。手術をした人でも、5年という話も出たりするくらいなので、正直すごいことだし、また今後の治療に関してのデータがないんですよね。」
との話しでした。母は、イレッサを選択しました。
脳転移は、今回はラジオサージャリーをしていただけました。きっと効果があると信じています。以前のMRで右脳には何も写っていなかったのに、たった2ヶ月足らずで3センチ大の腫瘍が2つも出現したことに驚いていますが、今後は少し短期的なスパンでMRを撮っていくことになります。
タルセバの話を主治医としましたが、
●イレッサとタルセバは同じEGFRをターゲットにしている薬なのでイレッサが無効の人には効かないとのこと。
●タルセバはイレッサを3倍強くしたような薬であり、イレッサでは出なかった副作用がタルセバで強く現れる可能性があること。
●イレッサを強くしたような薬であるから、イレッサ無効後に効いたり、イレッサで効かなかったのにタルセバが効いたという人は、イレッサが効いているのにタルセバに変えたか、イレッサが効く体質だけど薬の量の加減で効かなかったかのどれかだということ
と3点の話をされ、タルセバに関しては乗り気でないイメージを受けました。
まだ、日本で認可されていないので、そのような発言になったのかな・・とも思ったりもしますが、もう少し希望を持たせて欲しかったな・・・・・
でもへこたれてなんていられません!みんなもがんばりましょう!!

追伸  退院して1週間目。母は、また社交ダンスに行きだしました(^^) 出かけて体を動かす気持ちになってくれるのは、とてもいい傾向です。


58 名前: ある患者 投稿日:2007/09/11(火) 20:57
>57
患者が医師の言葉に口をはさむのは失礼ですが・・・

1.イレッサとタルセバは、確かに同じEGRFをターゲットとして
開発されたものですが、その後の研究により、イレッサは通常のEGRF
ではなく、変異型のEGRFに作用しているらしいことが明らかになっています。
2.欧米の治験では、イレッサよりもタルセバの奏効率が高くなっていますが
イレッサに無効ならば、タルセバ無効ということであれば、このようなことは
生じません。
3.国内で未承認抗がん剤を積極的に使用されている医師のHPによれば
統計学的処理に基づくものではなく、タルセバの使用を検討される方は
この数字のみを信用せず、あくまでもデータの1つとして他の医療機関の
データや意見も参考にしてくださいとの注意つきですが、
1.イレッサ未使用例
 A.女性、喫煙歴なし、腺がん: 50~60%
 B.男性、喫煙歴なし、腺がん: 40~50%
 C.女性、喫煙歴あり、腺がん以外: 20%前後
 D.男性、喫煙歴あり、腺がん以外: 10~20%
2.イレッサ耐性例(途中から無効になる)
 A.女性、喫煙歴なし、腺がん: 30~40%
 B.男性、喫煙歴なし、腺がん: 30%前後
 C.女性、喫煙歴あり、腺がん以外: 10~20%
 D.男性、喫煙歴あり、腺がん以外: 10%前後
3.イレッサ無効例(当初から効果なし)
 A.女性、喫煙歴なし、腺がん: 30%前後
 B.男性、喫煙歴なし、腺がん: 20~30%前後
 C.喫煙歴なし、腺がん以外: 10~20%
 D.喫煙歴あり、腺がん以外: 10%以下
との記事を書かれています。
http://2nd-opinion.jp/index2.htm
たしかに、イレッサが効かない・無効になった場合は効果がある
可能性は低いようですが、「効かない」ということは当たらないようです。

59 名前: ワンチビ◆dKg2ukuLuE 投稿日:2007/09/12(水) 15:27
>ある患者さん
こんにちわ。レスありがとうございます。
主治医の話でがっかりしていたので、またがんばる気持ちが出てきました。ありがとうございます。
とにかくタルセバが認可されしだい主治医にもう一度話してみようと思ってます。それまでに情報集めをせねば・・・
個人輸入は、信頼できる業者が見つからないので、ちょっと難しいです。
主治医に「個人輸入しても、それは本当にタルセバですか?」なんて言われてしまうと、気持ちも凹んでしまいました。
母も「もし変な薬やったら飲むのは怖い」と言うし・・・
今はタルセバの副作用について、もう少し詳しく知りたいです。

