がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査
レス数が300を超えています。残念ながら全部は表示しません。
続ける場合は、新しいスレッドを作成してください

癌掲示板..>胆管がんで抗がん剤ジェムザール投与していた方で3年程度延命できたかたはいらっしゃ

1 名前: たか 投稿日:2006/04/24(月) 22:05
現在私の母親は胆管がんで手術できず、抗がん剤について迷っています。ジェムザール投与で長く延命できた方はいらっしゃいますか?副作用が結構あるときいたのですが?


2 名前: ぽんた 投稿日:2006/04/27(木) 14:15
たかさんこんにちは。
私の母は肝門部胆肝癌で手術ができずに8ヶ月前から抗がん剤をしています。
ジュムザールです。
母の場合めだった副作用は無く、始めたばかりの時は熱が少し出ましたが、
今では抗がん剤をしてとても調子が良くなってきています。
副作用といえば抗がん剤をした2,3日後に少し体がだるくなるという症状のみです。
人によるのかもしれませんが、母の場合はジュムザールをして良かったと思っています。
たかさんの参考になればいいのですが・・・。


3 名前: たか 投稿日:2006/04/27(木) 21:57
回答ありがとうございました!そうですかジェムザールではそんなに副作用がでないのですね!ところでぽんたさんのお母さまはおいくつですか?私の母は77歳で高齢の場合ジェムザールはやらないといわれたのですが。それとジェムザールの抗がん剤は週に何回かの通院でなされているのですか?私の母は24時間一生抗がん剤の点滴をすることになりそうなのですが・・温泉に行かせることもできません。抗がん剤の投与のしかたはどのような方法でされてるのでしょうか?通院で点滴すればその日は自由な体なのでしょうか?教えてください。

4 名前: yuki 投稿日:2006/04/28(金) 11:07
私の父もジェムザールを使いました。2週間に一度外来での
点滴治療でした。24時間持続投与になるようでしたら、ポートを入れての
治療なるのではないでしょうか。父もポートを入れましたが、
点滴をしていないときにはお風呂も普通に入れますし、制限はありませんでした。
持続点滴になっても、治療と治療間のお休みの期間に温泉にはいけるのではないでしょうか。
治療の計画を医師に尋ねてみてはどうですか?





5 名前: たか 投稿日:2006/04/28(金) 22:22
yukiさん回答ありがとうございました。私の母は点滴の針の入っている部分をシールすれば風呂にははいれるのですが、その部分は湯船につけてはいけないといわれています。母には楽しく過ごしてもらいたいので医者にまたきいてみます。どうもありがとうございました。

6 名前: まで 投稿日:2006/04/29(土) 12:00
たかさんはじめまして。

たかさんが立ち上げられた
http://www.gankeijiban.com/bbs/read.cgi?bbs=035tankansui&key=1143893943&ls=50
スレッドで胆管がんの母の現在の様子を記しました。
かなり長文ではありますが、ご参考まで。

7 名前: ぽんた 投稿日:2006/04/29(土) 21:58
私の母は50歳です。
一週間に一度ジュムザールの点滴をしています。
それを三週間行って、一週休みというのを続けています。
今は9クール目になっています。
この前のCTではほんとに少しですが、腫瘍が小さくなっていると言われました。
調子の良い時と悪い時がありますが、悪い方向へはいっていないようです。

お互い頑張りましょうね。
何かあればメールください。

8 名前: たか 投稿日:2006/04/29(土) 22:30
までさん、ぽんたさんありがとうございます!までさんのお母様と私の母親はなんか楽天的なところが似ています。ということは私の母も告知を大きく裏切って長生きしてくれるのかなぁなどと期待感がでてきました!私は今がんの抑制効果の高いもの、緑黄色野菜、ビタミンc、E、納豆、肝機能を高めるためにしじみの味噌汁などなど毎日食べさせて、GW中はいろいろなとこにつれていってできるだけニコニコ顔になるようにすごさせています。夜はレモン+はちみつのおゆわりなんかをのませてあげています。母のためなら今はなんでもしてあげたい気分でいます!お互いがんばりましょう!

9 名前: やす 投稿日:2006/05/02(火) 00:01
ぽんたさま。
はじめまして。現在、胆管がんにジェムザールを使用してくれる病院を探しています。
意外と少ないようで、毎日ネットでいろいろ研究しています。
ぽんた様のお母様はどちらの病院で治療をなさっていますか。
是非教えてください。よろしくお願いいたします。

10 名前: ぽんた 投稿日:2006/05/05(金) 08:36
やすさま。
私は岡山県在住なので岡山の病院に通っています。
今の病院は2つ目なのですが、前の病院でもジュムザールをしていましたよ。
今の病院は岡山大学付属病院です。
前の病院は倉敷中央病院です。
やすさまがどこに住んでいらっしゃるのか分かりませんが、もし近くなら参考にしてみてください。

11 名前: やす 投稿日:2006/05/05(金) 20:06
どうもありがとうございました。私は東京在住です。
意外とジェムザール使える病院はあるのでしょうか・・・
どうもありがとうございました。
またいい情報がありましたら、情報交換お願いいたします!!

12 名前: ドロップ 投稿日:2006/05/17(水) 22:14
皆さん初めまして。私の父も胆管癌と診断されました。ネットで調べたところ、外科的手術は難しく、放射線・投薬治療は効かないとありました。父はまだ50才で仕事復帰出来ると信じています。少しでも未来を延ばしてあげたいんです。何か良い治療方法は無いでしょうか?

13 名前: 774 投稿日:2006/05/18(木) 09:56
まずは手術適応の有無に関して、胆管がん手術経験豊富な医療機関で
再度ご相談されてみてください。
切除不能例に対しては内腔照射による胆道閉塞の改善や、GEM,TS1による
臨床試験を行っている医療機関もあります。

14 名前: 774 投稿日:2006/05/18(木) 10:16
東京近隣なら、がんセンター東病院、東京医科歯科大学病院などで
胆道がんに対するGEM、TS1臨床試験中です。

15 名前: やす 投稿日:2006/05/18(木) 11:00
私の父も去年胆管がんになりましたが、どうにか手術ができ、今は割りと元気にしています。(術後の経過は思わしくありませんが)
胆管がんも絶対に手術ができないわけではないので、まずは手術してくれる病院を探したほうがいいと思います。
抗がん剤が効かない、というのは、厚生省が胆管がん対してに認めているUFTやフルツロンのことで、最近はすい臓がんの抗がん剤である、ジェムザールや、胃がんの抗がん剤であるts-1が胆管がんにも有効との研究結果が出ているようです。
しかし、これらの抗がん剤がすべての病院で胆管がんに対して使用できるワケではないので、使用してくれる病院を探すのも一苦労です(病院に電話で問い合わせたりしても教えてくれません)
なので、ネットで情報を得るのが一番近道だと思います。
都内では、慶応病院、昭和医大でも使用してくれるみたいです。
同じ胆管がんの父を持つ者同士、励ましあって情報交換しましょう。
またなにかあれば書き込みしてください。
何か手助けできれば・・・と思います。

16 名前: ドロップシスター 投稿日:2006/05/18(木) 18:19
12に書き込みさせて頂いたドロップの姉です。妹に誘導されて来ました。774さん、やすさん温かいレスありがとうございました。父の癌がわかってから姉妹でお互いを励まし合ってきましたが、何度も絶望に陥りくじけそうにもなりました。でもこちらの掲示板で同じ癌で戦っている仲間がいることを知り本当に心強いです。明日紹介書を持って妹とがんセンターへセカンドオピニオンに行く予定です。なかなかベッドの空きがなく、すぐの入院は難しいようですが妹とともに頑張ります。

17 名前: ドロップ 投稿日:2006/05/18(木) 23:54
姉と重複しますが、774さんやすさん早速のレスありがとうございますm(__)m今落ちるとこまで落ち込んでいましたので、優しさに涙が出てしまいました。この世に姉とたった二人取り残された気分だったんですが、心強い仲間がここには居ます。皆さん辛い事、くじけそうな事いっぱいありますが一緒に戦っていきましょう。これから姉共々お世話になります。

18 名前: やす 投稿日:2006/05/19(金) 01:00
ドロップさん、ドロップシスターさん、こんばんは。
私も父のがんが分かってから、姉と二人でいろいろ胆管がんについて研究しました。やはり、がん治療も、情報戦で、情報をたくさん持っているほうが何かと治療の幅も広がると思います。姉妹で協力して、お父さんに最適な治療法を見つけてください。絶対にありますから!!
ちなみに、ガンセンターに行かれるようですが、手術や放射線をするならガンセンターが一番いいと思いますが(私の父は、違うところで手術をしたので、術後胆管炎を併発したりと大変でした。胆管がんは比較的珍しいがんなので、やはり手術経験が多い病院がいいと思います)
ガンセンターは、抗がん剤はきっと、厚生省が認めている効かないといわれている抗がん剤しか使用できないと思います。
なんせ、国立ガンセンターですから。(と言っても、静岡県立ガンセンターは使用できるらしいです)
もし、東京、築地にあるガンセンターに行かれるようでしたら、「抗がん剤は何が使用できますか」と質問されたほうがいいと思います。
先に書いたように、胆管がんは比較的症例が少ない病気なので、抗がん剤の開発(というか承認)も遅れているようです。
お父様が手術でき、一日も早く職場復帰できることをお祈りしています。
また何かあれば情報交換しましょう☆

19 名前: 120 投稿日:2006/05/19(金) 11:37
>>14で774先生が書き込んでくださっていますが
国立がんセンターでも築地ではなく東の方(千葉)でしたら
ジェムとTS-1の臨床試験中です。
やすさんのおっしゃるように、抗がん剤の適用について確認されたほうが
よろしいかと思います。


20 名前: ドロップ&シスター 投稿日:2006/05/19(金) 13:53
先程がんセンターのセカンドオピニオンから帰ってまいりました。
やはり手術は不可能でしたが、ジェムザールの使用は可能ということでした。
国立のがんセンターでしたので不安でしたが、ジェムザールでの抗がん剤治療
に賭けたみたいと思います。
いろいろとアドバイス及び励ましていただきましてありがとうございました。
これからまだまだ勉強していきたいと思いますので、アドバイスをお願いします。

父にジェムザールが有効であることを祈るばかりです。

21 名前: ドロップ&シスター 投稿日:2006/05/19(金) 14:18
連投して申し訳ありません。
胆管がんの治療でジェムザールは保険適用外と
なるようですが、大体の費用をご存知の方がいらっしゃれば
教えていただけないでしょうか。ネットでも検索してみた
のですが、探し方が悪いのか見つけることができませんでした。

父は癌保険に3社ほど加入しているようなので、お金のことは
大丈夫だと言っていましたが、やはり心配です。
よろしくお願いします。

22 名前: やす 投稿日:2006/05/19(金) 19:43
ジェムザール、使用できてよかったですね。
値段については、ちょっと分かりません。ごめんなさい。
ちなみに、私が胆管がん治療を調べる際、参考にしていたサイトを紹介します。
http://2nd-opinion.eee.ne.jp/
がんのWEB相談室、というものです。
いろいろなケースが掲載されていますので、参考になさってください。
ちなみに、ご存知かもしれませんが、同じ抗がん剤がずーっと効き続けることはあまりなく、個人差がありますが、
数ヶ月から一年半くらいで、効かなくなってしまうようです(がんが、その抗がん剤に慣れてしまうようです)
ですから、今の抗がん剤の効きが悪くなったら、次はどの抗がん剤を使おう、と考えておいたほうがいいと思います。
WEB相談室にも、いくつか質問があり、先生が答えてくださっています。
お読みになってガンセンターに、「この抗がん剤は使えますか」と提案してみるのもいいと思います。
もちろん、今すぐに考える必要はないと思いますが・・・
ジェムザールがお父さんに、とっても効きますように!お祈りしています。

23 名前: ドロップシスター 投稿日:2006/05/21(日) 23:17
やすさん、いつもレスありがとうございます。
温かいお言葉に本当に励まされています。
がん患者家族の新参者としては皆さんの情報は何よりも
ありがたいです。
父もがんセンターへの入院も決まり、いよいよ闘病生活が
始まります。父への告知をどうするか、ジェムザールを使う
ことによる自由診療の費用など悩ましい問題は山ほどありま
すが、こちらで頂いた情報をフル活用して前向きに闘うつも
りです。

このままではスレ違いになりそうなので、ジェムザールに
ついて先生にも色々と尋ねてみて、分かったことなどありまし
たらまた報告させていただきます。


24 名前: やす 投稿日:2006/05/21(日) 23:29
わかりました。何かジェムザールの情報がありましたらよろしくお願いします。

25 名前: ドロップ 投稿日:2006/05/26(金) 14:32
わたくしなりに抗がん剤について色々と調べてみました。
抗がん剤によって投与する時間も重要と文献にありました。
特に夜間投与が良いらしく副作用も少なく、又抗がん剤の効きも
良いとありました。
しかし、国立の癌センターでそこまでして頂けるものなのでしょうか?
又リクエストした場合受け入れて下さるのでしょうか。。。
どなたか夜間投与されてる方、ご家族の方はいらっしゃいませか?
もし良ければお話しをお伺いしたいです。

やすさんお父様のお加減はいかかですか?うちの父はまだ治療が
始まっておりませんので毎日元気に病院中を散歩しています☆

26 名前: 774 投稿日:2006/05/26(金) 17:46
chronomodurationはフルオロウラシルの深夜の細胞内異化作用亢進
を利用した化学療法の方法論です。
フルオロウラシル併用レジメンでの検討が国内外で行われています。

27 名前: ドロップシスター 投稿日:2006/05/30(火) 00:49
774さんレスありがとうございます。
返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
担当医師に確認したところ、抗がん剤の夜間投与は
していないとのことでした。
やはり、日中にある程度患者の容態を見ておきたいから
ということみたいです。
私もまだまだ勉強不足ですので癌と戦う上で参考になる
本などありましたら教えてくださいませ。
来週から抗がん剤の投与が始まりそうですので、また
報告させていただきますね。


28 名前: やす 投稿日:2006/05/30(火) 01:33
ドロップさん、ドロップシスターさん、こんばんは。
抗がん剤治療、始まるのですね。
お父さんに効くといいですね!同じ境遇にいる姉妹同士、祈らずにはいられません。
うちの父は、手術後、原因不明の体の痛みで、毎日しんどい思いをしているようです。
主治医に聞いても、「原因がわからない」と一点張りです。
他の病院での診察を希望しているのですが、父はしんどいようで、一からの検査はもうしたくないとのことで、
手詰まり状態です・・・
また主治医と話す機会があるので、いろいろ質問する予定です・・・

29 名前: 774 投稿日:2006/05/30(火) 16:27
切除不能と判断されGFP療法(GEM/5FU/CDDP)により切除可能となった
胆道がんの3年以上無再発症例が九大二外から報告されています。
低用量GEM、低用量FP、5FUのchronomodurationなどによるGFPの検討も
可とは思います。

30 名前: ドロップ 投稿日:2006/05/30(火) 18:48
やすさんこんにちは。
やすさんも姉妹でいらっしゃるんですね!
しかし原因不明の痛みが続くのは心配ですね。心中お察し致します。
少しでも早く体調が良くなる事をドロップ姉妹もお祈りしております。
 
774さんいつもレスありがとうございます。何分素人なもので情報を
うまく検索出来ない中774さんのレスはとても貴重な情報です。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

31 名前: ドロップシスター 投稿日:2006/06/06(火) 19:52
やすさんこんばんわ、ご無沙汰しております。
お父様の体調はその後いかがでしょうか?
私も父の辛そうな姿を見ることがなにより辛く感じる
ので、やすさんのお気持ちが分かる気がします。
お父様も痛みが取れればまた、前向きに治療を受けられる
ようになるかもしれませんね。
まずは痛みから回復されるのをお祈りしています。

774先生貴重な情報ありがとうございます。
父の担当の先生もクロノテラピーを完全に拒否という訳
ではないようで、クロノテラピーの第一人者の先生の講演
や論文を見たり、病院にお招きして講演してもらったことも
あるとのことでした。
頂いた情報をぜひ活用できればいいなと思っています。

先日、第一回目のジェムザールの投与がありました。
15分間吐き気止めを点滴した後、注射で180mg。
1週間に一回注射を4週間続けて、1週間お休みするようです。
投与した量も少ないからか、今のところ軽い吐き気が時々
あるくらいです。

手術のできない父にとってこの抗がん剤治療が最後の
希望です。だからがんばらなくちゃ!
ではまた報告や質問などさせていただきますね。


32 名前: やす 投稿日:2006/06/07(水) 00:43
ドロップシスター さん、こんばんは。
ジェムザール、あまり副作用もないということで、よかったですね!
抗がん剤治療は思っていたより奥が深い気がします。
これからも父のために研究し続けないといけないなあ、と思っています。

私の父は、先日の血液検査で、異常値が出てしまいました。
主に膵臓系の数値が悪かったです。
もしかしたら再度検査入院するかも知れません。
毎日、不安で食欲不振な日々が続きますが、家族や、同じ境遇にいる
ドロップさんやドロップシスターさんと励ましあって気合で父を良くしてあげたいと思っています!
これからもよろしくお願いしますね☆

33 名前: ぴの 投稿日:2006/06/07(水) 22:07
以前、別のスレッドでやすさんとやり取りさせていただきましたぴのです。
やすさんのお父様、異常値が出たとのこと大変心配ですね・・・。
家族だけが頼りだと思います。少しでもお父様の不安を和らげることができるのは
家族だけですから、、、でも、お辛いと思います。

私の父も肝内胆肝がんを患っております。
現在、UFT+ロイコボリンで治療中です。

ドロップ姉妹さんがかかられているのは国立がんセンターの柏にあるセンターですか?
以前、築地のセンターで柏もジェムは取り扱っていないように思ったのですが・・。
差し支えなければ教えてください。


34 名前: ドロップシスター 投稿日:2006/06/09(金) 19:32
やすさんこんにちは。
検査結果の件、とても心配ですね。やすさんも食欲不振との
ことですが、やっぱり辛いですよね。
でもお父様もやすさんのようにやさしい娘さんがいて
ほんとに心強いことだと思います。
一緒にもっと勉強して、お父さんを良くしましょうね!

ぴのさん、はじめまして。
ぴのさんのお父様もおなじ病気で闘っていらっしゃるんですね。
私達はまだまだ勉強中の新参者ですが、これからよろしく
お願いします!
お尋ねされていた件については、築地も柏も私の父の入院して
いるがんセンターではないようです。

今のところ食欲も旺盛で、入院して1.5キロ体重が増えたくらい
です。でもこれから抗がん剤の投与量が増えれば、辛い闘い
になるかもしれません。先の不安を思って今の元気な父を見ている
と切なくなる時もありますが、諦めず私達自身がファイティング
スピリットを持って父と生きていかなきゃと思います☆




35 名前: ドロップ 投稿日:2006/06/09(金) 20:00
やすさんこんばんは。お父様の体調不良、血液の異常値気掛かりでなりませんね。姉も前レスで申しておりますが私達家族が心身共にしっかりしていなければ良い看護は出来ないですね。やすさんまずはやすさんご自身のお体をご自愛下さいね!
ぴのさんはじめまして!非常に申し訳ないのですが、特別に使用を許可して頂いておりますので病院名は臥せさせて下さい。わたくし達が得た情報でよければ直ぐにレスさせて下さい。ちなみに関東ではありません。ぴのさんどうぞご理解の程お願いいたします。


36 名前: 774 投稿日:2006/06/09(金) 21:34
再掲しておきます。
東京近隣なら、国立がんセンター東病院肝胆膵グループ、
東京医科歯科大学病院肝胆膵外科などで胆道がんに対するGEM、TS1
臨床試験中です。
なお、肝内胆管がんに対してはJIVROSGで肝内胆管癌に対する
GEM肝動注化学療法の第I/II相臨床試験が進行・登録中ですので、こちらは
参加施設である国立がんセンター中央病院放射線科、東病院放射線科で
ご相談ください。
いずれも上記診療科以外では行われてはいませんので当該診療科で
ご相談されることが肝要です。


37 名前: ぴの 投稿日:2006/06/09(金) 23:15
ドロップシスター姉妹さま、774様本当にありがとうございます。
まず、病院名の件承知いたしました。いろいろと、ご親切にありがとうございます。
皆それぞれ抱えている事情がありますのでどうかお気になさらないでください。
うちの父も58歳です。まだまだやりたいことはあるだろうし、私も親孝行をしてあげられていません。
父を見ていると無性に切なく、抱きしめたくなってしまいます。
お互い、父を思う気持ちを大切にがんばりましょう。私は、姉妹ではなく兄との兄妹なのですが、仲間にいれてくださいね。

774さん、情報ありがとうございました。東京医科歯科は初耳でした。
また、国立がんセンターのGEM肝動注化学療法はリンパへの転移がある(可能性)場合は不適なのでしょうか・・。

38 名前: 774 投稿日:2006/06/10(土) 00:40
肝内胆管癌(初発または切除後再発)で臨床上切除不能例が対象です。
他、年齢、前治療からの期間、測定可能病変の有無、主要臓器の機能
などの条件がありますので、詳細は上記医療機関の当該科を受診のうえ
ご相談されると良いでしょう。


39 名前: 774 投稿日:2006/06/10(土) 00:46
他、肝内胆管癌の化学療法に関しては、慈恵会医科大病院肝胆膵外科
なども積極的で、体外循環を併用した肝灌流高用量化学療法などの
臨床応用を自主研究として行っています。


40 名前: ぴの 投稿日:2006/06/10(土) 08:41
774さん、ありがとうございました。
父は国立がんセンターで病名を診断されています。
内科と外科にかかりました。(外科で手術不可と判断され内科に回されました。)
そこで、放射線科を紹介されなかったのは適用不可だと診断されたのかと
勝手に判断してました。

いろいろと情報をありがとうございました。
本当に助かります。

41 名前: めめんと・もりもり 投稿日:2006/06/13(火) 14:45
私の母も肝内胆管ガンです。ジェムザール&5fuを投与しています。副作用はほとんどありません。というのも、体にリザーバーを埋め込んで、そこから抗がん剤をいれていますよ。

42 名前: ぴの 投稿日:2006/06/13(火) 23:15
めめんとさん、情報ありがとうございます。
リザーバーという言葉は初耳です。
調べてみます。
ちなみにどのぐらいの期間、服用されているのでしょうか?

43 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/06/14(水) 08:02
ぴのさん
局所投与法のひとつです。
http://www.gankeijiban.com/bbs/read/ryouhou/985599816/l50

44 名前: めめんと・もりもり 投稿日:2006/06/14(水) 12:53
こんにちは~リザーバーを入れたのは、今年の1月です。
病気がわかったのが昨年の12月で、すぐに点滴でのジェムザールをはじめました。
そして、5月の下旬に二本目のリザーバーを埋め込みました。
副作用はほとんどなく、QOLは維持できていますよ~
昨日、病院で、シスプラチンも始めてみようか~といわれ、金曜から追加する予定。
肝機能も正常値です。
週1で5-FU、隔週でジェムザールをいれてます。
もしよかったら、楽天ブログのめめんとのブログへ遊びに来てくださいね~

45 名前: からんちち 投稿日:2006/06/22(木) 14:07
皆様初めまして 私は30代女性で昨年の秋胆管ガンで手術を受け、今は内服でUFTと点滴でジェムザールの治療を受けています UFTは5日服用して2日休み、ジェムザールは2週間に1回点滴してもらっています 初めはUFTだけだったのですが、それだけではダメらしくジェムザールも追加となりました
私の場合、UFTの副作用はなし、ジェムザールは点滴当日の夕方から次の日とまた次の日に吐き気がある程度です わたしにとって副作用として脱毛がないと言うのが嬉しかったです ジェムザールは主治医の先生から勧められました それで少しでも良くなってくれるなら・・・とお願いしました 費用は1回て゛
約15000円位かかっています 子供もまだ小さいし不安いっぱいです・・・

46 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/06/24(土) 17:34
からんちちさん頑張ってください! 術後治療はつらいですが、ここを
頑張ればきっといいことがありますよ。
ここからはエールを送ることしかできませんが。。

47 名前: からんちち 投稿日:2006/06/26(月) 15:13
名無し@さんありがとうございます 明後日また点滴です 白血球が下がることなく出来ればいいなあと思っているところです
毎日1回は笑った方が体の為にいいと看護婦さんに言われたので、笑いを忘れず頑張ります

48 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/03(月) 00:02
からんちちさんこんばんは。私も去年の4月き胆管癌で手術をしました。術後は胆管炎になったり、腹水がたまったりで苦難でした。去年の6月から今年の3月まで私も、ジェルザールを投与してまさた。白血球が下がるので2週に一回の投与でした。今は、Uftを朝晩二回服用してます。今のところ再発ないですが、私も二人子供がいるので先が不安といえば不安です。
お互いがんばりましょう~。

49 名前: からんちち 投稿日:2006/07/07(金) 09:34
みみ&しゅんママさん、同じ病気の人からのエール嬉しかったです 実は先日まで食欲不振、水分も受け付けず入院してました そして白血球も下がってて注射してました 
体に爆弾を抱えているようなもので不安で怖いですよね でもこうやって同じ病気の人同士で書き込みをしていると少し気分が和らぎます これから先、あきらめず頑張りましょうね

50 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/07(金) 22:18
からんちちさんこんばんは~。お返事ありがとうございます。
先日まで入院してたのことで、具合のほうは大丈夫ですか~?
私もここ一週間前ぐらいから、物を口にすると、お腹がゴロゴロはじまって、下痢をしています。なんだか、食べるのがいやになってしまいます。暑いせいか食欲もあまりないですよね。抗がん剤の副作用で具合が悪いのならまだいいですけど、再発とかだったらってすぐ思っちゃいます。からんちちさんは胆管癌の原因とか主治医の先生から言われましたか?私も今年30歳になるのですが、28歳の時に癌になったので、主治医の先生にこの癌はこんなに若い人でなったのは初めてみました。まれにあるとはいいますがと言われました。
これからもよろしくです。またレスします。からんちちさんもよろしくです~。

51 名前: からんちち 投稿日:2006/07/08(土) 16:13
みみ&しゅんママさんこんにちは! わたしの体調は大丈夫です 心配して下さって有り難うございます
みみ&しゅんママさんは大丈夫ですか? 今日は私の住んでいるところも暑くそれでばててしまいそうです
私は今38歳ですが23歳のときに総胆管拡張症という病気でまず胆のうをとりました
それから年1回定期的に検診を受けていたのに昨年の秋胆管ガンになってしまいました 原因はよくわからないんです
でも今思えば昨年の春頃からみぞおちのあたりが痛かったんですよね~
もしかしたらそれが前触れだったのかなぁと・・・でも、ホントこの病気にかかったっていうひと周りになかなかいないんで話出来る人がいると、こんな言い方変かもしれませんがちょっとうれしいです
またよろしくお願いしますね

52 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/07/09(日) 00:06
からんちちさんこんばんは。お返事ありがとうございます。
からんちちさん、若い時から病気と付き合っていたのですね~。
その病気は先天性のものもあると聞いたことがあります。
私はピルを飲んでた時期があり、それが原因かもとかもいわれましたが、若い人でピル飲んで胆管癌になった人がまれにいたらしいです。私の場合、黄疸がでて、まわりの人に黄色いよと言われ、病院にいったのがはじめりです。よくかんがえてみると、私も、みぞおちあたりが痛かったです。あと、かゆみと、疲れがとれなかったですね。それを医者に言ったら、それは前兆と言われました。
からんちちさんも、体重めちゃめちゃ減りましたか?私は術後14キロやせました。今は10キロ増えて、前に戻りつつありますが、まだまだ痩せています。痩せていると体力が追いつきません。子どもがいるから、逆にいいリハビリになっていて、ここまで回復したのかな?とも考えてます。やらなきゃいけないこといっぱいですもんね。子育ては大変ですよね。からんちちさんのお子さんはおいくつですか?うちは7歳の女の子と2歳の男の子です。今、2歳の子にてがかかって、毎日奮闘してます。
ながながと書いてしまいました。
毎日暑いので、体調にはお互いきをつけましょう。

53 名前: からんちち 投稿日:2006/07/09(日) 09:15
名無しさん@掲示板さん、おはようございます
私は術後5キロ位やせましたよ~ でも今は逆に手術前より3キロ太っちゃいました 
家の子供は小学二年生の女の子です 子供にもずーっとかわいそうな思いをさせて来たので、あとは再発しないようにと願うばかりです
お互い体調には気をつけてあきらめず、頑張りましょうね~

54 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/10(月) 00:09
からんちちさんこんばんは~。名無しは私でした。すみませんです。お返事ありがとうございます。
今日あたりから下痢が収まって、今日は久々に快適に過ごせたきがします。本当子どもより先に死ぬなんてできないですよね。
死んでたまるかです!私も今月末にCT検査があるります。毎回ドキドキです。
からんちちさんはどちらにお住まいですか?もしよかったら教えてください。私は東京です。

55 名前: からんちち 投稿日:2006/07/10(月) 08:47
あら、そうだったんですか(笑)でも、具合が落ちついてよかったですね 私も日にちはまだ決まってないんですけど、今月にCT検査が予定されてるんですよ
あと多分、マーカーの値も・・・ドキドキですよねぇ ちなみに私は新潟に住んでいます これからもよろしくお願いしますね!

56 名前: チョコママ 投稿日:2006/07/10(月) 18:43
はじめまして!お邪魔します。
私の父も先月末、体のだるさ、尿の色の濃さ、黄疸の症状から急遽入院、1週間は水以外何も口に出来ず・・検査の毎日。胆肝癌と診断され、胆汁を鼻から通した管で外に排出している状態です。
現在、大学病院に転院し、新に検査が続きましたが食事も取れるようになり・・少し笑顔も見せてくれているのでホッとしていますが・・やはり永命のためには手術が必要という医師の言葉により月末、父も手術を予定しています。
膵頭十二指腸切除です。合併症などで術後もやはり大変のようですね。不安で眠れない父に皆さんの頑張りや経験など、是非お話させてください。
またアドバイスや気をつけることなどありましたら是非教えてください。宜しくお願いします。


57 名前: からんちち 投稿日:2006/07/10(月) 19:57
チョコママさんこんばんは( ^ _^ )  お父様少しは落ちつかれているようでよかったですね
でも、本番はこれからで手術が始まるまでは不安でいっぱいだと思います 私が言えることは、少しでもわからないことや不安なことがあったら心にためておかないで主治医の先生や看護士さんに話を聞いてもらうことです
ほんのちょっとしたことでも遠慮せずにです 事実、私はこころに思いをためていたときがあって、うつっぽくなり薬をもらい服用しました 今でも飲んでいるんですよ
あとはやはりあきらめないことだと思います 私には小学2年の子供がいるのでその子の為にもあきらめずにがんばっています
眠れない時は眠剤をもらうといいですよ 私なんて効くまで3回変えてもらいましたから(笑)
チョコママさんも大変かと思いますが、私で良かったらまたお話しましょうね

58 名前: チョコママ 投稿日:2006/07/10(月) 20:52
からんちちサンこんばんは!
お返事ありがとうございます。今、父から電話があり・・月末に予定していた手術が明後日になりそうなんです。
とっても急の事で私も家族も驚いていますが、手術を待っている患者さんも多い中で、先生がお声を掛けてくださった事を有り難いと思い・・1日も早く手術をして回復を願う事。正しいかわかりませんが~そう思う事にしました。
もちろん父の気持ちが1番だと考えていましたが、父の気持ちも同じようで・・明後日手術となりました。
それでも術後は会話や食事など、普通に出来るのか?やはり痛みなどで眠れない日が続いたりするのか?など何を考えても心配ばかりが募りますが・・とにかく手術が成功し、1日も早く家に帰ってきて欲しいです。そう願って皆で頑張ります!
からんちちサン、失礼があったらごめんなさい!でも・・これから是非また色々と教えてください!宜しくお願いします。
お子さんのためにも~頑張ってくださいね☆ってもぉ~十分頑張ってらっしゃるから偉いと思います!


59 名前: からんちち 投稿日:2006/07/10(月) 22:13
明後日とは急でしたね でも、お父様がそれでいいと思っていらっしゃるのなら正しい選択だと思いますよ
術後、私の場合痛みはかなりありました でも、早く歩いた方がいいと看護士さんに言われ、じょじょに歩くようにしました
食事も最初は水分から許可で重湯、三分、五分、七分、全粥、と食べていきました
大丈夫です! チョコママさんも大変でしょうが頑張って下さいね

60 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/11(火) 09:17
からんちちさんおはようございます。
今、病院にきています。今日は外来の日でした。外来とCTがべつの日なのでかなりめんどうです。
今日はこないだの下痢の症状とか先生に話すつもりです。毎日暑くていやになりますね。昨日は体に熱がこもったみたいで、熱を計ったら38どありました。しばらくクーラーにあたり横になっていたら、7どにさがりました。なんだかこの夏を乗りきれるか心配です(;_;)

61 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/11(火) 09:27
チョコママさん始めまして(^.^)
お父様が私と同じ病院ということで、私も、色々苦難でしたが、病気から1年3ヶ月たち今では、元気に過ごしています。元気とはいっても、抗がん剤の副作用とかありますが、生きていることがありがたいです。いつも、死んでたまるかという気持ちでいるので、お父様も病気に負けるものかという気持ちで手術にのぞめば大丈夫ですよ~!
手術無事に終わること祈っています。
チョコママさんもどうかお父様の支えになってあげてください。
いくら、病気に負けるものかとはいっても、支えがあるからがんばれるものです。

62 名前: からんちち 投稿日:2006/07/11(火) 10:43
みみ&しゅんママさんおはようございます(^_^) 毎日暑くて参っちゃいますよね 
熱が出たのは心配ですよね 私も発熱や腹痛があったらすぐ来るように先生に言われてます
私は明日ジェムザールの予定です ただ白血球が下がってなければいいのですが・・・毎回、点滴の翌週に血液検査をすると白血球が下がってて注射になります(>_<)
そしてまた上がるのですが、治療の日になるとぎりぎり近くまでまた下がる・・・そんな繰り返しです
本当は三週やって一週休みでワンクールだったのですが、白血球が下がっちゃうので二週間に1回今はしています
みみ&しゅんママさんは白血球が下がったりしたことはなかったですか?

63 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/11(火) 12:26
からんちちさんへ。
今、病院の帰りですぅ(^^)
今日は体中かゆいのもあったので、皮膚科も受診してきました。
Uftの副作用かもと、主治医にいわれ、皮膚科に受診しましたが、皮膚科の先生は、体調が悪くてかゆくなってると言われました。ましてや、Uft飲んでたら体調は良くないんだから、なんて言ってました。
あっ、私も、ジェムザールの時は白血球がさがって、2週間に一回しか投与できなかったですよ。冬のじきはしょっちゅう風邪ひいてました。白血球さがると色々感染しやすいみたいで、からんちちさんも気をつけてください。
夏にマスクするのはなんだかいやですね。
今日もムシ暑いですね。それではまた~!

64 名前: からんちち 投稿日:2006/07/12(水) 14:24
みみ&しゅんママさんへ
こんにちは 午前中病院へ行ってきました ジェムザール出来るかどうか心配でしたが、無事に終わって帰ってきました( ^_^ )
そして、UFTをはじめ貧血の薬や痛み止めなどたくさんの薬も一緒にもらって( >_< )
いつものことですが、一年前は薬なんて縁がなかったのに今では薬だらけですぅ(笑)

65 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/07/12(水) 17:09
からんちちさんこんにちは~(^_-)
今日はジェムザールできてよかったですね。私も薬沢山飲んでます。タケプロン、ムコスタと、エクセラーゼとラシックスと、酸化マグネシウムとUFTです。薬がだいっきらいだったので、最初は薬を飲むのがおっくうでした。
からんちちさんは膵頭十二指腸切除術でしたか?胆管癌でも、胃を切ってない人いたりしますよね、まぁ、転移の状況にもよるのでしょうが。私は転移はないけど、この病気の場合は胃半分、膵臓半分胆嚢、十二指腸をとらないとできない手術と主治医に言われました。でも、果たして、他に転移が本当はあったのか?不安になったこともありました。

66 名前: からんちち 投稿日:2006/07/12(水) 20:21
名無しさんこんばんは( ^_^ )
私の場合、肝門部胆管ガンだったので右の胆管と右の肝臓を半分切除しました
マーカーも下がりきっていないので、見えない何処か(リンパ節)に転移があるかもしれないと言われています
今度21日にCTの検査をすることになりました 結果を聞くまで少々ドキドキです

67 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/12(水) 22:28
からんちちさんこんばんは。さっきまたななしでレスしてしまいました。私です。
お返事ありがとうです。
本当にCT検査はドキドキですよね。
腫瘍マーカーは私は今のところあがっていなかったです。
肝臓を半分摘出したんですね。肝臓も大事な部分だから、体に大きな負担がありそうですね。大丈夫ですか?
今日はなんだか眠い一日でした。2ど寝して、昼寝して、なんだかダルダルでした。
うちは保育園にいってるので、下の子どもも夕方まで保育されてるので、助かります。
一日中一緒に家にいたらきっと、違う意味でストレスになると思います。実は、仕事もしているので、それで、保育園なんですけどね。

68 名前: からんちち 投稿日:2006/07/14(金) 20:36
みみ&しゅんママさん こんばんは
今回のジェムザールの副作用きつかったです( >_< ) 吐き気にだるさが加わって・・・
今日も点滴に行って来ました 先生によればガスと便が溜まっているから吐き気もひどく感じると言われました
今は落ちついているのでホッとしています・・・
みみ&しゅんママさんはお仕事なさっているんですね・・・すごい!
私も仕事してみたいなぁと思う時があるけれど、今の状態ではちょい無理かなぁ・・・
でも何時かは・・・と思ってます

69 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/15(土) 09:03
からんちちさんおはようございます。
副作用大変でしたね。私もジェムザールをうってたときは、便秘ぽくなったりして、ご飯を食べると気持ち悪くなっていました。
うちはじめたころは吐いてましたよ(-_-;)
でも、UFTも毎日ダルイですね。風邪ひいたり、下痢したりした時は飲まなかったりしてたんですけど、飲んでないほうがあきらかに体のだるさがないです。だからそこから飲むのがおっくうになってしまたりでした。
仕事ですね~。病気前からしてたので、去年の11月から復帰しました。正直すっごく疲れます。
海に泳ぎにいって帰ってきたときの疲れににてます。
からんちちさんも無理せず、ゆっくり考えればいいのではないでしょうか。でも、帰ってリハビリになったようなきがしますょ。

70 名前: からんちち 投稿日:2006/07/15(土) 20:33
みみ&しゅんママさんこんばんは 今日は体調も落ちついてホッとしています( ^_^ )
UFTも来週の水曜の診察までお休みです・・・そして、薬が一種類増えてしまいました( -_- )
ますます薬が増えていくような・・・まあ仕方ありません・・・
今日は子供が叔母の家に遊びにいっていなかったので、ゆっくり昼寝でも・・・と思ったのですが、こういうときに限って眠くなくて結局家の中で動いてました
夜になってどっと疲れが出てくるようです・・・明日はおとなしくしてよっかな・・・

71 名前: チョコママ 投稿日:2006/07/16(日) 21:20
みみ&しゅんママさん
こんばんは!メッセージありがとうございました。
からんちちさんとみみ&しゅんママさんからのお言葉に~私も父も心強かったです。
12日、父の手術が無事に終わりました。胃の3分の1、胆嚢に膵臓の半分?十二指腸をすべて切除。
この3日間、痛みと熱によるだるさとで目をあけてるのも辛そうな父の姿に私も辛かったですが・・今日、鼻からの管がとれ、久々に父の笑顔が見れ、とにかく嬉しかったです☆
皆さんの頑張ってるお話もさせてもらい~父も皆さんのように、1日も早く帰宅できるようにと~今日は意欲的に歩き始めました!
病理検査の結果次第でやはり抗癌剤治療をする事になるようですが・・やはり副作用もあり大変なんですね。(;_;)
からんちサンもみみ&しゅんママさんもホントすごいです!父にも強い気持ちを持って頑張ってもらえるように私自身も全力でサポートしたいと思います!
これからもヨロシクお願いしますね☆


72 名前: からんちち 投稿日:2006/07/16(日) 22:02
チョコママさん お父様の手術が無事に終わられてよかったですね
しかも歩き始めておられるとはすごいです 私なんて情けないことに術後一週間ベットの上でした
お父様の意欲的な姿は今の私も見習わなければと思います
これからも大変かとは思いますが、お互いに頑張りましょうね

73 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/18(火) 09:02
からんちちさんおはようございます。
そちらのほうは雨が凄い降っていませんか?こちらも今日は久しぶりに本降りです。
体調はいかがですか?土曜日から3連休だったのでなんだか少し疲れたかもです。下のこが熱をだして、土曜日、日曜日は家にいましたが熱があっても子どもは元気だからパワーがありあまっちゃって大変でした(-_-;)
最近青汁を飲み始めました。足りない栄養を補えればと思っていますが、からんちちさんもなにか体にいいもの知ってますか?知っていたら是非教えてください。

74 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/18(火) 09:13
チョコママさんおはようございます。お返事遅くなりましたが、お父様無事手術がおわって本当に良かったですね(^_^)
お父様と同じ手術を私もしましたが、退院してすぐに胆管炎になりました。便を毎日ださないとなっちゃうみたいで、最初胃がいたくて、嘔吐して、熱がでました。お腹もいたかったです。お父様もきをつけてあげてくださいね。
最初のうちはご飯があまり食べれないと思いますけど、私も、14キロやせましが、今では10キロ戻りました。胃をきった人はもとに戻るのにはやくて、2年かかるらしいのであまりあせらないで、食べたいものを食べていればいいと思いますよ(^^)

75 名前: からんちち 投稿日:2006/07/18(火) 21:05
みみ&しゅんママさん、こんばんは
今日はというより今日もどんよりとした天気でしたよ いつになったらお日様が見られるのかなぁと子供と言っています
体にいいもの・・・私も考えてはいる所ですがなかなか・・・強いて言えば貧血もあるのでサプリメントを飲んでいる位で・・・
あとは便通を良くする為にヨーグルトを毎日ですね・・・
青汁ってどうですか 家に試供品はあるのですが試す勇気がなくて・・・飲みやすいですか?

