がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査
レス数が270を超えています。300を超えると表示できなくなるよ。

癌掲示板..>教えてください(胃がん)

1 名前: サキ 投稿日:2003/08/29(金) 09:48
胃がんの事なんですけど、ホリープ?が4cmって大きいですよね?どのくらい進行してるんですか?たすかりますか?

101 名前: 17 投稿日:2003/12/28(日) 02:04
774さん、レスありがとうございます!今はただただ胃がむかつくだけなんです↓でも今までこんな事なくて不安で(;_;)月曜日病院行くつもりです(T_T)こわい↓

102 名前: 17 投稿日:2003/12/28(日) 23:19
774さん、今、続きを読みました(>_<)急性感染性胃腸炎ってなんですか?!大変な病気なんですか?!明日胃腸科に行くつもりです↓

103 名前: 774 投稿日:2003/12/29(月) 12:32
ウイルスや細菌が胃腸で繁殖することで発症する胃腸炎です。
夏場の食中毒なども同様な病態です。
今は小型球形ウイルスやベロ毒素産生型大腸菌群による胃腸炎が
流行しています。
定型例では腹痛・嘔吐・水様下痢・発熱などが特徴ですが、そこまで症状が
ひどくならずに腹痛や腹部違和感などの軽い症状が持続するケースも
増えています。

104 名前: 17 投稿日:2003/12/29(月) 20:02
病院行ってきました!がんのサイトなのに胃炎の事聞いてごめんなさい(>_<)お医者さんには急性胃炎だろうといわれ胃炎の薬をいただきました☆でも、今は高校生でも胃潰瘍になったりするので2週間分薬出されてそれを使い終わってもよくならないようならもう一度病院に行くって感じになりました!

105 名前: スマイル 投稿日:2004/01/03(土) 11:25
皆々様 あけましておめでとうございます 

さて、やくざ石さん、胃がんについての情報および温かいお言葉をありがとうございます。父は30日にめでたく退院しました。12月9日が手術でしたので丁度3週間での退院となりました。術後の経過が良好だったようで、本人はとても元気です。ただ、胃を全部摘出したため(脾臓も)、現在は食後のダンピング症状に困惑しているようです。しかし、経験者の方々の体験談などを本や会報誌で読んで自分なりに勉強しています。ただ、抗がん剤KH007というのを飲み始めたことにより、何を食べても味がせず、美味しくないということです。更に、量が食べられないため、毎日少しづつ痩せて行くということです。便通はあるのですが、、、とにかく今は少しでもいいから食べる様にと励ましています。

106 名前: タツ 投稿日:2004/01/07(水) 19:46
最近、食後の胃もたれや胸やけがひどく、気が付くと胃部にシコリのようなものがハッキリわかります。胃癌ではないかと心配でたまりません。 私は胃癌でしょうか?

107 名前: にゃお 投稿日:2004/01/09(金) 17:24
二週間ちょっと前から胃が悪くて、薬局で買って薬を飲んでみたりしたんですが治りません。症状としては吐気があるんですが、乗り物に乗ったときに普段は大丈夫だったんですけど、最近は酔います。物を食べたりしたとき背中が張ったように吐気がして、物を胃にいれたとき痛みがあって、特に酸っぱい物食べたりしたときは胸やけみたいに痛くなります。薬に整腸剤が入ってるからか、少し下痢気味です。キリキリと痛みがあるわけじゃないんですけど、左の方の胃に痛みがあります。食欲はあります。何かの病気でしょうか?誰か教えてくださいm(u_u)m

108 名前: たつY 投稿日:2004/01/10(土) 16:10
初めて書き込みいたします。いろいろと教えてください。
72歳の父ですが胃癌が肝、肺、リンパ節へ転移しリンパが腫れて消化管を圧迫し経口摂取できません。
胃は5/6,肝は1/2切除しています。TS-1、タキソールを試しても効果がありませんでした。
主治医からは余命2ヶ月ほどといわれましたが、せめて口から食事をさせてあげたいのですが
ステント挿入の温熱療法は実施できないものでしょうか。ほかに効きそうな抗がん剤は無いでしょうか?
素人なので的外れの質問でしょうが、何でもいいので教えてください。


109 名前: にゃお 投稿日:2004/01/10(土) 16:28
私の親の場合、症状は似ています。術後は点滴から重湯→おかゆ→と少しずつ根気よく口に含ませて行きました。アメなどをなめさせるとよいみたい。余命は半年と言われましたが一年過ぎました。前向きに頑張って!

110 名前: 774 投稿日:2004/01/10(土) 16:31
胃癌の化学療法については
5-FU持続点滴療法、MTX+5-FU療法などが本来は一般的です。
他、汎用されている化学療法としてはFP療法(5-FU+CDDP)、
CPT-11+CDDP、FAMTX療法(5-FU+ADR+MTX)、
ECF療法(EPI+CDDP+5-FU)などが、
また検討中のレジメンとしてはCDDP+VP-16+5-FU+LV、
CDDP+5-FU+Paclitaxel、CPT-11+Docetaxol、
CPT-11+THP,THP+GEM+MMC,VP-16+CPT-11などが、
また今後、TS-1,CPT-11,CDDP併用療法、UFT ,ロイコボリン、CPT-11併用療法
などが期待されています。



111 名前: たつY 投稿日:2004/01/10(土) 16:56
にゃお様、774様、早速の御指導ありがとう御座いました。アメを舐めさせるのは1度主治医に相談したいと思います。
今までに使用した抗がん剤は、TS-1、5-FU+CDDP、TS-1+タキサン系(多分タキソール)です。
内臓のほぼ全域に転移しているようです。主治医は抗がん剤のトップクラスを使ったので、3番手、4番手を使っても副作用が出るだけで
効果は期待できないと言われています。今、緩和治療中で1月6日よりモルヒネを使用中です。
胸から腰にかけてのリンパ節が腫れて消化管に巻きついて圧迫しています。先程もお聞きいたしましたが
ステントと言うのは意味が無いのでしょうか?

112 名前: 774 投稿日:2004/01/10(土) 17:32
狭窄部のステント挿入~留置は通過障害の回避という意味があります。
ステントの適応としては、ステント挿入が可能な部位(上部は食道~十二指腸、
下部は直腸)であることが条件となります。他に小腸などの多発性狭窄が
存在する場合には意味がなくなってしまいます。
ステントは一度挿入すると抜去不可です。

113 名前: たつY 投稿日:2004/01/10(土) 21:39
774様 有難う御座いました。本当に有難う御座いました。

114 名前: まるこ 投稿日:2004/01/11(日) 01:49
義母が、胃がんとわかり、平成15年8月に全摘出しました。
若いころ、肺の病気で片方の肺を摘出し、元々、体が弱い為、抗がん剤は使えません。
病院から出る薬と抗がん作用があるという漢方を飲んでいますが、
体重が35kgまで落ち、昨日、再入院となりました。

何か良い方法、治療法、または抗がん剤を使えない人がどうされていたかを、教えていただければ幸いです。

どうか、よろしくお願いします。

115 名前: 774 投稿日:2004/01/11(日) 12:56
基本的に胃癌に対して完全治癒切除が行われた場合は、術後補助療法
としての抗がん剤治療は不要です。(術後補助療法の有用性に関する
明確なEvidenceはありません)
リンパ節転移が広範で完全治癒切除が不可能な場合や再発・転移といった
状況では化学療法の必要性が出てきます。

116 名前: ひろあき 投稿日:2004/01/13(火) 08:14
癌の死亡率が知りたいです

117 名前: いな 投稿日:2004/03/28(日) 14:02
今月に入り胃と胸のムカムカがひどく食欲がわきません。病院にかかり胃カメラを飲んだところ食道炎といわれました。でもあまり良くならず七キロ痩せてしまいました。食べるのが怖い感じで…違う病院でも同じ診断をされました。胃カメラを飲んだ病院を信じて大丈夫だよといわれました。でも怖くて夜も目が覚めてしまったりします。どうしたらいいのでしょうか?アドバイスをください

118 名前: ぴのきお☆ 投稿日:2004/04/01(木) 16:39
胃癌(高分化腺癌)ってのは、スキルス胃癌のことなんかなぁ。
卵巣転移して腹水貯蓄になると、末期なんかなぁ。