60 名前: ある患者 投稿日:2007/09/12(水) 16:12
>59
Yahooアメリカでtarcevaを検索したら、下記に日本の薬剤の添付書類相当と思われるものがありました。
その中には副作用情報もあるようです。
英語で良ければ、参考になるでしょう。

http://www.gene.com/gene/products/information/oncology/tarceva/insert.jsp#warnings

Yahooアメリカでtarcevaでの検索結果を全てみていませんので、もっと良いものも検索結果にはあるかもしれませんが。

なお、「信頼できる業者が見つからない」というだけならば、「あきらめない診察室」のほうに質問されてみてはどうですか?
http://2nd-opinion.jp/


61 名前: ある患者 投稿日:2007/09/12(水) 17:26
>60
(訂正)
「全てみていません」は「全てはみていません」の書き間違いです。

62 名前: ユーミン 投稿日:2007/09/12(水) 19:36
>ワンチビさんへ

タルセバは早くて12月です。
当然の話ですが、薬価が決まらないと販売できません。
それを決める為に書類を提出するのですが、
受付けが年に4回(3,6,9、12月)しかありません。
で、9月には間に合わなかったようなので次は12月です。
そこで価格が決まって、やっと市場に出回るんですよ。。。

患者側からすれば「何で年に4回しかないねん!」と
言いたくなりますね。お役所というとこはホントにもう。。。


63 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/09/13(木) 10:46
突然の書き込みでもうしわけありませんが、
ワンチビさん、私はあなたに恩返しがしたい。あなたがイレッサのこと
をここに書いていなかったら、母は生きてはいなかったでしょう。
母は2002年7月に肺せん癌になり、2度の抗がん剤がまったく効かず、
途方にくれていたころ、この掲示板にたどりつき、イレッサのことを
知り、ちょうど運よくイレッサが承認され、それで助かりました。
しかしながら、癌性髄膜炎をおこし、どうにもならなくなり、タルセバに
踏み切りました。それからもう2年がたちます。
参考になるかどうかわかりませんが、一度のぞいて見てください。
今までの経緯をブログに書いています。


http://blogs.yahoo.co.jp/poke0724101/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=3

64 名前: ワンチビ◆dKg2ukuLuE 投稿日:2007/09/13(木) 14:33
>60 ある患者さん ありがとうございます。少し訳がわからなかった部分もありましたが、参考になりました。
でも、やっぱり英語は苦手です(汗
63さんもお書きの「あきらめない治療室」連絡してみるつもりです。
 
>62 ユーミンさん 12月とは・・・今朝、妹に「12月らしいけど・・どうしようか・・」と電話したところ、「お母さん、9月やと思ってて、いつかな、いつかなって待ってやるし、どう伝えるかちょっと一緒に考えよ」と・・
声にも一気に落胆が感じられました。

>63さん
ブログ見せていただきました。ありがとうございます。お母様のためにがんばっていらっしゃるのがよく伝わりました。また、タルセバ処方に至った経緯もよくわかりました。
「あきらめない治療室」の先生は、確か過去にイレッサの副作用情報を送っていただいたことがある先生でしょうか・・??お名前に記憶があります。
製薬会社にも電話して、「イレッサもタルセバもターゲットは同じであるが、イレッサが無効だからタルセバも効かないとは一概に言えないし、タルセバ無効例にイレッサが効いたという話もあります。」とは聞けました。
「知らなきゃ何も始まらない!」しかし・・千葉・・遠いですね。うちからだと日帰りは無理ですね。こういうとき、子供を見てくれる人欲しいです。でも、もし私が病気になって入院したら、誰か面倒見てもらわないと・・ですもんね。
その気になったら、なんでもやってやれないことは何もない!がんばります!





65 名前: ワンチビ◆dKg2ukuLuE 投稿日:2007/09/13(木) 19:38
>63さん
すいません。タルセバを入手されているのは、クリニックAのI先生でしょうか?