76 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/19(水) 09:06
からんちちさんおはようございます。
今日も朝から雨が凄いです。そちらのほうはどうですか~?
青汁、私がのんでいるのはとても飲みやすいです。抹茶の味がします。牛乳にいれて飲むとすごく美味しいです。抹茶ミルクみた~いって子どもも喜んで飲んでましたよ。
うちのこ達牛乳嫌いなんです(;_;)だから、青汁いれて飲んでくれるんだったら、いっせきにちょうですよね。はやく梅雨はあけて欲しいけど暑いのはいやだし、梅雨のじめじめもいやだし、なんかうまいこといかないですかね(^_^)

77 名前: チョコママ 投稿日:2006/07/19(水) 23:17
からんちちサン☆みみ&しゅんママさんこんばんわっ♪
いつもメッセージありがとうございます!なかなか毎日PCと向き合う時間が取れず・・お返事が遅くなってしまってごめんなさい!
ここのとこ毎日雨の日が続き・・嫌になっちゃいますよね?!体調はいかがですか??
術後1週間、やっとお水のOKがでました!(^-^)/嬉しくて皆さんに報告させてもらいます☆食事はいつ頃から出来るんですかね?
みみ&しゅんママさん♪
退院後、胆肝炎になってしまったと・・辛かった事でしょうね(>_<)退院は術後どれくらいで出来ましたか?入院中はやはり点滴や食事内容で胆肝炎などが予防出来ていたんでしょうかね・・。父は現在6キロくらい体重が落ちてしまいましたが~少しずつですよね!
アドバイスを頭に、排便のチェックなど~私なりに気に掛けてあげながら食事も気をつけてあげたいと思います!ありがとうございま~す☆
からんちちさん
ぜひ青汁に挑戦してくださ~い☆^^
私もみみ&しゅんママさんのように牛乳と飲んでます!体にとてもいいようです!
それから~私のお勧めはアロエベラジュースです!!飲み始めて私はとっても良かったと実感しています。父にも早く飲ませてあげたいのですが・・。
よかったら試してみてくださいね!モズクもいっぱい食べると良いみたいです☆(^-^)/

78 名前: からんちち 投稿日:2006/07/20(木) 14:14
チョコママさんこんにちは
お父様の水分許可よかったですね( ^_^ ) 私の場合約一週間で重湯の食事が始まりました
そして術後一ヶ月位で退院予定だったのが、胸水や肝臓の切断した所に膿瘍が溜まったりで二ヶ月半かかりました
しかも管付きで・・・ちょっと私は運が悪かったかな(苦笑)
青汁、牛乳がいいんですね・・・やっぱり瓶一本くらいの量でしょうか?

79 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/22(土) 08:59
チョコママさんおはようございます。
お父様、お水飲めるようになって良かったですね(^^)う私は術後5日めでお水で、一週間でおもゆからスタートでした。不思議なもので胃がないとかそうゆうのは感じないものなんですね。術前は内蔵とったら自分でわかっちゃうのかなぁ?と変な疑問をもってました。(笑)
お父様ももうすぐ、おもゆからのスタートですね。あまり食べれないのに、お腹は普通にすくので、ちょこちょこ食べればいいとおもいます。私はよくばって、入院中、カップヌードルカレー味が無償に食べたくなり、売店で買ってたべてみたことがありました。
半分も食べれませんでしたが、満足してしまいました。
しかも、消化不良おこして、下痢で何度もトイレにいきました。
カップヌードルなのにすっごく美味しく感じたのが忘れられませんね^^;

80 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/07/27(木) 15:08
からんちちさんこんにちは~(^^)
お久しぶりです。
体調のほうはいかがですか?早く梅雨あけしてほしいものです。
雨の被害とかは大丈夫でしたか?
先日CTの検査してきました。次の外来で結果がわかりますが。
最近背中が痛くてきになります。
次の外来で先生に相談してみますが、背中痛いのはいやな感じですよね~。あっ、青汁続けてますよ。暑くて、食欲がなくても手軽にのめるから、良いですよ。

81 名前: サッカー 投稿日:2006/07/27(木) 23:55
祖父が初期の胆管癌だそうです。胆石を砕き細胞の検査をしたところ発見されました。幸い初期で余命は進行状況によるとのことですがどうにかよくさせてあげたいです。恥ずかしながら無知なのでなんでもいいのでアドバイス等よろしくおねがいします。長々すいません

82 名前: 匿名 投稿日:2006/07/28(金) 14:00
サッカーさん

現時点では頭のなかがパニックとはいかないまでも
イッパイイッパイになってしまってるかもしれませんね。
パソコンできる環境にいるのですか?
それでしたら少しでもいろんな情報であったり
知りたいことをひたすら検索かけて調べたほうがいいですよ。

初期ということですので、末期の家族をみてきた自分からしたら
ずいぶんと落ち着いていらっしゃるようですし、
サッカーさんはまだまだ調べる事はたくさんあると思います!

調べてわからないことをコチラできいたほうがいいですよ。
そしてコチラに書き込みされてる方々の意見を読むことをオススメします。

83 名前: T・T 投稿日:2006/07/28(金) 20:58
サッカーさん、
まずは”敵”を知る為にこちらの概説をどうぞ。
http://www.m-clinic.jp/tanndougann.htm

基本的に胆管がんは初期であれば手術が可能で、
手術が出来る様なら”完治”さえ望める、と言うのが
定説になっています。
決して侮って良い相手ではありませんが、必要以上に
恐れる必要もありません。

がんの状態を確認し、患者の健康状態を把握して、
治療に充分な技量を持つ病院を探して下さい…幸運を祈ります。

84 名前: サッカー 投稿日:2006/07/30(日) 21:07
皆様ありがとうございます。私は浪人生という立場なのでインターネットを自由に使えないのです。両親はやはり私の前ではこの話しに触れないのでどう考えてるかわからないのです。祖父の年齢を考えると手術と抗がん剤はやらないで自由にさせてあげたいとう考えらしいです。ですがまだなにか方法があるはずと私は考えています。

85 名前: 通りがかりの一患者◆26PKCMob6A 投稿日:2006/07/31(月) 10:00
サッカー 様

一般的にいって、胆管がんであれば、無治療であれば平均的な余命は一年もありません。
(あくまでも平均値ですので、絶対ではありません。また、お祖父様は初期のようですから、これよりは長い可能性が高いでしょうから。)

抗がん剤については、現在の医学では、これをある程度(例えば1年間)延ばす程度の能力です(この程度の能力はあります)

他方、手術は、腫瘍が「本当に」とりきれたならば「完治」です。
(「本当に」と書いたのは、とりきれたと判断されても、その時点でわからなかった転移があることもあるからです。)

ということから、手術が可能であれば、通常は手術が第一選択となります。
しかし、手術すれば、生活において何らかのマイナスが出ることは事実です。さらに、高齢などにより全身状態が悪いため、手術自体が危険すぎるということもあり得ます。
(どの程度、危険なのかは、実際にお祖父様を診ている医師にしか判断できないでしょう。)

このようなプラス・マイナスを頭に入れた上で、「お祖父様が」(あなたやご両親ではなく)どのような生活を望まれるのかを大事に考えられるのが一番ではないでしょうか。

86 名前: サッカー 投稿日:2006/07/31(月) 17:07
コメントありがとうございます。母は胆管をひろげるとのことですがこれは治療なのでしょうか?

87 名前: 通りかがりの一患者◆26PKCMob6A 投稿日:2006/07/31(月) 22:10
サッカー さん

最初に「祖父が初期の胆管癌」と書き、今度は「母は胆管をひろげる」と書く。
だれが患者なのですか。

「胆管をひろげる」という言葉は、かなり意味不明です。「もしかすると」、胆管がつまっており胆汁が溜まってしまっているのを改善しようとするということかもしれません。
であれば、「胆石を砕き細胞の検査をしたところ発見されました。幸い初期で・・・」というのと食い違うようにも見えます。
(そもそも「胆石を砕き細胞の検査をした」というのもよくわからないところがあるのですが。)

いずれにしても、かなりあいまいなまま、質問されているようです。
基本的に、まず、話をされた方(ご両親?)にきちんと聞くべきです。
あいまいなまま、それをもとに質問されると答えようがなかったり、あるいは、見当違いの答えが返ってきて、さらに混乱する原因にもなります。


88 名前: サッカー 投稿日:2006/07/31(月) 23:09
未熟者のため乱文ですいません。母が胆管を広げなければ祖父はすぐ死んでしまうと言っていました。私はあくまで両親から言われたことしかわかりません。確かに医者から聞いてないので不明確な部分が多々あります。しかし少しでも正しい情報を知りたいのです。やはり子供にはこういう話しはふってきませんので。すいません状況もはっきりしないまま感情にまかせ書き込みしてしまいました。

89 名前: 通りかがりの一患者◆26PKCMob6A 投稿日:2006/08/01(火) 08:17
サッカー さん

あなたが「すいません状況もはっきりしないまま感情にまかせ書き込み」されるお気持ちはわかりますし、大事なことです。
まずは、そのお気持ちをご両親に良く話されて、ご両親からきちんと細かなことを含めて話をしてもらえるようにトライされてはどうでしょうか。

90 名前: すみれパパ 投稿日:2006/08/01(火) 17:01
はじめまして、昨日肝内胆管癌と診断され外科的治療は不可能であると言われました。
明日からジェムザール、シスプラチンでの治療を受ける事となりました55歳の男性です
皆様の貴重な経験からの助言何卒お願いいたします。

91 名前: 匿名 投稿日:2006/08/01(火) 19:56
サッカーさん

通りかがりの一患者◆26PKCMob6A さんも言っているように、
きちんとご両親と話をし、自分も祖父の力になりたい旨を説明したほうがいいと思います。
直接的な話を聞かずして治療法や今後の療法を探すだなんて無謀です。
直接医師からの話を聴いて現状を知ることが大事です。
それが難しければご両親からきちんと説明をうけてください。
命がかかってることはご両親もわかってるはずなので、そこを理解させるとともに
行動をおこしてください。



92 名前: ぽちこ 投稿日:2006/08/02(水) 18:35
はじめまして、母が膵臓ガンで現在ジェムザールの
抗がん剤治療を5クール終了しました。2月に手術をして
摘出出来たのですが、5月に再発。マーカー値もどんどん
上昇しています。 癌が進行していると言う事は抗がん剤が
効いていないのですよね? このままジェムザールを続けて
行くのに意味はあるのでしょうか?体力を落とすだけなのでは?と
思うのですが・・・。抗がん剤を止めさせたほうがいいのか
とても悩んでいます。是非ご意見を聞かせていただけると嬉しいです。
宜しくお願いします。

93 名前: T・T 投稿日:2006/08/03(木) 05:46
>5月に再発。マーカー値もどんどん上昇しています。
一般的に言えば効いていませんし、効かない治療を「そのまま」
続けてはいけないと言うのは抗がん剤治療の一般則です。
 セオリーで言えばジェムザールに薬剤を+1する事で効果が
激増することが知られています。
…イリノテカン、TS-1等が有名ですが…
(因みに私の母は胆道がんで「ジェムザール+TS-1」の治療を受けています)

主治医に薬剤追加を交渉するべきですし、保険が利かないので云々、
と言う条件で出ないのなら他の医者から入手することを考えるのが
得策でしょう…TS-1は経口剤で運用が容易です…

元情報の「がん患者のあきらめない診察室」リンク貼っておきます
http://2nd-opinion.jp/jouhou/jouhou_index.htm


94 名前: すみれパパ 投稿日:2006/08/03(木) 11:34
昨日初めてジェムザールとシスプラチンの点滴を受けました。
思ったほどの副作用は今のところ出ていません。
すごく効いてくれるとうれしいのですが、
あと、癌と宣告されて2週間ほど前からフコイダンを飲み続けたのですが
現在抗がん剤治療をしている時にもフコイダンを飲んでもよいのか迷っています
経験のある方ぜひ教えてください。

95 名前: ぽちこ 投稿日:2006/08/03(木) 11:47
T・Tさん、早速のご意見ありがとうございます。
担当の医師にジェムザールを続ける事について聞いてみたら
「マーカー値は上がっているが、考えようによっては進行がこれで
すんでる」みたいな事をいわれました。
TS-1の事も私は詳しくは無いのですが、医師に出来ないのですか?
と聞いた所、こちらの病院では出来ませんとの事。
これ以上色々な薬で副作用などでつらい思いをさせるよりも
痛みを取ってあげたりするほうがいいですよ・・・という事らしいです。



96 名前: T・T 投稿日:2006/08/04(金) 04:11
>これ以上色々な薬で副作用などでつらい思いをさせるより…
主治医の怠慢としか思えません、膵臓癌であるのなら私の母以上
(胆管細胞癌)に進行は早いはずです。

絶対にお奨めは出来ませんが、TS-1を出してくれない所では
患者が保険外で入手して自己責任で医者に隠れて飲んでいる例も
あるようです~前述のサイトでも入手可能なコメント有~
http://2nd-opinion.jp/jouhou/buibetu_suizo060731.htm

副作用については投与量が個人の適量より多すぎれば増えますし、
適切な対策が取られなければ、症状の穏やかなGEMでもかなり強く出ます。
GEM投与時に副作用対策は取られているのでしょうか?
~まず、投与量とどの様な対策が取られているかを確認するべきだと思います~
「GEM+TS-1」では副作用はGEM単独より強く出ますので
医師による副作用管理は必要であると思います。
(私の母の場合、良く頭痛、ふらつき、微熱、口内炎等の副作用を訴えられ
ますが、それでも一般的に見ればグレード1~2に収まっているようです)

佐賀医科大の抗がん剤薬量計算式です、母君の薬量をご確認下さい。
http://www.yakuzai.saga-med.ac.jp/

私の母の場合は、GEMを最初に投与した時には39℃前後の高熱とアトピー
状のかゆみや赤班が一週間以上続きました。現在は投与前、投与後にそれぞれ
ステロイドで副作用を抑えながら投与しています。

因みに下記
>「がんのWeb相談室」(有料サイトです)からの相談例(ID8130)です。
>2006年5月に胆管癌、リンパと肝臓に転移しているので手術はできないとの
>ことで減黄のためにステントを入れ、抗がん剤治療を始めました。
>現在、胆管炎の為抗がん剤を中止し、胆管炎を治療しているところです。
>胆管炎が落ち着いたら抗がん剤治療を再開する予定ですが、その再開にあたり
>GEM+1剤でお願いしたのですが、効果が強くなると体への負担も大きくなるの
>でダメだと言われました(そんなことはないはずですが)。
>でもGEM+UFTなら考えても良いとの返事をもらったのですが、これでもGEMのみ
>よりは効果を期待できますか?
>またGEMは体の状態(特に肝臓)を考慮して通常量の80%にと言われましたが
>これは妥当な量でしょうか?お忙しい中恐縮ですが、よろしくお願いします。

>「GEM+1剤でお願いしたのですが、効果が強くなると体への負担も大きくなるので
多剤併用の場合は、一般に薬量を控え目にしますので、「多剤だから重い治療」
と言うのは「知恵のかけらも感じない」意見です。
逆に、単剤でも重い治療は可能です。

>「でもGEM+UFTなら考えても良いとの返事をもらったのですが、これでもGEMのみ
>よりは効果を期待できますか?」
かえってノイズになるので、もっとマシなもの(ID-3824、3832、このサイト内の
『読む抗癌剤 拡張版』の第84話等)を使います。

>「またGEMは体の状態(特に肝臓)を考慮して通常量の80%にと言われましたが
>これは妥当な量でしょうか?」
ジェムザールは比較的使い易い薬ですが、ただし適量には大変な個人差があります。
一回の投与量は200~2000mgですが、ID-4009で書いたような患者さんもいます。

>ID4009
今私が治療している子宮癌の患者さんのジェムザールの量は、50mg/週と標準の
30分の1です。それでもGCSFを週に2回投与して白血球値を支える必要が
あります。
最初に200mgを使ったときには、白血球を上昇させるために大変な苦労をしました。
抗癌剤治療は命がけの治療です。「薬量は様々」とまでは言えますが、現在の患者
の状態、データを見ないで、薬量を言うことは余りに無責任です。
どのように薬量を組み合わせるか、どのくらいのスピードで上げるかなどは、
患者を診ないで、軽軽には言えません。
 危険、つまりある確率の副作用死を容認して、ある程度の量で勝負をかけるか、
少し引いてある程度の安全性を確保して開始するかについては、私は充分に患者と
議論して決めます。

97 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/08/04(金) 12:28
>>96さん
「主治医の怠慢」等、現在かかっているお医者さまにたいして
部外者である人がそのように言うのはいかがなものかと思います。
現実的な問題として、患者は一度治療を始めると、
さまざまな理由から転院や医師を変えることは難しいものです。
また、平岩先生のような高名な方がいることは知っていても
診てもらうことは叶わず、知っているだけつらい、ということもあります。
(だからといって知らないほうがいい、ということではありませんよ。
知っている情報を生かせないことは多々あるということです
情報の投げ掛けは重要ですが、それで現状を大きく変える手助けになることは少ないということです)
副作用も千差万別、主治医でしかわからない、患者の副作用の表れ方
(患者本人もわからない、副作用がありますよね)もあり、
会ってみたこともない医師に対して
その医師は怠慢である、というのは「信用おけないと思う」というのと同じに聞こえ
患者に無用のプレッシャーを与えます。
もちろん、そこで「だからこういった医師をあなたに実際に紹介します」といった
具体的な表示ができればいいのですが、それは無理ですし・・。

あからさまなドクターハラスメントでもない限り、医師批判は避けたほうがよいかと
私は感じます。患者側の立場として。


98 名前: T・T 投稿日:2006/08/05(土) 04:41
>>97さん、ご忠告ありがとうございます。
失礼をいたしました、確かに言葉が過ぎたようです。
ただ、煽りや揶揄ではなく、私の経験から
「もし、自分の母がTS-1を使ってもらえていなかったら……」
と言う憤りからのものである事をご了解下さい。

ちなみに”そう”であるなら、間違いなく母は既に”あちら”へ
旅立っていた筈なのです。こちら側の主治医に聞かされた、
「もし、これが効かなかったら次の治療を試す時間はないだろう」
と覚悟していた…と言う程の切迫感がお話を聞く限りでは感じられないもので。

ぽちこさんには、私からの様な3次情報に頼るよりも
情報とソースを当たると言う一次~二次情報を出来るだけ自分で
探してみる事をお奨めします。

医師さんに確認すべき事は、
「何故、この病院ではジェムザールしか使えないのか?」
を明確にする事ですね。

1・保険が利かないので混合診療になって使えない
2・何をやっても延命効果がないので早めに諦めるべきと判断
3・使ってみた事がないので責任を負えない
4・現在の治療が最善のものであると言う自負

他から入手すれば使ってもらえるのか、
治療法があるかも知れないのに試さすに諦めたくない事を主張、
自己責任で飲ませてみたいんですが黙認してもらえるのか、等々。

本当に使って欲しいのならぽちこさん側が有る程度理論武装を行う
…それに伴うリスクをきちんと理解し、責任は医師側に任せるのでは
なく全て自分でかぶる…必要があるはずです。
~どうなるにせよ、後悔のありません様に~

99 名前: からんちち 投稿日:2006/08/08(火) 20:15
みみ&しゅんママさんこんばんは
ご無沙汰してました。実は先月末から今日まで入院してました。ジェムザールの副作用にやられちゃって・・・
白血球ぎりぎりでやってもらったら吐き気がひどくて・・・入院しながら様子を見て白血球を上げもう一回やってもらってから帰ってきました
今はもう大丈夫ですよ( ^_^ )

100 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2006/08/09(水) 03:21
わたしの母の場合は、主治医との相談でジェムザールの副作用の程度を見ながら
投薬しています。癌細胞を殺すまでの効果を期待して投薬量を増やすのではなく、
癌細胞が増殖しない程度の量(1クール2w~4w、投薬量50%)にしています。
4ヶ月投薬した結果、根治しないまでも癌細胞は徐々に小さく(2cm→1cm)なりました。
副作用は、投薬した2・3日食欲が無い程度で済んでいるのでとても楽なようです。


101 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/08/09(水) 14:50
からんちちさんこんにちわ~。体調のほうは大丈夫ですか?
入院してたんですね。私も、最近、肝臓とリンパに転移の疑いがあると言われて、へこんでいます。
来週からまた、ジェムザール投与再開です。なんだか、めのまえが真っ暗になりました。しかし、子供がいるので暗いかおはできません。からんちちさんの知識でいい、治療ご存知ないですか?
からんちちさんもつらいのにこんな話ししてすみません。
でも、前向きにいきたいです!

102 名前: からんちち 投稿日:2006/08/09(水) 20:09
みみ&しゅんママさんこんばんは
そういう風に言われて目の前が真っ暗になる気持ちわかります。でも、子供の前ではそういう顔も出来ないし・・・
私もリンパに転移しているかもとは前から言われてます。そして、今の私にはジェムザールしかないそうです
いい答えが出来なくてごめんなさい。でも、お互いにあきらめず生きていきましょうよ。
私は明後日ジェムザールです!

103 名前: サッカー 投稿日:2006/08/14(月) 23:17
久々ですが、祖父は先日まで高熱をだし危ない状況でしたがなんとか安定し、食欲がでれば退院も視野にいれるそうです。しかし、その食欲が戻らないのです。癌と戦うにはやはり栄養はかかせないのですが食べないのでやせてしまいすごい心配です。退院はプラスにとらえていいのかそれと食欲対策になにか情報をください。  以前の書き込みに対するご返事ありがとうございます。情報を探している旨を伝え聞いてくれるようになりました。皆様のおかげです。

104 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/08/15(火) 16:33
からんちちさんこんにちは~。今日、ジェムザールを投与してきました。私にも、やはり、ジェムザールしかないそうです。高度先進医療で免疫とか、自己リンパとか粒子せん治療とかどうなんですかね?生きる為ならなんでもやってみたいです。なんか一度からんちちさんとお話したいですよ。同じ病気の人と話すと心も楽になります。


105 名前: からんちち 投稿日:2006/08/16(水) 20:18
みみ&しゅんママさんこんばんは。ジェムザールの副作用は大丈夫ですか? 私も先週の金曜にしてきました。そして、昨日血液検査をしたら予想通り白血球が下がっていて・・・上げる注射3日間です。とりあえず今週の治療はお休みです。私もここで同じ病気の人と書き込みし合えるだけで楽になります。こういった話は他の友達には話せないですからね。またよろしくお願いしますね

106 名前: からんちち 投稿日:2006/08/16(水) 20:23
サッカーさん、こんばんは。
いきなりで失礼ですがおじいさまの好きな食べ物は何ですか?
私の場合は食べたいものを食べなさいと言われました。おじいさまの今食べてみたいと思うものを食べていただいたらどうでしょうか。
こんな返事でゴメンなさい

107 名前: サッカー 投稿日:2006/08/16(水) 23:20
お返事ありがとうございます。祖父は寿司や刺身などが好物だったのですが黄胆が出始めたころから一気に食欲がへり痩せ細ってしまいみているのもつらいです。癌は栄養をきちっととることも大事なようですので心配しています。

108 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/08/23(水) 13:08
からんちちさんお久しぶりです。体調はいかがですか?
なんだか毎日がぱっとしないのですが、私のほうは体調的には前とかわらずです。
私はセカンドオピニオンすることにしました。やはり、手術ができるならしたいという気持ちがすてきれません。色々調べていると、私のような状態だとできないと書いてたりしますが、もしかしたらという気持ちで、望みをかけたいです。
あと、前向きに、生きるんだ、生きたいという気持ちをもって毎日がんばりたいです。
からんちちさん、本当に本当に一緒にがんばりましょうね。

109 名前: からんちち 投稿日:2006/08/23(水) 20:17
こんばんは。私は昨日血液検査をしてもらったら、予想通り白血球が下がっていて注射3日間です。そして、金曜にジェムザールの予定です。私の場合、上がっているときにやらないとすぐ下がっちゃうので、ここのところ3日間上げる注射をして翌日点滴というパターンが出来ています。セカンドオピニオンいいんじゃあないでしょうか・・・望みをかける気持ちとても大事なことだと思います。私は金曜にマーカーの値もわかる予定です。ここ2ヶ月上がり続けているのでドキドキです。でも、本当に最後まであきらめずいきましょうね。

110 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/08/24(木) 00:34
からんちちさんこんばんは~。ジェムザールわたしもきいてくれるといいのですが~。
私も来週火曜日ジェムザールです。
9月にCTをとるのでそれまできいてくれて、消えてくれないかなぁ~?なんて思っちゃいます。からんちちさんも、毎回白血球が下がって、注射して大変ですね。毎日毎日色々考えちゃって、ホント精神的にまいります。こうして、書き込みして、きが紛れているぶぶんもあるので、これからもよろしくです。

111 名前: からんちち 投稿日:2006/09/04(月) 20:43
みみ&しゅんママさん、こんばんはー。ご無沙汰してました。その後いかがですか?私は相変わらずですぅ・・・先月の血液検査でマーカーを調べましたが、やっぱり上がってました(>_<)また明日病院へ行って血液検査をして下がってればまた注射・・・毎週同じことの繰り返しです。でもそれしか道がないので仕方ありません。やるのみです。セカンドオピニオン行かれましたか?CTも結果聞くまでドキドキですよね・・・考えれば考える程変な方向に行っちゃうので、子供と一緒に笑えるときは笑って少しでも気を紛らわそうかと・・・でなきゃやってらんないですよー。残暑も厳しいようなのでお互い気をつけましょうね

112 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/09/09(土) 09:03
からんちちさんへ~。オハヨゥございます。お久しぶりです。
先日セカンドいってきました。やはり、手術はできないといわれました。治療方も、ジェムザールしかないといわれました。ジェムがきかなかったら、TS1だそうです。それもきかなかったら、なにもないみたいな感じで怖くなりました。
ジェムもははじめてますが、次のCTで小さくなってたりしなかったらすぐにきいていないことになるのでしょうかね?なんだから、不安です。
からんちちさんがジェムしかないっていってた意味本当ですね。
私にもジェムしかありません。胆管癌は本当に、治療法がなさすぎです。はやくいい薬が開発せれてほしいですね。
からんちちさんは体調の方はいかがですか?私は背中がいたいです。

113 名前: からんちち 投稿日:2006/09/09(土) 19:54
みみ&しゅんママさんこんばんは。私は昨日、ジェムに行ってきました。今はまだ気持ち悪い状態です(>_<)明日になれば落ちつくと思うのですが・・・本当に胆管ガンて厄介な癌ですよね・・・いやになっちゃいます。でも負けてらんないし・・・今の治療を頑張ってやるしかないんでしょうね。その間にいい薬が出来ることをホント願って・・・自分の為はもちろんだけど家族の為にも長生きしたいから・・・

114 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/09/19(火) 00:38
こんばんは~!
からんちちさん体調はいかがですか?私は相変わらずです。明日、CTの結果がでます。ドキドキです。
ジェムザールも白血球が下がってないことを祈るばかりです。
白血球をあげる注射をうって副作用とかありますか?
3クール続けてできないパターンが続いているもので。最近涼しいくなってきましたね。風邪などひかないようにお互いきをつけましょうね~。

115 名前: からんちち 投稿日:2006/09/19(火) 14:26
みみ&しゅんママさんこんにちは。私は今日病院へ行ってきました。そして、いつものように白血球が下がっていたので注射をしてきました。私の場合、この注射によって副作用がおこるということはないですよ。また明日、明後日と注射して金曜にジェムザールです。
明日の結果、少しでも良いことを祈ってます・・・

116 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/09/20(水) 13:47
からんちちさんこんにちは~。CTの検査結果はとりあえずひとだんらくでした。
リンパの転移も大きくなってなくて、肝臓の影は消えていました。ジェムがきいてくれてるみたいです。昨日はジェムできました。
ジェムをうった日に熱がでるんですよね。
毎回。主治医にきいたら、きいてくれてるかもみたいなこといってましたけど、その日は本当動けない状態になりながらの夜ご飯の支度子供のお風呂しんどいです。からんちちさんも同じ様にがんばっているんだから私もがんばります。


117 名前: からんちち 投稿日:2006/09/20(水) 18:34
みみ&しゅんママさん、まずは一安心で良かったですね。私の場合ジェムをすると吐き気がきます。ジェムの前に吐き気止めの点滴を入れてくれるのですがあまり効かず、錠剤を処方してもらっています。熱が出るということはないです。というのも、朝晩処方してもらっている痛み止め(ボルタレン)を服用しているので・・・
でも、同じ時期に手術してジェムしてる人がいてやっぱり熱が出るって言ってましたよ。私も吐き気が来ると何をするのもつらいです。でもやらなきゃいけないんですよね。

118 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/09/28(木) 09:15
からんちちさんおはようございます。
だいぶ涼しくなってきましたね。体調崩しやすいのできをつけたいですね。
さてさて、今週の火曜日、ジェムの日だったんですけど、白血球のなかの、大事な数値が480しかなくて、2週連続投与したせいか、かなり低すぎらしく、ジェムできませんでした。また明日、血液検査しに病院にいかなきゃになっちゃいました。
やはり、3投1休は私には難しいみたいです。からんちちさんは白血球のほうはやはり注射したりしてあげてますか?


119 名前: からんちち 投稿日:2006/09/28(木) 10:08
みみ&しゅんママさんおはようございます。数値が480はきついですね(>_<)これからの季節感染には気をつけたいところですね。
さて、私の場合ですが火曜に血液検査をし、火、水、木と白血球を上げる注射をし、金曜にジェムをするというパターンでやっています。
どうしてもジェムをやったあとの翌週火曜は下がってるんです・・・それで前は出来たり出来なかったりということがあったので、いまのパターンができました。
それだと3投1休が出来ます。ただ難点は週4日病院へ行かなければいけないということです。でも、これも自分の体の為仕方ありません・・・

120 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/10/21(土) 11:26
からんちちさんお久しぶりです。
こんにちは☆
体調はいかがですか?私のほうはジェムが各週じゃないと打てないパターンになっています。先生は白血球の注射してまでは…といっていました。本当にいいのでしょうか?
最近胃が痛かったりするんでイヤな感じです。からんちちさんは痛みどめ飲んでるみたいですけど、なんの痛み止めですか?
私も最近、腰と背中が前より痛いから、飲んだほうがいいのかなぁ~とか思ったりして。骨転移とかだったらとか思うと恐ろしいです。月日が流れていくにつれて、病状も良くなってんのかわからなくて、嫌になりますね。でもがんばりましょう~!

121 名前: からんちち 投稿日:2006/10/22(日) 08:28
みみ&しゅんママさんおはようございます。一昨日ジェムしてきました。昨日までは食べては吐いてしまうの繰り返しで・・・今朝は落ちつきました。痛み止めは右肩に対するもので・・・手術の後、膿が溜まり
(右横隔膜膿瘍というらしいです)その影響で神経が刺激され痛みが起きると言われました。今、膿は無くなったのですがやっぱり飲まないと痛みは出るし、先日は今までなかった背中の痛みがあったのでCT撮りました。結果、今の所は大丈夫みたいですが不安はかくせません。でも、あきらめたくはありません。
寒くなって来たのでお互いに風邪には気をつけましょうね。

122 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/10/23(月) 13:04
こんにちは☆
からんちちさんも体が痛いみたいで大変ですね~(;_;)
明日病院ですが、明日はたぶん打てないので血液検査のみだと思います。好中球が必ず、下がってしまいます。なんだか最近、だるさがましていて、生きているここちがしないというか、気力が大事なのだけど…。
子供にも自分のイライラを当たってたりして、反省です。イライラしたら、病気にもわるいのに、まったく、悪循環です。
でも子供がいるから頑張れるんですもんね。子供の笑顔に救われてます(^_-)

123 名前: からんちち 投稿日:2006/10/29(日) 14:56
みみ&しゅんママさん、こんにちは。私は一昨日ジェムに行って来ました。出来たのはいいのですが副作用のきついことが難です。でも出来るだけ良いんですよね。今週はお休みの週で、明後日血液検査をして低ければ注射です。だるさがしんどいと何もする気が起きないですよね・・・私も悪いとはわかっていながら娘や旦那さんに当たったりしちゃいます(>_<)もっとこの病気に対していい薬があったなら・・・なんて日々思っています。でも、こうやって書き込みさせてもらって読んでいただけるだけでも気分が違います。いつも読んでもらってありがとう!来月の15日で手術して丸一年になる私です

124 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/11/02(木) 09:07
からんちちさんおはようございます。
私は火曜日ジェムでした。きのうは胃カメラの予約がはいっていたので、ジェムの次の日ということもあって、気分的にいやでした。なんとか無事終わりましたが…。
最近、体重が減り続けていて、心配になってきました。プロテインを飲みはじめました。筋肉になっちゃうかもですけど、とりあえず飲んでみようと…。
からんちちさんは最近なにか熱中してることありますか~?
私は今それを探してます。子育てと仕事以外に趣味とか、勉強とか目標をもって生きてみたいなぁ~って最近思います。


125 名前: からんちち 投稿日:2006/11/02(木) 13:23
みみ&しゅんママさん、こんにちは。ジェムの日の翌日の胃カメラ・・・お疲れさまでした。私だったら絶対無理(>_<)
私も体重は増えません。食べられるときに食べようとしているのですがなかなか・・・今週はジェムがお休みの週なので食べているのに、体重計に乗ると増えていないんですよねぇ・・・
私が今熱中と言うか、毎日している事はブログの更新です。みみ&しゅんママさんとのようにいろいろな方と書き込みし合ったり・・・同じ病気の人はいないけど、「癌」の人同士お友達になったり・・・
今はそれが楽しみの1つです。癌の事ばかり書いているのではないので、もしよかったらのぞいてみませんか?お教えしますよ(^_^)

126 名前: みみ&しゅんママ 投稿日:2006/12/18(月) 15:32
からんちちさん~お久しぶりです。寒い寒い冬がやってきましたが体調はいかがですか~?私のほうは相変わらずですが、体調的にはげりで悩まされるぐらいで、ジェムも隔週で打ってます。隔週でうってからCT検査で転移などはないのてで、隔週でもジェムがきいてくれているみたいです。もうすぐ今年も終わりですね。来年もがんばって病気と戦っていきましょう~。

127 名前: kouzi 投稿日:2007/02/04(日) 21:17
漢方薬などは効き目
ないのでしょうか。

128 名前: 泣き虫 投稿日:2007/02/21(水) 15:15
妻が昨年10月胆管癌と診断され途方にくれ、今まで大好きだったネットも、ようやく見ることができるようになりました。仲間がいるんですね。ジェムザールを使っています。不安と妻を失う恐怖から治療に目をそむけていました。皆さんの投稿を見て反省しています。ただやさしくしているだけではだめですね。皆さんがんばれ。

129 名前: T・T 投稿日:2007/02/22(木) 00:36
>>128
泣き虫様、ステージⅣ肝門部胆管がんの母持ちです。
「胆道、胆嚢癌スレッド」の858~に当方の経過を上げさせて貰っております、参考になれば幸いです。
>>127
Kouzi様、色々当たっては見ましたが信頼出来る(ちゃんとした論文になっている)ものは
存在しない様です。私の場合、母の経験より適切な抗がん剤治療の方を信頼しています。

>>からんちちさま、みみ&しゅんママ様
時折、経過を拝見させて貰っております、うちの母は副作用に関してあまり表には出さないのですが
(おかげで本当に副作用が少ないのか我慢してるのかは不明)GEMを入れると当日~2日目までは眠れない、
微熱が出易くなる~TS-1が入って十日目位からはむかつき、手足の痺れ等が出てくる…と言うのが聞く限りの症状です。
ただ、最も体重が減っていた(副作用が酷くて抗がん剤をまともに入れられなかった)時期から比べると現状の体重
10kg増、白血球値2.5~4千キープと言うのは良い状態と見るべきかと思っています。
…ちょっと皆さんに質問ですが、ウチでやっているGEM投与前、投与後のステロイドと言うのは一般的なんでしょうか?
こちらはこれをやらないと、ある時期から高熱が続きだしてまともにGEM出来なくなります~
食欲の無い時はゼリー状のカロリーメイトを無理矢理にでもとって貰う様にしていますが、これはどう思われますか?
アドバイスをいただければ幸いです。

130 名前: カートマン 投稿日:2007/02/22(木) 01:05
僭越ですが 私も約半年GEMを投与しています。 乏しい経験では投与の際に
血管の保護などで併用している ステロイド系の点滴の影響で
不眠障害が出ましたが 精製食塩水に変えてからは 気にならなく
なりました 担当の医師に相談してはいかがでしょうか。

131 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/22(木) 19:51
>>129
うちは味覚異常で甘味がつらかったため、カロリーメイトは無理でした。
味の付いていないプレーンのホエープロテインをamazonで購入、牛乳などとともに摂取してもらいました。
本人は、体重を戻すのに役立ったと思っているようです。
(私は、味覚異常にもしっかり適応した本人の柔軟さ・しなやかさが決め手だったと思っています。)

132 名前: 泣き虫 投稿日:2007/02/22(木) 20:19
T・T酸ありがとうございます、先日TVで癌先端治療とかの番組で、クリ・・・Tというところの治療を本人が見て受診希望をしていますが何か情報をお持ちの方以内でしょうか。

133 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/22(木) 22:19
>>132
最新治療のところの「血管内治療について」のスレで
情報が交換されているようです
http://www.gankeijiban.com/bbs/ryouhou/index2.html#6

134 名前: 泣き虫 投稿日:2007/02/23(金) 00:14
皆さん前回は誤字が多くて失礼しました。名無しさんありがとうございます、今日ケモだったので明日はむかむか感の副作用が出るでしょう・漢方とマイタケから抽出された健康飲料を飲んでいるせいか人が言うより良い気がします(本人は辛そうですが)既往はジェムザールのみ
サイクルとしてはジェム+エルプラッド+吐き気止め。翌週ジェムのみ、1週休みのクールでケモをしています。今のところ落ち着いています。ケモが始まってCT等の画像検査がないので気になります。便秘はコーラックとファイバーミニで何とか切り抜けています。病魔と闘っている人、付き添っている人がいるのを知って、カウンセリングを受けているより心強い


135 名前: T・T 投稿日:2007/02/23(金) 02:32
>>130 カートマンさん、
”向こう”ではお世話になっております、情報ありがとうございます。
ステロイドの副作用は他にも出ており、顔のむくみや体重の増加もそうではないかと思っている様です。
ただ、簡単に「だから止めよう」と考えられないのが辛い所で、実は現在までステロイドを不使用、
乃至、減量を図った実績が2回あります。
結果は37~38℃の微熱が数日続き、その後40℃近い高熱が2週間以上連続する
(無論、その間は抗がん剤治療は停止)と言う事態になりました、今のところコンスタントに
抗がん剤を投与する為にはデメリットはあれども必要と考えております。

>>131
情報ありがとうございます、うちも同様の副作用は出ており~と、言うより最大の副作用の一つです。
現在は医師から”減量”を奨められる、という、他の患者さんから見れば本末転倒な状態と
成っている為、そろそろ控える必要があるか考慮中です。
~確か、ホエイプロティンはカロリーメイトの主成分の一つでもありましたね?