119 名前: タロウ 投稿日:2004/04/29(木) 00:08
今日母が胃の上部(噴門)と食道の出口(胃とくっついた箇所)に癌があると判明しました。検査の結果では中期の癌とのことでした。手術方法としては食道部の癌切除、胃の全摘出と言われました。本当にその方法が最善なのでしょうか?北海道ですが消化器科の癌に強い病院はご存知ありませんか?誰か何でも良いので教えてください。

120 名前: とみ 投稿日:2004/04/29(木) 01:42
先日から父親が一ヶ月以上続く貧血、微熱の為の検査結果が出ました。
医師からは胃癌であり肝臓に数箇所転移している。
また横隔膜にも転移の疑いが有るとも事でフェーズ4の段階だということでした。
外科的手術は出来ない為TS-1を利用した治療を連休明けから1週間続けてみるとの事でした。
抗がん剤のほかに漢方など何でも良いと思われるものは使っていきたいのですが
何かよいアドバイスはございませんでしょうか?
以前知人よりプロポリスが良いと聞きましたがどんな薬も人それぞれで
個人差があると思いますので色々な情報を探しています。
長くなり駄文ですが是非アドバイスお願いいたします。


121 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/05/16(日) 16:04
信頼のものさしは・病院の成績公開:
胃がん生存率、専門病院でも格差3倍
 ◇半数、データ出せず--全国29施設

 「全国がん(成人病)センター協議会」(全がん協)に加盟している専門病院の間で、
進んだ胃がん患者の生存率に3割弱から8割弱まで約3倍の格差があることが、
厚生労働省研究班(班長、岡本直幸・神奈川県立がんセンター研究第3科長)の調査で分かった。
治療成績データの収集・整理が不十分で、調査に十分な回答ができなかった病院も多く、
がん専門病院でさえ治療成績を正確に把握していない現状が浮かんだ。【高木昭午、鯨岡秀紀】

 研究班は昨年8月、全がん協加盟の29病院を対象に、96年に最初の入院治療を受けたすべての
がん患者について、治療後の生存状況や、がんの進行程度を調査した。
このうち、患者数の多い胃がんの生存率を病院別に分析した。

 その結果、進んだがんである「3期」の患者でみると、5年生存率の最高は78%。
一方で、30%未満の病院が三つあった。
3期については、独立行政法人・国立病院機構が「胃がん治療の中で、
病院の実力が出やすい進行度」として、手術を受けた患者の5年生存率を、病院評価の指標に採用している。

 従来、専門病院どうしの間でも、治療成績を比較し合う習慣はなく、治療法なども統一されていなかった。
成績の差にはこうした事情があるとみられるが、
今回はデータが足りず、格差の生じる原因までは分析できなかったという。

 また、対象の29病院のうちデータを出せない病院が八つに上り、
国立がんセンター中央病院(東京都中央区)のように、がんの進行程度を全く提出できない病院もあった。
同病院は、全体で集計するシステムにはなっていなかった。分析に堪えるデータがそろったのは、
約半数の15病院にとどまった。

 研究班の岡本班長は「施設間に格差があることは明らかだ。一方で、データを提出した中でも、
進行度がきちんと記録されているのは患者全体の4分の1程度といった病院もあり、
病院別の分析は胃がんしかできなかった」と指摘。各病院の調査体制作りが急務だと訴えている。

………………………………………………………………………………………………………

 【胃がん患者の5年生存率(%)】

    1        2      3      4

A  53( 66)  27(15) 48(21) 33(18)

B 100(  1)  88(17) 58(43)  5(41)

C  87( 25)  80(11) 60( 5) 33( 6)

D  91( 67)  91(11) 32(25) 10(40)

E  84( 62)  67(12) 43( 7)  0(30)

F  92( 79)  71( 7) 47(17)  5(21)

G  92(107)  83( 7) 48(18)  7(39)

H  91(219)  75(24) 50(34) 12(41)

I  75( 32)  67( 6) 25( 8)  0(30)

J  91(139) 100(11) 78(27)  9(22)

K  86( 81)  29( 7) 27(15) 17(24)

L  92(119)  70(10) 37(27)  8(24)

M  93( 46)  67( 9) 33(12)  0( 2)

N  92( 84)  55(18) 27(22) 32(21)

O  82( 99)  67( 9) 47(19) 15(41)

平均 87       70     44      9

 ※カッコ内は患者数、表の上のローマ数字はがんの進行度
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/archive/news/2004/05/16/20040516ddm041040098000c.html

122 名前: 日経PB関係者 投稿日:2004/05/29(土) 10:38
がん拠点病院の治療成績です。是非、御参考にしてください。
---------------------------------------------------
がん拠点病院の治療成績(胃がん編)
胃がんの5年生存率、II期、III期に格差大
 今回は胃がんの生存率を見る。

 <表>は、地域がん診療拠点病院のホームページから、比較的情報公開が進んでいると思われる幾つかの施設の胃がん5年生存率を拾い上げ、表にしたものだ。

 標準的な成績の目安として、全国がん(成人病)センター協議会加盟施設の集計データ(注)も掲載した。全がん協施設の5年生存率は病期Iが88.7%、病期IIが63.6%、病期IIIが43.7%、病期IVが18.9%である。
 施設別に見てみよう。
 高知県立中央病院や久留米大病院は、比較的高い成績を示しているようだ。一方で、日本医大付属多摩永山病院の成績は振るわないようだ(標準的な成績に対して統計学的に有意な差があるかどうかは、さらなる分析を必要とする)。

http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/tpic/293611

【連載:がんの治療成績を読む】
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/tpic/301148


123 名前: ゆき 投稿日:2004/05/31(月) 20:07
>>122
大変参考になりました。
私の母を東京の病院で胃の摘出をお願いしたいと思っています。
早急に良い先生を何とかして捜したいと思います。
皆さん、どうかアドバイスお願い致します。

124 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/05/31(月) 22:26
01:◆特集(1)
臓器別 がん生存率・再発率を公開している専門病院一覧(関東)

病院名(所在地)/診療科名/生存率の指標データ内容の順で表示。
注:生存率データのがん進行時期表記の数字表記は本来ローマ字です。

《胃がん》

【東京都】
国立がんセンター中央病院(中央区) 胃腸科
●5年生存率1期94%、2期83%、3期52%、4期14%
●進行性胃がんに胃周囲臓器合併手術、広範囲リンパ節郭清術を
行い、再発率を低くおさえる

東京慈恵会医科大学付属病院(港区) 消化器外科
●5年生存率0~1期99%、2期78%、4期12%(非切除例は
2.8%)
●4期に術前化学療法施行

昭和大学病院(品川区) 第2外科
●5年生存率1期約97%、2期約81%、3期約40%、4期約
4.6%
●再発予防にリンパ節郭清術

慶応義塾大学病院(新宿区) 消化器外科
●1a期90.9%、1b期80.2%、2期54.1%、3a期32.9%、
3b期19.0%、4期7.9%
●進行性胃がんに補助化学療法

東京大学医学部付属病院(文京区) 消化器外科
●5年生存率1a期約100%、1b期約90%、2期約85%、3a期
約70%、3b期約40%、4期15%
●幽門輪温存切除術によるQOLの改善

日本赤十字医療センター(渋谷区) 外科
●1期87.4%、2期75.6%、3a期55.2%、3b期40.0%、
4期7.8%
●根治手術が主体

東京女子医科大学病院(新宿区) 第2外科
●5年生存率ステージ1期93%、2期67%、3期35%、4期10%
●糖尿病患者などに対する術式の選択

【神奈川県】
昭和大学藤が丘病院(横浜市) 外科
●5年生存率1期96%、2期75%、3期38%、4期17%
●術前抗がん剤投与により進行性胃がん生存率が延長

済生会横浜市南部病院(横浜市) 外科
●5年生存率1期96%、2期80%、3期47%、4期8%

稲田登戸病院(川崎市) 外科
●5年生存率1a期100%、1b期96%、2期80%、3期46%、
4期14%

横浜市立市民病院(横浜市) 外科
●5年生存率1a期98.3%、1b期89.5%、2期78.3%、
3a期32.7%、3b期25.4%、4期18.1%
●再発に対するリザーバー動注療法

神奈川県立がんセンター(横浜市) 外科第3科
●5年生存率2期73.6%、3a期62.2%。治癒切除術82.2%
●治療個別化の治療法

北里大学東病院(相模原市) 消化器外科
●5年生存率1a期93.8%、1b期88.3%、2期76.7%、
3a期48.2%、3b期25.0%
●進行性胃がん強力術前化学補助療法