66 名前: ある患者 投稿日:2007/09/13(木) 21:17
>65
63ではありませんが・・・

I先生は、2年前、クリニック「A」から独立されて、現在、「C P」メディカルクリニックを開業されているはずです。


67 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/09/14(金) 09:01
63です。
ワンチビさん、がんばってください。
あなたは、私の希望です。
I先生は確か、この掲示板が初期のころに,たびたび登場
されて、確かにイレッサの副作用について教えてくださって
いました。


68 名前: 長男の嫁 投稿日:2007/09/15(土) 22:59
ワンチビさん、お母様頑張っていらっしゃいますね。

義母も昨年I先生にインターネットで相談にのっていただきました。
今はお忙しいようでネットでの相談は中止されていますね・・・
義母はI先生のところへは通うのがむずかしく、今はU先生のところでお世話になっています。

3度目のイレッサは効果があるようですが、血痰がでて声がかすれているらしく
義母は少し落ち込んでいるようです。
原発癌はなくなっているわけではないので、致し方ないかもしれませんが、
義母も少し神経質になっているみたいです。
季節の変わり目なので風邪気味なのかもしれませんが、メンタル面も家族で支えていかなくてはと思っています。

イレッサの効果のおかげか脳転移の腫瘍も小さいのが1つだけすみ、また月末にガンマーナイフです。
以前のものも大きくなっておらず、そんなに心配はないようですが・・・
まだまだ頑張ってます。



69 名前: ワンチビ◆dKg2ukuLuE 投稿日:2007/09/17(月) 15:02
ある患者さん、63=67さん
情報ありがとうございます。

長男の嫁さん、家族のサポートは本当に大切だと思います。
バランスが難しいときもありますが・・
本人がとても悩んでいるのに、家族が元気付けようと「きっとたいしたことないよ。気にしすぎ」なんて言うと、それで落ち込みから復活してくれそうなタイプだといいのですが、「私の気持ちなんて誰もわかってくれない。こんなに辛いのに」と余計に落ち込まれたりすることもありますもんね・・
うちの母なんてホント難しい時あるんです。

70 名前: POPPO 投稿日:2007/10/03(水) 13:55
すいません、教えて下さい。
私の父(72歳)は今年2月に腺癌四期(両肺転移)と診断されました。
カルボプラチン+ジェムザ-ルを4ク-ル、その後3ヶ月経過観察後、
腫瘍の影が濃くなったとのことで、7月末よりイレッサを服用し始めました。
最近、咳が多くなり、少し動くと呼吸が苦しくなるようです。
それに胃のあたりが重いらしく、味覚がおかしくなっているようで食欲があまりないようです。
そこで質問ですが、イレッサの副作用にこのような症状があると聞きましたが、
これは飲み続けている間中、持続し続けるのでしょうか?
あと、2月に診断された時には他臓器には転移していないといわれていますが、
その他の臓器の検査らしいことは血液検査以外にはしていません。
胃にちょっと異変があるのは本当に副作用の問題だけなのか心配になります。
あと背中が痛いということがあり、そのたびに転移ではと不気味な感じがします。
サロンパスを貼れば痛みがなくなるので違うと信じているのですが・・・・
初歩的な質問ばかりですいません。
担当の先生の診察が1ヶ月おきですし、質問があっても1ヶ月後の診察日でなければ
直接先生にはできないような状態です。
よろしくお願い致します。


71 名前: めい 投稿日:2007/10/03(水) 23:24
はじめまして。父(71歳)が5月にⅣ期の肺腺癌と診断され、
(骨転移あり)ファーストラインで6月よりイレッサを服用しています。
(ただし目に見える原発巣は見つかっていません)
服用後、悩みの種だった背中痛も全くなくなり、
副作用と言えば皮膚炎くらいでした。
ただ、服用後も胸水は溜まってはある程度まで溜まると止まる、
の繰り返しでした。
腫瘍マーカーは正常まで下がってきています。