136 名前: T・T 投稿日:2007/02/23(金) 02:34
>>134
「GEM+L-OXP」は良いですね、+TS-1と並んで現在の最先端だと思います。
一つご質問させていただいて宜しいでしょうか?…エルプラットは投与にポートの埋め込み
(CVカテーテル設置)が必要と聞いておりますが、日常生活への影響は結構出ますか?
投与量や副作用等の情報をいただけると助かります…うちも「GEM+TS-1」の後の有力な選択肢の一つですので気になります。
~健康食品等は医師に相談される事をお奨め、抗がん剤の作用を減殺させるものが有ると聞き及んでおりますので~

>>132
血管内治療に関しての医師の側からの意見をリンクしておきます。
がん患者のあきらめない診察室~ETクリニックの功罪~
http://2nd-opinion.jp/jouhou/buibetu_kekkannai070129.htm
現在のガン治療の功罪~抗がん剤治療と免疫治療~
http://umezawa.blog44.fc2.com/blog-entry-399.html
前者は出来る限り最新のエビデンスに沿った医療こそが正道であると言う立場の方、
後者は抗がん剤の使用は最小限に留めて休眠療法的な治療を進められている医師の意見です。

137 名前: カートマン 投稿日:2007/02/23(金) 05:13
T・Tさま いつも私の稚拙な経験話をたいへん医療的に説明
していただき感謝しております。
私も 余命、半年と一度宣告され茫然自失になった経験があり
幸い、信頼出来る医師との出会い このサイトの書き込みのおかげで
で前向きに癌と向かい合って生活出来るようになり T・Tさまや
皆様に少しでもお返ししたく 自分の少ない経験でも力になれればと
と書き込んでみました。
T・Tさまのフォローで私の経験が役にたてれば幸いです。
 

138 名前: 泣き虫 投稿日:2007/02/23(金) 20:24
T・Tさんありがとうございます・私自身心配ばかりで勉強不足の為よくわかりません。ポートの埋め込みというのが良くわかりませんが普通に点滴をして帰ってきます。何か特別な方法があるのでしょうか?Drとの話し合いがうまく言ってないのですが最善の方法をとってくれていると信じております(良いこととは思っていませんが)投与量は勉強不足です、副作用は吐き気と便秘、顔にむくみ(ステロイドのせいか?)が出ます。日常生活は特に変わったことはないです。寝汗をかいているのが気になります。クリ・・ETは昨今の健康番組のおろかさ、良いとこ取りのTV放送のことを考えると妻の大きな期待に不安を感じます。今のままのほうが効果出るのではないかと。
精神的にも経済的にも本当に大変です。でも万に一つ、奇跡を信じます。健康食品はMD-フラクションというものです。

139 名前: Meek 投稿日:2007/02/23(金) 23:14
泣き虫さま、私は胆嚢癌患者家族歴9ヶ月の素人ですが、それなりににわか勉強してきました。
今受けておられる治療は、「最善の方法をとってくれていると信じて」よいと思いますよ。
たとえ患者様ご自身の希望で他の病院に行かれるとしても、もし私なら、
今の病院との関係は絶たないようなやり方を選ぶと思います。
病を得ていながら、特に変わったことなく日常生活が送れるというのは、すばらしいではありませんか。
腫瘍が小さくなるとか、気分がよくなるとか、何かよいことがないと、
患者と主治医の関係が難しいかも知れませんが(うちも初めはそうでした)、
まずは家族の方が先生を信頼し、ささいなことでも医師に対する感謝の気持ちを言葉に出して
ほめまくると、少しは関係が改善されると思います。
マイタケのMD-フラクションは、代替医療として一定のデータもあるらしく、
守口市の某がん免疫クリニックでも使っておられたと思います。
エルプラット(L-OXP、一般名オキサリプラチン)は、神経障害(しびれなど)の副作用が気になるのですが、
泣き虫さまのところでは問題になっていないようなので、少し安心しました。
(うちもT・Tさんのお母様同様、L-OXPはまだ使っていません)

140 名前: 泣き虫 投稿日:2007/02/24(土) 06:53
Meekさんありがとうございます。皆さん本当に勉強しているのでただおろおろしている自分が恥ずかしいです。自分が付いていながら気ずいやれなかった後悔ばかりできました。はっきりいってDrに対してもほったらかという思いでした。もっとアプローチしなければいけませんね。こういう書き込みというのは今まで見る事をしなかったので決まり事が良くわかりません、無礼なところが有りましたら叱ってください。
4ヶ月カウンセリングも受けましたがやっと、現実が見えてきた気がします。患者さんが一番家族の方もがんばってますね。私も負けて入られません。今後ともよろしくです。

141 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/02/24(土) 08:50
>134
>エルプラットは投与にポートの埋め込み(CVカテーテル設置)が必要と聞いておりますが、

オキサリの点滴だけならば不要です。
しかし、現在の保険ではオキサリはFOLFOXというレジメン(薬の組み合わせ)のみが
認められており、この中に、5-FUという薬の48時間持続投与が含まれています。
これを外来でやるためにポートが必要となります。(入院ならば不要です。)

>139
>マイタケのMD-フラクションは、代替医療として一定のデータもあるらしく、
>守口市の某がん免疫クリニックでも使っておられたと思います。

残念ながら、業者(ないし、これに類する医師)の根拠のない宣伝を別に
すれば、がんに効くことがわかっている代替医療はありません。
また、いかがわしい医療を行っている病院が存在することは、時々、新聞で
報道される医師の逮捕の記事などをみればおわかりだと思います。
お書きの免疫クリニックがどのようなところかは知りませんが、
これだけのことで第三者に勧められない方がよろしいでしょう。

142 名前: Meek 投稿日:2007/02/24(土) 17:40
>141様
代替医療に関わるご忠告、どうもありがとうございます。
まったく、おっしゃるとおりです。
「がんに効く」とか「効く可能性がある」のではなく、
「免疫を高める」可能性があると信じて研究している人が一部存在する、というレベルだと思います。
私自身、この製品があることは承知していますが、
うちの患者に積極的に使ってもらおうとはしていませんし、
よそ様にも「勧める」つもりはまったくありませんでした。
誤解を招く表現であったとすれば、訂正します。

143 名前: 泣き虫 投稿日:2007/02/24(土) 20:53
朝日が昇った喜び、落ち着いている妻の姿を見て安心する、今はそれがそれが一番の平和。朝書き込みをチェック、仕事から帰ってと寝る前に見てみんな頑張ってるんだと自分に活を入れる。便秘対策はどうしているのでしょう。コーラック、ラキソベロン、座薬を使っても駄目な時があります。ここ2,3日辛そうですので。藁をもつかむ気持ちが、変な藁をつかまないように勉強させてもらいます。

144 名前: kouzi 投稿日:2007/04/08(日) 08:52
放射線治療や、温熱療法、は意味がないのでしょうか。

145 名前: T・T 投稿日:2007/04/08(日) 16:26
>144さん、
放射線療法は有効だと思います、ただ、ウィークポイントになるのが
胆管がん第一選択薬のジェムザールに放射線増感作用がある為、胸部では禁忌
腹部では注意の指示がされていると言う事です。
…最近ではこの注意があっても使われる例が増えている様です。

…私の母の場合は多剤併用化学療法で効果がある為、放射線はSecond-Line以下
として置いておきたい感じですね~

温熱療法も機会があれば使ってみたいです。
ただ、あくまで化学療法の”補助”として使うのがセオリーかと。
ウチの場合は治療費が潤沢に有るわけではないため、不確実なものよりも
コスト/パフォーマンスの保証されている治療を優先するしか無い訳で~
~コストエフェクティブさえOKなら使えるものであれば悪くないかと~


146 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/04/08(日) 22:19
GEMとTS-1を併用していて 放射線も30回ほど(規定量の範囲内)
照射し 四ヶ月経ちますが、特に顕著な副作用は出てきません。
骨髄抑制の安定してきた頃で担当医の治療経験が豊富ならば
相談するのも良いと思います。


147 名前: kouzi 投稿日:2007/04/09(月) 00:10
私の母の場合は放射線治療は出来ないと言われました。門脈に癌が
残ってしまい、そこだけは切除出来ませんでした。今は、抗ガン剤
治療、ジェムザールを二週間に一度投与しています。母は、現在の
所、以上は無く、自分で、だいたいのことは自分で出来ます。
それに、陽子線治療も出来ないと言われました。
皆さんは、どの様な治療を行っているのでしょうか。
教えて下さい。よろしく御願いします。

148 名前: kouzi 投稿日:2007/04/11(水) 19:15
T・Tさん、放射線治療は胆管癌の場合出来るのですか。
主治医からは出来ないと言われました。

149 名前: T・T 投稿日:2007/04/14(土) 04:10
膵がんスレからの続きです。
日本癌治療学会からの診療ガイドラインです、参考になさってください。
http://www.jsco-cpg.jp/guideline/14.html#tando_5

要約すると「胆道がんにおける化学療法と放射線療法の併用は、エビデンスはないが今後期待される治療法である。」
ってコトですね、放射線療法が出来ない理由は「エビデンスがない」からなのか
「放射線感受性の低いがんで、周りには放射線に対する危険な部位がいっぱい」であるからなのかを明確にして貰うべき
でしょう、その上でそうした治療を希望するので有ればセカンドオピニオンをとって自己責任で行う、ですね。
~医師に責任を投げっぱなしでは多分何もやってくれません~

150 名前: kouzi 投稿日:2007/04/28(土) 20:59
みみ&しゅんママ さん、お元気でしょうか。私の母も二週に一度、ジェムザール
を投与しております。お互い頑張りましょう。

151 名前: くるみ 投稿日:2007/05/13(日) 14:43
私の母も胆菅癌で1月19日 手術して、ステージⅣa
でした。 その後、放射線30回・GEM二週間に一回の併用し今4ヶ月 副作用もなく順調にきてます。
 一週間ぐらいは白血球下がるけど免疫力つけるためにバナナとか苺とか食べたりしてます。
でも熱や痛みもないし吐き気もないし順調です。
田舎だけど、都会の大学病院で手術して治療してよかったです。
今は大学の先生が又詳しく点滴の内容とか書いてくれて田舎で治療してます

152 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/05/17(木) 00:21
くるみ様
お母様、手術できてよかったですね。私の兄も胆菅癌でステージⅣ
ですが、リンパ節に転移しているため手術不能。現在は2週に1度の
ジェムザール投与です。
参考までに、手術された病院名だけでもお願いできませんでしょうか。
勝手なお願いで申し訳ありません。

153 名前: かん 投稿日:2007/05/21(月) 11:16
関東ならTO大学のMA教授、TI大学のMI教授、N大学のT教授などに診てもらったらいかがでしょうか。
このスレッドとは直接関係ないとは思いましたが書き込みました。お許し下さい。


154 名前: 大門 投稿日:2007/05/26(土) 04:33
はじめまして。
僕は愛知県に住む24才です。
私の父(58歳)が1ヶ月程前に、黄疸や身体のかゆみが見られ、総合病院に行って見てもらった
所、「閉塞性黄疸」と病名を知らされました。
そして先日(5/24)胆管癌と言われ、肝臓にも転移していると。。
肝臓に出来た腫瘍の位置が中央過ぎて手術が出来ないといわれました。
今後の治療法としては、抗がん剤を月に3回投与するとのこと・・・。
手術ができないくらい進行してしまったという意味なのでしょうか?
抗がん剤で腫瘍を小さくして、手術可能にはできないのでしょうか?
今現在はセカンドオピニオンを決心し、病院を探しています。どなたか推奨のできる
病院はありますでしょうか?
現在は肝臓への転移を確認してから、何も治療をしていません。
このことも転移などで不安でたまりません。
毎日がつらく、最悪なことを考えてしまうときがあります。
しかし、今は父を支えて「安心」「プラス思考」という気持ちを持ってもらおうと
頑張っています。
一人でいるときはいっぱいないて、家族の前ではいつもとかわらず、元気よく振舞って
おります。
僕は父が大好きなんです。
必ず納得のいく治療をさせてあげたい。
みなさま、何かよいアドバイスございましたら、よろしくお願い致します。

155 名前: yosji 投稿日:2007/05/26(土) 21:35
詳しいことは、分かりませんが、温熱りょ方、陽子線治療などは
考えてみたらどうでしょうか。

156 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/05/29(火) 22:28
大門様

とりあえず愛知県がんセンターに行ってみてはどうでしょう?
私の知人も主治医があまり積極的ではなかったようなのですが
がんセンターによるセカンドオピニオンにてようやくGEM+TS1による
療法が始まりました。

切除不能、抗がん剤による治療ならば状況が許せば自宅にて通院しなくても
できますし、セカンドオピニオンが有効に働けば、どの病院でも同じとも
いえます。
この辺は本人およびご家族の都合で決めてください。

>>抗がん剤で腫瘍を小さくして、手術可能にはできないのでしょうか?

それだけが望みともいえます。特別良く効けば無いともいえません。

ただし薬というものは肝臓で処理されるものです。
肝臓の状態があまりにも悪い場合、抗癌剤による治療ができないケース
もありうることをご承知ください。


主治医を信じるなとは言いませんが、当然、家族や本人としても
納得しがたいでしょうから
やはりいくつかの病院は回られたほうがいいと思います。


157 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/06/02(土) 01:33
私の母 71歳で大腸の外側に癌が出来その影響で腸閉塞になり、手術で
大腸の一番悪いところを摘出し人口肛門になりましたが、医師は大腸癌は
何処からか転移したもと考えられPTC・カメラで胆嚢癌からの転移であ
ることがわかりました。
母は四期の状態であり胆嚢切除は出来なく、また小柄の為にジェムザール
単剤で治療することになりましたが、何か注意する事があればアドバイス
を下さい。(何でも構いません参考になる事)


158 名前: maiko 投稿日:2007/06/04(月) 20:23
157ばんさん温熱りょ法などはどうでしょうか。

159 名前: maiko 投稿日:2007/06/04(月) 20:26
157ばんさん温熱りょ法などはどうでしょうか

160 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/06/09(土) 19:17
157さん お母様の体調はいかがでしょうか?私の父も胆かん癌でジェムザールを投与中です!やはり白血球や血小板が減少して感染とか出血しやすくなる事ですかね… なのでマスクを着用したり手洗い、うがいを徹底したりと注意していますよ

161 名前: mihhy 投稿日:2007/06/15(金) 00:41
70歳の母は、リンパ節への転移を残して胆のうだけを切除し、
術後補助療法としてジェム単剤3投1休で治療中です。
(大きな変化がみられず、腫瘍マーカー値も不変なので幸運なことに母は半年間続けています。)

母も副作用で白血球減少と吐き気、食欲不振に悩まされていますが、
病院で出されている吐き気止めだけではなく、
東洋医学で全身を診てくれる個人医のところで漢方薬を処方してもらって、
ここ数ヶ月、飲んでいます。
母は漢方も飲むようになってから体調が良くなったので大喜びです。
安心して飲み続けられる、と言っています。
近々、免疫力を高めるために、鍼治療にも挑戦するつもりです。
意欲的ですよ。

患部(と言うよりがんだけ)を診る大学病院やがんセンターなどの医者に
不信感や不安を感じて以来、ずっと東洋医学のお世話にもなっています。

いつリンパから他臓器へ転移するかと、
母の体調が悪くなるたびにヒヤヒヤしていますが、安心して治療を委ねられる医者、
患部だけではなく全身を診て下さる医者の存在に本人だけでなく
家族も安心しています。

必ずしも東洋医学も万全ではないでしょうし、どなたにでも、
というものではないと思いますが、
体調を整えるための手段の1つとして、という考え方であれば、
トライしてみてもよいかもしれません。

参考程度まで。
お大事にしてください。

162 名前: 投稿日:2007/06/17(日) 23:17
大門様
肝臓のガンの数、大きさが分からないので、確かな治療といえるかどうか分かりませんが、「ラジオ波焼灼治療」は
どうでしょうか?この治療は、手術者の技術が大きく左右するものなので、経験豊富な病院での治療がお薦めです。例えば、
東大病院はこの治療で有名です。この治療だと、手術不可能な肝臓ガンを取り除く事ができると言われてます。
ただ、肝臓の大きさ、数など条件があります。
お父様のご病気、大変だと思いますが、頑張ってください!


163 名前: M・Y 投稿日:2007/06/20(水) 22:13
50代の男性です。三年前に胆管細胞癌で右葉の切除後、再発(2cm~3cm 5個)を
ラジオ波で治療しました。その後抗癌剤ジェムザール点滴(1回 2000mg)と
ハイパーサーミア(温熱療法)を続けています。現在の所順調なのでこの状態で治療を続けたいと
思います。体力があるので副作用もほとんどありません。早くラジオ波治療をして良かったと思います。
肝臓の腫瘍はラジオ波治療を行っている病院で相談すると条件が悪くても治療可能な場合もあるので
先生に相談して下さい。



164 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/06/24(日) 00:58
58歳の妻が昨年12月に胆のうがん4期a、低分化腺がんで手術:肝臓の右葉半分切除。2月下旬補助化学療法:GEM+ts1実施後4月再発(1センチ程度3個)胆嚢原発、腺がんはラヂオ波の治療は可能でしょうか

165 名前: バスケットマン 投稿日:2007/06/24(日) 01:25
maikoさん アドバイス有難う御座います。m(_ _)m 温熱療法とはどんな方法ですか?
現在 母は3週目の抗癌剤の投与を行っています。
1回目の時は嘔吐・発熱がありました。 2回目の時は嘔吐のみでした。 今回(3回目)
は微熱(37度)だけです。
腹水は若干ですが、点滴でによつて減ってきました。 家族で毎日励ます事で本人も
顔色も良くなり食欲も少し出てきました。 5日前には余命1月と宣告されましたが
したが、現在は母を見ているととても信じられないくらい元気です。
一時は白血球が1400で抗癌剤の投与も中止を検討されていましたが、1日で
薬を使用しなくて白血球が3500まで復活して3回目の投与が出来ました。


166 名前: バスケットマン 投稿日:2007/06/24(日) 01:53
160番さん御返事おくれて申し訳ありません。157番(バスケットマン)です。
私の母は「病は気から」を口癖に頑張っています。maikoさんに返信した様に余命1月が
信じられないくらい元気です。現在は腹水がまだ多量にあるのでそれが、一番気掛かりです。
食事は病院食はあまり食べれなく、スイカ・ヤクルトを食しています。
160番さんも看病大変ですけどお互い頑張りましょう。
私の今出来る事は母の前で笑顔で接し母を激励すること、泣く事は何時でも出来る事だから
母の人生の終止符を幸せだったと思わせてあげたい、私の母親で良かったと思わせたいです。


167 名前: maiko 投稿日:2007/06/25(月) 18:57
温熱療法は、私が聞いた所では、体力があるかたでは出来ないと聞いておりますが
すが、胆管癌の場合には出来るかどうかは分かりません。主治医と相談してみてはどうでしょうか。

168 名前: maiko 投稿日:2007/06/26(火) 18:55
バスケットマンさん、お母さんを大切にしてくださいね。

169 名前: バスケットマン 投稿日:2007/06/27(水) 08:41
maikoさん情報有難う御座います、主治医の先生に早速相談してみます。 母は気力だ
だけで笑顔を絶やさない様にしていますが、やはり腹水の影響で腹がはって睡眠不足が
続いているようです。私も母に負けない様に頑張ります。

170 名前: みみ 投稿日:2007/06/28(木) 14:13
初めましてバスケットマンさん。私の母も今年2月に胆管癌と言われ、結局膵頭部癌でした。手術も行わずに今は目が黄疸とかゆみとの戦いです。延命治療をやめて日曜日から自宅に帰ってきます。私も不安ですががんばってますよ。出来たら経過を教えてくれたら助かります。

171 名前: バスケット 投稿日:2007/06/29(金) 10:50
みみさん大変ですけど頑張って下さい。私も母の前では笑顔で話し掛け、まだ入院はしていますが
退院してからの家庭菜園に収穫祭とか日帰り旅行などを話して夢を持たせることで気力を持たせています。
現在は腹水が多くなってきて来週には腹水を一部抜く処置をします。 昨日は耳に溜まった水を耳鼻科にて
抜き、あと脚がかなりむくんできたのでベットの上で座ることも大変そうです。
本日の夕方からカテーテルを入れます。
だだ、前向きで頑張り屋な母なので人口肛門のパウチを手鏡を持って一人で交換をしたり、歩いたり自分で出来る
リハビリは自分でやっています。
みみさんもお母さんを見ていて辛くても最後の親孝行に頑張って下さい。 たまにはガス抜きも必要ですよ。
私もこの掲示板に書き込んだり、アドバイスを頂く事でガス抜きが出来ています。
お母さんにこの家族に出会って良かったと思える様にお互い頑張りましょう。 


172 名前: みみ 投稿日:2007/06/29(金) 15:15
お返事ありがとうございます。バスケットさんに質問ですが今現在は腹水が溜まってるとの事、最初に胆管癌と判明してからどの位ですか?表示を見てますと最初に書き込んだのは平成6年ですか?私は主治医の先生からは余命半年と言われましたがもし一年ももっているとしましたら幸いです。今私の母は今週末に一度退院してきますがまたすぐに入院するとの事です。バスケットマンさんたまに息抜きをしながらお互い頑張りましょう

173 名前: バスケットマン 投稿日:2007/07/02(月) 10:33
胆管癌と判明したのは先月(5月)の10日です。 判明したときには状態が末期の状態だと言われました。  
先程、主治医の先生から携帯に連絡があり1週間以内に最悪の結果になるかもしれないと連絡がありました。 
それで、腹水は抜きますかの質問に少しでも楽な状態で終わりたいので、腹水を抜く事をお願いしました。
何時も前向きで頑張り屋な母で短期間に色々な奇跡を起こしましたが、とうとう力尽きた様です。 最後まで本人の前では笑顔で接する覚悟です。
みみさんも頑張って下さい。 また連絡いたします。

174 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/07/02(月) 11:48
>>173 バスケットマンさん、今が一番の踏ん張りどころなのでがんばってください。
足のむくみには、マッサージや、弾性ストッキングをはいて足を高くして寝ると
効果があるそうです。

175 名前: みみ 投稿日:2007/07/02(月) 16:55
バスケットマンさん。たまに息抜きもしながらお母さんの事を見てあげてくださいね。私の方は、昨日病院へ行った所いよいよ激しい痛みと熱が出てきて退院は不可能という事になりました。母はまだ腹水は大丈夫みたいなんですがそのうち痛みが増すような気がします。これから何がくるのか私も不安です。

176 名前: バスケット 投稿日:2007/07/02(月) 18:56
174番さん有難う御座います。 足はマッサージをしたらむくみが取れました。

177 名前: のりこママ 投稿日:2007/07/06(金) 11:45
みなさん初めまして。私の父は72歳。末期の胆管癌を5月25日に宣告され、外科手術を諦めて6月からジェムザール投与の治療を受けています。
掲示板を読ませていただいて、ご本人もご家族もみなさんが本当に前向きに一生懸命がんと向き合っている姿が伺えてとても励まされました。
がんこな父な為、告知から治療まで自身が納得するまで担当の先生に聞きながら、家族に励まされて毎日を送っています。まだ、症状らしきものがでていないのですが、
先週の投薬は、白血球が少なかったためできませんでした。今週はお休みです(3投薬、1休 体調いいのに・・・・)
癌についても勉強不足、癌家族としても何をしてあげられるのか、嫁いで離れている私にとって、このサイトを見つけられたことは、とても勇気を貰えたと感じています。
みなさんのお話を読みながら、父に、充実した悔いのない生活を送って貰えるよう、娘として手助けしていくつもりです。
時々、おじゃまさせてもらいたいと思います。みなさんよろしくお願いします

178 名前: こじか 投稿日:2007/07/06(金) 20:10
はじめまして。おふくろ69歳。総胆管癌と診断され、3月に手術し、4月に退院。
その2ヵ月後の6月に肝臓に転移が見つかり再入院。本人には言ってませんが、余命半年から1年と言われました。
今後はジェムザール投与を行うということです。
どうなることやら。
ここで、皆さんと情報交換しながら、いろいろと考えたいと思います。
いざ、そういうこと(癌)を身近に感じないと、こういうことってホンとに何もわからず、不安ですよね。
それでも、ネットで「ジェムザール」を検索し、このBBSを見つけたときは、ホッとしました。

179 名前: のりこママ 投稿日:2007/07/07(土) 11:13
こじかさん おはようございます。
私もこじかさんと同じようにしてやっとこの掲示板にたどりついたのですよ。
父も同じくらいの余命宣告を受けています。
本人も告知を受けたので、みんなで一生懸命です。
余命宣告なんてずーっと先までのばしてやるぞ!・・・本人も頑張っています。
でも本当のところ、何をしてあげられるかが私にはわかりません・・・
同居している実姉家族に感謝しつつ、そんなジレンマをかかえこの掲示板を見せてもらっているのです。
これからも、いろいろな話を聞いて貰えたら心強いです。


180 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/07/07(土) 23:34
こじかさん、のりこママさん、私も家族として何をしてあげられるかを考えたら何も出来ない、何を聞いてあげられるのかを考えています。皆さんの話を聞いて自分も頑張らなければ、大事な人のために頑張りましょう。よろしくお願いします。

181 名前: のりこママ 投稿日:2007/07/09(月) 18:13
みなさんこんにちは。昨日子供達と父のところへ行って来ました。
発熱も無く、調子が良いように見えました。数日前は便秘がひどくて、切れ痔になってしまったと話しておりました。
処方してもらった薬ですっきりしたと言っていましたが、これも副作用の一つなのでしょうね・・・
食べ物がまだ美味しく食べられるのでうれしいです。「抗ガン剤に負けない白血球値になれるように」、と。
毎日のように、知り合いの方々が様子を見に寄ってくれるのだそうです。
励ましに、又、話し相手になってくれてとてもうれしいと言っておりましたが、本音もちらり・・・・
外見では、病人か?と思われるほどしっかり見える父なので(なにせ緊急入院前日まで畑で仕事をしていた)、本人家族の悩みや苦しみが、周りの人達には伝わらない・・
事の重大さを解ってもらいたいと思っても、「大丈夫だよ、元気になれるよ」の言葉は、かえって上辺だけに聞こえてしまうようで・・
入院のとき、病室で「お互い頑張ろう」と言ってきた言葉は癌患者になってしまった者同士の、心から分かち合えた言葉だったと話していました。
通院治療は、有り難いです。でも、父の話を聞いて、周りが健康な人ばかりで、一人だけ癌患者だというやるせなさも感じているようでした。
「戦友」じゃないけれど、父にとって悩みや苦しみを共有できる場所ってないのかな
今の父にとって大事な事だと思います。

182 名前: こじか 投稿日:2007/07/11(水) 19:48
のりこママさん、名無しさん、レスありがとうございます。
おふくろは、とりあえず月曜に退院しました。
今後は週1回のジェムザール投与を3週間やって、1週休みという、
よく耳にするサイクルで様子見です。
ネットでいろんな情報が得られるので、こんな治療法が有効じゃないか。。
などど、素人のくせに考えてしまいます。
主治医にも正直に思ったことは聞いてます。
幸い、主治医も「いいですよ、どんどん調べていろいろ聞いてください」と
言ってくれるので助かってます(^^;
で、いちおう、セカンドオピニオン外来を受けることにしました。
おふくろ本人は動く気がない?ようなので、私が資料を持って所見を伺うと
いうかたちです。
私は同居してない(同じ県内なのですが、別の町に住んでる)ので、
一人で実家でおふくろの世話をしているオヤジが倒れないかという心配もあり、
これまでは滅多に電話なんかしなかったのですが、さすがにオヤジに携帯を買って
やりました。
おもしろがって、いい気晴らしになってるようで、ちょっと安心してます。

183 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/07/11(水) 22:33
共有って難しいですね、家族でさえ難しいのに周囲の人にとっては他人事ですからね。元気になってもらうのが一番。本人にとって同じ病気でいる人が元気でいるのが一番力強いみたいです。自分も頑張らなくてはと。
家族はそのバランスをどううまくとっていくかが難しいですね。病は気からほんとそうかもしれません。頑張りましょう。

184 名前: バスケットマン 投稿日:2007/07/12(木) 07:12
久しぶりにお邪魔致します。 今回は自分のガス抜きの為に書き込みます。 
母は先週から抗癌剤の投与が中止になりました。先週、腹水を再度抜き
現在は食事も取れなくなり高カロリー点滴を2本/日での栄養補給になり体力も低下
してき目を開けることもえあまりなくなりました。たまに胆汁を嘔吐する様になり
最初は母・私もビックリしました。(あまりのどす黒い色に) 昨日は人口肛門のパウチ
の交換を手伝おうとすると自分の事は自分でやると言い。自力では起き上がる事も出来ない
ので私が支えて、手鏡を片手に(腹水で腹がはって人口肛門が見えない為)頑張ってる姿を見ていると
涙が出そうでした、帰り間際には歯医者でもらった腔内清掃剤を明日持ってきて欲しい。
とのこと、何故と聞くとテレビで腔内のバイ菌が肺に入って肺炎になる。
癌と戦うだけでも大変なのに肺炎になったらこまるからと。
母は現在の自分の状態をわかっているのにみんなに心配掛けない様に頑張っているん
だなと思いました。 昨晩、病院の駐車場での車中で初めて涙が流れました。
本人が頑張っているのだから現在出きる全てを尽くそうと強い決意です。
父親が若干の鬱病になり少し負けそうでしたが、母を見て勇気図けられました。(患者に
勇気づけられてしまいました。)掲示版に投稿したり皆さんの頑張りや励ましも勇気を与えてくれます。
一番辛いのは本人だと思います、患者に何をしてあげる事が大切かわかっていると思いますが、
とにかく頑張りましょう。
私もガス抜きにまたお邪魔するとおまいます。(勝手言ってすいません。) 


185 名前: さいぞう 投稿日:2007/07/14(土) 00:37
はじめまして。私の父は70歳です。11年前に大腸癌で手術し根治しています。
今年に入って血液検査等で異常が見つかり、いろいろ検査した結果、転移性肝臓癌
であり手術で切除できるということで7月4日に手術に臨みました。しかし、開腹したものの進行が
予想以上に早く、完全に切除できないということでそのまま閉腹しました。胆管癌でした。
手術さえすれば、また元気に暮らせると思っていたのに、いきなり余命半年から一年
と言われ、母も私どうしていいのかわからずにただただ泣いていました。
来週からジェムザール開始します。それと同時に免疫療法も併用していこうと
考えています。    余命宣告された日から父や母の前では
元気にしていても一人になると泣いてばかりでした。でも、このサイトを見て
みなさん頑張っている姿に勇気と元気をもらいました。大好きな父のために
何ができるか。頑張っていきたいと思います。


186 名前: maiko 投稿日:2007/07/17(火) 04:46
皆さん、余りにも、力みすぎると自分自身の体力が続かないのではないのでしょうか
身体から力を抜いて母親や父親の為に頑張って下さいね。

187 名前: こじか 投稿日:2007/07/25(水) 23:08
本日、セカンドオピニオン外来を受診してきました。
この大学病院でも制度を始めたばかりで、しかも患者本人ではなく家族が受診するというのは初めてのケースということでした。
なので、医師も私もお互いに「さて、何を話しましょうか、聞きましょうか?」といった感じでした。
そこで、今の主治医の処置に不満があるわけではないということを前提として、他の医師の所見を聞きたいということを素直に伝えました。
資料を見ながら、いろいろと説明していただきました。
主治医の処置が非常にスタンダードであること。ジェムザールによる化学療法の効果と予後の不安要素。。。
一番気になっていたのは、医師の腕によるところではなく、病院の設備の差で、できる処置と出来ない処置があるのではないかということ。
やっぱり市立よりは大学病院の方が処置の選択肢が広がるのではないのかといったことでしたが、おふくろのケースでは、切除する部分の大きさについては、
医師の判断による多少の違いはあるだろうが、設備のよる処置の差はないということでした。
むしろ、しっかり処置されており、主治医も相当勉強している様子がうかがえるということでした。
はぁ、あとはおふくろの気力・体力次第ってとこですかね。
そうそう、気休めに「アロエベラ・ジュース」も飲ませ始めました(^^;


188 名前: たけ 投稿日:2007/08/01(水) 23:14
 はじめまして。母78歳が胆のう癌の診断を受け、他の部位にも転移が認められ、あと半年の宣告を受けました。ジェムザールの投与をどうするか、担当医から相談されています。はっきり言って悩んでいます。やはり、副作用で余命を短くしてしまうのではないかという懸念です。アドバイスをいただけるとありがたいのですが・・・。よろしくお願いします。

189 名前: 189番 投稿日:2007/08/02(木) 21:35
たけさんへジェムザールは副作用が少ないという情報です。
私の母は、手術はしましたけど。門脈に癌が残ってしまいました。
退院してから8ヶ月たちますよ。今でも自分でだいたいのことは
出来ますよ。

190 名前: こじか 投稿日:2007/08/16(木) 20:18
おふくろ、ジェムザール投与2クール目の2回目の本日、白血球の数値が低く、
とりあえず投与はしたものの、転移の疑いありということで、来週、CTを受けることになりました。
そもそも、肝臓への転移が認められたことから始めたジェムザール投与。
セカンドオピニオンを受診した病院でも、ジェムザールは最初の半年は良く効くが、その後、
ガクッと効きが悪くなる傾向があると言ってました。それがジェムザールの難点だと。
でも、投与を始めてからまだ2ヶ月。
本人には気の持ちようだと言っていますが、どうなることやら。。。

191 名前: 癌184 投稿日:2007/08/16(木) 23:53
こじか様、初めまして!

>ジェムザールは最初の半年は良く効くが、その後、
>ガクッと効きが悪くなる傾向があると言ってました。
>それがジェムザールの難点だと。

上記の情報、ありがとうございます。弟が肝内胆管癌でジェムザールを
投与半年後までは非常に効いておりました。腫瘍マーカーも1800から
600まで下がりました。それが現在は再度上昇しつつあります。
参考までに、肝内胆管癌にはジェムザールの他にどのような抗がん剤
があるのか、分かる方がいましたらお願いします。

192 名前: なか 投稿日:2007/08/17(金) 07:55
経口薬である、TS-1 が今月から承認されました。
家内が来週から投与はじめます。

がん診療ガイドライン
http://www.jsco-cpg.jp/guideline/14.html#tando_5

ご参考まで、がん患者のあきらめない診察室
http://2nd-opinion.jp/

など、ご参考にされてはいかがでしょうか。

いずれにしても、主治医の先生とよくご相談されるのがよろしいかと思います。

193 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/08/17(金) 23:37
父も主治医からTS-1をすすめられましたが、
副作用がジェムザールより強いということで迷っています。
奏功率もジェムザールより低い、ということも気になります。
また副作用で元気がなくなるのは見ていてもつらいし、
何より、本人が、これからも耐え続けなくてはならないのかと思うと、
二つ返事ができなかったようです。
あきらめない診察室、のぞいてみます。

194 名前: なか 投稿日:2007/08/18(土) 00:18
TS-1の奏功率などに関しましては、私も同様の所感を持ちました。
ただクスリの効き方は副作用も含め十人十色かと思い、まずは少量から副作用の状況を見ながら処方いただくように相談しております。

胆道がんの保険適応薬ですと、手数が限られてしまうので、上手く戦略を組み立てられるよう、情報交換をさせてください。


195 名前: なか 投稿日:2007/08/18(土) 00:34
193 名無しさん

家内の場合、GEM単剤にての治療を、術後の補助化学療法として続けていたのですが、
局所再発が見られたため、GEMの効果を疑問視してのTS-1です。
化学療法の第一選択肢としては、GEMかと思います。

主治医の先生とよくご相談されるのがよろしいかと思います。

196 名前: 193 投稿日:2007/08/18(土) 10:49
194さん195さん、
ありがとうございました。
家族で話し合ったり調べてみます。

197 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/08/19(日) 15:13
 はじめまして

 私の母は胆管癌と診断されました。外科的な手術も可能とのことでしたが
手術による危険性、術後免疫力の低下による併発感染症の危険性も考えて
ジェムザールによる抗がん剤治療を選択しました。

 今のところCA19-9の数値は少なくなっています。

07/04(投与前)  07/05  07/06  07/07
6900     → 3500 → 1500 → 818

 これって悪い傾向ではないと思うのですが、驚くほどの効果でも
ないのでしょうか?

 今は母が癌であることを忘れてしまうくらい元気なので家族の気持ちとしては
楽観的なほうに考えてしまいます。

 この掲示板を見るかぎり、半年したら抗がん剤が効きにくくなるようです
し、数値が下がったといっても、元々が高いようなので、あまり期待しない
ほうがいいような気もします。


198 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/08/22(水) 21:56
なか様
191です。ご意見、ありがとうございます。
早速に記載のHPを参照させていただきました。
ところで「経口薬であるTS-1 が今月から承認されました」
とありますが、肝内胆管癌に使用も承認されたのでしょうか。
(調査不足で申し訳ないのですが…)
以前に弟が主治医に聞いたところでは、使用に積極的では
ないような雰囲気だったそうです。

199 名前: なか 投稿日:2007/08/23(木) 01:40
胆道がんを対象に適応拡大と聞いております。
胆道がんの定義としては、胆道癌取扱い規約においては、胆管癌,胆嚢癌,乳頭部癌が含まれ、臨床試験や論文によっては肝内胆管癌も含めた治療成績が報告されてもいるようです。

所詮、私も素人ですので・・・
保険制度上の問題から、使用に消極てきなのか、効果(対副作用)としてより良い選択肢があるためなのか、主治医の先生とよくごお話されるのがよいかと思います。
また、セカンドオピニオンをご検討されるのも、1つの手ではないかと思います。

家内は、今日から(まずは低容量で)TS-1内服を始めました。今のところは副作用というほど辛さはないようです。


200 名前: アル 投稿日:2007/08/23(木) 10:00
なかさん、はじめまして。
突然ですがお聞きしたい事があります。
主人の母が術後2週間で明日外来、TS-1を始める予定です。
<199で低用量>とありますがどれぐらいですか?
<今のところ副作用の辛さはないよう>個人差はあると思いますがすぐに現れますか?
ぶしつけでバカな質問ですみません。

201 名前: アル 投稿日:2007/08/23(木) 11:16
200は間違いました。
術後ではなくて退院後です。
手術は6月14日 中上部胆管癌 膵頭十二指腸切除 です。

202 名前: なか 投稿日:2007/08/23(木) 20:42

あくまでも、家内の症例をご参考までですが。

家内の場合、胆菅癌 膵頭十二指腸肝左葉切除 を昨年10月に実施。
その後今年1月より半年程GEM 1200ml/m2 を隔週で半年ほど投与しましたが、
腫瘍マーカ CA19-9 が上昇、PET/CTにて再発が認められての、TS-1への変更です。

TS-1は(通常の処方としては)最低容量である40mg/回を朝夕2回、計(80mg/day)の処方となっております。
TS-1処方としては、
http://ts-1.taiho.co.jp/
をご参照ください。

TS-1家内は2日目ですが、今のところ顕著な副作用は出ておりません。
GEMの場合は、当日から翌日ころに倦怠感と白血球の減少が顕著でした。

また、基本的には、胆道癌化学療法の第一選択肢としてはGEMかと考えます。
(私は医者ではありませんので、主治医の先生とよくご相談ください)

ご参考まで・・・

癌診療ガイドライン
http://www.jsco-cpg.jp/guideline/14.html#tando_5

がん患者のあきらめない診察室
http://2nd-opinion.jp/
ここの、がん治療情報 → 肝、胆、膵臓がん のあたりもご参照されるとよろしいかもしれません。

なによりも、信頼できるドクターと、しっかりと相談するのが大切だと思います。


203 名前: なか 投稿日:2007/08/24(金) 02:58
追記、
膵臓癌ステージ4ーbはもう完治は不可能ですか? 板で、GEM+TS-1併用の議論もされていますので、ご参照されてはいかがでしょうか。

http://www.gankeijiban.com/bbs/read/035tankansui/1120489597/l50


204 名前: アル 投稿日:2007/08/24(金) 10:55
なかさんお返事ありがとうございます。
みなさんのスレを読んでいてジェムから始めるのかと思っていたのに違ったので昨日は思わず書き込みました。
母は手術で目で見える範囲の癌細胞はすべて取り除けたのですが顕微鏡レベルで数個の転移がありました。
術後何のトラブルもなく今は元気ですがステージⅣb(黄疸、腹水、肝転移などの症状が1~2年ぐらいで現れるであろう。)といわれています。
今元気なだけに副作用で逆に体調を崩すことになるかも知れないと思うと辛いです。
板を読むことによって色々と感じ、勉強になります。
もっと勉強しないと・・・


205 名前: T・T 投稿日:2007/08/26(日) 13:38
ご無沙汰しています、母、ステージ4の肝門部胆管がんにて闘病中のT・Tです、
現在、治療開始より17ヶ月目…問題が無いとは言えませんがまだまだ”終わらせる”
つもりはありません。

6月前後より母の状態が急激に悪化して再入院していますが、
久しぶりに報告させていただきます。以前の報告は
>>858.9
辺りで報告させていただいています。

5~6月、だるさを訴え(ないのが困るのですが)寝付く事が多くなる。
6末、腹水の貯留を確認、7月上旬入院。入院時にはほとんどまともに
物が食べられない状態、カロリーメイトにはお世話になってます。
入院後CT撮影するも、手足の血管からはもはや造影剤が入っていかない、とか。
その後、抗がん剤も投与が難しくなってきたので、投与用にCVカテーテル留置。
「GEM+TS1」の効果が薄れてきたのと判断で「GEMの超大量療法」に移行、
なんとか保険の範囲で…との主治医の気遣いは有り難かった物の4週目にて骨髄抑制
にてダウン、G-CSFを1週間続けて復帰。

腹水には利尿剤等にて対処していたのですが、7末より腹水の貯留が目に余る様な状態
になってきましたので復水濾過濃縮静注にて腹水を抜く事に…8/7-5000ml、8/24-5500ml
http://www.ichiba-md.jp/gann/CART.htm

主治医との打ち合わせにて、
・肝転移巣には拡大が見られる 5→7cm
・腹水はがんが門脈を締め付けている状態で、肝機能低下。
・がん性腹膜炎まではいっていない。
・現在TS-1を50mg/日→75mg/日に増やして様子見
との事でした。

206 名前: T・T 投稿日:2007/08/27(月) 03:08
ちょっと補足乃至気づいた事等、
上記>858は「胆道、胆嚢癌スレッド」のものとなります。

お恥ずかしい話ですが、上記>205中私は母のマーカーを直接チェックする事も
主治医に話を聞く事も怠っていた事を今となっては後悔せざるを得ません。
特に年配の方には「先生に全て任せる」と言う事で「医者に自分の状態を確認する」
事を怠る傾向があります…周りの人間が気を付けてあげて下さい。

私の母の様に血管が細く、点滴が難しいと言う方にはCV(中心静脈)
カテーテルやリザーバーの設置は極めて有効でした。特に母の場合は
まともに点滴を行う前に数カ所以上針を刺されて手足を痣だらけにされる事が
珍しくありませんでした…針を入れるのが難しい事で看護士さんも戦々恐々と
していた模様、この様な方で安定して投与が行える方には設置の意義は極めて
大きいと思われます~興味のある方は主治医に相談なさっては如何でしょうか?
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/dia_tre/attention/chemotherapy/touyo.html
~私の母の場合は露出型ですが~

後は腹水のある方で、原因ががん性腹膜炎の様なものでなければ、早めに抜く事を
検討に入れるのも良いのではないかと思われます、今時抜きっぱなしと言う事は
無いと思われますので、腹水を濾過、濃縮してして必要な部分を再投与する事さえ
出来るなら腹水を溜めたまま体力を消耗させるより良いのではないかと思われました。

207 名前: お母さんっ子。 投稿日:2007/08/31(金) 13:59
私の母も今月から入院し、今日よりジェムザールが開始となりました。やはり副作用が心配です。調子が良ければ外来での治療となります。さっき本屋に行って、癌には超吸収アガリクスが良いと知りました。後悔しないようやれることはしたい!!と思うようになりました。

208 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/08/31(金) 23:33
アガリクスには???
よく調べてくださいね。

209 名前: T・T 投稿日:2007/09/02(日) 12:19
お母さんっ子。さん、はじめまして、
上記で自分の母の容態を報告させていただいていますT・Tと申します。

さて、某アガリクスの様に効果が科学的に検証されていない治療は
代替治療と呼ばれています、此処で言う科学的とは人に対して、
「何人の人間にどれだけの量を投与したらどれだけの割合で某の効果があった」
と、言う”再現性のある”療法の事を言います。
代替療法については、以下をお読み下さい、一部の物では抗がん剤の副作用を
軽減する可能性もあるようですが、使用に関しては医師との連携が必要です。
http://www.jcam-net.jp/topics/data/cam_guide.pdf


所謂”体験談”で怖ろしい事は(真実であったとしても)効果があった人間しか
その効果について話さない、と言う事です。例え効果があったのが一万人に一人
だったとしても(それに近い確率で無治療でも症状の好転する患者は存在します)
そもそも話す人間が少ない訳ですから「とても効果がある」療法と、言う事になる訳です。

アガリクスについては一部の商品で発ガン促進性、症例報告でアガリクスとの関連性が
濃厚な肝障害を起こした事例が複数件報告されています。
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail75.html

210 名前: こじか 投稿日:2007/09/03(月) 18:46
おふくろのCT結果、、、まずは現状維持だということでした。
ジェムザールが効いているのか、アロエベラが何かしら機能してくれているのか。
まだまだ、年末へ向けてというか、ずっと安心はできないのでしょうが、本人も
ホッ=3っとしているし、少しは前向きな気持ちになっているのが救いです。

211 名前: ひつじ 投稿日:2007/09/04(火) 10:52
はじめてかきこみします。ひつじと申します。
私の父(60歳)も胆管ガンでした。過去系なのは3日前に亡くなったからです。
葬儀はこれからです。

いまも病と闘っている方がたくさん目にするこの掲示板で発言するかは
とても迷ったのですが、私もこの掲示板にお世話になったので(ロム専門ですが)
少しでもお力になれればと思い書き込みます。

簡単な闘病歴:
2007.4 黄疸が出る→ドレナージで胆汁を出す→胆管癌ステージⅣbと診断
2007.5 転院→金属ステント留置→抗がん剤治療開始(GEM単独)※手術不適応
2007.6 退院→通院にて抗がん剤治療
2007.7.29 再入院 抗がん剤中止→疼痛治療 モルヒネ投与
2007.9.1 永眠

今年の7月に再入院した時は、血圧が70を切り、非常に危険な状態でした。
おそらく抗がん剤の治療で体力が相当落ちたのだろうということでした。
(結局抗がん剤治療は3クールのみ)実際、7月中旬よりほとんど食事ができませんでした。
エレンタールも試しましたが、全く飲んでくれませんでした。