【千葉県】
千葉県がんセンター(千葉市) 消化器外科
●転移する可能性がある胃がんへの抗がん剤投与法により、10年
生存率を非投与群との比較で、42.9%(非投与群30.9%)に引き
上げる

順天堂大学医学部付属順天堂浦安病院(浦安市) 外科
●5年生存率1期95%、2期75%、3期45%、4期5%
●早期胃がんの腹腔鏡下胃切除術

千葉大学医学部付属病院(千葉市) 第2外科
●5年生存率1期90%、2期55%、3期30%、4期10%
●広範囲リンパ節郭清術

【埼玉県】
埼玉医科大学付属病院(毛呂山町) 第1外科
●5年生存率1期95%、2期80%、3期50%
●進行性胃がんには術前化学療法

埼玉県がんセンター(伊奈町) 腹部外科
●5年生存率1a期94.4%、1b期85.6%、2期72.9%、
3a期55.6%、3b期30.4%、4a期23.6%、4b期5.9%
●転移診断と再発防止のためのリンパ節郭清術

【茨城県】
取手協同病院(取手市) 外科
●5年生存率1期95%、2期82%、3期52%、4期8.6%
●腹膜播腫に対する腹腔リザーバー動注療法

日立製作所日立総合病院(日立市) 外科
●5年生存率1a期98.7%、1b期82.0%、2期70.4%、
3a期45.2%、3b期29.8%、4期0%
●再発の少ない手術術式

筑波大学付属病院(つくば市) 消化器外科
●5年生存率1期95%、2期75%、3期55%、4期15%
●術中・術後の化学療法+放射線療法

【栃木県】
自治医科大学付属病院(南河内町) 消化器内科
●再発を繰り返す胃がんに対する内視鏡的治療法とヘリコバクター
ピロリ菌の除菌法
●悪性度についての検査診断

栃木県立がんセンター(宇都宮市) 外科
●5年生存率全国平均上位
●再発を少なくするための深達度に応じたリンパ節郭清範囲の厳
格な決定

【群馬県】
群馬大学医学部付属病院(前橋市) 第1外科
●再発のない早期胃がん内視鏡下手術法
●胃全摘出手術後の横行結腸を用いた再建術

***詳細は、弊社編集協力の『最新版 関東病院ランキング 第二版』
(洋泉社刊2001年6月発刊)をご覧下さい。***
http://www.melma.com/mag/45/m00000945/a00000106.html

125 名前: 関西 投稿日:2004/05/31(月) 22:57
01:◆特集(1)
臓器別 がん生存率・再発率を公開している専門病院一覧(関西)

病院名(所在地)/診療科名/生存率の指標データ内容の順で表示
注:生存率データのがん進行時期表記の数字はローマ字です。

≪胃がん≫
【大阪府】
大阪府立成人病センター(大阪市東成区) 第1外科
●5年生存率:1期92%、2期79%、3期48%、4期16%。
スキルス胃がん3期40%、4期5%
●スキルス胃がんに対する拡大手術と再発防止のための残遺がん
摘除術に優れる

大阪赤十字病院(大阪市天王寺区) 外科
●5年生存率:1期90%、2期68%、3期35%、4期10%
●転移防止のため広範囲のリンパ節郭清を行う

大阪府済生会中津病院(大阪市北区) 外科
●5年生存率:1期99%、2期77%、3期41%、4期15%
●かかりつけ医や関連診療班との連携のもとに治療方針を決定する

北野病院(大阪市北区) 外科
●5年生存率:1期98%、2期81%、3期68%、4期15%
●徹底した外科手術+放射線療法+化学療法を施す

近畿大学医学部付属病院(大阪狭山市) 第1外科
●5年生存率:各病期平均74%
●進行がんに対する拡大手術+放射線療法+化学療法+免疫養法

大阪大学医学部付属病院(吹田市) 消化器外科
●門田教授は、がんの血行性転移と胃がんの肝臓転移がなぜ高率で
あるかについてのメカニズム研究第一人者。5年生存率を上げる

【京都府】
国立京都病院(京都市) 消化器外科(グループ)
●5年生存率:1a期465人/92%、1b期218人/79.6%、
2期176人/70.8%、3a期170人/46%、3b期90人/
35.4%、4a期82人/16.8%、4b期322人/3.5%
●5年以上経過の術死と他病変死を含むカプランマイヤー法(統計法)
にのっとる

京都第二赤十字病院(京都市) 外科
●5年生存率:1a期97%、1b期86%、2期77%、3a期52%、
3b期39%、4a期41%、4b期8.4%
●転移・再発率低下のため、大動脈周囲リンパ郭清術を行う

京都大学医学部付属病院(京都市) 腫瘍外科
●がん性腹膜炎や肝臓転移症例に対する、培養キラー細胞移入の
養子免疫療法に実績。5年生存率を引き上げる
●難治症例に対するがん遺伝子などの分子生物学的分析にもとづく
治療法に取り組む

【兵庫県】
兵庫県立成人病センター(明石市) 外科
●転移・再発がんに対する残遺胃がん組織切除とリンパ節郭清術前・
後の化学療法により、生存率を上げる寄与大きい
●精密検査診断による早期がん発見に実績

近畿中央病院(伊丹市) 外科
●5年生存率:1期92.5%、2期75.4%、3期27.7%、
4期9.3%
●内視鏡下手術を得意とし、特別の症例に施す

神戸大学医学部付属病院(神戸市) 消化器外科
●5年生存率1期86%、2期71%、3期46%、4期10%
●粘膜内がん症例には内視鏡下粘膜切除を施し、進行がんには
集学的治療法が主体

【滋賀】
滋賀医科大学医学部付属病院(大津市) 第2外科
●胃がんの腹膜再発防止に腹膜内カテーテルを施し、メトトレキ
サートなどの生体適の抗がん剤を投与して、生存率を上げる
●リンパ節郭清術とともに、持続温熱腹膜灌流法を行う

大津赤十字病院(大津市) 外科
●5年生存率:1期92%、2期78%、3a期50%、3b期25%、
4a期18%、4b期8%
●進行症例に対しては温熱化学療法を併用

【奈良県】
奈良県立医科大学付属病院(橿原市) 第1外科
●胃がん症例に対してDNA修復過程におけるエラーの有無を調べ、
転移・再発症例に対する集学的治療法により生存率を上げる

詳細は、『最新版 関西病院ランキング 』(洋泉社刊)をご覧下さい。
http://www.melma.com/mag/45/m00000945/a00000123.html

126 名前: お役に立てば 投稿日:2004/06/03(木) 08:55
私の知る、 現在、進行中の胃癌 臨床試験
--------------------------------------------------------------------------------

●進行・再発胃癌に対するtailored CPT-11+TS-1併用療法(TIS療法)と
 TS-1単独療法のランダム化比較第Ⅱ相臨床試験    症例集積中(2003年8月~)

 研究概要(PDFファイル):http://homepage2.nifty.com/jfmtc/JFMC31-0301_040507.PDF
 研究参加施設: http://homepage2.nifty.com/jfmtc/JFMC31-HpList.htm 

●進行・再発胃がんに対するTS-1隔日/少量CDDP(週2日)併用療法に関する第Ⅱ相試験
 症例集積中(2003年10月~)
 
 研究概要(PDFファイル):http://homepage2.nifty.com/jfmtc/J1_2.pdf

●切除不能・再発進行胃がんに対する少量Cisplatin+TS-1療法(第Ⅰ/Ⅱ相試験)
 Step2:少量Cisplatin(週2回投与)+TS-1療法の第Ⅰ/Ⅱ相試験 
 症例集積中(2003年12月~)

 研究概要(PDFファイル):http://homepage2.nifty.com/jfmtc/Jfmc27-2.pdf

127 名前: ゆき 投稿日:2004/06/09(水) 15:20
>>124
ありがとうございました。


128 名前: みろり 投稿日:2004/08/01(日) 22:26
ぜひ、教えていただきたいのですが・・・
母が7年前に胃癌になり胃の3分の2を切除し、その後、順調に回復しました。
それから7年経ち、半年前に胃癌の再発が分かりました。
今度は抗癌剤(飲み薬)の服用で、癌細胞はほぼ治りかけたのですが、
今度はまた別の部位(腸と聞いていますが)に癌細胞が見つかり、今度は
点滴での治療になりました。
今週から治療が始まるのですが、副作用がきついと聞きました。
そんなにきついのでしょうか?
今まで服用中の副作用はあんまり出なかったのですが、点滴となるとしんどいのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えください!!