そこでご相談ですが、服用後1ヵ月後くらいから
ずっと吐き気に悩まされています。

吐き気止めの薬は種類を変えて飲んでいますが(今はナウゼリン)
一向に良くなりません。
味覚障害もあり、においにもすごく敏感になりましたが、
今は食べても食べなくても四六時中の吐き気で
みるみるほとんど骨と皮状態になってしまい愕然としています。
どなたか同じような症状の方いらっしゃいますか?
今はイレッサを止めて3週間経っていますが、吐き気はおさまらず
主治医も頭を悩ませています。(薬を点滴してもだめでした)
何か良い吐き気止めの薬があったら教えてください。

なお、イレッサは服用を止めてもしばらくの期間成分が体内に
残るものなのでしょうか。

質問ばかりですみません。
服用当時はあれほど明るかった父が、今は無気力、軽いうつ状態で
どうしたらいいかわかりません。(たぶん吐き気のせいです)
どうかよろしくお願いいたします。

72 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/10/04(木) 02:16
そうですね。母の場合も結局、この嘔気のために
イレッサを断念しました。でも、食前にマーロックスを
服用することで、実際に吐くというのはなくなりました。
でも、やめても吐き気があるのは、脳転移を疑ったほうが
いいんじゃないでしょうか?

73 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/10/04(木) 19:59
>>71さん
脳転移の可能性は大丈夫ですか?うちの家族も、嘔吐が激しくてMRを撮ったら脳転移でした。

74 名前: めい 投稿日:2007/10/04(木) 23:35
>72さん、73さん
お返事ありがとうございます。
そうですか、やはり脳転移を疑ったほうがいいですね。
明日か来週早々にでも仕事の都合をつけて兄と
主治医に話を聞きにいこうと思います。
すぐに検査してもらわないと。

今日父が「もうお見舞いにも来なくていい」と言い出しました。
鬱状態が日に日に酷くなっています。
(先月にも家族旅行に行った仲の良い家族です)
涙が出ました。もう一度父に生きる喜びを味わってほしい。

ご親切にアドバイスありがとうございました。
みなさんのご家族もどうか良くなりますように。

75 名前: めい 投稿日:2007/10/13(土) 18:37
主治医も脳転移を疑っていたようで、今週水曜日に検査をしましたが
しかし脳転移はありませんでした。

吐き気止めを何種類変えても一向におさまらず、どんどん衰弱して
いきます。

どなたか教えてください。
イレッサを止めてから3週間は過ぎていますが
薬の成分はそんなに体内に残っているものなのでしょうか?


76 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/10/14(日) 00:36
癌性髄膜炎の可能性はどうですか?
かなり熟練した医師でないと、早期発見は無理みたいですが、
脊髄液の検査をすればわかります。

77 名前: めい 投稿日:2007/10/21(日) 03:14
>76様
 コメントありがとうございます。
 医師に確認したところ、癌性髄膜炎ではないとのこと
でした。ほっとしています。

78 名前: めい 投稿日:2007/10/21(日) 03:15
 父の吐き気は続いており、どんどん痩せていってい
ます。食事もあまりとれないようです。
 点滴やその他の方法で、口からではなく、カロリー
を注入する方法はあるのでしょうか?
 体力が低下すると、抗がん剤治療ですらできなくな
ってしまう気がしています。

79 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/10/21(日) 09:41
カロリー注入は諸刃の剣ですので主治医とよくご相談下さい。
http://www.bb.e-mansion.com/~mikamo/reffer/manoweb/toutu053.html

80 名前: めい 投稿日:2007/10/22(月) 01:25
 >79様
 貴重な情報をありがとうございます。
 参考にさせていただきます。
 助かりました。

81 名前: 大まぬけ3号 投稿日:2007/10/22(月) 14:11
めい様
私は、今年2月の肺がん手術後に10日間の絶食でした。その時に、鎖骨下静脈
への高カロリー点滴をしました。太い針なので身体を動かすと痛みはありました。
絶食でも高カロリーで体重は増えてしまいました。ご参考にして下さい。

82 名前: めい 投稿日:2007/10/24(水) 02:33
大まぬけ3号様
 貴重な情報をありがとうございました。
 いろいろ大変だったのですね。
 早速、参考にさせていただきます。
 お大事になさってください。