食べなければ何も始まらないと強く感じました。
体力が落ちれば、それだけ治療の幅も狭くなってきます。

今年の2月に人間ドックを受診した時は、異常なしとの診断でした。
見落としがあったのではないかという疑念が捨てきれません。
主治医も最初は父が定期健診を受けていなかったと思っていたようです。
私が黄疸が出る2ヶ月前にドック受診をしたと話したら驚いていました。

私の父はこのような悲しい結果になってしまいましたが、
今も闘病中の方、看病されているご家族のみなさんを応援しています。

私の書き込みで不快な思いをされた方がいらしたら申し訳ありません。
お体に気をつけて、頑張りすぎず、頑張ってください。

212 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/09/04(火) 15:44
ひつじさん・髟阡擦?稷佑里缶淑,鬚?Г蠅靴泙后
胆嚢がんを患い・髟阡札献Д爛供??ルを続けている母のことを重ね合わせながら
読ませて頂きました。
お辛い中・髟阡殺苳施しい内容をう髟阡擦蠅?箸Δ瓦兇い泙靴拭
本当に悪魔のような進行を遂げるがんなのだなう髟阡擦伐?瓩胴佑┐気擦蕕譴泙靴拭
私の母の??豺腓癲???食欲が落ちるだけ落ちて・髟阡珊海?鷓泙???此???
心身共にダメ・踉札犬鬢踉歯ける一方なので・髟阡暫羯澆靴泙靴拭
抗がん剤で現???飮????もしくは改善しておられる方が薦髟阡擦泙靴い任后
ただ・髟阡珊海?鷓泙龍欧蹐靴気癲???色々な本・髟阡燦Φ罎?薤苳諮報を得ました。
これからは・髟阡珊海?鷓泙魎泙犹安胼踉撮療だけにすがるのではなく・髟阡
様々な方法で免疫を高めることを目標に・髟阡
今さらながら統合医療に目を向けて勉強を始めたところです。

ひつじさんがおっしゃるように・髟阡
患??圓悗離好肇譽垢砲覆蕕覆つ?戮飽貊錣鵬搬欧粘萃イ蝓???
よりよい方法を見つけていくべきなのかな・髟阡擦隼廚辰討い泙后
ジェムザ・踉札襪慮?未?垢?海い討?蕕譴詈?里?辰鬚Δ??い燭い里任垢?ΑΑ

213 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/09/06(木) 21:48
http://www.gsic.jp/

皆さん、このホ-ムペ-ジ見たことありますか。

214 名前: スー 投稿日:2007/09/16(日) 10:51
私の父も今年6月にすい臓癌ステージ4bと診断をうけました。
リンパに転移し 手術不可能にて抗がん剤治療(ジェムザール)を
7月から始まりました。入院中は体重が10キロ近く落ちて もうだめかとあきらめていました。
父に癌を告知し 自宅にて通院治療にしてから 体重はもどり 副作用も少なく 食欲も旺盛です。
しんどくても朝 夕の散歩はかかざずいきます。父は死にたくない。抗がん剤をうてば治るんだという強い気持ちで
癌と必死に戦っています。 抗がん剤がきかなければ余命3ヶ月といわれましたが 腫瘍マーカーの数値も減ってきており奇跡?
いえ 父の気力が勝っていると思いました。
自分に負けたらそこで終わり
父のがんばりに応援していきたいと思います。

215 名前: けん 投稿日:2007/09/18(火) 19:25
スーさん、
私もスーさんのお父様の頑張りを応援します。

私の父はすい臓がんの再発・腹膜播種と言えるとの診断で、今日から検査入院、
来週から抗がん剤治療(ジェムザール単独)を始める予定です。
効果があるか、副作用に耐えられるのか等々、不安に思いだすときりがないのですが、
スーさんとお父様のように私たちもがんばります。


216 名前: マダムM 投稿日:2007/09/25(火) 17:52
58歳です。5月下旬、胆のうがんの宣告を受けました。
がんがかなり大きく上下に伸び、上は肝臓を、下は大腸を浸潤し、
十二指腸への圧迫により食物が小腸へと流れて行かなくなり
胃が悪いにしてはおかしいと思い総合病院を受診した結果です。
昨年秋から体重が激減していましたが、50肩がひどくその痛みの
ためと思っておりました。まあ、体重が減りだしたらがんは
末期のわけで、、、。
食事ができないのを改善するため、胃と小腸を縫い合わせバイパスを
つくる手術を受けました。リンパ節は切除したと聞きましたが
がんはそのままなす術が無くそれは予想通りだったそうです。
ジェムザールの投与が8月より始まり、副作用も我慢できる程度で
MRIで1センチ程度小さくなったこともわかりました。
私は、あまりがんと戦うとか、勝ちたいとか考えませんが、皆さんの
意見は身につまされるものがありました。

217 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/09/25(火) 21:46
マダムMさん、私の母と似たような状況のようです。
私はまだ諦めていません。
マダムMさんはまだ50代ですし、私の母もまだ60代。
これからです。
免疫力を高めて、少しでも腫瘍が小さくなるよう、
転移を防ぐようにがんばりましょう。

218 名前: Meek 投稿日:2007/09/26(水) 09:16
>>216
胆嚢癌IVb期の診断から間もなく17ヶ月を迎える患者の家族です。
さいわい原病の症状が少ないこともあり、うちも「戦闘態勢」とはちょっとちがう感じです。
がんと戦うというよりは、がんとつき合うといったところでしょうか。
マダムMさん、ジェムザールがよく効いてよかったですね。
この幸運が長く続きますように、お祈り申し上げます。

219 名前: 8484 投稿日:2007/09/27(木) 00:06
214のスー様
ジェムザールの効果があったとのこと、大変に心強く思っております。やはりジェムザールの投与を受けている患者の家族ですが、ジェムザールの投与量が多いのではと心配しております。お父様の受けているジェムザールの投与量と回数などをお教えいただけないでしょうか。

220 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/09/27(木) 15:42
214ではありませんが・・・

ジェムザールの標準投与量は、体表面積1m2あたり1000mgを一週間毎に3回投与、一週間休薬とされています。
(体表面積は、身長と体重で計算します。体表面積で検索すれば計算式はわかりますが、1.4~1.8m2ぐらいでしょう。)

なお、投与は、生理食塩水に混ぜて、30分以内で点滴により行います。
(このほかに、必要に応じ、吐き気止めなどの点滴もあります。)

ただし、副作用の出方によっては、投薬量を減らしたり、投薬間隔を変えたりすることがあるようです。

221 名前: 8484 投稿日:2007/09/27(木) 16:55
220の名無しさん@癌掲示板様へ

ご回答を有難うございます。私の家族は、全くご指摘の通りの投与を受けております。現在始めての3回の投与を終えて、来週はお休みです。
ただ、214のスー様のお父様が、ひょっとしてもっと少ない投与で効果を挙げているのではないかと、お伺いした次第です。少ない量の投与で効果が実際にあがっていると言う生のご体験をお伺いできれば、今後の治療の選択肢が増えるのではと思いました・・・。

214のスー様へ

上記のような理由ですので、ご看病中恐れ入りますが、お時間がありましたら、お父様の受けていらっしゃるジェムザールの投与量と回数などを、参考のためにお教えいただけませんでしょうか?

222 名前: マダムM 投稿日:2007/09/27(木) 20:55
前回初めて書き込みをしました。早速励ましの書き込みをいただき
うれしいです。
162センチの身長で体重が35キログラム代で、1クルー目2回(2週)の
ジェムザール投与で白血球が、投与の基準以下となり、1グラムを
800ミリグラムに減らしての投与です。2クルー目は3回の投与ができ
今日3クルー、2回目の投与を澄ませ帰宅、1時外泊をしています。
効果がある限り、この治療を続けることになると思いますが、その後
どのように最期を迎えることになるのか、縁起でもないことですが
覚悟もしておきたいので、そのような書き込みをお願いします。
ひつじさんの書き込みはとても参考になりました。


223 名前: K 投稿日:2007/10/02(火) 21:13
胆嚢癌IVb期で拡大胆嚢摘出手術を受けた者です。細胞検査では、予想通りの結果で考えられる範囲で全て取りきれたと言われてます。
現在は再発防止のため補助抗がん剤としてGEM、3クール目に入ったところです。
しかしながら、ALTが時折高く(110前後)なり、延期することがあります。胆管を取ると炎症を起こしやすいと聞きましたが、それに対する事は特に行っていません。
CA19-9は変動があると言われましたが35と基準内とは言え気になります。
GEMを使用している方で計画通りいっている方いらっしゃいますか?
個人差があるのは承知していますが、自分以外の方はどうなのだろうと思いました。もし宜しければ参考にお聞かせ願いたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

224 名前: T・T 投稿日:2007/10/09(火) 03:38
腹水貯留にて入院中の母の為に、こんなのを探してみました。
http://bodybox.net/amino/haleo-c3x-1000.html
スポーツトレーニング用のアミノ酸サプリですが、医療用製剤”リーバクト”
並のBCAAを含んでいて、水分補給のドリンクとしても美味しく飲める
と言うのがありがたいところです。
 自分も飲んでみましたが結構美味しく飲めましたし、食欲のない状態
の母からもさっぱりしていて美味しいとの感想がありました。

ガン患者のあきらめない診察室~より抜粋
2.リーバクトについて
 リーバクトは本来肝機能が悪い方にアミノ酸製剤として使われていますが、
最近の論文で低蛋白血症、低アルブミン血症の患者さんに使用すると、
使用した群は使用しない群に比べて倍近く平均生存期間が延長すると
いうデータが発表されています。
 従い低栄養のがん患者さんで、「総蛋白 5.5~6.0以下、アルブミン
 2.5~3.0以下」の要件を満たす方は例え経口で食事が取れていても
リーバクトを併用したほうが平均生存期間の延長、QOLの改善につながります。
 この薬は要件を満たしていればヒスロンHと異なり保険適応となります。
別に私に連絡いただかなくても現在の医療機関で十分処方してもらえるはずです。

患者さんには直接がんをたたく薬のみでなく、こうしたQOLを維持する薬にも
目を向けてほしいと切に希望します。現在緩和ケアのみを選択されている場合でも、
使用を検討すべき薬があると思います。

リーバクトを出してもらえない方なんかには頭に入れておくと役に立つかもしれません。
ウチの母の場合はアルブミン値2.3~2.4位にまで下がっていましたので~
http://www.e-pharma.jp/dirbook/contents/data/prt/3253003D2023.html

225 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/10/09(火) 08:57
>>224 T・Tさん
良い情報をありがとうございます。
市販のドリンクでも分枝鎖アミノ酸がとれるということなのですね!


226 名前: Meek 投稿日:2007/10/09(火) 18:10
>>224
T・Tさん、情報を有難うございます。
MDアンダーソンの掲示板でお見かけして以来、心配していました。
大塚製薬の「ダブルアミノバリュー」と比べてどうなのでしょう?
http://blog.so-net.ne.jp/keiroku/2007-03-01
味の好みは人それぞれでしょうが…。

227 名前: T・T 投稿日:2007/10/10(水) 03:14
いきなりトホホであります、薬剤師の方から持禁食らってしまいました(苦笑
現在の肝不全寸前の状態ではBCAAは良くないんじゃないか、と言う事らしいんですが、
(自分が直接言われてないんで…)医師の対応が↓そのまま何で、
http://www.kanzou.net/report/09b_02.html
少なくとも悪くなる事だけはないと思ったんですが~

それよりもやばいとすれば、こちらの方かな、
http://item.rakuten.co.jp/tipness/101235/
~とか、踏んでたんですけどねぇ(カロリーメイトより高タンパクだから)

>>226 Meekさん、お久しぶりです。
母によると、アミノバリュー系はかなり酸味が強いらしいです。
(以前、アミノバリューコンクを飲ませた事があります)
因みに市販の他のサプリはかな~りコストパフォーマンス悪いです。
http://www.okusuri110.com/cgi-bin/yaka_search_p2.cgi?3253003&%3CB%3E%83%8A%81%5B%83o%83N%83g%3C%2FB%3E%E8%F7%97%B14%2E15g
リーバクトはもとより、他のジェネリック品ではBCAAの4g当たり価格は¥120~290、
おまけに市販品は余分な成分てんこ盛りで必要なBCAA量を確保する為にはとんでもない量を
飲まなくてはいけません。
一応、アレを選択した訳は”余分な成分の少なさ”と”BCAAの濃度”
http://www.haleo.jp/products/core3.html
だった訳なんですが、味が良かったのは意外なめっけものでした。
(ウチのはフレッシュグリーンアップル)

今は持禁食ってるんで、興味のある方には必要量お試し価格でお分けしますよ(笑
・・本当に患者に使うべきかは医師に確認の事、当然だと思います。

228 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/10/10(水) 22:13
はじめまして
今、国立がんセンターで治療中の45才男性です。病名は、膵蔵原発の内分泌がんです。
黄疸があり、肝臓の状態が悪く黄疸の数値が悪く抗がん剤が使えないといわれました。
T-ビリルビンが、4.3です。抗がん剤が使えないと他の治療法がありません。
緩和治療をするしかないとも言われていますが、私はあきらめたくありません。
このような場合、どなたか抗がん剤の使用を目的を第一としたなにか良い智恵、経験をお持ちではないでしょうか。
代換治療のお話でも結構です。
どんどん体力がなくなって、足のむくみ、息切れなど症状が進んでいるのが自分でもわかります。
どうかよろしくお願いいたします。



229 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/10/11(木) 09:46
取り急ぎ>>228様へ

おなじ病気の方のブログを紹介します。
コメント欄、メールアドレスも出していらっしゃるようですよ。

http://neuroendocrine-tumor.cocolog-nifty.com/pancreac_endocrine_tumor/
http://neuroendocrine-tumor.cocolog-nifty.com/pancreac_endocrine_tumor/2005/11/1_4c8a.html

230 名前: Jico 投稿日:2007/10/31(水) 16:11
>>228番さんへ
私は、57歳男性です。2月下旬に肝内胆管癌の手術を受け、5月の連休前に退院しました。
退院後すぐにジェムザールの投与が始まる予定でしたが、私も肝臓の状態が悪く、とりあえず
肝臓の数値が下がるまで、ジェムザールの使用は延期されました。退院しました翌日から、
連休も、土・日もなく毎日、肝臓の注射を受けるため病院へ行きました。それが7月の中旬
まで続いたところで、肝臓の数値が好転してきましたので、注射の回数が減り、ついに8月
29日からジェムザールを使った治療が始まりました。ちなみに、途中、私も黄疸が出て、
きつかったです。7月初旬の検査ではTBILが7.05でした。
8月29日以降、2週間に1度のペースでジェムザールの投与を受け、今日に至っています。
参考になるかどうか不明ですが、私の経験を書いてみました。


231 名前: ニコラス 投稿日:2007/12/07(金) 07:00
皆さん初めまして。先月父(60歳)が胆嚢癌の手術を受け胆嚢摘出しました。
そして今週より抗癌剤治療を始めることとなりました。
父が使用する抗癌剤は「ジェムスタビン」というものです。
ここで皆さんが書かれているジェムザールをネットで調べると、
ジェムザール →(Gemzar、略号:GEM) 商品名:塩酸塩(塩酸ゲムシタビン)

ジェムスタビンもネットで調べてみると
ジェムスタビン→「塩酸ゲムシタビン」(商品名、ジェムスタビン)

両方とも同じ「塩酸ゲムシタビン」です。
これらは両方とも同じ抗癌剤で名前が違うだけなのでしょうか?
本当は担当医に聞けば一番良いのでしょうが、事情がありまして直接聞ける場所におりません。
もし、情報をお持ちの方がおりましたら教えてください。
どうぞ宜しく御願いいたします。



232 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2007/12/22(土) 00:46
>>231さん
ジェムスタビンという商品名(販売名)の抗がん剤はありません。
ゲムシタビンは一般名(成分名)でして、英語では、gemcitabineジェムシタビンと発音することがあります。


233 名前: ニコラス 投稿日:2007/12/27(木) 06:03
>232さん
回答いただきましてどうも有り難うございました。
ジェムスタビンで検索しても3件ぐらいしかヒットせず、どんな抗癌剤
なのか不安でした。

どうもありがとうございました。

234 名前: れい 投稿日:2008/01/11(金) 21:11
はじめまして。夫47歳が、たった今「胆管癌ⅣA期」という病理検査結果の告知を告げられました。すでに膵臓内の神経細胞には浸潤している低分化の癌でした。12月の外科手術では、胆管と膵頭十二指腸の切除をしましたが、膵臓までは取り切れなかったとの事です。肝臓などに転移しやすく、これから、1、2年が危ないそうです。そこを持ちこたえれば、3年、5年と持つだろうけれど、抗癌剤や放射線療法が効く体とそうではない体があるとかで、やってみないと分からないという、延命療法のようです。今後どのような経過をたどるのか不安でもあり、また、家族として、どのようなケアーや食事療法などを心がけたらよいか、どなたかアドバイス頂ければ、有り難く存じます。同じような診断で、四期でも延命できうるのか、出来た方がいらしたら、幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

235 名前: ガチンコ 投稿日:2008/01/13(日) 01:21
れいさんこんばんわ。奇妙なハンドルですみません。私の妻は3年前に
膵頭十二指腸と肝臓の一部と膵臓の一部を手術しました。病理ではれいさんのご主人と
同じ胆管癌(正確には胆嚢ですが)ⅣA期でした。手術後3ヶ月で退院してジェムザールとTS1の
補助化学療法を受け今は仕事もしています。前より体力は落ちましたが入院も無く夫婦で海外にも
いけるほどに回復しています。ご心配でしょうが私の妻はほぼ同じ病期ですが
3年を過ぎて元気で過ごしております。気をつけるのはどうしても食欲が落ちるので大変でしょうが
毎日できるだけご一緒に食事をされることと、それが無理であれば
カロリーメイトなどのゼリー状の栄養補助食品などで体力の回復に努められるのが
よかったと思っています。それと無理の無い運動をしてあげることも大切と思います。
最初は天気のよいときには病院の庭の散歩から始めたのもよかったとおもいます。
何れも私どもの経験ですから主治医の先生とご相談の上、ご自身の最適な方法をご選択され
悔いの無い治療をお続けください。

236 名前: 患者 投稿日:2008/01/13(日) 20:01
>234

膵臓までは取り切れなかったと書いてありますが、「膵臓内の神経
細胞(には浸潤)」はとりきれたのですか。
 手術により、わかる(わかっていた)範囲のものが「全て」とれた
のか、あるいは、とりきれずに「残っているもの」があるのは
確実なのかにより全く話が異なります。

一応取り切れているならば、あとは、検査などではわからないがんが
残っているかどうかの問題です。(検査などでは数ミリ以下のがんは
わかりません。)
・ 検査などでわからないがんが残っていないならば、「完治」です。
・ 検査などでわからないがんが残っているならば、数年程度で検査など
でわかる大きさに成長してくることが多いでしょう(再発)。
なお、抗がん剤はがんが小さいほど効きやすいと考えられるので、後者の
可能性を考えて、小さいうちならば抗がん剤でなくすことができる(再発率の低下)
ことを狙って235のような抗がん剤治療(術後補助抗がん剤)を行うことがあります。

もしも、残っていることが確実ならば、「3年、5年」というのは、かなり厳しい
というのが現実でしょうが、これだけは「やってみないと分からない」でしょう。

237 名前: れい 投稿日:2008/01/14(月) 21:32
患者さま、丁寧なご回答ありがとうございます。ご質問については、下記に記させて頂きました。どうぞよろしくご高覧の程お願い致します。
ガチンコさま、奥様の順調なご回復、良かったですね。三人に一人
ないし三年以上でしたら、五人に一人のラッキーな方でいらっしゃると思います。励みになるお返事と食生活のアドバイスありがとうございます。参考にさせて頂きます。それから、二つほど質問ですが、奥様の場合は、治癒切除と言って、癌は残さず手術で取りきれたのでしょうか。また、どの位の大きさの癌でいらしたのでしょうか。よろしくご回答お待ちしております。

さて、患者さまのご質問の件で、書き込みさせて頂きます。夫の場合、12月の手術で、「膵臓までは取り切れなかった」というのは、神経細胞から広がっていくタイプの低分化型癌で、(病理検査で分るレベルの)癌は残っているという事でした。つまり、更に詳しい外科医からのお話では、「腸管膜動脈と膵臓のネットワークの部分に広がりがあり、腸管膜動脈の右半周のみを切除。左半周を残している処から、広がる恐れがあります。これは、左半周も取ってしまうと下痢がひどく続くためです」という事でしたので、とりきれずに「残っているもの」があるのは
確実です。膵臓内神経細胞に浸潤している癌は、取りきれておりません。癌自体の大きさは、中部胆管に発生した3cm程のものでしたので、それでⅣa期になるというのが、いまだ信じられない気持ちでおります。やはり、手術で、癌が取りきれて治癒切除になった場合と、開腹して見て取り切れなかった非治癒切除では、かなり、延命も違ってくるのでしょうか…。


238 名前: れい 投稿日:2008/01/14(月) 21:46
患者さまのご質問にお答え致します。
更に詳しい外科医のお話では、「腸管膜動脈と膵臓のネットワークの部分に広がりがあり、腸管膜動脈の右半周のみ切除。左半周を残したのは、ひどい下痢が続くためです。この右半周残している処から、広がる恐れがあります。1、2年が危ないです」という内容でした。つまり、「膵臓内の神経細胞(には浸潤)」は、手術で取りきれてない事になります。「残っているもの」があるのは
確実です。この場合、たとえ癌自体は3cm程度のものだったとはいえ、非治癒切除と治癒切除では、延命の長さがかなり違ってくるのでしょうか。



239 名前: ガチンコ 投稿日:2008/01/15(火) 02:58
癌の大きさは4cmでした。治癒切除かどうかは不明ですがT4N0M0でしたので
浸潤はありましたが転移がないとのことでⅣAでした。しかし浸潤は肝臓、膵臓
までありました。主治医のお話ではこういう場合は決め打ちしかないとのことでした。
手術中に簡易病理検査をやって腹膜播種があるかどうかが問題で無かったら計画通りに
きる。もし、それで病理でがん細胞が出なかったら私の責任だ。
ということでした。ここからは想像ですが手術前の検査はそれは
随分と丁寧にやっていただき説明も十分していただきました。ただ、それでも
開けてみないとわからないがポイントを決めて手術範囲はあらかじめ決めて
おられたようです。従って当然、拡大型の手術だったと思います。
結果は予定通り切ったところからはがん細胞が発見されリンパ節には無かったと
言うことでした。ご参考になりましたでしょうか?

240 名前: こじか 投稿日:2008/01/15(火) 20:43
久々におふくろの経過を報告します。昨年末に”数値”が上がっていると言われ、
年明けにCTを撮るということになり、表面上は普通でも内心はドキドキで年末年始を
過ごしました。
先週CTを撮り、その結果、転移はなさそうで、どちらかというと腫瘍が小さくなっている
ようにも見えると言われた。
ジェムザールが効いているのか、独自に飲んでいるアロエベラが効いているのか。。
いずれ、おふくろとしては、他の患者さんのように髪の毛が抜けることもないので、
少なからずアロエベラの効力と思いたいらしい。
なんにせよ、本人の気力の支えになっているのなら、思い過ごしでももう少し続けて
見ようかと思います。結構高いのがつらいですが、命には変えられません。
あくまでもうちの取り組みを述べているだけで、アロエベラを勧めているわけでは
ありませんので、誤解しないでくださいね。

241 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/01/16(水) 00:32
ガチンコ様、丁寧なご回答ありがとうございました。始めの発生場所が胆嚢か胆管かという違いだけで、手術した箇所、手術名など、よく酷似していると思います。夫も、切除した処に、癌がありましたが、リンパ節への転移は、14中1つだけで余り見られず、膵臓などの神経細胞への浸潤だったと聞いています。やはり、救急体制の良く整った病院でしたので、丁寧な検査が入院後19日続き、それからオペになりました。何にせよ、病院側の食事療法のアドバイスもありますので、よくお話を伺って、家族ぐるみで療養生活に入るつもりでおります。夫も癌と闘うつもりで、覚悟は決めております。出来るだけのケアーをして、危ないと言われているこの1,2年を乗りきり、3
年、5年と元気でいてもらいたいと願っています。やはり、家族で一緒に食事をする時間を増やして、出来れば旅行する機会が持てれば、幸いです。奥様ともども、どうぞ養生なさって、一層ご家族のかけがえの無い時間を大切になさってください。

242 名前: れい 投稿日:2008/01/16(水) 00:55
ガチンコ様 追伸です。失礼しました。スレッド241は、私の書き込みですが、名無しさん@癌掲示板になってしまいました。よろしくご高覧ください。m(_ _)m。改めて、励ましの言葉に感謝申し上げます。

243 名前: れい(Rei) 投稿日:2008/02/10(日) 18:50
お久しぶりです。再発防止の為に、ジェムザールの100ml点滴投与が、始まりました。1クール、第二回目です。

副作用は、今のところ、血小板の数値が下がっている位に留まっています。どの位の長きに渡る治療になるのか、まだ不安が一杯です。

244 名前: ぺこ 投稿日:2008/02/16(土) 13:55
初めまして、こんばんは。
別のスレッドにも書きこませていただいた者です。
今年1月末、母(50代前半)に黄疸が出たために病院へ行きました。
そこで検査をし、胆管癌だという診断を受けました。
この部位は大変に発見が難しいらしく、
見つかる頃には進行して手のつけられない状態なことが多いそうです。
しかしその後転院した病院では手術できると診断され、心配だった肝臓への転移もなく、
先日無事に手術を終えました。
しかし、リンパへ転移してしまっていたらしく、それも遠い部位にあったようです。
目に見えるリンパも取っていただけたのですが、
全部取りきれたわけではありません。
それに加え、術後の先生のお話では、胆管癌ではなく、
おそらく膵頭部癌ではないかとのことでした。
今は切除した部位を検査しているところなので、
詳しい結果は分かりません。。。
主治医にはTS1を使用しなくては、このままでは再発するだろうと言われました。
しかし、やはりどうしても抗がん剤には良い印象はなく、
副作用などで母を苦しませたくないのです。
家は母子家庭で、祖母と母3人で住んでいるのですが、
祖母もいい年齢です。
私がしっかりしなくてはいけません。
この掲示板にたどりついて、同じように頑張っている方が
たくさんいらっしゃると知ってとても心強いです。
主治医の先生はとても良い先生で、話もとことんしてくださるので、信用したいのですが、
色々な意見も聞かせていただけたらと思い、書きこみました。
もしよろしければご意見をお聞かせ下さい。

245 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/02/17(日) 11:44
>>244
お母様のご病気、ご心配のことと思います。
まだ混乱状態にあるとお察しいたしますが、
抗がん剤をした方がいいかどうかをお聞きですか?
もしくは、TS1の副作用についてですか?

出来るだけ多くの情報が欲しいので、なんでも聞きたいと思うと、
質問がザックリしてしまいがちですが、
逆に何を答えたらいいんだろう?と思って
ご返答が少なくなることがあります。

具体的な質問に絞った方が、見ている方もお答えしやすいかと思いますよ。

246 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/02/17(日) 12:14
>>244
でも、それでだけでは何なので。

抗がん剤は使って後悔した話しも、使わずに後悔した話しも
両方耳にしますので、判断はご本人とご家族の考え方に寄ると思います。

しかし、抗がん剤の副作用=「嘔吐や下痢や髪が抜ける」
と一概に思うのは早急で、膵臓がんの第一選択であげられる
ジェムザールは骨髄抑制が主な副作用で
「嘔吐や下痢」という副作用は殆どないという印象です。

吐いたり、髪が抜けたりしなければ、骨髄抑制があってもいいのか。
という部分はそれこそ考え方の違いになりますが、
副作用は一概には言えないという事ですね。

TS1は少し調べただけでも
「食欲不振33.7%、悪心22.3%、倦怠感22.3%、色素沈着障害21.3%、下痢18.7%、口内炎17.1%、」
という副作用の報告があり、この数値を再発の可能性と天秤にかけてどう取るかですね。

飲んでみて、そんなに副作用が出なければ続ける、辛かったら辞めるという
選択ももちろんありますし、ナゼアやプリンペラン、またはヒスロンHなど、
食欲不振や嘔吐を和らげるお薬も探すといろいろ出てきて併用もできます。

「抗がん剤には良い印象はなく」
と「印象」だけではなかなか語れないのが抗がん剤で
しっかりと知識をつけて対策を練って、無理強いをしなければ
いい面もあるのでは?と思います。

具体的な抗がん剤の知識をつける必要があるかもしれませんね。
知ってればよかった…という事が後でないように。

247 名前: ぺこ 投稿日:2008/02/17(日) 13:10
ご親切にありがとうございます。
確かに、質問は絞った方がいいですよね。うっかりでした。。
私が1番気にかけているのは、
母は抗がん剤を使いたくないと言っていたことなんです。
ただしそれは手術が転移もなく無事にすんだらという前提での話なので、
転移していたと分かった今、少しでも可能性があるなら、
抗がん剤にかけてみたい気持ちもあります。
ただ、母は術前、例えば半年の寿命が薬で1年になるくらいなら、
辛い1年よりも楽しい半年を選ばせてね、と言っていました。
しかしこちらに書いてあることを見るとそこまで辛い辛い。。ということもないようで。。。
でもこれは最終的には母が決めることですので、
約1か月後に予定している術後の検査結果や今後の治療についての説明前に、
できるだけ多くの事を勉強しておかなくては、と思ったのです。
本も何冊か読みました。
しかし抗がん剤肯定派(とまとめてくくってしまうのもあれですが。。)、
否定派、本当にたくさんの考えやデータがあるので、
実際に使用されてる方やそのご家族の方にリアルなお話を聞きたいな、
と思いました。
TS1やジェムザールを服用しても、普通に生活できるんでしょうか??
ここを見る限り何か特に生活に制限ができるようには見えないのですが、
皆さん副作用との付き合い方も含めて、
何か気を付けていることはありますか???


248 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/02/18(月) 15:49
うちの母68才も今ジェムザール投与中です。
3週間ほど前に、新たな良い方法が見つかり、
吐き止め→ジェムザール→洗浄 という流れで点滴を
受けています。
今まで投与2,3日は倦怠・食欲不振がありましたが、
どうやらこの洗浄という点滴が良いらしく、投与しても
元気で、食欲もあるようです。
ちなみに、母は副作用が全くありません。

ちなみに、同じ年齢で母と一緒にジェムを受けてる人も、
副作用が全くなく、旅行に出かけてます。

母は買い物くらいは行きますが、怪我や感染が怖いということで、
温泉ももう少し先送りになりそうです。

ちなみに、点滴は週1回を3週連続打って、1週休むという方法です。

249 名前: たく 投稿日:2008/02/19(火) 03:04
今日母が膵臓癌の手術を受けてきました。
昨日までの話では、簡単に切除できると聞いていましたが、
どうも血管?の内側に癌細胞が残っている可能性が高いとのこと。。。
短くて再発3ヶ月、長くても1年くらいで再発するだろうとのことでした。

父曰く、次再発したら手術のしようが無いと聞きました。
再発を少しでも遅らせる方法、再発を防止する方法が
ありましたら教えて下さい><;

ちなみに血管内の癌を摘出出来る様な医療施設はありますでしょうか?
ご存知の方居られましたら、どんなことでもいいので情報を下さい。

※ジェムザールという抗癌剤は、他の抗癌剤より効き目がいいのでしょうか?

質問ばかりで申し訳ありませんが、どうか宜しくお願い致します><!


250 名前: ぺこ 投稿日:2008/02/19(火) 15:01
>名無し さん
食欲があることが1番大事ですよね。
私も、食べる事が好きな母の食欲が落ちる事が心配だったのですが、
どうやらやり方を工夫すれば問題ないようですね。
母は、まだ転移の可能性がある事については知らないのですが、
長い人生を生きるつもりなら、
そのうちの半年や1年、抗がん剤にかけてもいいかもしれないね。。
と言っていたので、いざ使う事になった時のために更に色々と
調べてみるつもりです!!
母もとても前向きに頑張っているので、一日も早く克服してほしいです。
ありがとうございます!!!

>たく さん
膵胆肝あたりの手術は、本当に開けてみないと分からない事が多いそうです。
私の母も予想外の転移でしたので。。。
私はお医者様でもなくただの素人ですが、
まずは体力回復が1番だと思っています。
手術後ですし、抗がん剤を使用するにしてもとても体力を使うからです。
再発を防ぐには、放射線か抗がん剤なのではないでしょうか??
膵臓近くの血管というと、大きな静脈ですか??
名前を忘れてしまったのですが。。。
母の主治医の話では小腸につながっている
大事な血管なのでメスを入れることはできないそうです。。
抗がん剤ですが、母はジェムザールかTS1という抗がん剤を使う予定だと
聞きました。
効果も大事ですが、本人に合う合わないもありますし、
副作用なども一長一短な感じですので、よく調べてみるといいと思います。
お互いに頑張って打ち勝ちましょうね!!





251 名前: たく 投稿日:2008/02/19(火) 21:11
>ぺこさん
返信ありがとうございます。

うちの母も50台であり、リンパにも転移がったので、
ぺこさんとはとても状況が似ていると思います。

お互いに少しでも何か良い情報があれば、
交換できると良いですね^^

とりあえず、少し体力が回復したら抗がん剤(薬名はまだ聞いていませんが・・・)
を使用しての治療が開始されます。
色々調べていると免疫治療も効果があると聞いたのですが、
どうなんでしょうね・・・?
凄く費用がかかるみたいなんですが、
効果が期待出来るようであれば受けてもらうことも考えています。

少しでも元気に勇気ずけれるように、
頑張っていきましょう><!



252 名前: ぺこ 投稿日:2008/02/20(水) 02:19
>たくさん
本当に、状況似ていますねw
何かわかった事があれば情報交換しましょう^^
似たような状況で頑張っている人がいるのは心強いですよね。
まだまだ母親とはいえ、50代はこの病気から見ると若いです。
その若さに期待しましょう!!!
免疫治療については調べていないのですが、
ちょっと調べてみようと思います!!

253 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/02/20(水) 17:02
>251 >252

残念ながら、現時点で、進行がんに対して効果が示されている免疫療法はありません。
(研究段階で効果がある可能性が示されているものはあるかもしれませんが、このような
研究に参加することは極めて困難でしょう。)

なお、免疫療法を称しているところには、いかがわしい医療機関も多いので注意が必要です。
(HPや一般向けの本は信頼度低です。)

もっとも、副作用は比較的少ないらしいので、ダメもとでなさるぶんにはよろしいかもしれませんが。

254 名前: ぺこ 投稿日:2008/02/20(水) 18:21
>名無しさん
そうなんですか。。。残念です。。。
しかし、道がふさがれたわけではないですし、
いかがわしい所に母を診てもらうのも嫌なので、
抗がん剤など他の道で頑張ります◎
ありがとうございます!!!

255 名前: ぺこ 投稿日:2008/02/28(木) 00:15
お久し振りです!!
たくさん、その後お母様のお加減はいかがですか??
私は、母は膵臓癌なので、最近は膵臓癌のトピックのところにいます。
ちろ、という名前でやっているので、覗いてみてください◎
頑張りましょう!!

256 名前: たく 投稿日:2008/03/01(土) 05:41
どうもお久しぶりです^^

手術後、2週間くらいが経ち、
1人でトイレに行ったり、重湯を飲んだりするところまで
順調に回復しています。

本人も必死で頑張って早く治そうとしているようです。

怖いのは再発だけですね。。。

うちの母も膵臓癌なので、これからはそちらに伺うようにしますね^^


257 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/03/02(日) 16:55
私の弟は一昨年10月、肝内胆管癌で余命3ヶ月~半年を宣告されました。
以降ジェムザール投与での治療を開始しましたが、8ヵ月後に耐性から
TS-1に切り替えました。ところがこの抗がん剤が効かず、昨年暮れには
主治医から「もう治療法がない」と言われ、痛み止めや栄養剤くらいの
治療となりました。本年からは日に日に病状が悪化し、先日には脳に転移
していることが判明しました。現在は半身不随で寝たきりです。
昨年暮れまではあんなに元気だったのに、信じられないです。
治療方法がない病気なんて、現代医療にもあるのですね…。
暗いこと書いて申し訳ありませんでした。闘病中の皆様、頑張って下さい。

258 名前: こじか 投稿日:2008/03/06(木) 20:48
うちの母親。胆管癌を宣告されてから今日でちょうど1年です。
この間、入院→手術→通院で肝臓への転移癌にジェムザールで
対処してきました。
最新のCTで癌が若干大きくなっているようだと言われ、今日から
新しい薬も処方されたようです。
カプセル2錠を朝夕に飲むようです(TS-1???)。
本人はこれまでが順調だっただけに、結構ショックが大きかった
みたいです。
でも、良く考えてみると、癌宣告されたときは、もって半年~
1年。新年は迎えられないかもしれない、と言われていたことを
思うとまだ順調なのではないかと感じてます。
CTの結果だって、ちょっと前には、なんだか小さくなったかも。。
って言われ、今回、少し大きくなったって。。。じゃぁ、もとの
大きさにもどっただけじゃん!!と本人には冗談めかしてます。
それに他への転移が認められないだけでもラッキーじゃないの!
と、なるべくいいことも頭の中においてもらわないとと思って。
気になるのは、新しい薬。何でも最近(昨年?)新たに認可された
薬のようなのですが、それがいったい何なのか。。。
それに副作用もでるだろうということで。。。
2週間続けて、1週間休むという服用だそうです。
ジェムザールが全く副作用がなかっただけに、ちょっと心配です。
似たような感じで服用されている方がいらっしゃいましたら、
情報をいただけないでしょうか。


259 名前: ぷー 投稿日:2008/03/14(金) 01:33
>>257
ジェムザール、TS-1の他にも効く可能性のある薬は有ると思います。
保険適用外になるので使って頂けないだけでしょう。
勿論、効くか効かないかは試してみなければ分かりませんし、効果が無かった場合
副作用で体調がもっと悪くなるだけという可能性も有りますが。

梅澤先生のブログはお読みになってますか?
一度他の先生にセカンドオピニオンをとってみられては如何でしょうか。



260 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/03/17(月) 01:00
>>259、ぷー様
ご丁寧なアドバイス、本当にありがとうございます。
脳検査の結果説明の際、ジェムザールとTS-1以外の抗がん剤使用を
お願いしましたが、もう体力が持たないだろうとの説明でした。
それじゃ入院している意味がないので、残された時間を家族と一緒に、
と考え退院させた次第です。本人は勿論ですが、家族も辛いです。
弟はもう仕方ありませんが、皆様諦めずに頑張ってくださいね。

261 名前: りりー 投稿日:2008/03/19(水) 07:13
2月はじめに30台後半の夫が肝内胆管癌との診断を受けました。
夫が外国人なので、夫の実家である北米に戻り治療を受けています。
私自身は英語がネックになって、情報を消化し切れていない状態です。

夫の肝内胆管癌は突然の腹部激痛とその後に黄疸が出て判明しました。
癌だとわかってから、2つほど病院の外科で見てもらいました。
どちらの病院でも、肝動脈を取り巻くように腫瘍がひろがり、
リンパ腺までいたっているとのこと、また腫瘍が二つに分かれていて
どちらも3-4センチほどの広がりがあり、手術は無理と言われました。
あるお医者さんには余命2ヶ月と言われました。
まもなく、はじめの激痛の症状から1ヵ月半がたちますが、
本人は痛みを痛み止めで抑えれば、普通に生活できている状態です。
現時点では、他への転移も見られません。
ある外科医には、化学療法や放射線療法をして、腫瘍が小さくなっても
肝動脈を取り巻いている限り、手術はできないのではないかといわれました。
そこでは化学療法も断られました。
しかし、本人がどうしてもと、治療に積極的であるため、転院を繰り返し、
現在の病院で化学療法と放射線療法をすることになり、
本日はじめての化学療法を終えました。

化学療法は肝内胆管癌ではジェムザールとシスプラティンのコンビで行われることが多いようですが、
夫は5FU、シスプラティン、塩酸エピルビシンの3種、
プラス、7週間目から放射線治療を加えるということで
お医者さんから治療予定表をいただきました。
どうしてジェムザールを使わないのかきいたところ、
放射線治療とあわせては、ジェムザールが使えないとのことでした。
後のバックアッププランにジェムザールを残しておくともいわれました。
放射線を使ったほうが、積極的な治療を進められるともいわれました。

ですが、ネット上で検索してみると、
肝内胆管癌で、放射線治療をしている情報がほとんどなく、
それと、塩酸エピルビシンというのも、あまり名前を聞いたことがなく
この治療法で本当にいいのか、少々不安を持っています。
とはいっても、今日始まってしまったんですが・・・

保険の適用の薬剤なども日本と北米では違うとは思うのですが、
ジェムザール以外の抗癌剤で効果が見られた方、
放射線治療を経験された方、
いらっしゃられたら情報交換させていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

262 名前: Meek 投稿日:2008/03/19(水) 12:59
>>261
りりーさん、私は胆嚢癌の患者家族です。お察し申し上げます。
北米では胆道癌は珍しいので、治療例の多い病院・腫瘍内科医をきちんと選んで受診されるのがよいと思います。
アメリカの事情については、ジョンズ・ホプキンズ大学が運営する匿名掲示板が役に立ちます。
全国の患者さんが投稿しておられるようです。
症例の少ない胆道癌の掲示板よりも、膵臓癌の掲示板の方が活発です。治療は似ています。
http://pathology.jhu.edu/gbbd%5Fchat/
http://pathology.jhu.edu/n.web?EP=N&FL=PANCREAS_CHAT
うちの患者は、現在GEM+イリノテカンと並行して、頸部リンパ節への姑息的放射線照射をしていますので、素人的には、放射線化学療法にGEMが使えない、というのは、おや?という感じです。
もちろん、原発巣への照射の場合はまた違うのかも知れませんが…。
もしアメリカではなくカナダでしたら、保険上の制約もあるかも知れませんね。
塩酸エピルビシンは、かなり古いお薬です(70年代?)。まあ、古かろうが新しかろうが、効きさえすればよいのですが。
良い治療法に巡り会われ、夫君が長生きされることをお祈り申し上げます。

263 名前: 管理人◆2mxwBLFt7E 投稿日:2008/03/21(金) 04:30
**** 管理人代理投稿 ***
りりーさんへ 
エピルビシンについては、アドリアシンと似たようなものだと思えば大体当ります。
胆道系の癌の化学療法は確か、シスプラチンをベースにしたもの・ジェムザール・TS-1の 3つの方法が効果があることになっていたと思います

------------
投稿してくれた方へ
・現在、解除しました。投稿は可能です
・なぜかアクセス禁止?
http://www.gankeijiban.com/bbs/read/hihanyoubou/1094633088/l50