129 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/09/30(木) 01:51
胃がん悪化招く遺伝子特定 4年後の生存率ほぼ半減
--------------------------------------------------------------------------------
 本来は膵臓(すいぞう)などで働く遺伝子が、胃がんの細胞中で働き出すことでがんを悪化させ、
4年後の生存率を半分近くに下げることを、東北大と静岡県立静岡がんセンターなどの
グループが明らかにした。がんの増殖や転移を招くらしい。
遺伝子の働きに応じた治療法選びや、薬の開発につながると期待される。
一つの遺伝子の働き方の違いで、がん患者の生存率がこれほど左右される例は極めて珍しい。

 東北大の高沢伸・助教授(生化学)や、同センターの米村豊・副院長(消化器外科)らが、
29日から福岡市で開かれる日本癌(がん)学会で発表する。

 この遺伝子はREGと呼ばれ、膵臓の細胞の増殖にかかわる遺伝子だが、
最近、胃や大腸などに生じたがん細胞でも働いている場合があることが分かってきた。

 グループは、胃がんのほぼ半分を占める「分化型腺がん」の患者について、
がん細胞中でREGが働いているかどうかと、手術から4年後の生存率の関係を調べた。

 すると、REGが働いていなかった患者(12人)は生存率が91%だったのに、
働いていた患者(36人)では51%に落ち込んでいた。

 分化型腺がんは、胃がんの中では比較的悪性度が低いとされるが、
REGが働いていると肝臓などに転移しやすかった。

 同グループの東北大の岡本宏・客員教授(生化学)は「胃がんの手術中に患部を検査し、
REGが働いていれば、転移の恐れが強い部位も同時に摘出したり、
術後も新たな転移の有無を入念に調べたり、といった対策が考えられる」と話す。

 胃がんなどでREGが働くには、同遺伝子の特定の部位が重要であることも明らかになったため、
この部位を狙ってがんを抑える薬を開発できる可能性もあるという。 (2004/09/26)

http://www.asahi.com/health/medical/TKY200409250356.html


130 名前: 12914 投稿日:2004/10/04(月) 23:17
はじめまして。
他に同様な書込みがあるかとは思いますが、いてもたってもいられず書込み致しました。
ご助言の程お願いいたします。
私の父は2003年12月に胃癌と診断されて胃全摘出しましたが、
2004年9月のCT検査で
①少量の腹水
②左側腎臓の機能低下(腎臓の出口がつまっている)
が確認され、転移、再発の可能性が極めて高いとの説明を受けました。
7月から9月までTS1+イリノテカンの投与をしており、
腫瘍マーカ(CA19-9だったかと思います)が5800から3800まで下がって
胸をなで下ろしていた矢先の出来事で大変困惑しております。
担当医からは、TS1+イリノテカン投与の継続が最有力な治療法と伺っておりますが、
他にどのような治療法が考えられますでしょうか?
また、癌の進行と腫瘍マーカ増減は時間的にどのような関係にあるのでしょうか?
(腫瘍マーカが減っている=転移癌も今後一旦落ち着く と考えて良いのでしょうか?)
以下に父の病状の推移を簡単に書かせて頂きますので、
アドバイスよろしくお願いいたします。

2003年12月 
摂食不良で入院
Ⅲb~Ⅳ期の胃癌と診断
胃全摘出+2群リンパ節郭清手術
 →胃外壁までの浸潤+リンパ節切除端への転移を確認
  但し、他臓器への目に見える転移はなし
2004年3月~6月
TS1+シスプラチン の抗癌剤投与
 CT検査では異常なし
 腫瘍マーカは2000から5800に上昇
2004年7月~8月
TS1+イリノテカン の抗癌剤投与
 CT検査では異常なし
 腫瘍マーカは5800から4800に低下
2004年9月
摂食後の腹痛により入院
 レントゲンで小腸癒着により腸閉塞気味と診断。癒着は転移癌による可能性があるとのこと。
 CT検査で 腹水と左側腎臓機能低下を確認。転移の可能性高いと診断。
 腫瘍マーカは3800に低下
現在、抗癌剤投与を一時中止し、摂食トレーニング中。転移については未告知です。

131 名前: 774 投稿日:2004/10/05(火) 09:46
TS1/CDDP,TS1/CPT11は再発例に対する有望なレジメンです。
他、MTX、VP16,ADRなどの併用を行う従来型のレジメンも検討
可と思います。更にTAX,TXTの併用などが臨床試験中です。
現状はガン性腹膜炎の可能性が高い状況ですので、
上記全身化学療法による延命・症状緩和を目指すことになります。
他、MMC/CDDPの腹腔内投与の効果やFUDR+プラチナ腹腔内投与、
持続温熱腹膜潅流(CHPP)の臨床試験的治療なども検討可と思います。
一般的に腫瘍マーカーの増減はがんの進行状況の補助的指標と
考えられています。


132 名前: 12914 投稿日:2004/10/05(火) 20:54
774様
早速のご回答ありがとうございます。
「腫瘍マーカーの増減はがんの進行状況の補助的指標」
との事。腫瘍マーカーの低下=癌が縮小ではないという事ですね…。残念です。
アドバイス頂いた抗癌剤/治療について国立がんセンター等のHPで見てみました。
抗癌剤/治療についてボンヤリとイメージはわいてきました。更に勉強して担当医と相談してみようと思います。
それにしても、抗癌剤の組合せも色々とあるのですね。どれが父にあっているか…。
判断材料として、何をもって治療を選択すればよいのでしょうか?
ガン性腹膜炎に対し、どの組み合わせが どれだけ効くか(奏効率というのでしょうか?)といったデータはないのでしょうか?
それとも ガン性腹膜炎といってもいろいろあって、統一したデータと示すのは難しいのでしょうか?
素人ですので、的外れな(意味不明な)質問かも知れませんが、アドバイス頂ければ幸いです。
いずれにしても、ご回答本当にありがとうございます。
父の苦しみを変わってあげることはできませんが、
父が一日でも元気でいられるように私も頑張りたいと思います。

133 名前: 774 投稿日:2004/10/05(火) 21:35
化学療法の選択基準としてのスタンダードは以下のサイトで確認
することができます。
http://nvc.halsnet.com/jhattori/cancer-navi/guideline/Guideline_Kouganzai.htm
このガイドラインは海外標準治療なども十分視野にいれて、なおかつ、
邦人の特異性や薬剤感受性、副作用の発現度合いなどを十分考慮
しつつまとめられたものですので、少し難解な部分もおありかと思いますが、
ご参照されてみてはと思います。
なお、胃癌のガン性腹膜炎は手術不能進行・再発胃癌の範疇に入ります。

134 名前: 12914 投稿日:2004/10/07(木) 11:50
774様
重ね重ねのご回答ありがとうございます。
返事が遅くなり申し訳ありません。
父は昨日の検査で、胆汁がたまって黄疸が出ていることが分かり
胆汁を抜く処置をすることになったようです。
食事ができるようになる可能性もほぼゼロとの事。
父も説明を受けてすっかり気力が萎えてしまったようです。
腸閉塞、腎不全、黄疸…となると相当悪い部類に入るのでしょうね…。
お腹じゅうに癌細胞が散らばりまくっている様子を思い浮かべると、ショックで言葉もありません。
残念ながらこれまでの抗癌剤治療は効果がなかったか、あるいは効果が薄れてきたという事でしょうか…。
私は母から電話で話を聞いただけなのですが、
胆汁を抜いた後の治療については、まだ担当医から話はないとの事。
土曜日に帰省して父と担当医とで今後の治療方針を相談しようと思います。
774様に教えて頂いた治療法/HPを参考に父が少しでも良くなる方法を模索します。


135 名前: とっこ 投稿日:2004/10/07(木) 22:27
さいきんおじが「唾を飲むと何かがつっかえる」とか、「下痢をする」とか「腰が痛い」と言っているのを聞きました。これって何かの癌でしょうか?教えてください。

136 名前: 真紀 投稿日:2004/10/12(火) 12:46
母が市の定期検査を受け、胃の再検査を言われました。胃癌の疑いなのですが、C3とはかなり危険な状態なのでしょうか?