83 名前: ミータン 投稿日:2007/11/30(金) 18:09
久しぶりに書き込みます、母は8月の終わりに腺癌4期(腰骨に転移があるそうです)と診断されジェムザールとカルボプラチンの投薬を受けていました。今日色々な精密検査を行った結果、胸水は無くなっており、腫瘍はあまり変化無し、骨以外への転移なし、CEAは7.6から8.0になっていたそうです。そして来週からイレッサに変えるため入院をするそうです。私はこれを良しととるのか判りません。セカンドラインに移るということはやっぱり進行しているのかと考えてしまいます。また入院するにあたって私が準備しておくことあるのでしょうか?また入院なので心配です、そわそわしてしまいます。

84 名前: 柊 投稿日:2007/12/16(日) 16:45
はじめまして。私の父(60歳)は6月に体調不良を訴え約3ヵ月の様々な検査の結果、肺ガン 非細胞線癌Ⅳ期だと宣告されました。抗ガン剤を3クール終わったところで、あまり効果がないので先週月曜日からイレッサを服用始めました。2日目から吐き気がでて3~4日目が水も受けつけない程の嘔吐。5日目に入院し脳のMRI検査で転移がわかりました。そのことがどれくらい進行していて、これからどうなっていくのか不安です。イレッサも飲み始めたばかりでまだ効いてるのかもわからないのに、副作用が強く出てしまい.. このまま飲み続けて体が慣れてくるという事もあるのでしょうか? 情報をお願いします

85 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/12/16(日) 22:53
>>83
胸水がなくなったのは大変良いことですが、原発巣に変化がないので、よりいっそうの効果を
求めてイレッサを試みるのでしょう。女性腺癌ですから、殊に喫煙歴がなければイレッサが
効く可能性はかなりいありますし、ジェムザールとカルボプラチンに比べれば体も楽でしょうから
決して悪い選択ではないと思います。CEAの変化は誤差範囲と言えますので、「進行している」
という気遣いはなさらないでよいでしょう。

イレッサの副作用である間質性肺炎を懸念して、入院に準じた管理のもとにイレッサを投与せよ
とされているために入院ということになったのでしょうが、女性非喫煙者であれば間質性肺炎が
起きる率はかなり低いので、あまり心配なさることはないです。

86 名前: 肺がん外科医 投稿日:2007/12/16(日) 22:59
>>84
まず、状況をきちんと理解されていないと思います。「非小細胞肺癌」のうちの「腺癌」です。

吐き気、嘔吐はイレッサの副作用として挙げられていますが、あまり多くありませんし、脳転移が
あるとなれば、まず脳転移が嘔吐の原因と考えるのが普通です。

このような時、つらい症状を和らげることを優先するのが普通で、通常は放射線照射、利尿剤、
ステロイドの投与で対処します。

87 名前: ミータン 投稿日:2007/12/17(月) 09:16
肺がん外科医様、ご回答ありがとうございます。自分の周りには医療関係者や同じ境遇の方がいないので、肺がん外科医様や他の方からの意見とても感謝しています。母も入院してもうすぐ2週間になり予定では退院ですのでとてもうれしいです。2つご質問させてください。1つめはイレッサは毎日飲むものと伺ってますが母は2日に1錠にするかもと主治医がおっしゃられたそうなので、この点についてと2つめは抗がん剤というと白金製剤プラス何かというものかと思っていましたがジェムザールとナベルビンという組み合わせ(というよりは白金製剤を使わない組み合わせ)をよく拝見しますが教えていただきたいと思います。宜しくお願いします。

88 名前: ユーミン 投稿日:2007/12/17(月) 15:17
ミータンさんへ:

>>1つめはイレッサは毎日飲むものと伺ってますが母は2日に1錠にするかもと
>>主治医がおっしゃられたそうなので、この点についてと

毎日服用、隔日服用、etc...人それぞれです。
効果と副作用を比較して、一番ベストな間隔を決めていきます。
毎日服用して副作用がキツければ、隔日服用にしてみようとか。。。
隔日服用して効果があり、副作用もがキツくなければ毎日服用してみようとか。。。
色々試しながらやっていきます。最初から「答え」は出ないです。