264 名前: りりー 投稿日:2008/03/21(金) 11:46
Meekさん、管理人さん(投稿していただいた方)、情報ありがとうございます。

ジェムザールを使っていても放射線治療ができる場合があるのですね。
夫の先生は細かくは説明してくれなかったのですが、併用できないといっておりました。
もしかしたら、原発巣だとだめだということなのかもしれないですね。

それと、やっぱり、ジェムザールが胆管癌の化学療法の基本なのですね。
これだけ多くの人がジェムザールを使っていて、効果があるといわれていても
他のを使う理由がなにかあるのか・・・その辺ももう少し聞いてみることにします。

夫にとって初めての化学療法でしたが、思ったよりシスプラチンの副作用が強く、
翌日早朝から食べると嘔吐のくりかえしで、吐き気止めもあまりきかないようでした。
翌々日は嘔吐まではありませんが、一日具合が悪く
癌になるまで点滴さえもうったことがない夫は、
病気と闘う辛さに初めてぶつかり、ずっと沈んでおりました。
これから長い戦いになりそうですが、
私も本人をできるだけ元気付け、前向きにがんばっていきたいと思います。


265 名前: Meek 投稿日:2008/03/21(金) 19:16
白金製剤のなかでは、シスプラチンよりもオキサリプラチンの方が吐き気が少ないそうです。
うちの患者は、GEM+オキサリプラチンで、吐き気に悩まされることはまったくありませんでした。
ただし、オキサリプラチンは手足のしびれ(末梢神経障害)の副作用があります。

こちらのサイトはご覧になっておられますか。
http://2nd-opinion.jp/


266 名前: Meek 投稿日:2008/03/22(土) 22:30
連投で失礼します。

りりーさん
ジェムザールを使用した放射線化学療法の論文アブストラクトです。
いずれも第II相ですが、とくに問題はないようです。

A phase II trial of weekly gemcitabine and bevacizumab in combination with abdominal radiation therapy in patients with localized pancreatic cancer.

http://www.asco.org/ASCO/Abstracts+%26+Virtual+Meeting/Abstracts?&vmview=abst_detail_view&confID=53&abstractID=10764

Phase II study of radiation therapy with weekly gemcitabine for locally advanced, unresectable pancreatic cancer.

http://www.asco.org/ASCO/Abstracts+%26+Virtual+Meeting/Abstracts?&vmview=abst_detail_view&confID=53&abstractID=10606


267 名前: りりー 投稿日:2008/03/24(月) 22:43
Meekさん、情報ありがとうございます。

オキサリプラチンというのは、初めて聞きました。
少し調べてみたいと思います。

それと、やっぱりGemcitabinとRadiationは一緒にできるみたいですね・・・
調べれば調べるほど疑問が出てきてしまいます。
私がいるのはカナダなのですが、日本の病院システムと違って
病院はすべて公立なので、簡単に先生や病院を変えられないのが辛いところですが、
少なくとも先生に話して、疑問を解決したいと思います。

268 名前: Meek 投稿日:2008/03/27(木) 19:07
塩酸ゲムシタビンと放射線療法の併用について。

放射線医の見解によると、胸部に線束がかかる場合は、できれば併用を避けるのが無難なようです。
腹部の照射なら問題ないのだが、とのことでした。
内科医、腫瘍内科医は、頸部の姑息的放射線療法との併用については、とくに問題ないと考えていたようです。
41Gy/20分割照射後、追加照射を検討していましたが、GEM使用中のため、放射線医の意見により、追加はしないことになりました。

ジェムザールのボックス・ウォーニングに次の記載があります。
◆警告◆
(4)放射線増感作用を期待する胸部への放射線療法との同時併用を行ってはいけません。
外国での臨床試験で,本剤と胸部への根治的放射線療法との併用によって重い食道炎,肺臓炎がおこり,死亡例が報告されています。

269 名前: Meek 投稿日:2008/05/10(土) 17:12
おかげさまで、うちの患者は胆嚢がんIV期(遠隔リンパ節転移あり)の診断から2周年を迎えさせていただきました。
標題の「3年」ははるか彼方でとても手が届きそうにありませんが、ひとつの節目を迎えましたのでご報告申し上げます。

これまでの主な治療は以下のとおりです。
TS-1(最大耐用量)
ジェムザール + TS-1
ジェムザール + オキサリプラチン
ジェムザール + オキサリプラチン + アバスチン
放射線(リニアック)頸部リンパ節に41Gy/20分割照射
ジェムザール + イリノテカン + アバスチン
5FU + LV + ノギテカン

セカンド・ライン以降はいずれも投与量控えめです。

4月10日の血液検査で、肝機能が低下し黄疸が出はじめていることが判明しました。
胆管チューブステントを挿入しましたが黄疸が改善せず、抜きました。
リンパ節が肝動脈門脈等を圧迫し、肝血流が不足して肝不全を起こしはじめている厳しい状況ですが、身の回りのことはだいたい自分でできます。
今はただ、診断からこれまでに授かった貴重な時間に感謝し、最後まで患者に幸多かれと祈るばかりです。
主治医をはじめ、これまでにお世話になった大勢の医療従事者には心から感謝しています。

270 名前: Meek 投稿日:2008/06/04(水) 17:32
うちの患者は、2008年4月末から5月初めにかけて、JALの「シニアおでかけサポート」のお世話になりつつも単身で、空港リムジンバス→飛行機と乗り継いで治療に出かけたのが、おそらく最後の化学療法となりました(ノギテカン+5FU+LV+アバスチン)。
抗癌剤投与の結果、総ビリルビンは横ばいでしたが、肝機能(ALP, AST, ALT, γ-GTP)が改善されました。
門脈肝動脈を圧迫していたリンパ節腫大が、少しはおとなしくなってくれたのでしょうか。
治療後、腫瘍マーカーは測定していませんので、変動があったかどうか不明です。

現在、白血球、血小板はほぼ正常値まで戻りましたが、体重減少が著しく、もはや化学療法の適応なしと主治医は判断しています。
心残りですが、おそらくそうなのだろうと私も自分を納得させています。

5月中旬に譫妄のような精神症状がありましたが、オピオイド(オプソ)中止、ハロペリドール(セレネース)投与で軽快しました。

痛み止めは、塩酸ペンタゾシン(ペルタゾン)を1回1/4錠とごく少量使用しています。
耳鳴りはその副作用かも知れません。
これまでも、めまいや激しい頭痛に悩まされて何度も中止し、投与量を減らしてきた薬です。

日一日と全身状態が悪化し、現在は、薬による眠気もあって、おそらくPS 3-4だと思います。トイレ歩行も厳しく、ポータブルトイレを使用しています。
経口で食事はとれるのですが、悪液質、副作用の味覚異常・口内炎に加え、食後の腹痛が怖くて、食欲が出ません。主食はゼロ、おかずをほんの一口程度です。
エンシュアを1日1本処方していただいていますが、1缶250mlはとても飲めず、残しています。
輸液はしていません。

おかげさまで、黄疸は総ビリルビン5前後で一進一退ですが、肝機能がまたじわじわと悪化しはじめているようです。

化学療法には、診断から2年間お世話になりました。
どのレジメンも一定効果がみられた幸運な患者でした。
これからは、もっぱら緩和医療によって、一日でも長く、少しでも楽に生きてもらいたいと思います。

271 名前: Meek 投稿日:2008/06/05(木) 19:10
書き忘れましたが、癌性の胸水が2-3リットルと腹水少量、溜まりました。
5月27日に胸水を1リットルほど抜きました。
その後、利尿剤で胸水腹水とも一定コントロール出来ています。
ありがたいことです。

272 名前: Meek 投稿日:2008/06/21(土) 23:51
うちの患者は6月21日午後3時3分、他界いたしました。
あと少しで診断から2年と2ヶ月に手が届くところでした。
6月13日から17日は一時退院をして自宅で過ごしました。
介護ベッド、酸素濃縮装置、ポータブルトイレなど用意しました。
オキシコンチンと、今思えば肝不全進行のせいもあって、眠っていることが多かったのですが、少量ながら食事もパン粥、白粥のほか刺身や牛たたき、ポテトサラダなど食べてくれました。
食後は腹痛があってつらい思いをさせました。
オキノームをもう少し積極的に使うべきだったと反省しています。
レミケード投与が11日でしたので、どの程度薬の効果があったのかは定かでありません。
少なくとも、熱はありませんでした。
病院では歩行不能でしたが、自宅では台所まで歩いて水を飲みに行くこともありました。
(飲み水は枕元にも用意してあったのですが)
17日にちょっと家族が目を離した隙に容態が悪化、友人に連れられて再入院しました。
胸水がまたかなり溜まっており、黄疸も進んでいました。
家族が駆けつけてから意識が戻ることはありませんでしたが、塩酸モルヒネのおかげで苦しむことなく静かに逝きました。
最後の最後までQOLを保った療養生活でした。
患者の希望どおり、献体をさせていただきました。
ネット上でお励ましなど頂いた皆様のご厚情に感謝申し上げます。

273 名前: ぷー 投稿日:2008/06/22(日) 03:30
Meek様、
久々にここを訪れましたら、お母様ご逝去の書き込みを見て驚きました。
2年3年と記録を作っていかれる事を信じてましたのに、残念です。
お母様のご冥福をお祈り申し上げます。

Meek様は本当に良く勉強されて、お母様を支えておられて、
お母様も随分心強かったのではと思います。

また時々はこの掲示板を覗いてアドバイスを頂けたら幸いです。




274 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/06/26(木) 12:03
Meek様

お悔やみ申し上げます。

Meek様には本当に頭が下がります。
患者さまを亡くされたその日に、ここまでの報告をすることができるのは、
とてもお辛い状況の中でも、常に冷静でいられたからでしょうか。
ご家族の介護をしながら、
ここの書き込みに、熱心にアドバイスやご意見、報告をしてこられたことなどは、
がん患者自身や、その家族にとって頼もしい存在でした。
本当にありがとうございました。

お母様のご冥福をお祈り申し上げます。


275 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/06/26(木) 21:57
Meek様

お悔やみ申し上げます。

私の母が5月に胆管がん(手術適応なし)と診断されてから
少しでも長く生きてもらいたいと思い
必死の思いで情報を探していたところ、Meek様のお母様のような
例もあるということで、非常に心救われました。
決して全員が同じ運命を辿るとは限りませんが
あまりにも胆管がんの予後については暗い情報ばかりなので・・・。

落ち着かれましたら、またここで知恵をお借りできると助かります。

お母様のご冥福をお祈り申し上げます。
Meek様、ご家族様もお疲れの出ませんように。

276 名前: りりー 投稿日:2008/06/28(土) 11:54
Meekさん

お母様のご冥福、心よりお祈り申し上げます。
お母様のご訃報、書き込むのも辛かったのではとお察しします。

胆管細胞癌に関する情報が少ない中、
色々な情報提供を共有していただきありがとうございました。
今後も参考にさせていただきたいと思っています
私も出来るだけ、よいことも悪いことも状況をシェアできるように
今後も書き込みを続けていこうとおもいました。

前回の書き込みを見ると、主人の治療が始まった日でしたが、12週間にわたる治療が1週間ほどに終わりましたので、経過をご報告しようと思います。

化学療法は、5FU(ボトルからPICCラインを通して24時間投与)とエピルビシン(最初の6週間のみで、7週目からは放射線との併用付加とのことで投与がなくなりました)の組み合わせを1週間に一度
シスプラチンを3週間に一度、7週目から放射線療法(後半6週間の平日毎日でした)をしました。

6週間目に途中経過としてCTスキャンを行い、腫瘍の大きさはかわっておらず、最近12週間の治療の後にCTをやりましたが、一部小さくなった箇所もあったようですが、重要な肝動脈の近くやリンパ節の辺りではほんの少しですが大きくなっているとのことでした。

癌の治療として行った治療ですが、本人への体への負担が大きく、食欲減退・吐き気・脱毛・口腔の異常・体重激減・疲労感などの通常の症状のほかにも、5月はじめに、血栓ができて肺にあがってしまい、肺塞栓症をおこしてしまい救急車のお世話になってしまいました。肝臓の重要な動脈・静脈が腫瘍の近くにあり、それが血流に影響し、血栓ができやすいとのことで、今後はずっとフラグミンの静脈注射に頼らなくてはいけなくなってしまいました。

また、体から減黄法のためについているチューブと体外にでているバッグの交換をするため、何度か病院で処置手術を行ったのですが、そのたびに免疫力の低下から感染症を起こしてしまい、一度は敗血性ショックを引き起こしてしまい、集中治療室にお世話になりました。

そのため、化学療法は10週目の投与後に中止、放射線は様子を見ながら、10日ほどおくれて終了しました。副作用のオンパレードで治療を続けられなくて、残念な気持ちはありますが、それよりも旦那が今も生きていてくれることのほうが私には大切に感じてしまいます。

この治療の間に薬の量が、副作用止め、痛み止め、抗生物質、静脈注射なども含め多量になり、QOLはかなり低下しました。血栓ができた後、しばらくの間車椅子を余儀なくされたのがきっかけになってしまったような気がしています。今では、家の中では自分で移動していますが、大きな病院の端から端までを自分の足で歩くことは困難です。まだ副作用が抜けきっていないのですが、抜けきったら食欲も出てくると思うし、少しでも体力をつけるべく、散歩などに連れて行けたらいいなと思っています。

今後の治療については、続けるかどうかを来週担当医と相談することになっています。まだ、治療を続けて行きたいとは思っても、本人の体力が持つのかが心配です。


277 名前: Meek 投稿日:2008/07/02(水) 00:50
>>273
>>274
>>275
>>276
皆様の温かいお言葉、かたじけなく存じます。
おかげさまで、遅ればせながら29日に自宅で家族葬をすませました。
故人の希望により、近々お友達に平服でお集まりいただき、お別れの会を持つ予定です。
大病を得ながらも、大勢の真摯な医療関係者や親身になってくれる友人に恵まれ、幸せな晩年を過ごすことができました。
現在療養中の皆様が、故人以上に幸福で平穏な日々を一日でも長く過ごされますよう、お祈り申し上げます。

278 名前: KJ 投稿日:2008/07/31(木) 21:58
初めて書き込みます。
母が胆管ガンを患い5年目になります。
04年 1月 胆管細胞癌が判明、切除
06年11月 再発が判明、大きく2ヶ所あるも切除。術後、化学療法を予定するも、発熱(原因特定できず)により実施できず
07年11月 食道静脈瘤により吐血。複数箇所に再発を確認(多発性胆管癌)
07年12月 ジェムザール投与を開始も投与後の副作用(39℃台の発熱)で中止、再開を繰り返す。腹水が発生。
08年 1月 主治医より化学療法が有効とならなければ予後1年と伝えられる(本人、家族同席)
08年 4月 主治医より「積極治療の中止、緩和ケアへのシフト」を伝えられるが、拒否。PET、MRIで腹膜播種、リンパ管転移が確認される。TS-1の投与を開始も、本人の軽い自覚症状(軽いめまい:副作用かは不明)により、効果判定に期間までは継続できず
08年 7月 食道静脈瘤により吐血(2度目)翌日、高アンモニア血症など一時肝不全(肝性昏睡)の状態となる。2日後、通常の意識を取り戻す。約1週間絶食、今日からアミノレバンを経口で服用

これまでの経過は以上の通りです。2度目の吐血(食道静脈瘤)で、主治医より「化学療法は適用困難。緩和ケアへ」と再度言われました。
吐血(2度目)までは、①毎日の発熱(約20時間サイクル、平熱が35℃前半と低く36℃台後半で発熱を感じ、全身の倦怠感回避の為にロキソニンを服用)②腹水の発生(利尿剤でコントロールできている)
といった症状で、食事もとれており、抗がん剤治療の機をうかがっていました。
しかし、今回ばかりは本人含め、一時昏睡状態になったこともあり、今後、積極治療をしていくことに強い意志を持てていません。
医師からも上述の通り、緩和ケア/対症療法を勧められています。
大学病院であり、化学治療が適用外である以上、早期の退院を告げられます。

家族(息子)として母の「積極治療」の道を探っています。
本文章では現状、経過の具体的内容を伝えきれていませんが、上記を経過から何らかの方策が考えられるという方には、
何卒ご教授いただきたく存じます。





279 名前: りりー 投稿日:2008/08/01(金) 23:12
KJさん、お気持ちお察しいたします。
私の夫も先日吐血いたしました。緩和ケアへの移行も勧められています。今までPTCDで収まっていた黄疸が悪化しているのに加えて、血小板の値が異常低下しており、病院で輸血して様子をみています。そのため化学療法も出来ない状態です。
夫は北米で治療をしているため、日本の治療の現状などがわからないのですが、夫の担当医からTarceva(タルセバ)の服用を勧められています。
http://www.1ginzaclinic.com/tarceva.html
通常は肺がんなどに有効な新薬で、保険でカバーされない問題もあり、夫の肝臓が次第に機能しなくなって来てるため、薬を飲むことに不安はないとはいえないですが、夫が積極治療を続けたいという意思があるのであれば、服用を始めさせたいと考えてます。
医師によると、タルセバ単独の副作用では、通常の化学療法の薬剤と違って血液や免疫などへの影響は比較的少ないといわれており、もし回復の兆しがでてきて、化学療法が可能な状態になった場合は、ジェムザールとの併用することで、効果をあげることも可能かもしれないといわれました。
日本とは医者の対処法もちがうかもしれないですが、参考にしていただければ幸いです。

280 名前: ミナミ 投稿日:2008/08/01(金) 23:29
先日私の母は胆管癌であの世に旅立って行きました。13時間の手術をして全て切除しても4ヶ月目に再発すでに末期だと言われ3ヶ月であの世に旅立って行きました。まだ頭が混乱していて何も考えられませんが同じ病気の人の役にたてればと思い投稿しました。何か聞きたい事があれば何でも聞いて下さい。


281 名前: ☆あさ☆ 投稿日:2008/08/02(土) 16:17
私の父は63歳現役の会社員で胆管癌になってしまいました。
明現在入院している病院は、胆管癌の手術歴が年に数回程度と少なく、
セカンドオピノンについてや胆管癌の全国の名医情報など
お聞きしたいと思いこの掲示板に書き込みさせていただきました。

4ヶ月前くらいから皮膚のかゆみが日に日に増し赤い湿疹が全身に出てきて、
3ヶ月前に大学病院の皮膚科にいくとストレス性の湿疹といわれ飲み薬と塗り薬を処方
されましたが、一向になおらず血液検査をお願いしたにも関わらず、外来担当の女医は
血液検査などする必要が無いといい、再び違う種類のステロイド剤を処方されました。
インターネットで症状を検索して、もしかすると肝臓が悪いのでは・・と思い
血液検査を依頼したのに、その医師は「肝臓から皮膚のかゆみの症状はおこらないから、
おかしい」と言いました。今でもその医師には憤りを感じています。
別の医師が外来担当しているときに、血液検査をお願いして通院して5回目で
やっと検査してもらうことができました。
数値が大変悪く急遽3日前から検査入院をしています。
そして現在に至ります。
家族が癌患者になるなんて思ってもいませんでした。
これからどうしたらいいのか、不安です。
何かアドバイスいただけると幸いです。



282 名前: たり 投稿日:2008/08/03(日) 23:41
あささん、
お気持ち凄く良く分かります。
私の母も、最初に異常を感じて行った病院では、風邪と診断され、
抗生物質を処方されただけでした。
それでも良くならなかったため、違う病院へ行ったところ、癌が発見されました。

母が癌だと診断された時は私が一人で話を聞いていたため、
絶望感はとてつもないものでした。
まさに目の前が真っ暗になるようでした。

それから母は環境の整った病院へ移り、手術、退院、、と
比較的順調に進み、今は家におります。
抗がん剤を使用し、日常生活は問題なく送っております。

手術前のCA19-9の値は800近くありました。
それがこんなに回復するとは、びっくりです。
少しでも、できれば何十年でも長生きしてほしいと願っています。

あささんも今は絶望されていることだろうと思います。
私もしばらく何もする気になれませんでした。
でも諦めたら終わってしまいます。
完治するのは難しい病気ですが、回復はできます。
心が負けない事が本当に大事です。
病は気から、です。

今は無責任に聞こえるかもしれませんが、
頑張りましょう!!!^^

283 名前: 高橋 投稿日:2008/08/04(月) 07:36
私の母も胆管ガンです。黄疸がでてから4ヶ月がたちました。薬の効果が認められず、再入院しております。
不安でいっぱいです。
ミナミさんのお母様は3ヶ月間どのような症状が現れたのでしょうか。
つらいことをほじくり返すようで申し訳ありません。


284 名前: ミナミ 投稿日:2008/08/04(月) 21:16
高橋さんこんばんは。私の母は手術後飲み薬の抗がん剤でしたが肝臓の転移がわかってからは飲み薬+点滴の抗がん剤でした。月1回一泊二日を三回やりましたが腫瘍マーカーが上がり続けて違う抗がん剤に変える予定でしたが全身の倦怠感で自宅で寝たきりになり病院に入院して四日目で亡くなりました。ほんとにあっけない死でした。一週間前には一緒に買い物にも行けたしご飯も食べに行けたのに…人それぞれだとは思いますが高橋さんもご両親と居れる時はずっと一緒にいてあげて下さいね。

285 名前: 高橋 投稿日:2008/08/06(水) 07:28
ミナミさん、ありがとうございます。大変な驚きです。がん患者は苦しんで苦しんで、最後は寝たきりになり亡くなっていくイメージがありますがミナミさんのお母様のような静かに亡くなる方もいらしゃるのですね。私の母も抗がん剤の効果が現れず、倦怠感に悩まされ最近では寝ていることが多くなりました。自分の中では「まだまだ大丈夫だな」と思っていたのですが、ミナミさんの投稿を読んでなんというか、ハットするようなショックというか、今を大事にしないといけないなーと思いました。
とても参考になりました。
私の母は、食欲がおとろえ、あぶらものを控えるという食事制限もあり、どんどん痩せてしまい今にいたっております。食事についての何かアドバイスはいただけますでしょうか。それと、ミナミさんのお母様は、痛みは無かったのでしょうか、またまたつらいことを思い出させてしまいまして申し訳ありません。

286 名前: ミナミ 投稿日:2008/08/06(水) 11:51
高橋さんこんにちは。ほんとに人それぞれだと思うので参考だけにして下さいね。私の母は肝臓の転移がわかってからは腹痛と背中の痛みに悩まされてました。でも激痛ではなかったので我慢してたようです。食欲はなかったのですが体力が無くなると言い食べたいものを食べられるだけ食べてました。高橋さんのお母さんも食べたいものを食べさせてあげて下さい。病院に入院してた四日はとても苦しみました。それをみてたからかはわかりませんが今は母は痛みもなくゆっくりしてるのかな…と思っています。高橋さんも今が一番辛い時だと思いますが頑張って下さいね。私に出来る事があれば何でもしますよ。

287 名前: 高橋 投稿日:2008/08/08(金) 16:20
ミナミさん、ありがとうございます。ミナミさんのお母様は、入院後苦しまれたようですが、容態が急変されたのでしょうか?
いろいろ参考になります。ほんとうにありがとうございます。母の病気がわかったときは、一緒に死んじゃおうかー、とも思ったのですが、何とか立ち直り母を見守っております。抗がん剤治療を始め、なんとか効いてくれればいいなーと、望んでいたのですが、効き目がなく、抗がん剤を変えようとしたところ血小板の数値が下がってしまい、数値が回復しないうちは、治療ができないとのことで、今は入院中です。苦しいですね。

288 名前: ミナミ 投稿日:2008/08/08(金) 17:28
高橋さんこんにちは。高橋さんの気持ち良くわかります。私も母が転移…余命を告げられた時には母の前では泣けず家に帰って毎日泣いてました。母は転移してもまだ何年かは生きていける!と自分では思っていただけにみてるのがとても辛かったです。病院に入院してからは先生の話しでは後1ヶ月…段々衰弱してって…と言われたのですが、入院した次の日から右足左腕の麻痺で自分で立つ事が出来なくなり座る事も出来なくなりました。だるくてだるくてといい3日間は寝る事も出来ませんでした。亡くなる三時間前までは普通に話してご飯も食べました。強いて言えば最後の方は体温調節が出来ず熱を出したりした日がよくあったと思います。先生の言うように後1ヶ月はと思っていたので何の準備もしてなく母に優しい言葉もかけてあげなかったのがとても後悔です。高橋さんは後悔しないようにお母さんに優しくしてあげて下さいね。

289 名前: 高橋 投稿日:2008/08/12(火) 13:06
ミナミさんありがとうございます。内輪なお話をしたいのですが直接メールいただけませんでしょうか。
母の感情面などのお話をしたいのですが。

290 名前: ミナミ 投稿日:2008/08/12(火) 16:29
高橋さんこんにちは。お母さんの具合はどおですか?書き込みがないので心配してました。このサイトのシステムが良くわからずメールの仕方がわからないのですがどのようにしたらよいのでしょうか?

291 名前: 高橋 投稿日:2008/08/13(水) 15:49
ミナミさんへ
母はお盆までには家に帰りたいと言っておりましたが、まだ病院です。「高橋」をクリックすると私あてに返信ができます。ミナミさんは頻繁にこの掲示板を見ていただいているようで、とても感謝しております。私の大きな心の支えになりつつあります。

292 名前: あすか 投稿日:2008/08/25(月) 22:35
はじめて書き込みします。
今までこの現実を文章化するのがためらわれ、この掲示板を拝見させていただくだけでしたが、現在、闘病中の父に娘として何ができるのかを考えたいと思い、同じ病気と闘う方々にアドバイスいただきたく、思い切って書き込んでみることにしました。

父(63歳)が胆管がんと診断され、現在3ヶ月が経過しました。
今年の4月末ごろから黄疸と湿疹が出始め、病院に行くと即入院ということになりました。
胆汁を流すための手術を2回(チューブ、ステント挿入)行いましたが、がん摘出手術は部位的に不可能と言われ、余命1年と宣告されました。
余命を知っているのは私と父方のおば夫婦だけで、父母にはがんという事実だけ伝えています。
1ヶ月ほど入院しましたが無事退院し、現在は通院(ジェムザール投与)と飲み薬(TS-1)で治療しています。

私はひとりっ子ですが、仕事の都合で親元から離れて暮らしており、実家では父と母のふたり暮らしです。ただ、母は手足が少し不自由で、家事はほとんど父がしてきました。
父の入院中、また、この数ヶ月で母も入院することがあり、その間は実家に戻り私が家事をし、実家から仕事→病院にも行っていましたが(仕事も融通をきかせてもらっていました)、今は父も比較的元気でいてくれるので、以前と同じような生活をしていました(平日はふたり暮らし、週末は私が戻って家事をするという形です)
母退院後は、今後のことを考え、母の病院を通院しやすい病院に転院させたり、介護保険の申請やリハビリの申請などをしたりとあわただしい生活をしていました。

しかし、昨日から父が腹痛を訴えだしました。あまり痛みを口にしない父がずっとうなっていたので心配です。あまりひどいようだったら病院に行こうと言いましたが、痛みに波があるらしく、今も病院に行っていません。明日の朝、通院予定があるのでそこで診てもらえると思っていますが、この痛みががんそのものの痛みなのか、副作用によるものなのか、判断がつきません。
そして、今後痛みを発した場合、家族として何もしてあげられることはないのか不安です。

平日、毎週そうそう何日も仕事を休むわけにもいかず(会社は現状を理解してくれてはいますが)、結局父をひとりで病院に行かせ、また平日は食事の用意までさせてしまっている現状に、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
がん患者がいらっしゃるご家族の多数は、病院への送り迎え、家での看病なども手厚くなさっているのだろうと思うと(そういうHPを多くみました)、とても自分が薄情に思え、情けなくて泣けてきます。
仕事をやめて実家に戻ろうか、などとも考えますが、働けるのは私だけなので、収入の安定している今の仕事をやめるわけにはいきません。

今後、父の病状は進行していくでしょう。その中で私はどうしていけばいいのだろうという不安に押しつぶされそうになります。

支離滅裂な文章で申し訳ありません。似たような経験をされている方がいらっしゃれば、ぜひご意見を聞きたいと思います。
よろしくお願いします。


293 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/08/26(火) 09:07
>>292
あすかさん、お父様とお母様のご病気が重なり、大変ですね。
どうかお一人で抱え込むことなく、おば様やヘルパーさんの力をどんどん借りて下さい。
お父様の病状が許すのであれば、できるだけ普通の暮らしを続け、家事もしていただくのも良いと思います。
あすかさんご自身、仕事も看病もしない「息抜き」の時間を積極的に作ることを心がけて下さい。

森津純子『「がん」になったら真っ先に読む本』に、離れて暮らす患者家族へのよいアドバイスがあります。
http://www.moritsu.jp/index.htm

母(胆嚢癌)は最期まで独居でした。
私は在来線で3時間、妹は新幹線で3時間以上離れて暮らしていました。
私はフルタイムで働いており、融通は利かせてもらいましたが、結局、介護休暇を取ることなく仕事を続けました。
さいわい、主に通院していた病院は患者の自宅から徒歩圏内でしたが、遠方の医療機関にも、新幹線や飛行機を利用して、何度も付き添いなしに一人で行ってもらいました。
振り返って、もっと母とともに過ごす時間を多く持てばよかったと思うこともありますが、たとえば私が仕事を辞めることは母の望むところではなかったと思います。

↓のサイトでもおわかりのとおり、痛みに対しては痛み止めのお薬がいろいろあります。
http://www.ne.jp/asahi/get/di/mano/
「家族として」できるのは、お父様のご希望にもよりますが、背中をさする、なでる、あんかやカイロで痛いところを温める、逆に氷嚢で冷やす等だと思います。

治療に関しては、ジェムザール+TS-1の次にどんな薬が使えるのか、予め確認しておくのがよいでしょう。
病院によっては「次」がなく緩和ケアだけを勧められる場合もあります。
診察に同行できなければ、お父様ご自身に尋ねていただいてもよいでしょうし、FAX等で主治医と連絡をとる方法もあると思います。
こちらのサイトはご覧になっていますか。
「がん患者のあきらめない診察室」
http://2nd-opinion.jp/


294 名前: みんみん 投稿日:2008/08/26(火) 22:17
わらをもすがる思いでこちらに流れ着きました。

父58才が肝内胆管がんです。

昨年の9月診断
今年の1月手術切除は成功だったが・・
今年の8月再発
すでに治療法なしとのこと・・・

何か教えていただけるかたがいたら宜しくお願いします。
費用はかかってもかまいません。
すでに痛みが激しく座薬を入れて数時間寝るといったところです。
宜しくお願いします。


295 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/08/27(水) 21:20
>294

>すでに治療法なしとのこと・・・

完治という意味ならばそのとおりかもしれませんが、
延命という意味ならば違うかもしれません。

このトビの中でも出ていますが、ジェムザールやTS-1、
または、両者の併用により、「平均的」には延命が期待できます。

ただし、これらの抗がん剤には、当然、副作用もありますから
全身状況があまりに悪いと使用できません。

また、「平均的」には延命が見込めますが、逆に、寿命を縮めて
しまう可能性もあります。
(「平均的」には、延命が寿命減少を上回りますが)

よく主治医のご意見を確認ください。

296 名前: KJ 投稿日:2008/08/27(水) 21:43
>リリーさん
貴重な情報を頂きながら、返信が遅くなり大変申し訳ありません。
現在母は、アンモニア濃度が高くなるなど依然不安定な状態で、アミノレバン500ml/日の点滴を継続中です。
まずは肝機能を安定させ積極治療の機を伺っていきたいと考えております。
希望をいただきました。心強いメール有難うございます。

>あすかさん
私にとっては、医師に現状を納得するまで聞いて理解することが、不安の解消に繋がりました。
気になることがあれば、即座に対応されるべきだと思います。
主治医の所属する医局(受付)を通して、処方を直接聞いたりすることはよくあります。

性別の違いはありますが、私も親元から離れており、似たような境遇にあります。
お父様は現在のあすかさんの献身的な姿勢に心から感謝され、助けられているはずです。
行動自体がお父様を勇気づけ、気持ちを奮い立たせ、お父様自身の治癒力を高めているはずです。
お父様が育ててきたあすかさんの「今」を削ってまでのことは望まれていないのではないでしょうか。
できる範囲で、できる限りのことをされることが、いま一番必要なことでは、と考えています。
いまの姿勢で十分だと思います。大変な状況ですが、どうか自身もご自愛なさってください。




297 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/08/28(木) 12:21
>>294 みんみん様
当方、素人ですが…

もし再発が局所に限定されているのであれば、ピンポイント放射線療法(ノバリス)の適応がないか検討されては如何でしょうか?
http://www.novalis.co.jp/

化学療法については、
がん患者のあきらめない診察室
http://2nd-opinion.jp/
左側サイドバーの「がんの治療情報」→「肝、胆、膵臓がん」→
「〈他の病院ではどんな治療をしているのか?~膵臓、胆管、胆嚢がんの場合〉」
等が参考になると思います。

298 名前: みんみん 投稿日:2008/08/29(金) 00:41
ありがとうございます。
もちろん延命のみでいいと思っています。
完治は無理ですから・・・。
ノバリスのほうは部位的に無理でした。
あれだけ痛みが強いと治療なしでは数カ月しかもたないのでは・・・
と心配しています。
現在入院はしていないのですが・・・。
他のかたはどのような状況だったでしょうか?
失礼なことはを聞いてしまってすみません。
延命治療が期待できないみたいなので余命が気になってしまうんです。
一日でも長生きしてほしいだけなので・・・。
本当に私の寿命をあげたいのですが・・・。

299 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/08/30(土) 06:43
>298

痛みについては「原因」はどのように説明を受けていますか。
また、どのような治療(例えば、疼痛緩和薬の種類)を受けていますか。
がんによる痛みについては、きちんとした疼痛緩和治療により
大部分の人が「苦しまない程度」には緩和できるといわれています。

こちらのほうも確認されてはどうでしょうか。

300 名前: おかばぁば 投稿日:2008/09/01(月) 02:03
初めて書きこみさせて頂きます。52才札幌在住の主婦です。
私も3年前に肝門部胆管癌で手術しました。20時間の手術、翌日には12時間の
再手術でした。ジェムザールとTS-1で治療開始したのですが、副作用がツ
強く丁S-1を中止し、ジェムザールでのみの治療をして来ましたが、
昨年5月にリンパ節に再発しました。他に転移がなかったので、
放射線治療をしました。北海道大学病院、放射線科の白土医師考案の
動体追跡照射法(ピンポイント)と言う方法で癌を叩くのです。
私の場合十二脂腸に3ミリの金の玉を刺入させて、照射部位を絞り込み治療しました。
この治療で癌が消失しました。その後もジェムザール治療を続けていましたが
今年4月に再々発していました。癌を告知されてから3年の月日が経っていますから
繰り返す入退院も、再発も、再々発も、想定ないの出来事と受け止める
力を付け居ます。余命宣告も何度となく受けていますが、
結構しぶとく生きています。
現在はジェムザールとTS-1て治療を開始しました、前回のような副作用もなく
わりとスムーズに治療しています。腫瘍マーカに出ずらい癌なので
毎月CTを撮り、3ヶ月事にペット検査を受けています。
8月の検査では癌が小さくなっていました。
抗癌剤が効いているのでしょうね。
後は自己免疫力だと思っています。中々前向きになれない時もありましたが
人生何が起こるか解りません、病気とか、病気でないとか、関係なく
必ず出来なくなるときが来ます、だから私は、しなければならないこと、
やりたい事を先延ばし、しないで行動しています。
色々考えたら悲しくて、辛くて、不安になりますが、
私が笑顔でいる事が、家族が一番喜ぶので、笑いと、ユーモアを心がけています。
後は主治医や医療スタッフといい関係をつくり、自分らしく生きる事を
お手伝いしてもらっています。
私の主治医は積極的に治療する先生で、何時も私に「諦めるな」と声掛けしてくれます。
みんみんさん、お父様をサポートする事はとても心を疲れさせてしまいます。
お父様の心、考えを良く聞いてあげてくださいね。
どんな選択をしても後悔はします。
でもお父様の納得が、家族にとっては心の癒しになります。
がんばって下さいね。


301 名前: あすか 投稿日:2008/09/03(水) 23:45
私の書き込みに対し、あたたかいお言葉をいただき、ありがとうございます。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

先日書き込んでいた父の腹痛は、胆管炎によるものでした。
通院の日に先生に診てもらった結果、すぐにでも入院といわれ、1週間ほど入院していました。
入院中に以前挿入したステントにさらにプラスチックのチューブを通すという手術をしました。
ステントで半年~1年はもつ(胆汁のつまりを防げる)といわれていただけに、3ヶ月半ほどで
つまってしまったことは、父も私もショックでした。
昨日無事に退院し、また通院の生活が始まります。

>293様
 的確なアドバイスをいただけて嬉しかったです。ありがとうございます。
 お言葉には、最近責めがちだった心が救われる気がしました。
 ここ1週間というもの、今までになく心が不安定になってしまっていました。
 気分転換が必要と思っても、自分だけ楽しむということに罪悪感を抱いて
 しまっていました。これからは、父を支えていくためにも、自分をしっかり
 保っていくための努力をしようと思います。
 ご紹介いただいた本は、本屋で探してぜひ購入しようと思います。

>KJ様
 あたたかいお言葉、ありがとうございます。叱責されるかも、と思いながら
 文章を書いていたので、心にしみました。
 今回、父の腹痛で病院に付き添わなかったため、心配ではじめて病院の主治医に
 電話をし、今までの経過や今回の診察結果を確認しました。
 原因がわかったことで、かなり気持ちが落ち着きました。
 今までは「経過が聞きたかったら通院の際に付き添って聞け」といわれるのでは
 と思ってしまい、ためらっていましたが、これからは気になったらすぐに聞こう
 と思います。 

302 名前: みんみん 投稿日:2008/09/08(月) 22:46
色々アドバイスいただきありがとうございました。
特におかばあばさまは父の状況と似てる部分があり
なんといいますか・・・
心が固まってしまい、いつもはせっかちですぐにメールでも返信する私ですが
なかなか、こちらに書き込む勇気すら出ませんでした。
なんででしょうか?
きっと現実から逃げようとしていたんだと思います。
皆様からのご意見はとても嬉しく、みなさん優しい方たちなんだなぁと
毎日思って見ておりました。
でもなかなか書き込む勇気がでず、皆様の優しいお気持ちを裏切ってしまったようで
ごめんなさい。

父のほうですが一度目の手術から1年近くたち、転移してるのは膵臓なのですが
父は手術を嫌がっています。
私はおかばあばさんの書き込みを見てから、やるしかないと思い
あきらめずに手術をしてほしいと言ったのですが
本人曰く、「これから手術してから回復するまでの2,3ヶ月が自分にとっては5年に値するんだ!」
とのこと・・・
うーん。
どうしたらいいのでしょうか。
何か似たような体験の方教えてください。



303 名前: おかばあば 投稿日:2008/09/08(月) 23:46
みんみんさん、辛いですね、代わってあげたいと思ってしまいますよね
でもお父様はキツト自分でよかったと、思っていますよ。私もそうですもの
ベットに繋がれ延命に生きるか、残された時間を、自分らしく命豊かに、心残り無く生きるかは、やはり
お父様の問題であり、家族さえ入りこめない問題です。見守るしかないのかも
お父様の思い良くわかります、又家族の戸惑いも
人間の命は神に属するもので、命を数える事も、知る事も出来ません
ただ病を与えられて、自分の命の終りが近いと感じたて生きる私達は、
とても、脆いところと、とても強い部分を持ちあせると思います
私はもう手術が出来ません,死んでも良いから手術をしてて欲しいと
訴えましたが,『手術場で死んでしまうよ、全く勝算がない』といわれました。
私の前回の手術じたい日本では認められていなく、医学会では随分叩かれたようですが
結果オーライであれば患者にとっては最高ですよね。
癌で心まで蝕まれている,患者、家族を今の医療は救っているのかなと
思うこともシバシバあります。
みんみんさん、お父様がどのような選択をしても、尊重しサポートしてあげて
下さいね。けしてお父様はご自分の事だけを考えて、今後の選択をしないはずです
愛する家族の事を一番に考えて治療を選択するはずです。
諦めではありませんよ、どちらも『生きる』ことです。
悲しみや、苦しみが、笑顔に変り前向きになられます様にお祈りしています。

304 名前: MT 投稿日:2008/09/11(木) 12:20
初めて書き込みいたします。私の母(70才)は、今年の6月に胆石の手術を
したのですが、疑わしい組織があるとのことで検査をしたところ胆嚢癌が見つ
かりました。そのとき、担当の医師からはステージ3であることが告げられました。
再度手術をし胆嚢を全部とリンパ節を取り除きましたが、他の臓器は全くいじってい
ないようです。そのごリンパ節の精密検査の結果では、転移はなさそうということで
一安心しておりました。しかし術後2ヶ月が経つのにまだ、微熱が続ており、抗生剤を投与し
ても血液検査の結果は良くなっていないそうです。担当の医師も相当苦戦して
いるようで微熱の原因が全く分からないようです。そして昨日の定期検診で、医師か
ら肝臓に転移している可能性を考えて抗がん剤のティーエスワンを使うので
再度(一週間程度)入院するように言われました。これは、転移しているの
は確実と医師は見ているのでしょうか?
それと、抗がん剤と聞くと直ぐに副作用は?と直ぐに考えてしまうのですが、
どなたかティーエスワンの副作用について詳しく教えていただけないでしょう
か?不安ばかりが募ります。

305 名前: みんみん 投稿日:2008/09/11(木) 20:49
おかばぁばさま
お返事ありがとうございました。
この数日で内容が激変してしまいました。
父に手術をすることも説得できました。
もしかしたら本当はやりたかったのかもしれません。
おかばぁばさまの文章も見せました。
本人もやる気になり、すぐに入院することになりました。

しかし、転移が多く、放射線も無理
手術も無理
既に末期とのこと・・・

結局ジェムザールだとおもうのですが
点滴をするため1週間入院し
その後通院で通うことになりました。
本人も、「もうダメだな」と言い出しました。
私は「ダメってどういうこと」か聞きましたが
父は黙っていました。

だめだ。もう泣いて書けない・・・・・

ジェムザールっていったいどれくらい延命できるんでしょうか?