137 名前: <削除> 投稿日:1970/01/01(木) 09:00
<削除>

138 名前: 真紀 投稿日:2004/10/12(火) 12:46
母が市の定期検査を受け、胃の再検査を言われました。胃癌の疑いなのですが、C3とはかなり危険な状態なのでしょうか?

139 名前: <削除> 投稿日:1970/01/01(木) 09:00
<削除>

140 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/11/02(火) 02:45
切除可能胃癌患者における術前化学放射線療法の多施設共同試験
http://www.oncology.jp/gi/member/update/update_20041003.htm

ヘリコバクターピロリ感染と胃の萎縮:
食道腺癌と扁平上皮癌、噴門腺癌のリスク
http://www.oncology.jp/gi/member/update/update_20040503.htm

EBV陽性胃癌 -予後良好でリンパ節転移が低率-
http://www.oncology.jp/gi/member/update/update_20040401.htm

進行胃癌患者に対するFA/5-FU (持続点滴静注)+oxaliplatin 2週1回投与の第II相試験
http://www.oncology.jp/gi/member/update/update_20040404.htm

漿膜浸潤陰性胃癌に対するMitomycin, 5-FU, Cytarabineと経口5-FUによる
術後補助化学療法の無作為比較試験 (JCOG 9206-1)
http://www.oncology.jp/gi/member/update/update_20030601.htm



141 名前: <削除> 投稿日:2004/11/02(火) 23:45
<削除>

142 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/11/03(水) 19:34
********************************************
健康・機能食品等々の商業目的の書き込み、
健康・機能食品・代替医療の類を
宣伝、挑発する書き込みは禁止します
********************************************

143 名前: 83 投稿日:2004/11/17(水) 15:29
はじめまして。
先月10月初旬に私の父が胃カメラと生検、腹部エコー検査により胃癌と診断されました。
手術で胃の4分の3ほどを摘出するとのことです。
しかし、入院待ちの方が大勢いらっしゃるようで
父の入院は来年になるとのことです。
その間に進行が進むのではないかと不安です。
2カ月以上も待つというのは、やはり異常なことなのでしょうか?
ご助言の程お願いいたします。





144 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2004/11/17(水) 16:17
2ヶ月えくださいは長いと思います。
場所はどこですか?
差し支えなければ、おしえてください。

145 名前: ゆりか 投稿日:2004/11/18(木) 11:44
父が胃ガンです。年頭に診断を受けオペをしたのですが不可能例ということでバイパス術のみで閉じる形になり現在抗ガン剤治療をしています。先日、血小板の数値が異常に下がり緊急入院しました。‘DIC’と言われたそうなのですがそれはどのような状態なのでしょうか?私は直接先生からお話を聞く機会がないのでよくわからなくて心配しています。どなたか教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

146 名前: 146 投稿日:2004/11/18(木) 20:28
40歳の妻のことについて・・・
5月の検診(バリウム)で引っ掛かったものの、仕事が忙しく病院へは9月になってから行きました。
内視鏡、CT等で早期(SM癌)の可能性が高いがもしかしたら進行癌(MP癌)かもしれないといわれ手術をしました。
開腹したところ、明らかに進行癌で、SS~SE癌とのことでした。手術中にリンパ節はもっとも近場の1群リンパ節のみに腫大を認めたため、通常通り2群郭清をしたとの説明を受けました。
術後の病理の結果でT2(SS)であったが、2群リンパ節に高度の転移があり、一部取ってきた3群の中にも転移が見られるとのことでした。
今のところ、抗癌剤を使った方が良いという証拠は無いが、年齢も若く、抗癌剤を使用した方が良いといわれ、TS-1, CDDP, CPT-11などの話しを聞きました。
抗癌剤については何を使うのが良いのでしょうか?
主治医の先生はTS-1単独、あるいはTS-1/CDDP, TS-1/CPT-11の組み合わせについて説明してくれましたが、どれが良いかという証拠は無いと言うことですし、副作用の心配もあります。
初めはTS-1単独で初めて、万が一明らかな再発が出てきた時点で他の薬を付け加える方が良いのでしょうか?
それとも、初めから副作用を覚悟で強めの薬を組み合わせたほうが良いのでしょうか?
日本国内の他の施設ではどのような治療が一般的なのでしょうか?
証拠はないとのことで、結論は出ないのかもしれませんが、参考までに意見をお願いします。


147 名前: 774 投稿日:2004/11/19(金) 10:39
主治医は国内でのスタンダードな治療を選択されようとしています。
国内での化学療法に関するガイドライン案などは以下HPなどもご参照
ください。
http://nvc.halsnet.com/jhattori/cancer-navi/guideline/Guideline_Kouganzai.htm
また、N3(+),深達度SS~SE症例に対してはPS0~2であれば、延命や
症状緩和を期待して、化学療法をはじめとする集学的治療を検討することが
望ましいといった意見が多いのではと思います。

148 名前: まみ 投稿日:2004/11/19(金) 12:13
はじめまして。是非、教えて下さい。昨夜、胃痛があり、今朝、少し吐いたのですが、胃液やタンと一緒に血が交ざっていました。そのタンは、とってあります。私は、以前から胃痛持ちで七年前には胃炎・十二指腸炎になり、そのあとも、度々胃痛はありました。今年六月にもタンに血がまざり、胃カメラを飲みましたが、腸に陽性の腫瘍があるだけで問題ないと言われました。十月に兄が早期の胃癌で、手術していて、とても不安です。病院に行こうと思うのですが、現在妊娠中です。妊娠4ヵ月でも、検査ができますか?赤ちゃんには影響しませんか?

149 名前: 146 投稿日:2004/11/22(月) 11:41
774さん、ありがとうございます。
とりあえず、今の主治医を信じて抗癌剤治療をしてもらおうと思います。


150 名前: ラオウ 投稿日:2004/11/27(土) 12:58
いま色々なスレッドを読んでいますが、

「病院へ行った方がいいんでしょうか?」みたいな書き込みが
結構多いですね。
病院へ行き、がんと診断されてから書き込みすべきだと思います。

本当に困っている人も居るのだから。

これって癌ですか? 医者や知識のある人は丁寧に答えてくれてるみたい
だけど、
私らからは、、、

「病院へ行け。それでも不安なら大きい病院へ行け。それでも
不安なら、ただの不安だから安心してくれ。」

としか言いようがない。

151 名前: ゆうき 投稿日:2004/12/13(月) 12:33
はじめまして。お聞きしたいのですが、胃全摘の手術費用は国民健康保険のみの場合、どのくらい必要なのでしょうか?

152 名前: 投稿日:2005/05/04(水) 04:45
突然申し訳ないんですが、質問に答えていただける方はいらっしゃいませんか?
私の母なんですが4年前ぐらいに
胃癌、早期で胃全摘出の手術しました。
術後、ダンピング症状、逆流、だるさ、貧血、などなど、あるみたいなんですが、
食欲もよくあり、基本的には元気だとは、思うんですが、
結構前からへその左下辺りが、頻繁につるような状況になるみたいで、とても痛がっています。
ソファーなどに寝っ転がっていて、起きた瞬間になったり、風呂場でシャンプーしている時などになるみたいなんです。
この間、そういゆう状況になったときに仰向けになっている母の痛いという部分触ったんですが、
とても硬くなっていました。
大きさで言うとピンポン玉くらい。
押せば治るといって、その部分しばらく押していると治まったみたいで。何なんだろう?って涙ためて言ってました。
ヘソの左下あたりにピンポン玉くらいの空気のような、ガスのようなものが急にでき、
それが押すことによって腹下あたりに、ポコ!っと抜ける感じになると、治ると言っています。
母いわく、失敗なのか?それとも後遺症的なしょうがないことなのか?
原因がわからないのでとても、気になってるみたいです。
周りにいる人間としても、心配なので、
どなたか同じような経験がある方がいましたら、話聞かせてもらいたいです。
よろしくお願いします。

153 名前: 通りがかりの一患者◆PKCMob6A 投稿日:2005/05/04(水) 15:51
手術してから4年だとすれば、まだ、定期検査にいっていらっしゃる
はずですが、主治医は何とおっしゃっているのですか。

まず、医師という診断能力を持った方が、直接に見た上での
判断が第一だと思いますが・・・
主治医の診断をきいた上で、不明(不安)な点があれば、
その時点で、主治医の意見も示された上で相談なさるのが
確実ではないでしょうか。