>>2つめは抗がん剤というと白金製剤プラス何かというものかと思っていましたが
>>ジェムザールとナベルビンという組み合わせ(というよりは白金製剤を使わない組み合わせ)を
>>よく拝見しますが教えていただきたいと思います。

何を「教えて」ですか?
文章がよくわかりませんが。。。

プラチナ製剤+新規抗癌剤は「副作用がキツイ」ので、
副作用が少ないとされるジェムザールを中心とした組み合わせの治療が主流になってきてます。
ジェムザール+ナベルビン、ジェムザール+シスプラチン又はカルボプラチン、ジェムザール単独...色々です。

答えになってますか?

以前の書込み内容から判断しますが、ジェムザール+カルボプラチンで効果があるのに、
何故イレッサに変えるのか?という点に疑問を感じておられるのかと思ってましたが。。。
ジェムザール+ナベルビンはどこから出てきた話でしょうか?

全然関係ないのであれば、肺がん外科医先生の仰る通り「更に効果を求めてイレッサに変更」だと
思いますので、大変良いことだと思いますよ。


89 名前: ミータン 投稿日:2007/12/17(月) 16:59
ユーミンさん、ご無沙汰してました、お返事ありがとうございます。母が癌と判り、今まで肺癌について何も知りませんでした。それから本やインターネットを見るようになりましたが、なかなか理解するのが大変です、質問の仕方も内容が上手く書けず申し分けございません。改めてご質問させていただくと抗がん剤の組み合わせ型はどのように決めているのかということです。私も母も今の主治医の先生の治療に対しての問題はありません、信頼して通院しています。今回は私の単に疑問に思ったことを質問させていただきました、今後も宜しくお願いします。

90 名前: きんた 投稿日:2008/01/09(水) 00:36
はじめまして、きんたです。私の知人で男性54歳で悪性髄膜炎と診断され、
余命まで宣告されました。視神経にまで影響がでて、視力をうしないました。
私は家族ではないのですが、何とか治療方法は無いものかとしらべています。
セカンドオピニオンも考えていますが、寝たきりになっており、IVHも入って
いるので受診は難しいのではないかと思い、検査データーやCT画像だけでも
、他院でみてもらうことはできないのですか?ご助言お願いします。

91 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/01/09(水) 15:28
>90

家族だけでもセカンドオピニオンを受けられる病院はかなりあります。
セカンドオピニオンを希望される病院に直接電話されて、事情を説明した上で
家族のみでセカンドオピニオン可能か確認されてはどうでしょうか。
(プライバシーの問題がありますので、家族ではない第三者だけでは
無理かもしれません。)

なお、ここは、肺がん板のイレッサトピですので、悪性髄膜炎について質問されるのは不適当です。

92 名前: なお 投稿日:2008/01/09(水) 23:22
皆さん、ご無沙汰しております。
肺腺ガン4期、脳転移有りの母の今後の治療の事でご意見伺えればと思っております。ドセタキセル+カルボプラチンの治療後、効果が上がらなかったのでイレッサを服用、劇的に効いたのですが(CT画像でも8割がた見えなくなりCEAも70代から14まで落ちました)9ヶ月で耐性と診断されてジェムザール+ナベルビンの組み合わせを4ヶ月ほど続けました。
劇的な効果は無かったものの現状維持は出来ていた様子なので続行していたのですがCEAがゆっくりと上昇を続け50代に突入したので先月より2度目のイレッサ服用を開始しました。
本人の体感的には咳が減ったなど改善が見られるので効いているのでは無いか、という事だったのですが期待に反して腫瘍マーカーは前回よりも若干上昇、現在59です。
近日CT画像と合わせて今後の治療を決めていくつもりですが、様々な抗がん剤の種類、組み合わせの中から何を基準にして選ぶべきなのか悩んでいます。
もちろん人によって効き方も副作用も異なると思うのですが同じような経験をお持ちの方がいましたら是非ご意見を聞きたいです。
幸い今の病院のレジメンは豊富で、効果が望める薬剤は大抵使用可能なようです。
TS-1+シスプラチンもしくはアムルビシン単剤から試してみようかというのが現状判断なのですが....。
 