これからのことを考えると、わたしはダメですよ。
あたまがもういっぱいいっぱいです。

文章メチャクチャです。
すみません。



306 名前: おかばあば 投稿日:2008/09/12(金) 00:47
みんみんさん辛い現実を受け入れる事は計り知れない悲しみですね。
1人で抱え込むと、みんみんさん自身が壊れてしまいます、心配です。
私にも二人の娘がいます。子どもの気持ちを考えると、癒して上げられる手立てが
なかったことも事実です。その事を深く考え,笑って居ようと決心しました。
人知れず流した涙も、意味の在る事でしたが、私が悲しんでいると、子ども達がもっと悲しみ、
その悲しみを知ると、私はもつと悲しみを深くしてしまい、生きる事自体つらくなった時がありました。
お父様の気持ち、みんみんさんの気持ちどちらも理解できるだけにつらいです。
頑張れとは言えない。前向きになれる事,悲しみを深くしないで、微笑む事が出来るように
祈りますね。
抗癌剤治療、ジェムザールは胆管癌の認可が下りて2年くらいお薬です。
延命の統計的なものはたぶん、ほかの治療薬より少ないと思いますが、注目されていると
思います。と言うより、胆管癌の抗癌剤がこのお薬しか無いのが現状です。
私は2年半くらい使っていますが、再発、再々発を考えるとジェムザールでは効果は
今一つだったと思います。始めは、ジェムザール+TSー1を服用していたのですが
副作用が辛くて中止しました、その後癌が動き出した様に思います。
今年の4月の再々発からまた、ジェムザール+TSー1での治療で開始、
8月の検査では癌が小さくなっていました。
担当医の先生と丁Sー1の事も相談されてみてもいいのでは。
お父様の体力があり、気持ち的にもやってみようと思う気持ちがあるのなら
一つの選択の中に入れても良いのではと思います。
副作用もありますし、リスクはありますが、やってみなければわからないのが現実なのです。
私は余命6ヶ月とこの五月に宣告されて居ます
月が満ち様としていますが、今現在時間稼ぎの状態です、完治は望めません
数ヶ月単位で命と向き合い、主治医からも時間稼ぎしかして上げられないけど諦めないで欲しいと
言われています。その現実を受け入れ1日1日丁寧に生きようと思っています
お父様の落胆は人事では在りません、病との闘いは、自分との闘いでもあります
前向きになれる事が病気に勝つ近道だと思っています。
みみんさんの願いがかないます様に心からお祈りしています。

307 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/09/12(金) 08:17
>>304
MTさん
ティーエスワンについては、国立がんセンターガン情報サービスのサイトがわかりやすいと思います。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/qa_links/qa/kouganzai/m016.html
副作用は個人差が大きいようですし、服用量にもよるようです。

308 名前: MT 投稿日:2008/09/12(金) 09:18
>> 307
どうもありがとうございます。早速見てみました。
とても分かりやすく大体の様子が分かってきました。
自分でもこれから、色々勉強してみます。
母に強い副作用が出ないことを祈るばかりですが、副作用を
緩和するような、何かいい方法は無いものですかね?



309 名前: みんみん 投稿日:2008/09/12(金) 22:58
おかばぁばさま
ありがとうございます。
家族よりつらいのは患者だということ・・・忘れていてハッとしました。
自分の本当の家族では無く
似たような状況の違う家族の親子が
本心を語り合うなんてことは非常に珍しいことですね。
こんなに状況が似てるとは知りませんでした。

おかばぁばさんの
娘さんたちもつらいけど
限られた濃厚な時間を過ごすことができて
きっと幸せだったと思える日が来ると思います。
精一杯生きた時間は何より貴重な思い出です。

おかばぁばさんは幸せです。
だって、誰にもそんな事も思ってもらえない方も沢山いるんです。
家族に見守られ、支えられながら・・・
それってある意味とっても幸せです。
そう思いませんか?

また、私も相談するかたがいて幸せです。
ひとりじゃないから。

よしっ!
点滴でがんばるぞっ!
父は体力はあるけど
男のくせに根気がなくて痛みに弱いです。

またちょこちょこおじゃまします。
おかばぁばさまも一緒にゴー!です。
ありがとうございました。




310 名前: おかばあば 投稿日:2008/09/16(火) 19:30
みんみんさん返信ありがとうございます
札幌在住の私は、3泊4日で東京へ行ってきました。
とても楽しかったです、したい事を先延ばしせずに行動しています。
みんみんさんの言う通りです、とても幸せです。
病気をしてから特にそう思えますね。
何気ない毎日が、当たり前の朝がとても素晴らしい事だと思っています
家族に感謝し、かかわって下さる全ての方に感謝しています。
みんみんさん、とても素晴らしい所に気付かれましたね。
全力でお父様わ支えてあげてくださいね。
手術や治療ばかりに心を捕われず、心を大切に。
生きた証を立てられる様に命と向き合ってくださいね
何時も、お祈りしていますからね。

311 名前: みんみん 投稿日:2008/09/20(土) 15:36
またまたこの場を借りて・・・

こんにちは
おかばぁばさま
東京に行ってたのですね。
旅行ができるなんて元気ですね。
うちの父は旅行は難しいかな?

今週から点滴の様子見で父が1週間だけ入院しました。
副作用が吐き気などあると、こちらで読んでいたのですが
大丈夫なようで安心しています。
副作用がないので喜んでいたら
「効くかどうかだ」と、父が言うので
「めちゃくちゃ効くと思って受けたほうが効くんだよ」と言いました。

おかばぁばさんも今、幸せだと思っているというのを読んで安心しました。
それでは病気のほうも逃げていくでしょうね!!
気の持ち方はとても大事ですよね。
うちの父も見習ってほしいものです。





312 名前: さち 投稿日:2008/09/22(月) 14:49
MTさま・・母がTS-1を2週間飲んで2週休みのクールで、
約半年ぐらいたちます。どんな副作用が出るのか不安でした。
現在、気になる副作用は下痢と食欲がないことですね。
少しでも多く食べて欲しいと、いつも願っています。
わずかに食べた栄養が、癌にとられてしまっているのか、
骨と皮だけになりお風呂に一緒に入ると、涙がでてきます。
下痢のほうは、したいって思ったら我慢ができないようで、
失敗することがありますが、あまり多くはありません。

人によって副作用は、まちまちでしょうが母はあとはほとんどありなせんよ。
MTさんのお母様も、副作用が少なく少しでも癌をやっつけて、
元気になることを祈っています。

313 名前: りりー 投稿日:2008/09/24(水) 06:55
今月8日、夫が他界いたしました。病気が判明してたった7ヶ月。一度もよいニュースがなかったのに、自分はがんばっているんだと言って最後まで癌と戦っていた夫を誇りに思います。

こちらの掲示板では色々な方にアドバイスを頂き、お世話になりました。みなさんの大切なご家族・ご友人が快方に向かわれることを心からお祈りいたします。

314 名前: Meek 投稿日:2008/09/24(水) 17:13
>>313 りりーさん
夫君のあまりにも早い旅立ちに、おかけする言葉もございません。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
太平洋の両岸での闘病は、さぞかしご苦労が多かったことと存じます。
リリーさんご自身お疲れの出ませんよう、くれぐれもご自愛下さい。
うちは間もなく百箇日を迎えますが、まだまだ卒哭にはほど遠い気分です。

315 名前: みんみん 投稿日:2008/09/25(木) 00:14
りりーさん
ここにいるみんなが仲間ですっ!!


316 名前: かおりこ 投稿日:2008/09/27(土) 21:43
はじめまして。
母(65歳)が1ヶ月前に胆嚢癌と診断されました。
肝臓に3ヵ所とリンパ節に転移しています。
手術が不可な為抗がん剤(ジェムザール)を一週間に1度それを3回やって
2週間休んで1クールというパターンでみていくことになり、
ただ今1クール目です。

2週間前に痛みがガマンできずに病院へ行き、モルヒネを処方され、
それ以後モルヒネを飲んでいます。1番少量のものと言っていました。
その副作用で便秘が酷いようで、下剤と座薬も使っています。

その症状以外は母はとても元気です。
普段通りに食事を作り食べ、趣味の編み物をし、週一回の編み物教室にも通い、
買い物もしています。
体重の減りもなく元々メタボ気味だったので
とてもあの体の中に癌が巣食っているなんて信じられません。

母はまだ元気なのに「65歳まで生きたからもう十分だよ」と言い出し、
死への覚悟を着々としています。
私は母のいる地元を離れて暮らしており、自分の家族もいる為
なかなか実家に行くことが出来ずもどかしいです。
皆さんと一緒に頑張りたいと思っています。



317 名前: こじか 投稿日:2008/09/29(月) 18:56
久しぶりに書き込みます。総胆管ガンから肝臓への転移と進み、
余命半年から1年と言われてから1年半のおふくろ。

その間、ジェムザール等で対処し、副作用もなく平穏に通院
治療し、孫と一緒に自然公園でバーベキューしたり、幼稚園の
運動会で父兄用の種目に参加したりと非常に順調でした。
そんな矢先、2週間前のCT検査で、転移腫瘍の大きさが5センチ弱
に大きくなっていると言われました。

主治医は、現時点では有効な治療方法はもうないと言ったらしく、
本人はかなり落ち込んでしまいました。
自覚症状もなく、いたって元気なんですが。
今週の診察で、今後の治療方法を伝えるとのことですので、
私も仕事を休んで、説明を聞きに行こうかと思っております。

個人的には、「ラジオ波焼灼法」など検討の余地はないのか、
「有効な治療方法がない」というのが、設備的に対応できない
ということなのか、などなど本人に代わって詳しく聞きたいと
思っています。

318 名前: みんみん 投稿日:2008/09/29(月) 22:44
うちもこじかさん、かおりこさんと状況がよく似てます。
でも痛みが かなり強くボルタレンの座薬を使っていますが
3,4時間しかもたないそうです。

よその病院ではどのようなものなのか是非参考にしたいので
ご報告できるお時間ございましたら待ってます・・・。

319 名前: こじか 投稿日:2008/10/02(木) 19:33
こじかです。317で書いたとおり、今後の治療法を聞いてきました。
結果は、ジェムザール+シスプラチンで行ってみようということになりました。
ただ、これまでの1日通院と違い、1回の治療に3日程度の入院が必要ということでした。
シスプラチンが腎臓機能に影響を及ぼすらしく、水分を多量に摂取する必要があるためとのことでした。
本人は、これまでの治療パターン(週1回、3週行って1週休み)で行きたいと訴えてましたが、無理
ということで。。。
まぁ、それでも適しているようなら、1回治療して2週程度中を空けるという治療サイクルを想定している
ようなので、そうなるように祈るしかないです。
ラジオ波は、腫瘍の大きさ等から、積極的には勧めないとのことでした。
望めば対応はするというレベルですね。
あとは、前回同様に本人不在の書類のみでセカンドオピニオンを受けるかどうかを、この週末、よーく
考えてみます。
シスプラチンの副作用って、どうなんでしょうね(-_-)

320 名前: こじか 投稿日:2008/10/08(水) 15:58
セカンドオピニオン受診してきました。
ジェム+シスプラチンの選択で行くしかないだろうということで。
ラジオ波については、やはり勧めないということでした。
もともとの肝臓ガンであれば可能だが、胆管癌からの転移腫瘍については、
性質が全く異なるので、ほとんど効果は見込めないということと、健康な
細胞まで影響を及ぼしかねないためということでした。
もともと昨年の春に肝臓への転移が判明してから、余命は半年から1年と
言われていたのが、しっかりと新年を迎え、さらに現在までいたって普通
に生活していられるのが、ジェムザールが出るまでは考えられなかったこと
だと。
ここ2ヶ月間で腫瘍が約2倍の大きさになったのは、裏を返せば、本来は
その位のスピードで成長する癌をジェムザールが抑えていたのだと。
ある程度の期間を経過すると、効力が落ちるというジェムザールの欠点が
出てきたのではないかと。
シスプラチンの副作用は個人差はあるものの、70歳ぐらいで、体力があれば
しばらくは大丈夫じゃないかということでした。
いずれにせよ、我が家にとってはこの年末にまたひと山です。
無事に新年を迎えられるのか。
本人にも強い意志を持ってもらいたいものです。

321 名前: かおりこ 投稿日:2008/10/09(木) 23:11
こじかさんのお母様はジェムザールで1年半もおさえていられたのですね。
私にとってはたとえ1年半でも延命できるのなら嬉しいです。

うちの母もジェムザールの副作用もなく、返ってスッキリすると言う位、
体質に合っているようなので、、、
母はこの週末に、私の子どもの運動会を新幹線に乗って見に来てくれます。
いつまでもこの状態が続けばと願わずにおれません。

322 名前: みかん 投稿日:2008/10/10(金) 15:51
別のところへ書き込みをしてしまったのですが
私の父も胆管ガンで余命3ヶ月から半年と宣告され、8ヶ月目を迎え様としております。
現在は、ジェムザールと免疫細胞療法(保険適用外)を行っていて
状態としては治療を始めた頃と同じで、良くも悪くもなっていないです。
食欲もあり、医者の許可を得て、ゴルフのコースもまわりました。
治療の効果がどの程度までもってくれるのか・・
検査を行うたびに本当に不安でおしつぶされそうになります。
かおりこさんと同じく、このままの状態が少しでも長く続き、少しでも長く生きていて欲しい・・と願うばかりです。


323 名前: こじか 投稿日:2008/10/10(金) 19:02
ジェムザールで1年半抑えていたのは確かですが、実は独自にアロエベラジュース
も飲ませてます。あまり言うと宣伝の片棒を担いでいるように思われるのも
嫌なので書きませんでした。
たまたま、親戚で頭のうすい”はっきり言うとハゲ”おじさんが、アロエベラジュース
を飲み始めたら髪の毛が生えてきたのを見てしまったので、少しは効果がある
のかなと思って。
抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けるのを少しでも抑えられたらいいな、くらいの
気持ちでした。
科学的な根拠は何もないし、結構高いのできついですけど。。。
でも、これまでにこれといった副作用もなく、髪の毛も白髪は増えましたが、
脱毛は抑えられています。
今回から始めたシスプラチンにしても、まだ特に副作用も出てないようです。
シスプラチン投与は始まったばかりなので、これからどうなるかわかりませんが、
気休めでも少しは効いてると思って続けていこうと思ってます。
あくまでも当方の事例ですので。。。。。

324 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/10/11(土) 09:22
>323

ジェムザールもシスプラチンも、脱毛の副作用はそもそもあまりないことが多いですよ。
気休めになさる分にはかまわないでしょうが、薬の効果を阻害したり副作用を高める可能性もゼロとはいえませんので、主治医には話しておきましょう。

325 名前: みんみん 投稿日:2008/10/14(火) 22:57
うちの父も半分ハゲですが脱毛の副作用はでてません。
まだはじめたばかりですが・・。

免疫療法だかなんか
高い水や、黄色い牛乳の粉など飲んだり
1万円にしか見えないけど●十万円する抗癌チョッキなど買っています。
NHKで特集していたといいますが本当に効果があるのか微妙です。
体温を少し上げる効果があるそうです。
厚着をすれば同じような気がしますが??
本人が気に入って着ているのでこういう商売も成り立つのだなと思いました。
もし自分が同じ立場ならなんでもやりますよ。

最近、父も生きる元気が出てきたらしく
痛み止めの座薬が3時間くらいしか効かなかったのが7時間まで延びました。
やはり病は気から!
気の持ちようって本当に大事です。
あまり痛がらなくなって本当に涙が出るほど嬉しいです!
みなさん あきらめたらダメですよ!!

326 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/10/18(土) 21:57
あるサイトに、胆管癌でも黄疸を上手に処理すれば積極的な治療をしなくても2~3年は生きられると書かれていました。現に私の父も、胆管に金属製のステントを入れるだけで3年近く生きられました。ステントが何度かつまり、そのたびに処置をしましたが。

327 名前: こじか 投稿日:2008/10/19(日) 08:16
>324
私が国立がんセンター中央病院の資料などで調べたところ、脱毛は避けられない副作用
だとありました。
324さんが「ジェムザールもシスプラチンも、脱毛の副作用はそもそもあまりないこと
が多いですよ」というもとになっている資料等をご教示いただけないでしょうか。。。

328 名前: 324 投稿日:2008/10/19(日) 16:39
>327
私自身の経験及び周囲の患者の様子、さらには、主治医から聞いたことが理由ですが

国立がんセンターのHPをみても
http://ganjoho.jp/public/qa_links/qa/kouganzai.html
ジェムザールには脱毛にかかる記載はなく、
http://ganjoho.jp/public/qa_links/qa/kouganzai/i008.html

シスプラチンでは「髪の毛などが抜ける脱毛が起こることもあります」と「こともあります」という表現であり
http://ganjoho.jp/public/qa_links/qa/kouganzai/i015.html
脱毛がほとんどの場合おこる抗がん剤での次のような記載と比べれば程度なり可能性が低いことがわかるでしょう。

例えば、「このお薬を点滴した2~3週間後に、ほとんどの方で脱毛があらわれます(以下、略)」
http://ganjoho.jp/public/qa_links/qa/kouganzai/i010.html
とか、「毛母細胞に障害を与えるため、髪の毛などが抜けることがありますが、治療が終了してお薬を使わなくなると自然に回復(以下、略)」
http://ganjoho.jp/public/qa_links/qa/kouganzai/m031.html
http://ganjoho.jp/public/qa_links/qa/kouganzai/m029.html

なお、327さんがおっしゃっている「国立がんセンター中央病院の資料」のページアドレスは?

329 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/10/19(日) 17:35
ジェムザールで脱毛は聞かないです。
ただ、素人的には、局部投与でなく全身投与や、分子標的薬でないのであれば
脱毛は副作用と考えるより、
抗ガン剤の効果が現れてると考えるできではないか、と思います。

抗ガン剤は、細胞の分列を阻害するでしょうから、口や髪に出てしまうのはしかたない。
目的外の部分に出てしまったら、その部分を局部的に緩和するに努める。
髪に出るのは辛いですが、治療が終わればまた生えてきます。


330 名前: こじか 投稿日:2008/10/19(日) 18:19
324さん、329さん、ありがとうございます。
悪い方にとらえすぎなのかもしれませんね。
確かに治療が終われば生えてくるというのは資料にも書かれてました。
でも、この治療って終わることはないのではないか?と思います。
完治することはまず考えられないし、現状維持でどの程度付き合っていけるか
ということだと思ってますので。
まして、ジェム+TS-1からジェム+シスに変わった時点で、主治医から、これで
ダメならもう他はない、と言われてますし。
ちなみに当方が参考にした資料は以下でご覧になれると思います。

http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/CDDP_GEM.pdf

331 名前: かおりこ 投稿日:2008/10/23(木) 11:09
最近母は調子が悪く寝込んでいます。
喘息の症状や今まで全くなかった鼻炎の症状が出ているようです。
やはり抗がん剤で免疫力が下がっているせいでしょうか。
胸の苦しさも時々訴えており、胸水が溜まっているんでは?!とか、
転移したのか?!と疑いだしたらきりがありません。



332 名前: びん 投稿日:2008/10/26(日) 01:43
父が肝内胆管癌で外科手術で癌を取りきれず、ステント挿入。(胆汁と膿は現在も出ています。)
主治医は様子を見て抗がん剤(多分ジェムだったのでしょう)を投与する予定でいましたが、
病状を見て、総合的に判断したのでしょうか、
結局抗がん剤を投与せず、現在に至っています。
今は末期状態となり、血液検査による肝機能低下、最近は腎機能も低下しており、
血中アンモニア増加により傾眠状態も越えて、最近は声をかけても反応も難しくなってきました。
主治医の判断は正しいと信じたいのですが、もう状況を見守るしかないと思うと
やり切れません。 主治医に投与をお願いすべきか、(可能性は低くても)何か
少しでも延命するための治療法はないものか考えては見ても、時間が経つだけです。
免疫療法? 自分は何をしたらいいのか? また一日が過ぎました。

  

333 名前: おかばぁば 投稿日:2008/10/28(火) 23:55
みんみんさん
その後お父様のご様子如何ですか。
抗癌剤治療は進んでいますか。
私は体調を崩しこの1ヶ月治療はスキップしていましたが、
本日より治療再開しました。99%転移しているとの疑いがあり
検査して来ましたが、無罪方面でした。
病理の結果癌細胞は見つからず、PETでも集積認められずとの事でした
再々発の場所も集積が在りませんでした。
辛い治療に耐えたご褒美かもしれませんね。
お父様も色々試している様ですね。
自分の納得行くような生活は自己免疫も上がるはずです。
民間療法の事はわかりませんが、本人が気持ち良く過ごせるのが
一番いい事ですものね。主治医と良く話すのですが、私は癌が見つかったとき
癌のステージは4bでした、普通は手術など出来る状態ではなかったのですが
私は手術のキップを手に入れ、医師も私も諦めなかった。
11月17日でまる三年です。この3年間決して平坦ではなかったですが
巡って来る季節を感じるとき凄く幸せな気持ちになります。
お父様にも、自分らしく微笑み、納得の良く歩みをして欲しいと
何時も願っています。
悲しい事は成長のチャンス、宇宙の神様によればそれはきっと必要な事
ことで、試練や困難の後の救いの大きさ、喜びの大きさにつながるんだって。
みんみんさんが何時も笑顔で過ごせます様に。


334 名前: くき 投稿日:2008/10/29(水) 10:33
おかばあばさん
私の母も4期の肝内胆管がんと診断されたんですが、手術は無理だと
言われました。もしよろしければおかばあばさんが、手術をした病院を
教えてもらえないでしょうか?

335 名前: おかばぁば 投稿日:2008/10/30(木) 00:19
くきさん
お母様の事ご心配ですね。
私が手術した病院は北海道大学病院第一外科です。
胆膵の優秀な医師が居ます、又胆肝膵のグループもとても優秀ですよ。
私は本当に奇跡のような手術をしていただき、今も生きています。
生きるためのキップを手に入れるのは、本人の諦めないと言う思いです。
全国から手術しに来ている方がたくさん居ますよ。
もし心が決まりましたらお知らせ下さい。
先生にお話を通します。私に出来ることは協力します。


336 名前: くき 投稿日:2008/10/30(木) 10:46
おかばあばさん
返信ありがとうございました。ちなみにおかばあばさんの病状はどこまでで
どのような状態でしたか?もしよければ教えてください。
ちなみに私の母は小さいが腹膜播種があるといわれました。
腹膜播種の場合は、やはり手術は無理なのでしょうか。
私もまだあきらめてはいません。やはり北海道大学でも手術はむりでしょうか?
色々と聞いてしまいすいませんが、何かいい情報があれば教えてください。

337 名前: おかばぁば 投稿日:2008/10/30(木) 23:43
きくさんお返事遅くなり赦してくださいね。
私は門脈、動脈、に癌が浸潤、肝左葉は血流が無かったため萎縮していました。
2本在る胆管も癌が侵襲されていたと聞いています。
腹膜播種は在りませんでしたか、腹膜播種があっても手術した方もいらっしゃり
今も抗癌剤治療をなされながら闘病生活している方もいらっしゃります。
肝左葉切除、尾状葉切除、右肝動脈とGDA抹消を縫合再建、
右外腸骨静脈を間置し右門脈再建と言う手術を受けました。
20時間かかりました。私の場合は血管の確保が出来ずに大変な
手術になりました、肝臓移植の医師が血管の再建をしてくれました。
肝胆膵のグループだけではなく,他のチームの医師たちも関わってくれます。
お母様の状況と私とでは違うと思いますが、一度セカンドオピニオンを受けてみては
如何ですか。ご本人が行くのが一番いいと思いますが
体力的にキツイならば、出来るだけの資料を集めきくさんが
ご相談しても良いはずです。
無理か可能かは私にはわかりません、ごめんなさいね。
迷うとは思います、もしかしたら無駄足になるかも知れません
でももしかしたら可能性もあるかも知れません。
どちらを選択するかしっかり考えてくださいね。
納得の行く、後悔しない選択をして下さい。
お母さんが望む事を優先してあげてください。




338 名前: かん 投稿日:2008/10/31(金) 21:00
くきさん、お母さんの病状心配ですね。

腹膜播種があると言う事ですが、手術前にはっきりと確認できたのでしょうか?。
だとすれば一般的には手術不適合となるとは思います。

2.3日前の毎日新聞に、すい臓がんに関してですが「拡大手術は否定的」と載っていました。
多くの病院で手術を避けて、放射線と抗がん剤の治療を進めると思います。
うちの場合も最初にかかった大学病院では、胆管の第2枝まで浸潤していて、血管にも巻きついているので手術は無理だといわれました。
手術をしても予後が悪く病院から出られなくなるかもしれないとも言われました。
ネットで調べて、東大、千葉大、三重大の先生でも無理かと聞いたら、出来るとすればその先生方だろうと言われセカンドオピニオンを受けました。
確かに、症例の少ない病院で手術するのはかなりのリスクが伴うと思いますが、多くの手術を経験している病院では、はっきり言ってチーム自体のレベルが違うと思います。

運良く手術が出来たとしても、ほとんどの場合再発して5年間も生きられないかもしれません。
でも、死を宣告された人間にとって、再発するまでの期間(短いかもしれませんが)は、何事にも変えがたい貴重な時間だと思います。


339 名前: えぞももんが 投稿日:2008/11/06(木) 12:33
おかばぁば様
 初めて投稿します。私は札幌の伏見地区に住む61才の会社員で
社の森には住んでおりませんが、えぞももんがと申します。今年の
2月に札幌厚生病院で膵頭部十二指腸切除手術を受け、68日間の
入院の後自宅療養を経て、会社へ復帰しました。最初は自覚症状が
なかったのですが、妻に黄疸症状を指摘され消化器内科外来で検査
を受けたところ、胆管がんの疑いありということで即日入院し、翌
日から精密検査を開始しました。ところが精密検査の結果、原発は
膵臓のようだとの診断がくだされ、術前はステージⅢとの見立てで
した。2月21日、8時間の予定で始まった手術は10時間半を要
し、リンパ節に転移は見られなかったものの、門脈に巻きつき非常
に難しい手術だったということで、ステージもⅣaに改められまし
た。退院後は7月に肺がんの手術(胸腔鏡)を受けましたが、これ
はステージもⅠで膵臓由来の転移性がんではないということで、2
週間の入院で終わりました。抗がん剤はジェムザールという選択も
あったのですが、術後MRSAに感染したため、リスクを回避して
おかばぁば様と一緒のTS-1(50mg)を現在服用して今日に至
っています。幸か不幸か、苦痛を伴う副作用は全くありません。口
内炎と皮膚のただれやくすみのような症状があるくらいで、「本当
に効いているんでしょうかねー?」と主治医に憎まれ口をきいてい
ます。
 おかばぁば様の書き込みを読ませていただいて、一番驚いたのは
ステージⅣbで外科手術をされたこと、そしてもう3年以上元気に
生存されていること、私すい臓がん患者の1年生としては本当に驚嘆
しています。私も退院してネットで情報を収集するうちに理解する
ようになったのですが、色んながんの中で一番たちの悪いがんが膵
臓がんであることを知り、愕然としました。入院中は明るく振舞う
いい患者を演じていましたが、退院してからのほうが家内にも精神
的に動揺して迷惑をかけたと思っています。私のささやかな願いは
3年生存率50%の中に入ることです。とてもその先のことまで考
えられません。そのためにも身近で闘っていらっしゃるおかばぁば
様をだいぶ先を歩んでいる先輩として、目標にさせていただこうと
勝手に思っております。そしておかばぁば様の体調と都合のよい時
に、ほんの少しアドバイスをいただけたらと願っています。駄文を
弄しましたが、よろしくお願いいたします。

340 名前: おかばぁば 投稿日:2008/11/06(木) 21:47
えぞももんが様今晩は。
とても嬉しく拝読しました。
お互いに大変な手術を受け、今生かされて居ることに感謝ですね。
この3年間を振り返りましても、奇跡のような事が沢山ありました。
選ぶ力と生きる力を付け病を通し随分成長しました。
どんなに苦しい事、辛い事、嫌いな事があってもそれを通して健康な時、幸福なとき
、平安な時には解らなかったことが解り、知らなかったことを知るようになります。
そこに新しい感謝と喜びを感じる事ができました。
えぞももんが様も大変辛い時を過ごされているとおもいます。
抗癌剤治療は、やってみなければ解らず、何時もこれで良いのだろうかと
自問自答するばかりです。確かに丁Sー1の副作用はそんなに酷いものではないですよね
それでも私は、ジェムザールの方がもっと副作用がなかった様に思います。
私はジェムザール、丁Sー1の抗癌剤を併用し今年の4月から治療しています
再々発のためです。10月のペット検査で集積認められずと診断されました。
ジェムザールは3年近く使っていましたので、丁Sー1の効果ではと思っています。
余命宣告を受けている私にとっては本当に嬉しい結果です。
時間稼ぎの様ではありますが、諦めず頑張りたいと思っています。
私でお役に立つのでしたら何時でもご連絡ください。


341 名前: かおりこ 投稿日:2008/11/06(木) 22:09
母が胆嚢癌と診断されて3ヶ月目に入りました。
今日CTの結果、胆嚢と転移している肝臓にある癌の影が大きくなっていると
言われたそうです。
ジェムザールの効果が得られていないとの事で、今日からTS-1になりました。
ジェムザールが効いてなかった、影が大きくなっていた、その事で母は
大きく悲しんでしまい、涙しながら私に電話して来ました。

上に書き込まれているおかばぁばさんのTS-1の話は勇気付けられました。
TS-1の効果を信じて母に話したいと思います。

342 名前: えぞももんが 投稿日:2008/11/07(金) 10:05
おかばぁば様
 早速のレスありがとうございます。貴女が決して生易しい状況で
はないということは、薄々拝察しておりましたが、余命宣告を受け
られた方であるということも驚きでした。生存率も余命宣告も統計
上の数値だろういう方もいう方もおられますが、スパンの差はあっ
ても私は似たようなものだという認識をしています。ただ、あるの
は残りの人生における肉体の上のつらさと、覚悟の違いだけだ思っ
ています。おかばぁばさんもここまで来られるのには奇跡のような
こともあったとおっしゃっていますが、「山あり谷あり」だったと
思います。そして、私も病を得ることが悪いことばかりではないと
いうことを学びました。深く理解をしていなかった方々の情を感じ
ることができ、感謝が深まりましたし、何よりも疎遠にしていた妹
たちとの和解ができました。また、自然や動植物に対しても見方が
変わりました。幸い、藻岩山の懐のようなところに住まわせてもら
っておりますので、四季折々の山肌の変化に感動を新たにしている
毎日です。
 話変わりますが、おかばぁばさんは現在は北大の第一外科外来に
通院されているのですか?文面からも主治医ならびにスタッフに信
頼を寄せておられることが伝わってきます。私は単純にグループ企
業であり、消化器外科の症例が全道有数の病院であるということで
選択したわけですが、入院中主治医が全力でがんと闘う姿勢を感じ
ましたので、信頼しています。選択肢として、北大病院もありだっ
たんですが、息子が第二外科の関係者だったので止めました。やは
り平たく言うと命を預けるわけですから、医師と患者の信頼関係が
がんと闘う、あるいは協調するにしても必要ではないかなと思って
います。

343 名前: おかばぁば 投稿日:2008/11/08(土) 01:36
かおりこさん
お母様、かおりこさんとても辛い時期ですね。
人間には、悲しみや、苦しみを、跳ね除ける底力があります。
色々な事を受け入れるには、少しの時間が必要なのだと思います。
私は病を知った時泣けなかったのです、強い母で居たいとか、気丈にしてなければ
とか、少し頑張りすぎてしまい、心のバランスを崩してしまいました。
心療内科でカウンセリングを受けたのです。
うつ病にはなってなかったのですが、うつ病になるのが怖くて不安で
心配の先取りばかりしていのですが
カウンセリングを受けている内に、自分の事で泣けたのです
すると心が落ち着くのですよね、不思議でした。
泣く事、涙を流す事て凄く大切な事なのだと気付きました。
お母様が、我慢せず涙を流せる、泣けるという事は
必ず頑張る力に変わると思います。
たくさん泣かせてあげてください。
辛い治療ばかりに心を捕われないように、病気は悲しい事ですが
楽しみや、喜び、希望を見付けて下さいね。
抗癌剤治療の効果が出ます事お祈りしていますね。


344 名前: KJ 投稿日:2008/11/08(土) 13:08
先月6日に母が永眠致しました。

この掲示板から、母、私、家族に生きていく勇気、希望をいただきました。
本当にありがとうございました。

>リリー様
情報をいただきましたが、残念ながら積極治療には戻れませんでした。
母が不安を感じていたときに、タルセバの話をすると希望を持てたようで
喜んでいました。本当にありがとうございました。
リリーさんご自身も疲れが出る頃かと思います。どうかご自愛ください。





345 名前: おかばぁば 投稿日:2008/11/08(土) 22:59
えぞももんが様
レスの返信をアドレスの方へしてみたのですが
届いていますか。
エラーで戻って来ているような、確認お願いします。

346 名前: えぞももんが 投稿日:2008/11/10(月) 09:22
おかばぁば様
 メアドが間違っていたようで、大変失礼しました。Yahooメール
のアドレスは「etopirika_08@yahoo.co.jp」で入院中はパソコンを
使えませんでしたので、携帯のメアドの「ezomomonga05@docomo.ne
.jp」を使ってメールのやりとりをさせていただいていました。もう
一度アクセスしていただけたら幸いです。

347 名前: りりー 投稿日:2008/11/20(木) 16:41
>KJさん

久しぶりに掲示板を覗かせていただきました。
お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。
タルセバの情報でお母様が少しでも光を見ていただけたのは、私としてもうれしく感じています。
KJさんも、お母様と一緒に胆管癌と戦ってきて心身ともにお疲れのことと思います。
寒さも増してまいりますし、ご自愛ください。


348 名前: モコ 投稿日:2008/11/27(木) 23:43
 おかばぁばさん。
はじめまして、突然失礼いたします。初めての投稿になります。
2週間前に父(59)が肝臓癌の宣告をされ、治療法がないと言われていたのですが、
25日に肝生検の結果で肝内胆管癌で治療法は週一のジェムザール点滴とTS-1内服薬の併用を行うことになりました。
それと主治医の了解を得て、免疫療法を行う予定にしています。
おかばぁばさんの文を読んで、すごく励みになりました。
父を支えて頑張っていこうと思います。
ちなみに北海道大学病院は肝臓癌などの治療は有名なんでしょうか?
突然、失礼いたしました。

349 名前: おかはぁば 投稿日:2008/11/28(金) 01:31
モコさん
はじめまして、私の投稿を読んで頂いてありがとうございます。
お父様如何ですか、病気も心配ですが告知を受け、治療に入る慌ただしさの中で
孤独な思いをされていませんか。
治療法が無いと言われたようですが、何故ですか?
北大病院は肝臓癌の患者さんも多いです。
優秀な医師も居ます、肝臓移植では日本1だと思います。
肝臓癌の移植の方もおおいですね、
肝内胆管癌を担当している医師は胆管癌、膵臓癌の専門医の医師がいらっしゃり
私の手術をしてくれた医師です、とても良い先生です。
モコさんはどちらにお住まいなのでか?
千葉大学病院も胆管癌の手術の症例は多いと聞いていますよ。
とにかくこれから始まる治療、医師との関係が大切です。
どんな些細な事でも、抱え込まずに吐き出せる環境を作る事です。
抗癌剤治療は体力勝負です、体力を落とさない様にしっかり食べること、
副作用で食欲が出ないときでも、がんばって食べることです。
食べる事は、生きることにつながります。
お父様に伝えてください、出来ないことに悲しまず、出来る事に喜びを見つけてください
病気になる前の生活に戻れなくても、少しでも元の生活に戻れる様に
絶望に生きずに、今の状況の中で希望を見付け喜びを感じてください。
モコさんお父様をしっかり支えてあげてねっ。
必ず微笑む事が出来る日が来ます。



350 名前: モコ 投稿日:2008/11/29(土) 00:54
おかばぁばさん。
返事ありがとうございます。
私は福岡県在住です。
治療法が無いと言われてたのは、正確な名前がわからないんですが 癌が肝臓を通っている大動脈を巻き込んでるので
外科的手術が行えず、その大動脈にカテーテルを通しリザーバーを取り付けて抗がん剤治療を行う予定だったのが
リンパ節転移で血管が圧迫されカテーテルを通すことが出来なかったんです。その時に治療法がないって言われました。
その後、肝生検の結果で肝内胆管癌とはっきりわかり うちの病院ではジェムザール点滴とTS-1内服薬での治療しかないと言われたんです。
どうすることが父にとって一番いいのかわからないんです。
インターネットで調べて、福岡にもいい病院が他にもあるみたいなんですが、
父や母の気持ちもあるし、私 一人だけで 勝手に行動するわけにもいかず 悩んでいます。
とりあいず、明日 免疫治療を受けるための初診に病院に行ってきます。
父はまだ食欲もあって、本当に癌なのか信じられないくらいなんです。
父は昔から病気したことなくて体力はあるはずですが、抗がん剤治療を受けることで副作用の影響もすごく心配です。
私がしっかりして、父にとって少しでも良い方向に向かうように頑張っていこうと思います。
おかばぁばさんも無理なさらないようにされてください。



351 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/11/29(土) 15:11
>350

モコさん

失礼ながら
>どうすることが父にとって一番いいのかわからないんです。
>インターネットで調べて、福岡にもいい病院が他にもあるみたいなんですが、
>父や母の気持ちもあるし、私 一人だけで 勝手に行動するわけにもいかず 悩んでいます。
という状況ならば、知識もないのに勝手に何かしようと思わないことです。
はっきりといって、お父様に間違ったことを勧めることにもなりかねませんし、その可能性が高そうです。

ちなみに、胆管がんであれば、
>ジェムザール点滴とTS-1内服薬での治療しかない
というのは、ほとんどの病院で同じです。

というより、これ以外のもので、効果がきちんと示されているものはないというのが現実です。

あなたが心配され、あせられる気持ちはわかりますが、それがマイナスの結果を生まないようにお祈りします。




352 名前: モコ 投稿日:2008/11/29(土) 23:18
名無しさん。
コメントありがとうございます。
知識がないから行動出来ず悩むんです。父が悪い方向に進むことはしたくないので
私が医者に確認せず勝手に何かをするということは怖くてできないので大丈夫です。
私が書いた勝手に行動するというのは母に相談せず遠方の病院で
セカンドオピニオンを受けたりすることを言ったつもりでした。
文章だけでは伝わりにくい部分があり、難しいですね。



353 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/12/01(月) 21:27
モコさん

手術を積極的に行っている病院とそうでない病院では診たてがまったく違います。
お父様の年齢、体力にもよりますが、とりあえずこの病気の第一選択肢は手術だと思うので、積極的に拡大手術を行っている病院でセカンドオピニオンを受けられたら良いと思います。

免疫治療は自由診療かと思いますが、費用がかなり掛かるのではないでしょうか。
もし免疫治療をお考えなら、下記の病院で胆道・胆管癌に対する臨床研究をやっているのでご相談されたらいかがでしょう。
先日NHKで放送していた、がんペプチドワクチン療法です。 
九州大学 先端分子・細胞治療科


354 名前: おかばぁば 投稿日:2008/12/01(月) 22:56
モコさん
お父様いかがお過ごしですか?免疫治療の診察を受けられましたか。
私も北大でペプチドワクチンの治療について医師に問い掛けたことがありますが、
胆管癌には余り効果がないと言うより治験段階でも、胆管癌自体対象になっていません
免疫治療は保険適用外で治療している所もありますが、高額で其の上一回で終了ではないらしく
大変な負担がありますよね。どのような治療を選択するかは本当に慎重に選択しなければ
ならなく、またどのような選択をしても後悔します。
考え、苦悩し辿り着く最善を信じるしかありません。私は動脈も門脈も癌に侵されていましたが
幸い手術が出来ました。モコさんのお父様と同じ状況ではありませんが
胆管がんはやはり「353」さんがおっしゃる通り手術か完治を望まないまでも
延命としても年単位か望めます。胆管癌の手術の症例の多い病院でセカンドオピニオン
を受けられたら良いと思います。自分のことではない分辛く切ないですよね。
お父様と沢山お話をして、お父様の望むことを見つけ出してください。
私は何時も自分に言い聞かせて居ます「あきらめない」笑いと、ユモアーが必要
これさえあれば大丈夫です。免疫治療より、自己免疫が上がりますよ。
可能性のある良い面を見ていきましょうね。





355 名前: モコ 投稿日:2008/12/02(火) 01:09
‘353’の名無しさん。
ありがとうございます。
今日 医師から言われたんですが、肝内胆管癌からではなく肝臓癌でした。
もともと、健康診断で肝臓がひっかかり再検査で癌が発覚して肝臓癌と言われていて、
肝生検の結果で肝内胆管癌からきていると言われたんですが、再度 検査の結果 やはり
肝内胆管癌ではなかったようです。
今度、セカンドオピニオンを受けるように母と決めました。

おかばぁばさん。
ありがとうございます。父は熱があったり、なかったりですが、普通に元気です。
名無しさんにも書いたんですが、肝内胆管癌ではなかったです。なので、ジェムザールでの
治療はなくなり TS-1のみになりました。
今度、肝臓癌センターがある病院でセカンドオピニオンを受けようと思ってます。
おかばぁばさんの言うように“あきらめない”ことは大切だと思います。
私はいつも父に“病は気から”って言い続けてます。実際、私は風邪をひきかけても
すぐに治ります。気持ちって大切ですよね。


356 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/12/02(火) 09:34
>>354
>私も北大でペプチドワクチンの治療について医師に問い掛けたことがありますが、
>胆管癌には余り効果がないと言うより治験段階でも、胆管癌自体対象になっていません

東京女子医科大学、秋田大学、九州大学では対象になっているかも知れません。
必要のある方はご確認下さい。
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/nakamura/main/がんペプチドワクチン療法.pdf

357 名前: かんたんがん 投稿日:2008/12/02(火) 22:36
81歳 去年6月黄疸。7月手術。5FU。今年TS1、5月副作用限界でやめ。
9月肝臓転移。ジェム。1週間でやめて、10月モルヒネ等鎮痛。11/5逝去。
父の経緯です。予後の悪い癌で18ヶ月生存率25%なので、まあ、あれです。
最後の1ヶ月がたいへんでしたが、家族とのお別れもきちんとして見事な最期
でした。医者も、「思ったほど痛みはないと思います」と言うほどでした。
年齢・部位・体質・体力などで差はあるとは思いますが、冷静に最後まで
看取ってあげてください。南無阿弥陀仏。私は、平岩医師の高校の後輩ですが
同期の医師にもいろいろ確認しました。現段階で、有効な手段はないようです。
個々に幸運はあるのも事実ですが、最後までの時間をご家族で有効にお過ごし
ください、というのが私の結論です。
食べられなくなる、転移後の異常というものがあれば、その後は大切なお別れ
の時間と考えてください。最後はありふれた肺炎と呼吸困難でした。
さようなら。南無阿弥陀仏。

358 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/12/03(水) 00:12
かんたんがんさま
どなたに宛てたスレですか?少し配慮に欠けていませんか?
こちらに書きこみ、情報を求めている方々沢山居ます。
皆さん必死に良い治療法、良い医師、沢山の情報を求めています
確かに最後は家族と過ごすことは大切です。当たり前の事です、改めて言われなくても
解り切って今居ます。良い時を過ごす為にも良い治療法を捜し求めこの掲示板に辿り付
いたのです。どのような最後を迎えるかは、患者本人の思い、本人の人権です
家族は患者本人の思いを受け止め、支え見守ることです。
患者さんを支える、家族も苦しみ、苦悩し、絶望の中少しづつ現実を受け入れて行くのです
念仏なら他で唱えてください、不謹慎過ぎます。

359 名前: かんたんがん 投稿日:2008/12/03(水) 22:49
胆管癌は進行の早い癌なので、良好な時期があっても油断されないよう
ということで情報を入れました。希望を追い求めるご家族のお気持ちは
良くわかりますが、この癌と対峙するには、そんな甘いことを言って
いてはタイムオーバーの危険があるので、死の受容へのプロセスは十分に
配慮されますよう。但し、年齢や運の差異はあるので、最後まで希望を
持たれるのは構いませんが、胆管癌の現実を受け入れるのに、あまり
おセンチなことは言えないと思います。
当方は、転移発見から最後の1ヶ月くらいの記述が少ないので、あえて
投稿しました。発病後14ヶ月のうち、10ヶ月分くらいは希望の持てる
月日でしたが、容態は急変しました。余後3年以上の朗報も見受けられ
ますが、大半は18ヶ月を待たず残念な結果となります。
最後の最後まで意識は比較的明晰に維持コントロールできるようなので、
しっかりとお別れをされるのが悔いがないと思います。
現世に生きる者の念仏である南無阿弥陀仏を唱えて、故人は浄土へ還って
いきましたので、念仏させていただきました。決して不吉なものではない
ですよ。


360 名前: おかばぁば 投稿日:2008/12/04(木) 00:13
たんかん癌様
投稿拝読させて頂きました。私は肝門部胆管癌の手術を受けて3年たって居ます
再発、再々発、繰り返す胆管炎の現実ですが、がんばっていますよ。
お父様は81才で天命をまっとうされたのですね。
私か其の年になるまで約30年あります。
30年後私は存在していないと思いますが、私本人は死と言うものを意識して生活していますが
治療や死にばかり心捕われてしまい、本当の自分を見失ってしまう事の方が怖いです
確かに胆管癌は生存率の余り良くない癌ですが、今日治らなくても、明日は良い治療が
見つかるかも知れません。私は一%の希望にかけ生きる努力をしています。
病の方、ご家族の方、お一人お1人危機感を感じ生活していると思います。
私もそうですが、甘いことでも、オセンチでも良いのではないですか?
病気とか病気でないとか、関係無く私達は未来に無知です、明日の事は誰にも
解りません。良い時を過ごすと言う事は、日数や時間ではありません。
たった一日でも家族が一つの事に心合わせ一つの思いになる事ではないでしょうか
希望を追い求めることは良いことですよ、絶望に生きるよりも、そして今置かれている
状況の中で病と共存、共有する事です、先の事に思い悩む、心配の先取りをせずに
今を生きることだと私は確信しています。確かに念仏は不吉なものではないでしょうか
やはり書きこむ場所が違う様に思います。
たんかんがんさまが、お父様と良いお別れが出来た事は本当によかったですね。
また誰もが願っていることです。
私は同じ病の方、ご家族の方の心の平安と、苦痛、苦悩が少しでも癒されることを心より
願っています。
これからも諦めず頑張りたいと思います。



361 名前: たんかんがん 投稿日:2008/12/04(木) 07:51
皆様がんばってください。癌病棟には明るく積極的に治療されている
方々もたくさん居ます。本人も希望を持って積極的な治療を選択して
いましたが、副作用の食欲不振と高熱で5FUで1回、TS1で2回の
投与中止を医師に具申したことがあります。単剤ではなく相性のよい
薬同士の複合投与や量の加減までには行き着けませんでした。ジェム
単剤は肝転移発見の最後2ヶ月中1ヶ月の時点での投与で、効果は
不明です。医師が選択を家族に任せたので、私と妹は勉強したとおり
ジェムの可能性に賭けましたが、間に合いませんでした。その時点で
もう、気休めの選択だった雰囲気です。
保険のきく積極的抗がん剤治療を選択されている皆様に残す感想として
1.本人が体力と気力の続く限り積極的治療を続けたほうが後悔は少ない
2.食欲の度合いがキーポイント。栄養剤でいくらでも生きられるが、
 食べなくなると気力が縮む。
3.腹水を抜いたりして体力低下し、立って歩けなくなる頃がレッドゾーン
高齢患者の傾向としてご参考まで。念仏禁止。これにて終了。

362 名前: まるこ 投稿日:2008/12/10(水) 22:19
おかばぁば様
初めてコメントさせて頂きます。
母の治療法についていろいろ調べていたところ
おかばぁば様のコメントを拝見する事が出来ました。
今おかばぁば様の言葉にとても励まされています!