154 名前: 投稿日:2005/05/05(木) 03:10
通りがかりの一患者さんへ
早急なお返事本当にありがとうございます。
今は半年に1回ぐらいのペースで定期検査に行っています。
2年前に引っ越しまして、病院から少し遠くなったせいも
あるとは思うんですが、母自身、気になるようなことがあっても
今は新居の近くの外科病院に言ったついでに聞くような感じになっています。
(定期検査の日までは)
手術していただいた事に関してはとても感謝しているんですが、
いまいち(患者や周りの人間の不安)など
取り除いてくれるような先生ではないような気がします。
飲み込んだものが度々詰まると心配になり先生に相談した時も
手術前の様にはいくわけありません。と言われたり、
なんらか後遺症的なものがついて回るのしょうがないよ。と言われたり、
度々の逆流が喉や食道などにしみて痛いと言ったときも、
あがってくるものが酸性じゃないから痛いわけないんだけどな~?
(じゃあ、現に涙流して痛がってる母は何なんだ?)
って言いたくなります。
腹の辺りがつって痛いと涙ためながら言ったときも
そんなわけはないんだけどな~?、食べた物の癒着なのかな?
消化のいいもの食べたりしてご自分でも努力してください。
(やったうえでこの状況だからどうしていいかわかんなくて相談してんだ。)
って感じです。
しかし母は自分と同じ症状の方がいると、
(私だけじゃないんだ、この症状はしょうがないんだ。)って感じで
安心するようで、
いろんな方の意見が聞きたくて書き込みしてみました。
どうすれば治るか?また、どうすれば防げるか?
先生に聞いても明確な答えが見つかりません。
通りがかりの一患者は同じような御経験は
ありますか?

















155 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/05(木) 16:03
横レスで申し訳ないんですが、
お母様の言うように「自分だけじゃないんだ」と思って安心したい心理は良く解ります。
特に再発などの心配があると、検査で悪いことを言われたら怖いという気持ちも働き、
何でもないと思いたいですよね。
…でも実際痛みがあるわけですよね?
内容から推察するに、腹圧をかけた時に痛みがおきているようですが。
痛みは体からのSOSといいます。
手術した病院に行きにくいなら、お近くの外科病院のほうで診察をうけられてはいかがでしょうか。

156 名前: 投稿日:2005/05/05(木) 19:16
通りがかりの一患者さんへ
度々の早急なお返事ありがとうございます。
もう一度家族で話し合ってみようと思います。
通りがかりの一患者さんもお体大切にしていつまでも
お元気でいてください。
本当にありがとうございました。



157 名前: デルメール 投稿日:2005/05/07(土) 01:22
>152

それは腹壁瘢痕ヘルニアではないでしょうか。
腸が飛び出していない時は念入りに触診しないと小さいものなら
わかりにくいかもしれませんね。CT等でも大きなものはわかりますが。

胃を切った後の逆流症状については、胆汁逆流のせいなので当然酸性では
ありませんが、非常に辛いものです。この辺については、内科の先生に
かかって、胃カメラ等で診断をつけてもらうのがよいでしょうね。



158 名前: 投稿日:2005/05/07(土) 05:23
デルメールさんへ
お返事ありがとうございます。
腹壁瘢痕ヘルニア?初めて耳にしました。無知ですいません。
すぐにネットで調べさせていただきます。
貴重なご意見ありがとうございます。

一応、胃カメラの検査のほうはやっていただいたのですが、
とてもきれいだから何も心配要らないよ。との事でした。
ただ本人じゃないので、どのくらい苦しいとか、つらいとかが
いまいち、わからないので、とてもつらいです。
先生の話だと確か胆のうも一緒にとったとの事だったんですけど。。。
とにかく逆流性食道炎とかの心配はないとの事でした。
わがままかもしれないですけど、母の体の状況は
よく知っておきたいので、少しでも可能性ある病状のことは
教えていただけるととても勉強になります。
本当にありがとうございました。
ちなみにデルメールさんも152のような状況になったことはありますか?
もしくは知り合いの方でなる方はいらっしゃいますか?
もしそのような状況になった時に周りの人間に何かできることありますか?
よろしければ教えてください。お願いします
デルメールさんもお体大切にしてください。





159 名前: たむ 投稿日:2005/06/13(月) 14:44
6/6に母が胃の全摘手術をしました。脾臓と胆のうも摘出したそうです。
(私は遠方なので兄からの話でしかわからないのですが)術後5日は順調だったのですが6日目に吐き気・背中の痛み等を言い出しCTでみたところ肺血栓の可能性と水が少し溜まってる等言われたそうです。
今日また何かの検査をするようですが…こういう事って多々あることですか?合併症は1週間後頃からでると聞きましたがこれもそうなのですか?直る見込みはあるんでしょうか?不安です。

160 名前: kiki 投稿日:2005/06/17(金) 13:21
主人は進行性胃ガンの第Ⅳ期で肝臓やリンパ腺に転移しているので、現在TS1だけで治療しています。現在第2クールへ入っています。
副作用のことでお聞きしたいのですが、軽い吐き気やだるさ、下痢以外に、皮膚が黒ずんできたり、体臭が(表現しにくいのですが)今までと違います。こういう副作用については聞いていないのですがこのようなことはあるのでしょうか。

161 名前: nari 投稿日:2005/06/17(金) 21:04
>160

http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/medicine/m_015.html
このページなんか比較的分かりやすいかも。

副作用は個人差が大きいので人それぞれだと思います。
心配なのであれば主治医に確認されるのが良いと思います。


162 名前: kiki 投稿日:2005/06/17(金) 21:35
nariさんありがとうございました。色素沈着については納得しました。体臭についてはまだ・・・どなたかこんな経験ありますか。


163 名前: にら 投稿日:2005/06/22(水) 06:04
はじめまして

母(44)が胃癌と告知を受けました。手術をするようなので、初期だと思われます。

少し飛びますが、祖母も十年前に胃癌で手術をし、食は細くなりましたが、元気で再発もありません。
だから大したこと無いかなと最初は思っていたのですが、
母はB型肝炎も持っていて、それが何か悪い方に病状をもっていくのではないかと心配です。
何方か分かる方いらっしゃりませんか?

164 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/24(金) 00:54
>>163
手術するからといって初期とはまったく限らない。

165 名前: にら 投稿日:2005/06/24(金) 01:36
よほどの初期でなければ手術はしないと聞いたことがあるのですが、違うのでしょうか?

166 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/24(金) 11:31
>>165
>違うのでしょうか?
違うのですよ。

167 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/25(土) 00:10
医学が進んだとはいえ、胃がんの治療はやはり外科手術が主流のようです。
放射線はほとんど効かない。抗がん剤も限界があるようです。
つまりよほどの末期でなければ手術をするともいえます。

168 名前: にら 投稿日:2005/06/25(土) 06:14
そぉなのですかぁ

169 名前: IKCYYo6kwbcc1s11.ezweb.ne.jp 投稿日:1970/01/01(木) 09:00
0

170 名前: Junko 投稿日:2005/07/10(日) 15:22
49歳女性です。4年前からB型肝炎を発症し、高ウィルスですが肝機能は50~70のため、経過観察をしていました。ところが人間ドックで胃がんがみつかり、4月に胃の4分の3と脾臓、リンパ節の2郡まで切除しました。ステージは低分化型3a、リンパ節にも2箇所転移しており、抗がん剤の内服をしています。
 にらさんは、お母さんの症状を心配してらっしゃいましたね。私は、肝臓が肝硬変から癌にならないようにしたかったのに、思いがけず胃癌になったため、癌の手術や薬が肝臓に負担をかけないかどうかがとても心配でした。手術は、肝臓で4年もお世話になっている大学病院で行ってもらい、常に肝臓への影響に留意してもらいたい旨を伝えています。抗がん剤を決めるときも、内科医の診察を受けたし、現在外科と内科の両方で診察を受けた内容を、自分で相互に連絡しています。大学病院の医師は、なかなか他の科と連絡をとってくれないので、患者側がよほど肝炎のことをアピールしていかないとダメだと痛感しています。
 抗がん剤(5FUとクレスチン)は、2週間ほどして食欲不振と吐き気がおこり、今は一時停止しています。やめてから1カ月になるのに、血液検査では今度は肝機能数値が100を超え始め、あわてて内科の診察を受けました。人によって症状はさまざまでしょうが、医師にしっかりアプローチをおとりになってください。かなりエネルギーがいりますが。