93 名前: 肺がん外科医 投稿日:2008/01/10(木) 23:09
>>92
お母さんのような状況では、使うべき抗がん剤を決めていく明確な基準・エビデンスと
いうのはありません。これまで使っていない系統の抗がん剤、主治医が使い慣れている
抗がん剤を単独、あるいは組み合わせて試みてみるほかないでしょう。

とりあえず、いま考えておいでの方法は無難だと思います。また、タルセバも候補のうち
でしょう。

94 名前: なお 投稿日:2008/01/11(金) 10:30
>肺がん外科医さま
ありがとうございます。
数ある薬剤がある事自体は幸いだと思っているのですが、選択の指針を知りたかったのです。
やはり基準は無いとの事、理解しました。主治医と相談してみます。

タルセバは予定では近日中に実際の使用になるはずだと思っていたのですが....

95 名前: ひろみ 投稿日:2008/11/21(金) 00:39
現在、母が肺線癌Ⅳ期で治療中です。
シスプラチン+ジュムザール、全脳照射の順で治療を行い、現在はイレッサで治療中ですが、全ての治療で副作用がでています。
こんなにも全ての治療で副作用がでるものなのでしょうか?
副作用が少ないはずのイレッサでも、嘔吐してしまいました。
あまり考えたくないけど、副作用がキツイときは、状態があまり良くないということなのっしょうか。人それぞれだとはわかっていても、不安になります。
皆さんの経験等で、何かわかることがありましたら教えて下さい。
乱暴な文書ですみませんが、よろしくお願いします。

96 名前: 肺がん外科医 投稿日:2008/11/24(月) 23:06
>>95
副作用は全く人それぞれなので、お母さんのようなこともあろうかとは思います。イレッサで嘔吐
してしまうという方も1~10%ほどはいらっしゃるようです。

しかし、個人的にはイレッサで嘔吐した方は経験しておりませんし、全脳照射した方ですと、
脳転移が悪化してきてしまっている可能性も考えます。また、シスプラチン+ジェムザールの時に
嘔吐に悩まされていたのでしたら、「抗がん剤を使う」というだけで反射的に嘔吐してしまう可能性も
ありえます。

副作用がきついから状態が悪いという直接的なつながりはありません。

97 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/11/26(水) 22:47
肺がん外科医さま
お返事ありがとうございます。
イレッサで嘔吐したのは一度だけで、その後は治まっているので、続けていけそうです。副作用がキツイと、状態が悪いわけではないんですね…。チョット安心しました。
イレッサは、本当に副作用が少ない抗ガン剤なのですね。
多少発疹が出たりしてますが、それ以外は特に気になる症状はありません。レントゲンを撮った結果、影も少し薄くなっているとのこと。これから元気になってくれたらいいのですが…
一つ気掛かりなのが、原発が心臓の近くにあるからか、以前みたく食事を沢山食べられません。体重も10kg落ちてしまったと言っていました。
このような状況はどうにもならないものなのでしょうか……

98 名前: 阪本春子 投稿日:2009/03/09(月) 15:35
抗がん剤治療を六回受けました、受ける度に副作用がひどく治療が終り三日間の入院から自宅に帰って一週間は.殆ど寝たきり.それから又治療.又一週間寝たきりの繰り返し このままでは.神経も体力も限界どうすればいいの?迷っております.まだ続けて行かなくては

99 名前: 紀子 投稿日:2009/09/13(日) 17:01
教えてください。ジェムザール+ナベルビンの投与の仕方で、ナベルビンを先に投与してジェムザールの順番はどんな根拠ですか?また逆の順番だと効果がないんですか?

100 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/09/14(月) 13:31
>>99
直接問い合わせられたほうが早いかと思います。

ナベルビンメーカー
協和発酵キリン株式会社 くすり相談室
〒100-8185 東京都千代田区大手町1-6-1
電話 03(3282)0069  フリーダイヤル 0120-850-150
FAX 03(3282)0102
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日を除く)



次 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp|広告出稿|(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]