私の母が今年の9月に胆管癌と診断されました。
もともと母は、原発性硬化性胆肝炎を患っており、
肝移植しか助かる方法はないと言われてました。
その矢先、胆管癌が見つかり再発の多い胆管癌は
肝移植で出来ない、胆管癌に対しても抗がん剤も
あまり効かないのが現状なので治療法がありませんと
告げられました。
1月からTS-1の抗がん剤治療を行う予定です。

今北大病院にセカンドオピニオンしようと考えております。
おかばぁば様から先生にお話を通して頂く事が出来るのですか?
もしお時間がある時にお返事を頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

363 名前: おかばぁは 投稿日:2008/12/11(木) 00:15
まるこさん、コメント有り難うございます
とても不安な日々をお過ごしのこととお察しいたします。
北大の肝臓移植は日本でも一番だと聞いています。肝移植された方を沢山知っていますが
皆さん元気ですよ。小さな赤ちゃんも、お父さん、お母さんから肝臓を貰い
命を繋いでいます。脳死の肝移植された方も知り合いに居ますが、皆さん
素晴らしく前向きに感謝して過ごしています。
お母様のこと心配ですね、私も肝移植の話しが出たのですが、リンパ節に転移があり断念しましたが
移植チームの先生はそれでも移植の方が手術事態は楽だったはずといってました。
私は動脈、門脈に癌に侵されていたので、血管の再建が必要で太ももの付け根の
所から血管を採取し肝臓の血管の再建をしました。
血管を繋ぎ合わせるエキスパートの優秀な医師が大勢居ます。
先生にお話する事も可能ですし、肝移植のコーデネーターの方と親しくさせて頂いて
居るのでお話は出来ますよ。また私の主治医は胆管癌、膵臓がの専門医です。
何時でもご連絡下さい、私のお手伝い出来る事は何でもさせて頂きます。
明日にに生きる私達かどのようなキップを手に入れるかは、ご自分の判断です。
知る力と見抜く力を付けて病と闘いたいですね。悲しみに心捕われずに
小さな希望でも良いのです見つけ出して生きる努力をして行きたいですね。
お母様にくれぐれもお伝え下さい「あきらめないで」と。




364 名前: まるこ 投稿日:2008/12/11(木) 00:45
おかばぁは様
お返事ありがとうございます。
私の突然のコメントにも親身に向き合って下さり
本当にありがとうございます。
心強く、涙が出ます。

今月中にセカンドオピニオンをしてみます。
おかばぁは様の主治医の先生を教えて頂く事は
できますか?本当にずうずうしいお願いばかりで
すみません。

告知されても元気にふるまっている母ですが
今まで見せてくれていた、太陽のような母の笑顔は
今はないです。
おかばぁは様の以前のコメントにもあるように
『笑い』は免疫力を高めてくれる治療の1つですよね。
おかばぁは様のような方がいらっしゃる事を母に
伝えます!どんなに励まされるか!
ありがとうございます。

おかばぁは様もどうかどうかご無理なさらずに!










365 名前: とんとん 投稿日:2008/12/11(木) 14:47
おかばぁば様

横浜に住むとんとんと申します。
66歳の母が今年6月に肝門部胆管癌と診断されました。
CT検査の結果腹膜播種、腎臓への転移が認められ手術不可、
余命6か月といわれました。
ドレナージをつけ胆汁を外の袋に垂れ流し状態のまま、
通院でGEM単体の治療をしていましたが、ドクターに不信を
持ち、家の近くの大学病院に転院しました。

胆肝膵の専門医が主治医になったところ、ドレナージの内瘻処置
をして、管をお腹から5センチくらいのところで停めて胆汁を腸に
流れるようにしてくれました。

治療はGEM+TS-1併用となり、先日のPET検査では、
腹膜播種、腎臓転移はなく腫瘍縮小が認められれば手術も
可能かも、と言われています。
こんなに診断が変わるなんて、と驚くばかりです。

今のドクターが気さくで明るい先生なので、それだけで母の
気持ちが明るくなり転院してからみるみる元気になっています。
働き者で前向きな母親にずっと元気でいてもらいたい。
それが家族の切なる思いです。

ちなみに、本人が望まず、予後告知はしていません。
手術が可能となった場合は、肝臓の2/3程度を削除する大がかりな
手術になるだろうから、その時は予後も含めた説明が必要となる、と
ドクターから言われており、家族も納得しています。

これから先どうなるのか、考えると不安で押しつぶされそうになります。
そんな時、おかばぁばさんの投稿にいつも励まされています。
術後の様子などおかばぁばさんにアドバイス等お話を伺いたいのですが
可能でしょうか。

366 名前: おかばぁは 投稿日:2008/12/11(木) 22:53
まるこさん
返信有り難うございます。私も沢山の方から励ましや、癒し、笑顔を貰いましたよ。
まるこさんはどちらにお住まいですか?
北大の外来診察日は月曜日です。今月中にいらっしゃるとしたら15日か22日のどちらかです
私の主治医は蒲池医師です。私も15日に北大に受診しています。
先生にお話通しておいたほうが良いですよね?
総合外来で問診のような事があってから、第一外科の肝胆膵の医師の診察になると
思います。セカンドオピニオンといわれて居ますが。必要なデータなどは揃っていますか?
取り敢えずお返事待っていますので、ご希望を知らせてくださいね。
お母様の笑顔が見たいですね、辛い事、悲しい事は人が強くなる為に必要な試練です。
良い人生を送る事は、決して楽しい事ばかりではありません、辛さや苦しさの後に
必ず救いがあります。小さな事でも大きな喜びになるものです。
お母さんが太陽のような笑顔を取り戻すために全力でサポートしてあげてくださいね。
それがまるこさんの喜びにもなります。
では連絡待っています。

367 名前: まるこ 投稿日:2008/12/12(金) 02:22
おかばぁは様
こちらこそ返信ありがとうございます。
そしておかばぁは様に相談にのって頂きながら・・・
詳しい事をお伝えしてなくすみせんでした。

母(60歳)福島県住んでおり、私は今東京に住んでいます。
2年前に原発性硬化性胆管炎と診断され、今年の6月頃から肝機能の
異常値と黄疸が見られた為、9月にERCPを行いました。
胆管ステント挿入後は肝機能の数値も落ちついておりホッとしていた所だったのですが、
胆汁細胞診より胆管癌が見つかってしまいました。
腫瘍をなしてない為、どこに癌があるのかわからず手術出来ないとの
告げられました。今は自宅療養中です。

今日北大に連絡して今年中にセカンドオピニオン出来るか
確認したのですが、申し込み書を送って頂いてから検討しますとの
事でした。そうですよね・・・
現在の主治医にはセカンドオピニオンしたい事を告げて
いるので手元に『情報提供書』やCTやレントゲンなどのデータは
あります。おかばぁは様は15日なんですね。
15日は無理そうなので、せめて22日にセカンドオピニオンが
できれば良いのですが・・・
明日申し込みをして、状況がわかり次第おかばぁは様にご連絡します!
本当にありがとうございます。
主治医の先生も教えて頂いてありがとうございます!!

明日から日曜日まで実家に帰ります。
今は毎週帰れているので、母の支えになれるように
全力で頑張ります!!

おかばぁは様も週末はゆっくりと過ごせますように☆★


368 名前: おかばぁは 投稿日:2008/12/12(金) 09:12
まるこさま
おはようございます、早速北大の方に問い合わせましたが
セカンドオピニオンとして申し込まれましたら、90分間の時間を頂き
色々とお話やら、質問等が出来るそうですが、少し検討したりするのに時間も
かかる事があるそうです、お急ぎなら普通にデータを持ちこみ診察にきたほうが
早いそうです。普通の診察でも話しはしっかり聞けるそうですよ。
予約が無いので多少待ち時間はあると思われますが、最後に診察を受けるなら
お話しを聞くにはたっぷり時間は取れるらしいです。
先生がどの時間帯に時間が取れるかは、今日の4時以降にわかりますので
又連絡しますね。ある程度の情報はお話してあります。
取り急ぎ用件をお伝えしました。
今日の札幌は昨夜の雪で一面銀世界ですよ、癌になって3回目の冬がめぐってきました。
この様に何度も季節がめぐって来る事に感謝の毎日です。

369 名前: おかばぁは 投稿日:2008/12/12(金) 10:13
まるこさん
メールアドレス書きこんでおきます、こちらの方に連絡ください。
登録しましたらご一報下さい,削除願いを出します。
momono.tennen.sui.7575@docomo.ne.jp
パソコン初心者なので読みにくいとは思いますが意中御察し下さい。

370 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/12/12(金) 11:25
とんとん様
横レスで失礼します。
縮小がみられて治癒切除に持ち込むことができるとよいですね。

しかし、胆管癌は厳しい病気です。
最善を期待しつつ、一方で最悪の場合に備えておく必要があると思います。
参考までに、千葉大でのジェムザール+TS-1膵癌の第II相臨床研究ですが、部分寛解(PR)以上の効果が得られた方は48%(33人中16人)だけでした。
Phase II trial of oral S-1 combined with gemcitabine in metastatic pancreatic cancer.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16721372?dopt=AbstractPlus
万一、十分な縮小がなく手術ができなかった場合、大学病院ではジェムザール+TS-1の次にどのような化学療法が可能でしょうか?
いざというときに慌てないよう、あらかじめ確認しておかれることをおすすめします。
ジェムザール+オキサリプラチンを考慮してもらえればよいですが、それが無理でも、ジェムザール+シスプラチンなら投与してくれる病院はあるようです。

取り越し苦労だったらごめんなさい。
お母様のご快癒を心よりお祈り申し上げます。

371 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/12/12(金) 15:16
おかばぁはさん。

連絡が取れたら、削除依頼ですか? 
それは管理人さんに対して失礼ですよ。
身勝手すぎませんか?

372 名前: 371 投稿日:2008/12/12(金) 15:20
おかばぁはさん。
チャットなら自分の投稿を削除できますし、
GanSNSなら、Webを通じてメール交換できますよ

373 名前: とんとん 投稿日:2008/12/12(金) 15:27
名無しさん@癌掲示板さま

アドバイスありがとうございます。
非常に厳しい病気であることは承知しているつもりです。
それでも、家族は1%でも可能性があれば期待してしまうのです。
GEM+TS-1が効かなかった場合のセカンドラインについて、
ドクターに確認してみたいと思います。
ありがとうございました。

374 名前: じん 投稿日:2008/12/14(日) 00:44
ペプチドワクチンは胆管癌のばあい、最近発見
されたワクチンを使っており、効果があるか全
くわからない。そのため比較的全身状態の悪くない一定の患者が対象である。ワクチンの安全性を調べている段階である。
東京女子医科大からの返事でした。私の母は85で年齢制限にひっかかります。秋田大も治験をしています。

375 名前: たんかんがん 投稿日:2008/12/14(日) 22:06
まるこ 様
二度と出てこないと宣言した私ですが、慶応病院の放射線科の医師が
3次元立体で癌細胞の画像を撮ってくれます。徒労の可能性もありますが
部位がわからないなら、ひとつの手だと思います。わたしの同級生で、
日本の三本指に入るとのことです。J医師です。

376 名前: まるこ 投稿日:2008/12/15(月) 02:40
おかばぁは様
実家から帰ってきました!
今日は本当に寒い夜ですね。

そしてお返事ありがとうございました。
先生にも問い合わせて頂き、本当に本当に
ありがとうございます。
そしておかばぁは様のメールアドレスを登録させて
頂きました。

私は、夢があり学校に通いながら仕事をしています。
真夜中まで仕事をしてクタクタになって帰ってきても
5年後の自分が楽しみで、明日が楽しみでした。
でも母が病気になってからは、明日が怖くて・・・

でもおかばぁは様の言葉にも本当に励まされて
明日もあさっても母と一緒にいれる事に感謝出来るように
なりました。ありがとうございます。

明日にでもメールさせて頂きます!
よろしくお願い致します。

377 名前: まるこ 投稿日:2008/12/15(月) 02:56
たんかんがん様

はじめまして。
貴重な情報を教えて下さり、本当に本当に
ありがとうございます。

たんかんがん様が情報を教えて下さらなかったら
まったくわからない事でした。
本当に本当に感謝致します。

早速明日慶応病院に連絡してみます。






378 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/12/16(火) 17:11
371さんへ
どうしておかばぁばさんの投稿が管理人さんに失礼で自分勝手な
コメントなのですか?
どなたの投稿にも真摯にコメントされている方ですよね
私達家族も励まされている者としてなぜ自分勝手なのか意味が
わんりません、そして気になるのはおかばぁばさんからのコメントが
ないことです。

379 名前: UTAKA◆2mxwBLFt7E 投稿日:2008/12/16(火) 19:46
こんばんわ。

悪質な宣伝や、誤って個人情報を書込んだ場合に、 利用者に不利益が出ないよう削除に努めています。
ほぼ、数時間~24時間で削除するよう監視しています。
「自分に必要が無くなったから」「どうせ削除するから投稿しちゃえ」の利用は出来るだけ控えてください。
癌掲示板は、膨大なコンテンツを管理人が一人で運営&保守&管理しています。
 http://doc.gankeijiban.com/dds/faq.php#01

個人のメールアドレスを公開することなく、Web上で連絡を取りたいのであれば、
例えば、GanSNSの自分のURLを連絡すれば「メッセージ」や「伝言板」で可能です。
登録し、ログインする必要はあります。
例)私であれば、
PC http://sns.gankeijiban.com/bf4.html
mobile http://sns.gankeijiban.com/i/bf4

チャットでも、自分の投稿を削除できます。 ご理解ください。。

380 名前: たんかんがん 投稿日:2008/12/16(火) 22:48
この癌は、いまだに原因不明で余後の悪い病気です。
人生観や発病年齢で左右されると思います。わたしの
父の場合、近親に癌患者はいませんが、原子爆弾で
被爆しています。しかし、60年以上後の発病ですから
関連はわかりません。わたしは、どうなるかわかりません。
案外、脳溢血あたりで一発アウトなのかもしれません。
そうすると、胆管癌は、人生のおわりに来る癌としては、
やさしい癌かもしれません。最期の着地点がある程度
わかりやすく、お別れの瞬間までをきちんと送れるからです。
不謹慎ですが、75歳以上の後期高齢者での発病ならば、
体力とご相談のうえ、きちんとした最期をお迎えください。

381 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/12/17(水) 22:05
>>380
たんかんがん様
ご長命であったとはいえ、旅立ちからまだ四十九日くらいではお寂しいことと存じます。
お父様のご冥福をお祈りします。

三大療法のほかにBest Supportive Careも含めた選択肢の中から、患者の死生観も考慮しつつ最適な治療法を選択すべきだ、というアドバイスと理解しました。
私の家族が胆道がんを発病したのはジェムザールもTS-1も認可される前で、保険内診療でいえばむしろBSCが「標準」であったかと思います。
人間の死亡率は100%であることを思えば、だれもが「きちんとした最期」に至る最善のプロセスを希望して治療法を選ぶわけですが、難しいのは、いかなる選択をしても蓋然性がつきまとい、何が最善かは結果が出るまでわからないことだと思います。
たとえば化学療法にしても、奏功するかどうか、どんな副作用が出るかはやってみなければわかりません。
残念なことですが、よかれと思って投与した抗がん剤が「毒」にしかならない可能性も、一定の割合で存在するのですね。
いっぽう、なかには80歳台でも化学療法で延命される方もおられるそうですので、一概に年齢だけで決められるものでもありません。
つねに不確実性がつきまとうなか、いくつもの「賭け」をしながら後悔しない治療法を選択してゆくことは、じつに難しいとつくづく思います。

382 名前: たんかんがん 投稿日:2008/12/19(金) 21:12
そうですね。じつに難しいです。胆道がん全治は非常に少ない確率
ですから、引き分け狙いの最善策を模索するしかないですね。
闘病中の5割以上の期間は、希望も持てるし体調も良い状態だった
ケースなので、振り返って残念とは思っていません。最終段階での
栄養と痛みをコントロールする点滴も適正だったように思います。
多少意識レベルが落ちましたが、案外、その辺も重要かもしれません。

383 名前: はな 投稿日:2008/12/22(月) 01:29
初めて書き込みさせていただきます。
60歳の父が11月下旬がんの疑いがあると言われ、
転院したがんの専門病院で12月上旬「胆管細胞癌」と診断されました。
8センチほどの腫瘍、リンパ節にも転移があり、手術はできないとのこと。
今後は外来でジェムザールを始めようとの事でしたが
精密検査などをしていたこの2週間の間に、腫瘍が十二指腸付近を圧迫し
食べ物が胃から下に流れず、絶食となってしまいました。
とにかく入院し、高カロリー輸液をしながらジェムザールを始めようと
していた矢先に激痛・発熱が毎日のように現れ、本日主治医から
「この状態では抗がん剤はできない」と言われてしまいました。
手術も抗がん剤もできないと言われ、父は今絶望しかけています。
主治医からは余命宣告はされていませんが、父のいないところで
「緩和ケアのある病院への転院をおすすめします。」と言われました。
病名がわかってまだ1月もたっていない中でこの病状の悪化の早さに
正直家族皆信じられない思いでいます。
まだ何の治療もしていないのに・・・
いったい家族はどうしてやればいいのでしょうか?


384 名前: じん 投稿日:2008/12/22(月) 07:51
2回目の投稿です。胆管癌は胆管炎の繰り返し
で亡くなる人を多く見てきたと医師に言われた
ことがあります。母は6月に発見された時は手術が可能と言われましたが、
本人が拒否し、その後4か月目に胃拡張と言われました。胆肝炎がひどくて腹水胸水も溜まり
入院でそれも治まり、今横隔膜に膿がすこし存在します。抗生剤と11月からTS1をのんで自宅療養しています。80代なので、
ガン専門病院から治療はしない、best care supportを受ける事を勧められました。
そのことを思うと普通の中規模ではありますが、抗ガン剤を出してくれる医師に出会えてよかったと思っています。

385 名前: トントン 投稿日:2008/12/23(火) 22:50
はなさん

不安な日々をお過ごしのこととお察しします。
私の母は6月に黄疸がでて緊急入院、炎症反応がでて
絶食が続き、体重が一気に落ちてしまいました。
黄疸数値が下がらず、予後1-3か月と言われました。
抗がん剤治療もできずにいると病院からは
「経過観察だけで入院はさせられない」と言われ、
PTCDチューブをつけたまま、フラフラの母を
泣きながら自宅につれて帰りました。
在宅ターミナルを覚悟しましたが、在宅に戻ったことが
きっかけとなったのか、少しずつ体力が回復し、黄疸が
さがり、7月後半から今まで抗がん剤治療を続けています。
その間ドクターに不信感を持ち、転院もしました。
相変わらずガリガリにやせていますが、最初長くて3か月と
言われた命が今も輝いています。
どんな時でも、近くにいる家族が希望を失わずにそばにいる
ことが大切だと思います。
穏やかな家族の笑顔はお父さまの生きる気力になります。
お父さまの気持ちに寄り添ってさしあげてください。
入院中、私は無力な自分を責め道中泣きながら毎日病院に
向かいましたが、病室に入る前は笑顔の練習をしてから
母に会うようにしていました。
今も母の近くにいる時は、少しでも体温が上がるように
手足をマッサージしたり一緒に唄を歌ったりしています。

はなさん、ご自身の身体や心も労わりながら、いっしょに
がんばりましょうね。




386 名前: はな 投稿日:2008/12/23(火) 23:09
トントンさん

心のこもったお返事ありがとうございます。
トントンさんのお母様も大変な時期を乗り越えて
今もがんばって治療されてるのですね。
父は一ヶ月前まで本当に元気だったのです。
それが日に日にすごいスピードで悪化していくので
本人も家族も「このまま何もせずに死んでいくのか」と
本当に焦ってしまっています。
今の先生は本当に信頼できるし、病院も素晴らしいと思っているのですが
いつ退院させられるのか、今度はどこへ行けばいいのか、
とにかく何でもいいから癌にたいする治療をしてほしい
など不安が次から次へと押し寄せてきます。
まだ60歳になったばかり、これからのんびり旅行などしようと
言ってた矢先なので悔しくて悲しくて・・・
とにかく今は熱との闘いです。
少しでも父の支えになれるようにしっかりしなくては・・・


387 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/12/24(水) 00:20
>>386
横からすいません
http://2nd-opinion.jp/index2.htm
ガン治療情報で胆管ガンの治験を募集しています。
間に合うか分からないけど、コンタクトを取ってみてはどうでしょうか?
また、TS-1とジェムザールの併用も検討してみてはどうでしょう。
TS-1はカプセルなので飲みにくいと思いますが、カプセルから出して
中の粉だけを飲んでも効果はあります。(はずすときには手袋を忘れずに
あと、飲んだあと口の中に薬が残らないようにうがいと)
すこしでもガンが小さくなって、せめて食事ぐらい食べれるようになってくれれば
希望が持てるはずです。

医者があきらめているのなら、ダメ元で頼んでみてはどうでしょうか
そして、家族は決してあきらめないで

388 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2008/12/24(水) 11:03
↑のサイトに行ったら
「在宅・緩和ケアでもできる治療」のレミケードの記事も
読んでみて下さい。

389 名前: あすか 投稿日:2009/01/04(日) 16:44
前に掲示板に書き込みをさせていただいた、あすかと申します。
以前、病気の父に対してどうしたらいいのかもわからず落ち込んでしまい、
支離滅裂な文章を書いたにもかかわらず、暖かいお言葉をいただいたこと
は今の私にいまだ大きく響いています。ありがとうございました。
あれから結局、家族で共有できる時間を少しでも多くとりたいと思い、
自らの意思で地元に戻ることを決めました。(会社は辞めていません。
毎日片道2時間弱の通勤頑張っています)

昨年5月に余命1年あるかどうかと宣告された胆管がんの父は、今も生きて
くれています。ただ、10月末くらいに腰骨への転移が認められ、放射線
治療を試みてはみましたがあまり効果はないようで、毎日痛み止めを
飲みながらの生活をしています。でも気持ち的には元気でいてくれるので、
それは救いだと感じています。

今さら何を掲示板で聞きたいのかと思われるかもしれませんが、
今になって、私の心に大きく引っかかっていることがあるのです。
それは、父の病気に関し、セカンドオピニオンを受けていないことです。

今の病院は、決して小さい病院ではない私立病院です。
今の先生に対しても特に不信感を抱いているわけではなく(特別絶大な
信頼というほどでもないかもしれませんが)、治療についても、ネット等で
の治療の情報を見る限りでは、標準的な治療法を取っていただいている
と思います。家からも遠くないので、通院も比較的便利です。

ここへきてそう思うのは、以前よりも少しはまわりが見えるようになり、
まだ父のためにしてあげられることはあるのではないか?まだ全力を
出し切れてないのではないか、という気持ちがわいてきたからなのかも
しれません。

発症から8ヶ月立った今でも、セカンドオピニオンを受けることは有用
なのでしょうか?それとも、今の時点でそれを受けるのは、あまり意味の
ないことなのでしょうか?
セカンドオピニオンを受けるとしたら、できれば父母には内緒で私が行き
たいと思っています(父母はがんの事実は知っていますが、余命のことは
しらないので・・・)

冷静なつもりではいても、どこか冷静ではないかもしれないので、
ご意見を聞きたいと思った次第です。どうかよろしくお願いします。

390 名前: こじか 投稿日:2009/01/04(日) 18:46
あすか 様
ここの掲示板に何回かカキコさせていただいてる者です。
セカンドオピニオンをお考えとのこと。
私はオフクロのことでセカンドオピニオンを利用しました。
オフクロ本人も私も主治医のことは信頼しており、治療に対しても熱心で
こちらの質問にもきっちり答えてくれます。
最近ではネットでいろんな情報が調べられますから、素人の私が素人なりに
調べた治療法の有効性などについても質問したりしても、遠慮せずにどんどん
調べて質問してくださいと言ってくれる方です。
でも、他の病院・医師だったらどういう判断をするのかというのは気になりますよね。
命がかかっていることですから、やはり迷っているくらいなら、セカンドオピニオンを
利用した方がいいと思います。
それで主治医の治療法がベストまたはベターだという意見がもらえたら
それはそれで、”よし、これでいいんだ。やっぱり主治医の判断は適当なのだ”と背中
を押してもらった気持になるでしょうし。私はそうでした。
また、現在の病院との設備の違いやこれまでの処置経験などで、別の治療法の選択肢はないのかなど
気になっていることがわかってすっきりしました。
私の場合、本人は特に動く気がなかったので、私が現在の病院から資料を預かって、本人不在の資料のみでの
セカンドオピニオン受診を行いました。
あすか様のご近所に書類のみで対応してくれる病院があるかどうかはわかりませんが、やれるだけのことはやった
方が後で”やっておけばよかった”と思うよりはいいと思います。
保険がきかないので料金が高いのが痛いですが。私の場合は、30分で1万円、最長で1時間(2万円)でした。
私は30分のつもりでいたのですが、時間というのは難しいもので、結局2万円かかりました。
どの時点から時間をはかりはじめるのかなどはご注意されたほうがいいと思います。
あと、発症から8か月経っているとのことですので、受診のタイミング等はちょっと私ではわかりかねますが、
最新のCT写真や主治医の意見等をお話しすることでおおよその判断はしてくださるのではないでしょうか。
その辺は、受診予定の病院とご相談してみたほうがいいと思います。
とりとめもなくお書きしましたが、何かの参考になれば。

391 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/01/05(月) 16:54
>>389 あすか様
お父様とともに新しい年を迎えられたことをおよろこび申し上げます。
地元に戻られたそうで、あすかさんの体力的には厳しいかも知れませんが、よい選択をされたと思います。
せっかく検討するのであれば、目的をはっきりさせ、治療の幅を拡げるきっかけとなるようなセカンドオピニオンが実現するとよいですね。
「最善の治療」は唯一ではなく、患者さんの病状・価値観、ご家庭の事情等により、それぞれ異なります。
ジェムザール+TS-1の後、保険内ではあまり有望な治療法がなくなったときに、どうしたいのか、何が実現可能なのか、そして何よりお父様ご自身は何を望まれるのか、どうぞよくお考え下さい。
保険外の薬を輸入して使いたいのであれば、そのような治療をしておられるお医者様にセカンドオピニオンを求めるのがよいでしょう。
骨転移が心配なら、ストロンチウム(メタストロン)が使える病院、放射線科でのセカンドオピニオンが有用でしょう。
いずれはホスピスで…とお考えでしたら、緩和ケア病棟を持つ最寄りの病院に行かれるのがよいと思います。
セカンドオピニオン自体は、資料さえ揃えば、家族だけで大丈夫でしょう。
ただ、これは余計なお世話かも知れませんが、予後の統計的数字を伝えるかどうかはともかく、治癒は残念ながら期待できず最期までつきあう「一生もの」の病であることを、お父様ご自身にも理解していただいた方が、あすかさんが少しは楽になるのではないかな、と感じます。
お父様のご長命をお祈り申し上げます。

392 名前: たんかんがん 投稿日:2009/01/08(木) 21:38
セカンドオピニオンは重要です。わたしのところの場合は、執刀医の下
UFTが期待できないのとTS1の副作用の弊害を議論した後、3ヵ月
抗がん剤治療に空白が生じました。その間に肝臓転移です。しかし、
その期間は黄金の時間でした。本当は複合とか白金製剤を試してみた
かったのですが、その暇はありませんでした。
残る選択肢がジェムでしたが、単剤でしか体力が残らず、気休め投与に
なった後、タミケアです。その他、最新の方法も考えましたが、時間切れ
とエビデンス不明の方法ばかりで、ゲームセット。
早くから、抗がん剤治療専門医にセカンドオピニオンを求めるべきと思い
ました。まあ、そんなところです。たんかんがんは、浸潤が早いです。
がっくり。

393 名前: あすか 投稿日:2009/01/12(月) 23:19
書き込みが遅くなって申し訳ありません。私の書き込みに対し、とても
親身にアドバイスいただき、ありがとうございました。
いただいたご意見も含めて私自身、ずっと考えていました。

そもそもずっとセカンドオピニオンが心に引っかかっていたのは、
「部位的に手術は無理」と言われたことに対し、「本当に無理なのか。
もっと症例が多くある大学病院なら、手術できるのではないか」という
思いがあったからだと思います。
一度は今の病院、今の先生の行う治療法を信じようと心に決めたのですが、
やはり、普段そんな大病を患っているようには見えない父を見ていると、
「今のうちに、本当に手術は無理なのかを確かめた方がいいのかも」と
いう迷いが出てきたのです。

ただ、この一週間で少し事情が変わってしまいました。
今年はじめから、腰の痛み(骨転移)を和らげるための麻薬を使うために
入院しているのですが、何と入院中に脳梗塞を起こしてしまいました。
重い症状(麻痺など)はでていないということですが、軽く記憶障害も
起こしており、とても心配です。なぜ父ばかり・・・と悲しくなります。

セカンドオピニオンについては、脳梗塞の病状が安定してから現状を
しっかりみて、目標を明確にしてからと思います。
どこまで時間が許すのかはわかりませんが・・・

394 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/01/13(火) 18:43
>>393 あすかさん
お父様のこと、いろいろご心配ですね。
TS-1の副作用でも脳梗塞が起こる場合があるようです。
また、脳梗塞のお薬とTS-1の併用にも注意が必要なようです。
「ティーエスワンとワルファリンカリウムとの相互作用に注意!」
http://okusuri.jp/hiyari/03.html
すでに骨転移がある現在、おそらく手術適応はなく
全身療法(化学療法)になると思います。

395 名前: こじか 投稿日:2009/03/19(木) 20:30
久々にかきこします。
総胆管がんの肝臓転移で現在はジェム+シスで頑張っているおふくろ。
副作用もなく、余命半年から1年と言われてから、まるまる2年普通に
生活しており、主治医も驚いていますが、久々にCTを撮ったら
一番でかいのが6センチくらいになっており、その周りに若干水が
たまっているとのこと。
その状況がどんななのかよくわかりませんが、本人はいたって普通に生活
できてるし、主治医も薬を変えて、副作用が強く出て体がまいってしまうよりは、
今の治療法を続ける方が良いのではということで、本人は了承してます。
私が気になるのは、腫瘍の周りに水が(若干)たまっており、CTで見ると
円が二重になっているように見えるということです。
どなたか、似たような症状、事例をお聞かせ願いします。

396 名前: あすか 投稿日:2009/05/10(日) 01:27
以前、何度か胆管がんの父のことで書き込みをさせていただきました、あすかです。
つい先日、とうとう父が亡くなりました。余命1年と宣告された日から、あと2日で
ちょうど1年経とうとしていたところでした。そして、奇しくも父の誕生日でした。
いつもどおり病室へ行き、看護師さんたちと「誕生日だね~」と話しをしていた矢先
です。病室に入って、10分後くらいに息を引き取りました。
私が来るのを待ってくれていたのかもしれません。

つい数週間前までは、「ひょっとしたら、1年以上生きられるんじゃないか」と
期待してしまうほど、普通に話していたのでショックでした。ただ、今考えると食欲は
確実に落ちていましたし、足のむくみもひどくなってきていました。

「もっとこうしてあげればよかった」と思うことは、たくさんあります。その後悔は
一生残ると思います。でも、勝手な思い込みかもしれませんが、「してあげられたこと」
もたくさんあると思います。

この掲示板は私にとって大きな支えになっていましたし、いただいた言葉は私の行動
に大きく影響し、よい方向に導いていただいたと思っています。
ありがとうございました。

397 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/05/12(火) 20:01
お父様のご冥福をお祈りいたします。私の父も今年一月に胆管癌といわれ、すでに肝臓に転移し手術できない状態です。入院し胆管にステントをいれ現在は自宅療養しています。通いで抗がん剤治療をして現在のところ元気にしていますが、腰痛がかなりひどいのです。病院で検査をしてもらったところ坐骨神経痛とのことですが疑わしいものです。また足のむくみも出てきているようです。あすかさんの書き込みを見させていただいて、症状が同じようなのでちょっと不安になりました。余命は宣告されていませんがかなり厳しいものだと思っています。アドバイスがありましたらお願いします。




398 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/05/13(水) 14:48
>>397さん
私の妹も同じです、今年一月に告知
肝転移があったため手術は出来ませんでした
ジェムザール+TS1の投与を受けていましたが
腰、肩の痛みがひどく、検査の結果
脊髄転移が判明、肩にも転移の疑いがあると診断されました
痛み止めを服用しても痛みが引かないらしく
耐えている姿を見るのはつらいです


399 名前: K.T 投稿日:2009/05/13(水) 18:31
398です。名前を入れたのですが入ってなかったようでごめんなさい。
父もジェムザール+TS1の投与を受けています。ちょうど4クール目に入ります。昨日病院でレントゲンを撮った結果、効果は少し見られるようで、がん細胞は小さくなっているようです。胆管癌はあまり抗がん剤が効かないと色々書かれていますが今のところ何とか効果が出ています。このまま持続してくれればいいと願っています


400 名前: K.T 投稿日:2009/05/13(水) 18:35
前文397です。ごめんなさい。

401 名前: nori 投稿日:2009/05/13(水) 19:06
398です、僕も名無しでしたね
申し訳ありません
脊髄への転移が判明した為、4月末より抗がん剤が変更になり
パクリタキセルとカルボプラチンの投与が始まりました
まだ一度のみの投与ですが
効果が出てくれる事を信じて治療を続けます

402 名前: あすか 投稿日:2009/05/14(木) 01:27
>K.Tさま

返信ありがとうございます。私の話でお役に立てればよいのですが・・・。
あくまでも父の場合ですが、
まず、腰痛については、父は腰椎に転移していたのですが、レントゲン写真
をみせていただいて明らかにわかるものでした。他の骨と比べてはっきり形になって
いないというか・・・お医者さんによると、それは骨ががんにより少し溶けてしまって
いるからだということでした。
足のむくみについては、かなり食欲が落ちてからひどくなりました。肝臓等の機能の
低下から体が栄養を吸収しきれないため、タンパクが足先におちてしまってむくみ(浮腫)
の症状がでるのだということでした。
(※くわしい方からみると、ちょっと説明に語弊があるかもしれません。すみません)

検査結果が疑わしいということですが、お父様はもともと腰痛持ちというようなことは
ないのですよね。あまりにひどいようならもう一度詳しく検査をお願いするなどしても
いいかもしれませんね。

あと、余計なお世話を承知で書かせていただきますね。
余命についてはご確認しておいた方がいいような気がします。どういう回答であれ、
お父様にお伝えするかは別として、ご家族の方は知っておいた方が今後の対策(治療
方針等)を立てられやすいと思います。何事も先回りできるのは、患者さんよりも
周りにいる人間だと思うので・・・。とても、辛いんですけどね。

抗がん剤が効いているということで、何よりです。お父様が少しでも元気に毎日を
過ごされることをお祈りしています。


403 名前: K.T 投稿日:2009/05/15(金) 22:01
あすかさん、ありがとうございます。
腰痛については胆管癌と診断される少し前から痛み出したようです。整形で坐骨神経痛だと言われその治療をしていた矢先に胆管癌が判明しました。いまかかっている病院はかなり大きな総合病院ですが、そこでも見てもらっていますが腰椎への転移は言われていません。でも、わたしはかなり不安を抱いています。父があまり痛がるので今日近くの(少し有名)ペインクリニックを受診しました。結果すべり症ということで痛み止めの薬を処方されました。とりあえず様子を見てみます。
余命についてですが、こちらから聞かないと言ってくれないものなのでしょうか。わたしはいろいろ調べてだいたいの事はわかっているつもりですが、母はあまり知りません。わたしからは言えなくて・・・。でもそれがいいのかなと思ったりもします。母はノー天気なので。もし余命を知ったら大丈夫かなと不安です。




404 名前: あすか 投稿日:2009/05/19(火) 00:37
>K.Tさま
こんばんは。お父様の腰痛、心配ですね。でも、必ずしも腰痛=転移ではないと
思うので、しばらくは見守るよりほかないのかもしれませんね。
余命については、実際どういうものなんでしょうね。
私の場合は、先生からおっしゃいました。でも最後の入院の時、先生からは「末期の
症状です」としか言われませんでしたので、具体的な期間は私から聞きました。
聞かずとも、言われたかもしれませんが・・・。
ただ、「いつまで生きられるのか」などの不安や悪い想像を抱き続けながら過ごすよりは
聞いてみた方がいいのではと、私個人は思いました。聞いた結果、「まだそのような判断を
する時期ではない」と言われるなら、それはそれでいいのではないかと。
でも、人それぞれだと思いますので、K.Tさまの納得がいくように動かれたらいいと思います。

ちなみに、余命について知っていたのは、私と叔母夫婦だけでした。
父と母には「がんである」という告知のみしており、母には父の最期の入院時にはじめてすべて
打ち明けました。悩んで悩んで、悩んだ末に選んだ選択でしたが、これが正しかったのかは
今でもわかりません。

405 名前: ゆい 投稿日:2009/07/10(金) 10:50
こんにちは。
見てる方はいらっしゃるでしょうか?