171 名前: MK 投稿日:2005/07/13(水) 08:14
組織学的診断 advanced gastric carcinoma,  peritonitis casinomatosa
P ; type 5, T3(SE),
Poorly differentiated adenocarcinome, non-solid type (por2), scirrhous type,
INFγ, ly2, v0, N2 [ #1(+);1/4, #2;adipose tissue only, #3(+);3/3, #4sa
(-),0.3, #4sb; adipose tissue only, #4d(-);0/10, #5;adipose tissue only, #6
(-);0/7, #7(+);1/2, #8a(+);1/2 #9(+);2/8, #10(-);0/1], PM(+), DM(-),
CYx,P(+),
 上記の如くpor2の浸潤性増殖を認めます。腫瘍はほぼ胃全体に広
がっており、PMも複数切片で浸潤を認めます。リンパ節周囲の脂肪
組織内に播種性病巣を多数認めます。P(+)と考えます。

52歳、男性です。悪性腫瘍との診断で胃の全摘手術を受けました。
上記が私の病理検査の結果です。「胃の全摘手術をしなければ余命一年」との診断
でしたが術後の宣告は「手遅れの胃癌で余命一年」でした。
癌医療に詳しい方、解読、解説をお願いします。


172 名前: おちゃ 投稿日:2005/07/13(水) 21:29
ネット相談はボランティアで成り立っています。
限りある資源を有効に使うためにも、基本的には
説明責任のある主治医にお尋ねください。実際に診察した
主治医でなければ分からないことが非常に多いのです。


173 名前: MK 投稿日:2005/07/14(木) 06:35
主治医は術後、遠方に転勤となり、会って説明を聞くことは困難です。
そのためにカルテの開示を受けたのです。自分なりに可能な限り内容を調べて
見ました。私の癌は悪性度の高いスキルス胃癌、非充実型低分化腺癌であり、      
第二群までのリンパ節転移をし、奨膜を破った癌が腹膜に直接転移をしている。     
最悪の状態であると記載されています。これで予後一年はあるのか知りたいのです。


174 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/07/16(土) 15:28
科学療法は、イコール

175 名前: おちゃ 投稿日:2005/07/17(日) 16:03
>>172さん
そのような状況なら、ご質問に至った経緯は理解できます。
たしかに病状は厳しいところですが、実際の残された時間となると
ある一点の状況では判断が困難です。進み方の個人差は非常に
大きく、平均値で語ることはあまり意味がありません。

現在の主治医が、その目で見ながら進行具合を確認、その他の
全身状態、血液検査、画像検査などの結果を総合しないと、予後
の数字を挙げるのは難しいです。そうやって挙げた予後も、
あたるのが50%、外れるのが50%といったところです。


176 名前: MK 投稿日:2005/07/21(木) 12:51
おちゃ先生、有り難うございました。

177 名前: <削除> 投稿日:2005/07/26(火) 23:17
<削除>

178 名前: ◆zKQna1OU 投稿日:2005/07/26(火) 23:56
やめてください
*********************************************
健康・機能食品等々の商業目的の書き込み、
健康・機能食品・代替医療の類を
宣伝、挑発する書き込みは禁止します
*********************************************

179 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/08/22(月) 06:44
>159
肺血栓の可能性と

どんな手術であれ、開腹オペであれば広範囲の血管の損傷が伴い
ますから、これに対する生理反応として血栓の生成、肺、心臓、
脳などでの塞栓の危険が生じます。特に肺は術後塞栓の好発部位
で私の父も胆石摘出後、担当医がこの兆候を見落としていたため
チアノーゼが発症、意識が無くなりました。この時点で母があわ
てて処置が始まったのですが既に手遅れで亡くなりました。こう
いう基本的なことすら説明しない、知らない医師が多いのが実情
です。


180 名前: YY 投稿日:2005/08/22(月) 20:52
お聞きしたいのですが、家の母が胃癌で分節胃切除手術をしました。
術後、退院して食事をすると時々激しい胃痛に襲われます。
特に空腹状態で水物を取ると起こるようなのですが、ただ単に
胃が伸びようとする為に胃痛が発生しているのでしょうか?
何かわかる人がいるようでしたら教えていただきたいのですが。。。

181 名前: アブ 投稿日:2005/09/24(土) 02:28
 先日、家内(41歳)が「スキルス(胃)の可能性あり」と診断(所見)されました。
 経緯は下記のとおりですが、担当医曰く、症例として見たことがなく再度検査が必要とのことで、再度約1ヶ月かけて検査をやり直すことになりました。
 教えていただきたいのは、スキルスの症状(幽門部の狭症)に類似した別の症例、病例をご存じないでしょうか、ということです。
 担当医は高名な大病院の専門医ですが、先日は別の大病院で検査した結果を紹介状付で持ち込んだものを見ての所見です。
 持ち込んだものは以下。
  ①内視鏡写真・・・幽門部は狭くなっているが胃壁は襞の
   幅が広くなっており潰瘍のような様子はない(正常に
   近い)。
  ②バリウムレントゲン写真・・・スキルスに見られるよう
   に幽門部が外から圧迫されるように狭くなっている。
   但し、圧迫されている胃の粘膜側の面はなだらかな
   曲線であり、スキルスに良く見られる凸凹は見られ
   ない。
  ③CT所見・・・膵臓、肝臓ほか異常は見られない。
  ④超音波検査(当日担当医にて)・・・幽門部を圧迫して
   いるものの影が見えない(何が圧迫しているか不明)。
  ⑤きっかけは食後の胃痛でしたが、現時点本人の症状
   としては精神的に食事を流動食に制限していること
   によると思われる体重減(約1ヶ月で2kg程度)のみ。
 予備知識も何もなく、癌の可能性があるということを突然告げられました。
 いろいろWeb上で調べていると、どうも検査結果や自覚症状からみて疑問が生じると共に、もし本物のスキルスであれば悠長なことをしていていいのか、家族もそれなりの覚悟をしなければならないのか、など不安が募ってきています。
 長々記載しましたがご存知の方がいらっしゃいましたらご回答の程よろしくお願いいたします。

182 名前: まる 投稿日:2005/11/30(水) 22:41
 私の親戚の50代半ばの男性で胃がんで、肝臓にも転移していて、余命
長くて1年と言われました。子供がまだ中学生なのでたとえ治らなくても長生きして
欲しいのです。
何かいい療法や情報がありましたら、教えてください。宜しくお願いします。

183 名前: まる 投稿日:2005/12/01(木) 00:09
 またまたすいませんが、愛知県がんセンターのHPで、抗がん剤の肝動派内注入法
(肝動注法)のことが載っていたのですがどうでしょうか。
また、愛知県がんセンターは評判のいい病院でしょうか?宜しくお願いします。

184 名前: ふと 投稿日:2005/12/04(日) 00:13
ここ1ケ月前くらいから食べたら気持ち悪くなって吐いてしまう日が続いているのですが、これは胃癌か何かの症状なのでしょうか?とても不安で悩んでいるので誰か教えて下さい。

185 名前: 通りがかりの一患者◆PKCMob6A 投稿日:2005/12/04(日) 11:30
胃かもしれませんし、腸かもしれません。また、精神的なものかもしれません。

ガンかもしれませんし、そうでないかもしれません。
ひょっとするとガンよりたちの悪い病気かもしれません。

ただ、確実なのは直接に診断もせずにその答えがわかる方はいません。

不安ならばネットできく前に病院に行きましょう。

186 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/12/04(日) 18:08
>>183 ふと様

>>184様の御回答の通りです。
どんなに有能な医師であってもネット上での問診や触診、CTスキャン、胃カメラ検査、血液検査は不可能です。
病院での診察がベストの対応です。

187 名前: マイホーム 投稿日:2006/04/09(日) 18:19
がん専門のドクターが多いようなので質問させて下さい。
カプランマイヤー生存曲線を出したいのです。手持ちのstatviewでチャレンジしましたがさっぱり分かりません。何かよい解説書、もしくは、カプランマイヤー生存曲線を出すもっと簡単なソフトなどがあれば教えてください。

188 名前: 患者家族 投稿日:2006/04/09(日) 18:39
186の人って何?患者や家族じゃないよね。。。
学生?医療関係者?
それがここで平気な顔をしてこんな質問をする神経って。。。。絶句

189 名前: すず 投稿日:2006/04/19(水) 21:55
こんばんは。初めてメールします。主人は昨年7月にスキル胃がんになり、最初3クールの
抗癌剤治療をした後、手術をしましたが、大動脈に隣接し手術できませんでした。
その後、ts-1とパクリタキセルの抗癌剤を2クール1週休みを繰り返しています。
今のところ症状は変わりないのですが、不安もありセカンドオピニオンをしました。
結果、昨年と症状は良くも悪くもなっていなく、再手術までにはいたりませんでした。
でも、その先生は抗癌剤を当初からパクリタキセルでとうしているから、イリノテカンかランダに
変えてみたほうが良いといわれました。当初の先生は症状が変わっていないと言うことは
抗癌剤が効いていることだからこのままの抗癌剤でいきましょうといわれました。
癌センターのホームページで、抗癌剤の適応を見てみると、パクリタキセルの適用には、
胃がんの項目記入がありませんでした。抗癌剤に詳しい方、ぜひ教えてください。
パクリタキセルはスキルス胃がんには効果が薄いのでしょうか。すぐ、抗癌剤を変えた方が
良いのでしょうか。主人は、今悪くはなっていないのだから、このままでもいいのでは
、抗癌剤を変えて、良くなるかも知れないけど悪くなるかも知れないんだぞ。と
いいます。今抗癌剤を変えるべきかどうか、ぜひご意見お聞かせください。
お返事待っています。

190 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/04/20(木) 22:57
>>188

身内がスキルスと闘っています。
抗がん剤に詳しいわけではないのですが、うちはシスプラチン(=ランダ)を2クール、
耐性が出てきたのでバクリタキセル(=タキソール)に代え半年ほど治療しました。
その後なんとか手術をしたのですが結局腹膜播種が進行していて、
最終手段となるイリノテカンに賭けているところです。

主治医によると、当初の所見では手術適用外(リンパ節転移、腹水有)だったので、
まずはリンパ節の転移にターゲットを絞りシスプラチンで転移を抑え、
次に全身に散らばっているとおもわれるものをタキソールで叩く治療を行ったとのことでした。
それらが奏効し、治療してすぐ食事も摂れるようになり腹水もCT上は消え、
胃全体に広がっていた病巣も小さくなりました。

参考になるか分かりませんが、転移の箇所や状態によって使う抗がん剤の種類や順序量が人によって
かなり異なると多います。主治医の先生もCTやMRIの所見と腫瘍マーカーの数値などと照らし合わせて、
投薬量を決めていると思いますから、まずは相談なさることだと思います。
残念ながら抗がん剤はいずれ耐性が出てしまいます。効果が上がっているうちに
他の抗がん剤を「試す」というのも方法のひとつなのかもしれません。
分かりにくい文章ですみません。


191 名前: 生化村塾 投稿日:2006/04/21(金) 00:44
 Gene Expression Programming の技術を使用し、転移の抑制を行っております。
 現在スキルス乳癌の患者様の転移の抑制を行っております。 スキルス胃癌の
転移の抑制には成功していますが、原発は手術的に外科の先生に摘っていただか
ないと抑制することが出来ません。 目に見える範囲の転移を全てを摘出してい
ただけますと、助けることが出来ます(救命率約85%)。8個リンパ節転移のあった
乳癌患者様も、5年以上生存されています。 費用は寄付して呈いただける費用
で、まかなっております。
 

192 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/04/21(金) 11:21
詳しく知りたいのですが、HPなのありますか??

193 名前: すず 投稿日:2006/04/22(土) 14:03
189さんありがとうございます。二人の先生に違う治療法を言われて、いろいろ
考え不安になっていました。癌センターのHPには、今使用しているパクリタキセルの
摘要に胃がんの記載が無くますます不安で。
189さんもスキルス胃がんでパクリタキセルを使用していたんですね。パクリタキセルが胃がんにも
効果があると解っただけでも安心しました。これから主治医と主人と話しながら
進めていきたいとおもいます。有り難うございました。

194 名前: 患者の娘 投稿日:2006/08/14(月) 22:02
父(75歳)が胃癌との診断を受けました。
1bとの事で、早期発見ということで多少ほっとしておりましたが
手術は2,3ヵ月後になる可能性がある事がわかり動揺しております。
関東の地方なので、地元の中央病院に外科手術が集中しているのだと思います。
東京、もしくは東京近郊まで出るのにはかなり大変です。
しかし、病気が病気だけにそちらの方が良けれ、ば何とかしたいと考えています。
地元で順番を待ちながら、東京、神奈川、千葉のいずれかの専門病院でも
診察を受けた方が良いでしょうか。
皆様がご推薦くださっている病院では、ここまで待機時間が長くないのでしょうか。
私が、遠くに嫁いでおり両親を助ける事ができず歯がゆく思っております。
どうか、お知恵をお貸しください。


195 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/08/15(火) 00:55
高齢かつ早期胃癌ならそれ程進行しないと思われます。
焦らず信頼できる病院に絞っては。

196 名前: かず 投稿日:2006/09/08(金) 03:16
どなたか教えてください。私の母なんですが、胃がんになり、胃の全摘出の手術を
してもうすぐ5年になります。
今の一番の悩みは、寝ていると、逆流があり。
とても苦しそうです。何度もその現場にいて明確に母が楽になるようなことを
してあげられていません。
母いわく、とても辛いような、ヒリヒリするような感じらしいです。
逆流がおきて、必死に呼吸をしようとしているのですが、むせてしまい
呼吸ができずパニックになることが多々あります。
例えていうなら、風邪なんかひいたときに、熱いものをたべると湯気に
むせたりするじゃないですか?そんな感じらしいです。
苦しいから呼吸しようとすると、むせる。このくりかえしです。
うまく表現できなくてすいません。
最近はおちついて、なるべく鼻からゆっくり呼吸しています。
それから、ひと段落着いたら、ミルク系の飴をなめています
母いわく、あめをなめると少しむせりが楽になるらしいのです。
同じような経験をお持ちの方がもしいれば、いろいろおしえていただきたいです。
そして、周りの人間はなにをすればいいか?周りの人間にどうしてほしいか?
なにを求めるか?なども、もしよかったら教えてください。
よろしくおねがいします。



197 名前: 774 投稿日:2006/09/08(金) 18:09
胃全摘による噴門・幽門などの逆流防止機能喪失の影響や、術後腸管癒着など
による通過障害などの影響、さらには分割食の習慣から就寝前最終の食事などの
影響による逆流性食道炎の症状のようです。
即効的な対策としては、上体を少し起こした体制でお休みになる習慣や、
就寝前の食事の見直し、さらには術後腸管蠕動などの改善目的とした
大建中湯や六君子湯などの併用の検討や、特効的にはフォイパンなどの
薬剤を検討していかれると良いでしょう。胃全摘後ですので
一般的に使用されるH2ブロッカー、PPIなどの薬剤は無効です。
早々に現状の症状を主治医に直接ご相談され、対応をご検討いただいて
ください。それが現状を最も早く解決する近道となります。

198 名前: かず 投稿日:2006/09/08(金) 21:34
774さんへ。
早急なお返事ありがとうございます。
母自身もとても気にしており、主治医の先生になんども症状を
相談したんですけど、先生いわく
(そんなわけないんだけどなー)。との答えしかいただけませんでした
でも実際見ている側としては、くるしそうですし、なんとかしたいです
よその先生にもそうだんしたんですが、担当医のほうがわかりますよ。
とのことです。
誰に、どこに、行けばいいのか、わかりません。
でも早速母にもメールを見せて、いただいたアドバイスを生かしていきたいと
おもいます。774さん本当にありがとうございました。



199 名前: みにゃ  投稿日:2006/09/24(日) 16:41
初期の胃の悪性腫瘍との判断を受けました。内視鏡で取れる状態だそうです。
いくら位かかるのか。不安です再婚してからまだ1年もたたのいのに 親も年老いて不安だらけです。
血小板が少なく血が止まりにくい体質ですが、内視鏡で大丈夫でしょうか?また、マイナートランキナイザー系の薬を3種類飲んでいます。
ロンラックス・PZC・セレナールです。お返事お願いします

200 名前: 小心者 投稿日:2006/09/24(日) 21:46
苫小牧在住です。母73歳が22日の日、進行胃がんと診断され、明日MRI検査あさって大腸検査予定ですが、現在入院の病院での手術に又担当医にひどく不安で仕方
ありません。実は病院の評判があまりよくありません、良い病院もしくは、ドクタ-の情報どなたか、いただけないでしょうか。



  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]