先月19日に私の祖父が胆管ガンの為亡くなりました。
祖父が居た病院は本当に最低最悪でした。
入院したのは5月26日。その時、余命は3ヶ月と宣告されました。しかしたったの3週間で亡くなってしまいました。
ガンは肝臓に3つあり、2つは小さなもので、1つは8センチほどの大きなものだったので手術不能でした。
入院当初は食欲もなく、ほとんどご飯も食べていないのにも関わらず点滴すら打たない日々が続きました。
病院にいる意味はあるのか? 検査の時に行けばいいのでは? 本人だって家にいるほうがいいはずですよね。
おかげでどんどん痩せて衰弱していきました。
あまりにもおかしいので、点滴をしてもらうよう頼み、やっとし始めましたが、午前中にぶどう糖1本で終わり。
抗がん剤は意味がないと言われ、病院に出来ることはこれから出てくる本人の痛みと苦痛を取り除くことだといいながら、ぶどう糖のみ。
主治医も最悪なヤブ医者で、最初は家族は信じたくないだろうし、その気持ちはわかるから、いくらでも紹介状は書くから他の病院で見てもらうのもいいでしょうて言っていましたが、いざ紹介状をお願いしたら、僕がそんなに信用できないのか、僕はアメリカの肝臓グループで移植もやってきたし、青森の有名な大学病院にもいたし、ネットで論文も載ってるから見てみろ、しまいにはそんなに僕と病院を信用出来ないのであれば退院してもらって結構ですとまで言われました。

もうここまできたら治るとは思わないし、何年も生きられるとは思わないからせめて黄疸だけとる手術をしてくれといいました。
そのほうが本人も辛くないと思ったからです。
すると主治医は、そんな手術は目をつぶってでも出来る簡単な手術だからいくらでも出来る。でもそれをすると家に帰れないし、お風呂にも入れないと言われました。
別に今の弱った状態を見て家に帰れるともお風呂に入れるとも思ってない。
でもしてくれませんでした。きっと出来ないんでしょう。
亡くなる前日…血と混じった胆汁を吐き始めました。とても辛そうで話しも出来なくなりました。
その日の主治医の話しではあと1週間と言われました。揚げ句の果てに今一番本人が望んでることは家に帰ることだと言い始めました。家に帰ればびっくりするほど元気になるというのです。信じられますか?
ずっと苦しそうにして話しも出来ない状態の人間を家に帰そうとしました。
そして次の日、もっと苦しそうにしていました。
でもまだ生きていました。
やっと書いてくれた紹介状を持って違う病院に話しをしに行って祖父の元を離れた少しの間に急変し、亡くなりました。
心臓マッサージも時計をチラチラ確認しながらやる気のないマッサージ。
あの病院とあの医者に殺されました。
一生許しません。
みなさんはそんな病院に当たらないようにしてください。
もっと早く病院を変えていればと後悔だけが残ります。
ほとんど愚痴になってしまいましたが、本当の話です。今思い返しても信じられないひどい話だなと思います。
病院選びは慎重に!!

406 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/07/10(金) 11:48
自分の病気に対する知識不足や偏見はあるが内容はほぼ本当だと思います。
そしてあなたの言うような「ひどい」病院とも思わない
・・・が、読んだ感想。

407 名前: たかお 投稿日:2009/07/13(月) 17:54
始めまして。今日より1年半ぶりにジェムザール再開し始めた患者本人です。
この掲示板初めて拝見、拝読、肉親の方々が胆管がんに侵され ご心配され
ていらしゃる姿が私の家内にオーバーラップしてしまい思わず書き込み始め
た次第です。ご家族も大変でしょうが当事者本人も大変です。      
 私の場合、2007年4月黄疸発症 すぐに病院受診したところ即日入院させ
られエコー検査、CT検査等々実施。鼻の穴よりワイヤーを通し胆管の出口に
引っ掛けて体外に胆汁を抜くことになりました。その間PET検査も実施 と
ころが担当医は癌と疑っているのに癌の兆候出ませんでした。検査入院も3
週間になった時胆管下部より癌細胞が見つかり一度退院、6月手術入院、8時
間に及ぶ手術で胆嚢、胆管、十二指腸、胃及び膵臓の一部等々摘出しました
が既にリンパ節内に癌が流れていたとの事でした。そこで8月から翌年の1月
にかけてジェムザールの点滴実施。わずかな期待の完治を信じていましたが
2008年11月再発、そこでTS-1を3ヶ月服用してました。今年4月他に転移
している事が判明、放射線治療の検討しましたが検査結果無理となりました
。そして6月より再びTSー1の服用開始。その間転勤もあり、転院しました
。その結果 冒頭に記しましたように地元の病院でジェムザール再開となっ
た次第です。長い話になりましたがここにも希望を捨てず明日を信じて頑張
ている一患者がいます。ご家族の暖かい応援は心の支えになります。なにと
ぞ暖かく接してあげて下さい。兎に角繋がりを求めています。何故なら常に
不安との闘いをしているからです。長い話にお付き合い有難う御座いました


408 名前: おかばぁば 投稿日:2009/07/23(木) 04:22
久しぶりの投稿です
私は三年以上TSー1+ジェムザールの治療を受けてきましたが
治療の効果はありましたが、さすがに3年以上になると
耐性ができてしまい、一気に抗がん剤の効果が見られなくなり
手術が出来る状態ではなく、やはり抗がん剤治療しかありません
悲しいことに国が認可している抗がん剤は、ジェムザール、TSー1
だけでいだ。保険適用外でシスプラチン(毎週一回を3週投与)
+TSー1(3週飲みきり)
副作用が強い割に、抗がん剤の効果が見られず
八方塞状況でしたが
千葉在住の今村医師が、治験段階の治療を行っているとの
情報をつかみ、ブルとザーの如く行動に移し治療にはいりました。
8月1日に勉強会を開いてくださいます
札幌で受け入れてくださる医師のお話も聞く事ができます。
体力が、不安があり、千葉まで出かけてまでとお思いの方も
いらっしゃると思います。
すい臓がん、胆管癌、の方で勉強会に参加し先生のお話を聞いて
みたい方はご連絡下さい。決して自分の治療に誘導するような
先生ではありませんよ。
しっかりと考えて頑張りましょうね
どちらかと言うと私は末期患者ですがなぜか元気です
リンパ節再々発、腹膜播種、肺転移、胸水あり
肺に至っては結節性病変が多数あるそうです
治験段階の治療に飛び込み、どのような検査報告がなされるのか
楽しみです。


409 名前: こじか 投稿日:2009/08/05(水) 22:57
久々にカキコします。
2007年に胆管ガンが発覚し、手術後2か月目に肝臓転移が判明したうちのおふくろ。
余命半年から1年というのを、2年頑張ってきました。
が、今年に入ってから容体が芳しくなく、ここ3カ月は家よりも入院していることの方が
多くなり、今は完全に入院しっぱなしになりました。
腹水もたまっては抜きの繰り返し。呼吸も荒くなり、足もむくんで車いすが必需になってしまいました。
もしかしたらこの夏を乗り切ることは不可能かもしれません。
予後が良くないガンといいながら、よく2年もったなぁというのが正直な感想です。
最初の余命宣告から、順調な日々が続いたせいか、家族も気がゆるみ、一度覚悟していた出来事を薄れていました。
まだ、わかりませんが。。。

410 名前: こじか 投稿日:2009/08/26(水) 22:50
8月に入ってから食がどんどん細くなり、2週間前、おふくろは亡くなりました。
胆管癌発覚から2年半。頑張った方ではないかと思います。
ちょうど私が夏休みでしたので、早朝でしたが死目に会えました。
ただ、抗がん剤の副作用があまりなかったことなどから、心のよりどころであった
アロエベラジュースをきちんと飲んでくれていたら、、ということが心残りです。
主治医からも許可を得ているからといっても、1か月くらい前から飲まなくなっていました。
気の持ちようかもしれませんがね。
こらの掲示板では、みなさんの書き込みで、いろんな情報が得られ、それをもとに主治医とも
いろいろと話ができて、本当によかったです。
ありがとうございました。
闘病中のみなさん、ご家族の皆さん、治ることは難しいかもしれませんが、
うまく長く付き合っていくことは可能かと思います。
1日1日を大切にすごしてください。

411 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/08/27(木) 14:48
>>410
お悔やみ申し上げます。
2年半…よく頑張られましたね。
まだまだいろいろ大変だと思いますが、こじかさんご自身お疲れの出ませんようお大切になさって下さい。

412 名前: たんかんがん 投稿日:2009/09/20(日) 17:29
>>410 こじか さま お悔やみ申し上げます。
わたしも、1年前に父をこの病気で亡くしました。
最期の3ヶ月、意識もしっかりしているのに、
徐々に弱り、本人は薄々察しているときの会話は
つらいですね。
2年半は頑張られたと評価できると思います。
その2年半はそのひとにとっても、見守る家族に
とっても人生の重要な一部なので、大切にしたい
ですね。
今、闘病中の方々にも期待や希望を持って最後まで
悔いのないよう、お過ごしくださいと願います。

413 名前: kouzi 投稿日:2009/09/27(日) 02:16
私の母は、三年前に、胆管癌の手術をしました。しかしながら、残念なことに
全てを、取り除く事は出来ませんでした。TSー1+ジェムザールの抗ガン剤
を使用しました。ジェムザールは、副作用が時々でたので、途中からTSー1
に切り替えました、今年の春には、ステントを入れました。
一週間ほど前から、黄疸症状が見られ、夜になると熱が時々でます。
主治医からは、後、一ヶ月だと言われました。本人は、ホスピスに入りたいと
言っております。足もむくんできており見てるのがつらいぐらいです。

414 名前: kouzi 投稿日:2009/10/01(木) 10:38
黄疸抑える事は出来ませんか。誰か知っていたら御願いします。

415 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/10/01(木) 11:15
>414

情報が少なすぎます。
主治医はどのような治療法(治療不可能というならばその理由)を説明されていますか?

一般的には、胆管が圧迫されて胆汁が出にくくなっているならばステントを入れることがよくある治療です。
ただし、その患者さんに、可能なのかは圧迫されている場所などにもよるようです。

また、がんが進行して肝臓のかなりの部分に広がっているためならば、治療は困難かもしれません。

いずれにしても、漠とした質問では、きちんとしたレスはつかないでしょう。

416 名前: kouzi 投稿日:2009/10/01(木) 16:57
ステントを入れるときには強い痛みが伴うそうです。

局部マスイだけでは無くて全身麻酔では出来ないのでしょうか。

主治医はステントを入れれば二、三ヶ月寿命は延びると言っています。


417 名前: 中村良和 投稿日:2009/10/29(木) 10:42
実は、私も先月11日に下部胆肝がんの摘出手術を受けました。手術は、成功しました。が結果は、ステージ3です。来月から抗がん剤ジェムザールまたは、TS1の癌再発防止の予備治療を受けます。私の地元、武蔵野赤十字病院。癌になった原因はわかりません。42歳になります。

418 名前: りえ 投稿日:2009/11/10(火) 10:07
私の母(60歳)が7月に肝門部胆管癌との診断を受け、同月に指定された大学病院で、左右の肝臓から穴を開け、管を通し、胆汁を排出する処置を受けました。

それから、発熱などで容態が安定せずに過ごした結果、遠隔転移が3ヶ所見つかり、手術を断念し、容態の安定を待って10月にジェムザールの投与を始めました。

1週間に1度で3週間。
2週間の休憩を挟む。

今の所、ジェムザールのみでTSー1の投与はありません。投与の予定はあるそうなんですが、母の主治医は『今は、その時期ではない』との事です。


素人目から見れば、体力と食欲があり、容態が安定していて、血液検査の結果も良好な今のうちに、TSー1を使ってダブルパンチで癌細胞に止めを刺して欲しいところなんですが…。


3日前から、母と主治医と相談し許可を頂いて、クロレラを飲み始めました。


頑張ります!

419 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2009/11/10(火) 10:38
書き込み場所を間違えました。ごめんなさい!

420 名前: 患者 投稿日:2009/11/10(火) 17:38
>418
書き込む場所を間違えましたとのことですが、とりあえず。

まず、胆管がん・遠隔転移ありとのことですので、現在の医学では、GEM単独にしろ、GEM+TS-1にしろ、あるいは、他の治療にしろ、「癌細胞に止めを刺」すことはほとんど不可能です。
したがって、延命を目的とする(極めて稀には完治する)ことが目的となります。

ところで、単に単独で比較するならば、効果は、GEM+TS-1>GEMであろうと推測(ある程度のデーターはありますが、絶対とまでは言えないようです)されますが、一方、副作用もGEM+TS-1>GEMあると推測されます。

さらに、GEM+TS-1>GEMとしても、GEM+TS-1を使えば、これが無効となると次に有力な候補がなくなる(抗がん剤には早かれ遅かれ耐性ができてしまいます)。
これと比較して、まず、GEMを使用し、耐性ができればTS-1、さらに耐性ができればGEM+TS-1のほうが、トータルとしての延命が図れる可能性もあります。

もちろん、最初からGEM+TS-1のほうが延命する可能性もあります。

そして、どちらが正しいのかを示すデーターはありません。

さらに、言うならば、あまり余裕がないならばGEM+TS-1からのほうがベター、余裕があるならば、順番に試す方がベターということも考えられます。

このほかに主治医のこれまでの経験や勘ということもあるでしょう。

もちろん、患者側から「希望」を主治医に言ってみることも一つでしょうが、「癌細胞に止めを刺して欲しい」とか「クロレラを飲み始めました」という程度の知識では主治医もわかったという返事はしにくいでしょう。

421 名前: K.T 投稿日:2009/11/10(火) 19:36
以前にも何回かかきこみをしました。父が胆管癌を宣告されてから9ヶ月たちます。その間GEM+TS-1で治療を行ってきました。肝臓にも転移していたので、半ばあきらめていたのですがすが、今回の結果、肝臓の癌はほとんどというか全くなくなり、胆管の癌のほうもおそらく、かなり消滅しているだろうとのことでした。
信じられないような結果だったので、とても喜んでいるのですが、こんなこともあるのですね。いまは月に一度の割合でGEM+TS-1の治療を行っています。


422 名前: りえです 投稿日:2009/11/10(火) 20:56
患者様
お返事をくださってありがとうございます。
ジェムザールとTSー1の使い方についての説明は大変わかりやすくて、理解が出来ました。ただ、やはり延命治療の抗がん剤であったとしても、癌をやっつけるイメージを常に持って奇跡を信じたいです。

クロレラの件は、以前、母が飲んでいたもので、又、飲みたいと言い出しました。主治医に聞きましたら、治療に影響はないだろうということで、飲んでいます。

気休め程度にしかならないかも…と思われるかもしれせんが、飲んでいる本人が『気持ちがいい』と言うので、本人が言うなら良いのだろうと考えています。

抗がん剤に関しては、耐性の事を考えていませんでした。これからも、注意深く母を見守って行きます。

患者様の書き込みを何度も読み返していますが、わかりやすいです。

ありがとうございました!

423 名前: 患者 投稿日:2009/11/10(火) 20:58
>421

GEM+TS-1が、お父様に著効を示しているとのこと、良かったですね。
もちろん、確率は低いのですが「こんなこともある」ことは事実ですので、信じられないというより極めて幸運なことにというほうが適切かもしれません。
ただし、GEM単独でも、同様に確率は低い(多分、GEM+TS-1よりも低い)のであれば、著効を示すことはあります。

なお、今のうちに、GEM+TS-1が無効になった後のことも考えておく方がいざという場合にあわてなくてすむかもしれません。
(水をかける感じで申し訳有りませんが)



424 名前: りえです 投稿日:2009/11/10(火) 21:10
連続の書き込みになりまして、すみません。

K.T様のお父様のような方もいらっしゃり、心強く、気持ちを前に向けられます。
書き込みをして頂いて、ありがとうございました。

425 名前: りえです 投稿日:2009/11/10(火) 21:40
患者さまへ
〉水をかけるようで申し訳ない…

と、おっしゃってますが、そんなことはありません。
いずれ起こるであろう事に対して、対応策を練る事はとても大切です。

患者様の書き込みは、勉強になります。
ありがとうございます。

m(__)m

426 名前: K.T 投稿日:2009/11/13(金) 16:07
 担当医の先生に父が言いました。GEM+TS-1をはじめて数日たった頃、
「この薬が効かなかったら次はどんな方法があるんですか?」と。
そしたら先生は、「今はこの薬が絶対効くと信じて前向きで頑張ってください。
効かなかったときは、また一緒に考えましょう。」
絶対効くと信じて頑張っている人と、本当に効くのか?と思いながら治療して
いる人では先生の経験上、前者の人のほうが効果が見られているらしいです。
考え方は色々あると思います。次の方法も勉強して知識を得ていくのは大切ですが、
今治療している方法が最善だと思って父は頑張っていました。


427 名前: まう 投稿日:2009/12/11(金) 11:27
初めまして。
同じような立場の方による、このような掲示板があり、とても勉強になり、嬉しく思います。

昨日、62歳の母が比較的設備のある町病院で検査をしたところ、末期のガンだと診断されました。
症状は、右腹部にしこりのようなものが出来、その部分と背中に痛み、発熱、倦怠感などで、
腫瘍マーカーの数値はかなり高いらしく、CT?の写真で見ると、肝臓やリンパへの転移がいくつも
確認できたそうです。胆管ガン、という事はまだ言われていないのですが、私なりに調べた結果、
そうだろうと思い、ここへ辿り着きました。

皆様との情報交換で、医学の知識や心がまえを共有し合い、良い結果を出せる道を見いだせたら
と思っております。
良い情報もそうでないものも目をそらさず、希望を捨てず、前向きに頑張っていきますので、
ご助力をいただきたく思います。どうかよろしくお願いいたします。

有明の癌研を紹介していただき、これから行ってまいります。
詳しい病状や治療について、まだまだですが、本人も望んでいる延命治療を積極的にしていきたい
と考えているので、事前にこのような掲示板に出会えた事を心強く思います。

皆様の大事な人も、出来る限り長く穏やかな余生をお送りできるよう、お祈りいたします。
初回での長文、失礼いたしました。

428 名前: ゴン 投稿日:2010/01/08(金) 03:23
昨年、胆管癌の手術をしました。

年明けからは、

ジェムザールの

投与に通院してますよ!



429 名前: じんじ 投稿日:2010/03/11(木) 10:35
母はステ―ジ2の胆管がんと診断され、主にステント療法が主の治療でしたが、
この二月に一年八カ月の闘病の末、永眠しました。87でした。
TS1も2か月使ったくらいで、効いていたのか普通の民間病院の医師なので
頼りなかつた。昨秋に十二指腸にもステントが入り、食欲が落ちました。
でも決定的だったのは、吐き気のため入院した時、た゜らた゜らと点滴をしいるうちに
15キロも体重が増え、動けなくなってしまったこと。主治医は針か
短いと言って水を抜けない。効かん利尿剤を増やすくらい。よくなっていますよ、なんて
嘘を言うし、外科の医師に連絡をとらせない。根回しで外科の知り合いの医師に
水をぬいてもらうことになったが、ぬくごとに弱る。c
artという水の成分を戻す施術をする病院に連絡がついたとき、母は呼吸困難で
亡くなりました。カレンダ―にはアホの病院と書きなぐってました。icuもないし、
血圧も表示されない病院。全国にある1日やっている施設。今でも胸が痛みます。



430 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/03/12(金) 10:13
>429

ご高齢の場合、全身状況によっても異なりますが、積極的な治療はかえって余命を縮める可能性が高いことが多くあるそうです。
ですから、普通の民間病院だったからこのような治療内容だったとは断言できません。

また、病気がみつかってからの期間を考えると、昨年の秋から体調が悪くなったのは、治療が不十分だったためではなく、通常の病状の進行のためであったと考える方が素直に思えます。

さらに、腹水には栄養分が含まれていますので、やみくもに行うと「ぬくごとに弱る」のは当然です。
もとの病院は、これを考えて、腹水を抜くのを控えていたのかもしれません。

いずれにしても、あなたが書かれた内容のみでは、病院の対応が不適切だったとは断定できないように思えます。
(もちろん、より適切な対応があったという可能性も否定できませんが。)

なんとなく、お母さまをなくされた悲しみを病院にぶつけているだけのようにも思えます。

いずれにしても、病院を非難されるような書き込みをされるならば、よりきちんとした情報と知識にもとづいてされたほうがよいのではないでしょうか。

最後になってしまいましたが、お母さまのご冥福をお祈りいたします。

431 名前: 知らなかった人 投稿日:2010/03/22(月) 14:36
腹水濾過濃縮再静注法の可能な病院は少ないのでしょうか、また可能な病院を

どうやって調べたらいいのかわかりません・・部位にもよるのでしょうが

癌患者は腹水のたまる方が多い気がします、おなかに水がたまり辛そうなのに

看護側もつらいのだから積極的に取り入れてほしいものですが、知らない方が

多いのも事実なのではないでしょうか・・

432 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/04/10(土) 01:03
父81歳は、昨年8月に肝内胆管癌と診断され余命は1年未満と告げられました。手術
は不可とのことでTS1を服用しておりましたが、効果が認められず今年3月からは
ジェムザールの点滴注射を受けています。特に医師からは説明もなく、点滴パック
に書かれていた注射液の名前をインターネットで調べて理解しました。少しでも長く
生きることが出来ればと願っていますが・・・

433 名前: かんたんがん 投稿日:2010/04/10(土) 19:02
余命長きことをお祈りいたします。わたしの父、享年81歳のときも
TS1の後、医師からはどんな薬剤が希望か言ってみてくれと言われ、
ジェムを指定しました。本人の希望もあり、痛みの除去を主眼にして
モルヒネをたくさん使いました。ご参考まで。最期は肺炎でした。

434 名前: 迷い人 投稿日:2010/05/03(月) 11:27
はじめまして。
私は、3月に胆嚢がんの手術をしました。
内容は、肝臓の右側3分の2を共に切除する大掛かりなものです。
幸い転移は、肉眼で見る限りないとのことで遺残なく取りきれたとのことでした。
ただステージは4A。ステージも高いため、再発のリスクも高いとのことで、
今後は、目に見えない部分への術後補助療法として
抗がん剤治療を薦められています。TS-1の内服か・・、ジェムザールの点滴
か・・・、または、どちらもしないで経過をみるか・・。
選択に、迷っています。どうすればいいのか・・・。


435 名前: かんたんがん 投稿日:2010/05/05(水) 19:21
私の父のときも「目に見える範囲はすべて切除」でした。ステージも高い
ままでした。薬はTS-1の内服はお薦めしません。本人にはつらい薬です。
小康状態を保てたのはこの薬のおかげかも知れませんが。
どちらもしないで経過をみるというのも有力な選択肢かも知れません。
薬との適合性をはかるという意味で、順番にやってみるというのも
良いかもしれません。種類と順番は医者と相談のうえ。

436 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/06(木) 02:20
>>434

平岩正樹先生は、手術の「やるか、やらないか」の二者択一と違って、
抗がん剤の場合は、「やる」と「やらない」の間に無数の選択肢があると言ってます。
たとえば、半分の薬量を試すことのように、少量の抗がん剤から始めてみたり
するそうです。よかったら、一度抗がん剤について書いた本を読んでみると
いいかも知れません。以上、最近先生に感化された素人の意見でした。


437 名前: 迷い人 投稿日:2010/05/07(金) 09:28
かんたんがん様、436様、どちらもご意見ありがとうございます。

今、食欲不振に悩まされてる状態で、術後2ヶ月経とうとしてますが
まだ体重も戻らず、体力的に自信がもてません。

主治医は、当然抗がん剤治療を選択肢の一つとあげていますが、
きつい治療から解放された弱ってるこの体に、抗がん剤はあまりにも・・
それに効果については、わからないとのこと。

それで、自分なりにほかにないものかと。
そこで第4の治療法ワクチン療法というものがあり、何もしないよりも抗がん剤より
体へのダメージが軽減される方法もあることを知りました。

そこでどなたか身近な方で丸山ワクチン、ペプチドワクチン療法を取り入れてる
方をご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

また、印象などもお聞かせいただければと思います。
よろしくお願いします。





438 名前: ぷーま 投稿日:2010/05/07(金) 19:40
4月上旬に父が胆管がんと診断されてから、ようやく5月11日に
手術を受けられることに決まりました。
 そこで疑問があるのですが、進行が速いと言われる胆管がんで
一ヶ月も待たされるって、かなり遅くないでしょうか?正直、
病院側の怠慢を疑ってしまうのですが・・父は信頼してるようですが僕と
しては心配です。
 

439 名前: かんたんがん 投稿日:2010/05/08(土) 10:07
ぷーま さま
1ヶ月のうちに進行度合いや悪性度、さらに立体映像で飛び散り具合
などを探っておくまでやっているなら、怠慢ではないと思います。
執刀医の説明を受けて、お父様が信頼されているなら良いのでは?
半分以上のひとは切除できないまま闘病しなくてはならないので、
切除に行き着くならまだラッキーと言えるでしょう。12時間以上の
手術で一応完全に取りきれば成功、開けた瞬間にやめて1時間で戻って
くる場合は相当深刻です。

迷い人さま
胆管癌については、どんな療法もまだ効き目が明確でないので迷うところ
ですが、とりあえず転移の確率を低くする意味の治療を気休めでいいので
始めておくのが良いでしょう。体力を落とされているようですが、高カロリー
の点滴とかもあります。胆汁の排出管はもう取られましたか?

436さま
平岩さんは高校の先輩ですが、かなり変わり者で、いまは東大に入りなおして
歴史の勉強とかされています。異端児だけれど、本当のことを言っちゃうひと
です。学会や学者を敵に回してしまっています。



440 名前: 迷い人 投稿日:2010/05/08(土) 11:07
かんたんがん様 ご意見ありがとうございます。

胆汁の管は術後3週間経ったころに取りました。

癌患者になった今、再発の恐怖との闘いが待っているんですね。
退院時の説明で、「手術ができて、目に見える転移がないのはラッキーだったと考えてもいいんですよね・・」と主治医に言ったら
「う~ん、ステージ(T4M0N0)が高いからですね・・」との返事でした。

そのとき、再発の2文字が頭をよぎりました。
でもあきらめるのは、まだ早いですよね。








441 名前: かんたんがん 投稿日:2010/05/09(日) 09:37
迷い人 さま

あきらめるのではなく、終末の人生をより良く、長くでしょうか?
患者本人は、身近な周りが心配し、食の細さや微熱の発生のたびに
過剰な不安に陥るのをストレスに思うようです。
医者は「治る」とは絶対に言いません。客観的に状態を説明し、
あきらめてくれる最後の瞬間まで付き合ってくれるだけでしょうから
察してあげましょう。質問や要望は先手先手で言うほうが良いですよ。

442 名前: 迷い人 投稿日:2010/05/09(日) 10:16
かんんたんがん様
「あきらめるのではなく、終末の人生をより良く、長くでしょうか」

結局はそうなるんですよね。

術後2ヶ月経ちますが、体力がだいぶ衰えてるのが、わかります。
外出すれば、熱を出すし、自分の体に起こってることを、まだ
受け止めきれずに、毎日過ごしています。
このまま、ストレスに押しつぶされ、笑顔が消えたまま
生きるよりも、後悔のない様に動いてみたいと思います。

443 名前: ぷーま 投稿日:2010/05/10(月) 16:58
>>439
返信ありがとうございます。
どこまで検査してるかは分からないのですが、父は信頼してるよう
ですし、明日手術ですから今はこの病院を信じるほかありません。
 今は手術の大成功を祈るのみです。


444 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/23(日) 22:38
62歳の男性です。昨年7月に胆管癌の疑いで、肝生検うけ組織を調べましたが癌細胞は見つかりませんでした。主治医は疑わしきは罰すると摘出手術を勧められまして、悩みセカンドオピニオンも受けましたが結論が出ず、今年の正月明け早々に腫瘍摘出手術を受けました。
10時間に及ぶ手術になりましたが、幸いに他に転移しておらず、10日で退院いたしました。(摘出した組織から肝内胆管癌と解りました)その後再発防止にジェムザール投与を進められましたが、食事療法によって免疫力を付けると拒否いたしまして、今日まで受けていません。
先週の初めから前回の手術の時の検査で見つかった小さな肝臓の腫瘍をラジオ波で焼杓し5日間で退院しました。
現在、健康状態も悪くなく、抗癌剤治療は受けたくない心境です。この表題と違う意見ですが、抗癌剤の副作用が一番心配で、半病人の状態で生き長らえるのが良いのか、元気な状態が続くかぎりやり残した事をやるのが良いのか悩んでいるのが現状です。

445 名前: かんたんがん 投稿日:2010/05/24(月) 05:41
抗がん剤を使わないというのも、ひとつの立派な選択だと思います。
肝臓をラジオ波でやっつけられたのも幸運です。年令的にもお父様は
若いので、このまま経過観察でよいのではないでしょうか?手術だけで
5年間何も出ないひとも十数パーセントいらっしゃる病気ですし。
早めの対策が効いているように思います。うらやましい。

446 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/24(月) 11:51
>444

>10時間に及ぶ手術になりましたが、幸いに他に転移しておらず
とされながら
>前回の手術の時の検査で見つかった小さな肝臓の腫瘍
と書かれています。

この「小さな肝臓の腫瘍」はがん(転移)、あるいは、がんとは関係ない良性腫瘍のどちらと判断されているのでしょうか。
(その根拠は確認されていいますか。)

もしも、これが転移の疑いが濃いということならば、残念ながら、再発の確率は極めて高くなります。

再発確率が高いのであれば、ジェムザールが再発確率を下げるという、きちんとしたデーターはありませんが、
・ 胆管がんに対して有効であるので、再発防止にはより有効であると理屈上は考えられること。
・ この理屈は他のいくつかのがんでデーターにより確認されていること
から、普通はジェムザールが勧められると思います。

なお、「食事療法によって免疫力を付ける」というのは、まったくナンセンスです。
(気持ちの支えは別として)

もちろん、ジェムザールの再発防止効果について、きちんとしたデーターはないので、これを拒否されるという選択もあると思います。

ただし、「抗がん剤」=「半病人の状態で生き長らえる」というのは、偏見です。
多くの方が、抗がん剤投与を受けながら、普通の暮らしをしています。

個人的には、試しに一度抗がん剤を受けてみて、副作用が許容できなければ、中止するかどうかそこで考えるという中間的な方法もあるのではないかと思います。

447 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/24(月) 22:49
ご意見有難うございます。今回のラジオ波治療の場所は昨年7月に解っておりました。肝臓を切除した場所と離れていた為、当初からラジオ波で治療の予定でした。
食事療法ですが、昨年7月から始めました。約半年経て手術しましたが、その間腫瘍の大きさは変わりませんでした。私は、B型肝炎で慢性肝炎のため年間2回から3回位エコーとCTを受診しておりました。其のため発見が早かったのではないかと思いますが、半年放置して腫瘍に変化が無かったのは、食事療法が効いたのかと思っております。
今後の治療ですが、術後造影剤でのCTが突然のアレルギー発生で調べることが出来ない為、来月MRIで転移を調べることと成りました。その結果で抗癌剤治療も考えなくてはならないとも考えております。

448 名前: 投稿日:2010/05/25(火) 06:49
とにかく、気持ちの問題も含めて、客観的に第1選択肢を。
2015年頃には画期的な癌治療法が出てくるでしょうが、胆管癌の
分野はあまり期待できないので、振り回されることなく。。。

449 名前: 心配性 投稿日:2010/06/02(水) 19:54
はじめまして。45歳の男です。
この度初めて投稿させて頂きます。文言や表現に不適切がある
としたらお許し下さい。
私は今年の2月半ばにステージⅣの「肝門部胆管癌」と診断され、この時点で肝臓にも悪性腫瘍と膿瘍があり即入院。
3月1日に手術を行い胆嚢と肝臓の約左半分の切除を行い無事に成功しました。告知はされてはいませんけど。

しかし術後の様態や血液の状態が思わしくなく検査をしたところリンパ筋の深い所
にも癌細胞があると判明され、手術は出来ないので第一ステップで24回の「放射線治療」
を受けようやく次のステップで抗がん剤(ジェムザール)を点滴投与を受ける事になりました。

放射線治療の前にも日にちが何週かありましたので二週ほどジェムザールの経験があったので
”副作用”の程はわかっていました。
所が最近になって少々体に異変を感じるようになりました。(未だこの時点ではジェムザールは投与していません。)
右ろっ骨の下部や右ろっ骨の後ろ辺りに痛みを感じます。ドクターが申すには「ろっ骨の下部は神経が沢山
あるので刺激されての影響ではないか」とのことです。(かなり大きくお腹を切り開いてます。
臍のすぐ上を横にやく30㎝、臍上部垂直に15㎝ぐらい)

しかし患者本人からすれば再発や転移が心配だし非常に”再発しやすい癌” と聞きますので不安が毎日取れずにいます。
どなたかこのタイプの癌の術後、この様な様態になったりするものなのかご存知の方いらしゃいますでしょうか?
又、受動喫煙に関してどれ程のケアをされているのでしょうか?私の周りの顔見知りの人は癌であるのは
承知なのですが、構わず目の前で煙を吐いています。とても悲しくなるのですが皆さんはどうなされているのでしょうか?





450 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/03(木) 15:19
>449

>ステージⅣの「肝門部胆管癌」
>この時点で肝臓にも悪性腫瘍
>リンパ筋の深い所にも癌細胞

にもかかわらず、

>患者本人からすれば再発や転移が心配だし非常に”再発しやすい癌”

まず主治医から、あなたの置かれている厳しい「現実」を聞かれるべきです。

しかし、告知もせずに、それに、ステージⅣの「肝門部胆管癌」かつこの時点で肝臓にも悪性腫瘍にもかかわらず、手術・・・最近では信じられないことです。


451 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/03(木) 16:35
ご意見有難う御座います。ステージⅣの厳しい現実の事はインターネットなどで調べ気がついて
いたのですが目の前の生死のことになると勇気もなく尋ねる事も出来ません。私の親族は聞いて
いる様ですが私本人には話は下りてきません。不安を与えないようの事だと思います。

信じられないのですが術後、多少体に違和感はあるものの今はウォーキング、水泳
筋トレなどを難なくこなし、長距離の自転車も出来るまでの体力が回復しています。
(元々トレーニングなどは20年近く続けているアスリート系ですけど。)
体重は術後10キロ近く落ちましたけど筋量も八割ぐらいは戻っています。

しかし毎日夜になるとネガティブな事ばかりよぎり不安だらけですが、この様な状況なので
現実を受け入れなくてはならないのが信じられのです。
でも今の自分の状態を知らないといけないとこまで来ているので気持ちに整理が
つき次第尋ねてみます。

452 名前: 心配性 投稿日:2010/06/03(木) 16:42
451の名前の欄で記入ミスをしました。 申し訳ありませんでした。




453 名前: かんたんがん 投稿日:2010/06/03(木) 22:24
ステージⅣといっても幅が広いし、手術で原発巣を切除したあとの転移なら
いろいろですし。。。医者も不明でぼかしたことを家族が聞いたとしても
さっぱりわからないのじゃないかも。直接聞いたらどうですか?
受動喫煙がご心配とのことですが、呼吸器系疾患以外、常時煙い環境でない
ならば、ほとんど影響なく、単に汚らしい気分になるという問題ですので
相手に不快であることを、はっきり言えばいいと思います。ご自身が癌を
患っていらっしゃるとは別の問題として。

454 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/04(金) 01:34
申し訳ないけど、現状認識が甘すぎます。


455 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/06/04(金) 05:06
>>454
受動喫煙の害に関して?

456 名前: ぷーま 投稿日:2010/06/04(金) 21:27
肝門部胆管癌である61歳の父親の手術は一応成功ということで
終えることが出来ました。ただ、疑問が1つあります。
手術前の説明では、肝臓を半分くらい切除することになりそう
とのことだったのですが、実際は、下部胆管から肝臓の門辺りまでしか切除しなかった
点です。癌を根絶しようとするなら、もっと肝臓を切除すると思うのですが、
これは、癌の根絶よりも、手術による後遺症に重点を置いたからなのでしょうか?
そのくらい、もはや癌は根絶できそうにない状態だということなので
しょうか。
 ちなみに手術直後の家族への説明では、執刀医に、
・運良く思ったより手前で癌が途切れていたから肝臓はさほど
切らずに済んだ
・かなりの進行癌である(ただ、最近父は、執刀医にステージ2だと
説明されたらしいですが。また、リンパの方には転移してなかったそうです)
・肝臓に転移してるかどうかは誰にも分からない
などと言われました。
執刀医は優秀な方らしく、信頼はしてるのですが、ここで皆さんの意見も聞けたらと思い、
投稿しました。
 

457 名前: かんたんがん 投稿日:2010/06/05(土) 06:44
執刀医が優秀で経験も豊富ということですので、そのとおりでしょう。
わたしの父のときも「目に見える範囲はすべて切除した」でした。
手術の途中に切除部分を病理検査に出されました?リンパや肝臓に
転移していたかどうかは、手術中にはわからなかったと思います。
多分、目に見える範囲では完璧な手術で、診たところの感触も悪く
なかったということでしょう。目に見えないところで散っていること
は神のみぞ知る。誰にもわからないというのは、素直な意見だと思います。

458 名前: 心配性 投稿日:2010/06/06(日) 13:54
私も執刀医が優秀で経験も豊富なら信用すべきだと思います。私の場合CTの
画像上に明らかに膿が袋状にいわゆる膿瘍が写っていましたので原発巣である
胆嚢の一部と肝臓の約半分を切除したわけです。
後遺症?とはどのような事を考えているのかはわかりませんが
画像上に写っていなければ敢えて切除する必要はないのではないでしょうか?
私の体を例えで言ううならば肝臓の半分を切除してもこれといった後遺症は出
ていません。心拍機能や体力が落ちることもなく日常生活に影響は出ていません。

リンパ筋転移していないなら、そのまま受け止めてもいいと思います。私のリンパ筋
転移も手術中には判らなく術後の血液検査で判った事でした。
その後放射線治療を受け予定照射回数の半分の時点で一回り腫瘍が小さくなって
いるのが画像上で判り現在は放射線治療は終わり抗がん剤治療に移っています。

>肝臓に転移してるかどうかは誰にも分からない<
はドクターが投げ出しての発言ではないと思います。私の主治医も現在再発している
わけではないので先のことはわからないよ。再発したら別だけど。の見解です。
”誰にもわからない”というのは悪い意味合いはない、素直な意見だと思います。







459 名前: ぷーま 投稿日:2010/06/08(火) 00:48
返信ありがとうございます。素直に信じようと思います。
胆管癌の中でも特にタチが悪いらしい肝門部胆管癌なので、つい
ネガティブに考えてしまいますが、かんたんがんさんと心配性さんの
意見を読んで安心できました。
>>457
すいません、手術中に病理検査に出したかどうかは分かりません。
>>458
後遺症というか、肝臓を沢山切除することによって、肝臓が果たしていた
機能が弱まったりすることです。父は血糖値が高いらしく、
血糖値が正常な人よりも肝臓を切除するリスクが高まるのかなとも思いまして。


460 名前: 永遠の旅人 投稿日:2010/09/10(金) 03:05
初めて書き込みさせて頂きます。
実は、私の父が2週間ほど前に胆管癌だと宣告され、即入院。
今日から抗がん剤治療が始まりました。私は仕事の関係で、父のそばにいることが出来ず、
私自身も大変寂しい思いをしております。救いは、父本人が癌と戦ってくれる勇気を持ってくれたことでしょうか。

インターネットで色々と胆管癌の事を調べているうちに、この掲示板に出会いました。
皆さんの書き込みを読ませて頂き、少し元気、そして希望が出てきました。


461 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/09/10(金) 15:33
胆管がんの抗がん剤治療だけでは完治はありませんし延命効果は限られています。場所によっては粒子線治療やIMRTまでできる場合ありますから早めに手を打ちましょう。

462 名前: 永遠の旅人 投稿日:2010/09/10(金) 16:19
ジェムザール治療と並行して何かほかの漢方薬治療や、食事療法などありましたら是非教えて下さい。


463 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/09/13(月) 20:17
あまりないと思いますよ。そんなものに時間もお金もとられないほうがいいと思います。素人が簡単に見つけられる良い治療があったら専門家たちが知らないはずはないと思いませんか?

464 名前: 永遠の旅人 投稿日:2010/09/15(水) 02:00
それもそうですね。藁をもつかむ思いでした。
また何か情報がありましたら、是非書き込みお願いいたします。

465 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/09/30(木) 22:46
87歳でステージ3ですが肝臓の一部と胆嚢を摘出しました。
癌が胆嚢壁を破り外側に出ていました。
退院しましたが播種が考えられるので副作用の少ない抗がん剤を
様子を見ながら投与するといわれています。
ジェムザールでしょうか。
経口投与とも言われていたのですがTS-1なのでしょうか。

466 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/06(水) 16:08
一週間ほど前、母が胆管癌と告知されました。
余命はハッキリとは言われなかったのですが、腹膜ハシュ(すみません、漢字を忘れました)、肺・肝臓・骨への転移があると言われました。
医師は母に、「治療の余地があるから告知した」と言ったそうなのですが、この状態はやはりステージ4、でしょうか?
現在はジェムザールの投与を週1で受けています(1クールの2回目が終了したばかり)。
ジェムザールを投与始めてから、「体が軽くなった」「体力が戻った」と母は言っているのですが、そう簡単に体調は戻るものですか?
少しは良い方向に向かっていると思っても良いのでしょうか。


467 名前: 465 投稿日:2010/10/16(土) 19:31
>>466
ステージの方は担当医にお聞きした方がよいと思います。
当方の患者はTS-1 50mg/day単剤で10日になります。
まだ検査はしていませんが、手術後約1ヶ月間は元気がありませんでしたが、
ここ2~3日とても元気になりました。
副作用を心配していましたが薬が合って、効いているような気がしています。
14日服用、7日休薬後検査になります。
検査後でないと本当のところはわからないのでしょうが。

468 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/10/17(日) 00:13
>>466
病期(ステージ)について
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/bile_duct.html#prg6

「ハッキリ余命がわかる」のは神様か仏様だけでしょう。個人差が大きいです。

何をめざして「治療」するのか、お医者様と認識を共有されていますか?
目的がわからないと「良い方向に向かっている」かどうか判断できませんよね。

469 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/02/20(日) 05:18
ジェムザールでは抑えるだけで完治できないというのが通説ですが、
完治できた方はいらっしゃいますか?
TS-1はほとんど効果がなかったようです。
また、シスプラチンやペプチドはどのような感じでしょうか?
目的って、よい方向ってわからないし、判断もできませんン。
18歳未満は出入り禁止のサイトでしたんですかね。
身勝手な書き込みお許しください。

470 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/02/21(月) 04:14
>>469
遠隔転移をきたした胆管がんにおいて、
ジェムザール、シスプラチン、TS-1等化学療法を含む全ての療法でも
残念ながら完治は不可能です。
これら治療の「目的」「目標」は、
「生存期間の延長」「症状の緩和」「現在の生活をより長く送ること」です。

今後はルールを守り質問は保護者に書き込んでもらってください。

471 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/02/21(月) 12:39
>>469 癌細胞をゼロにするのが完治ですが、共存という手段もあります。
増殖をとめる。それが延命です。
生存期間の延長し、その期間中に別の新薬がでる可能性もあります。

希望は捨てないでください。


472 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/03/24(木) 16:43
共存、まさにそうです。
病気を抱えながらも、それはそれで進行しなければいいのだと思います。
進行しなければ、進行してもゆっくりであれば延命は長くなるのではないでしょうか?
根治はだめでも、癌を抱えながら状態が変わらなければいいですよね。

また、先の方も書いておられるように、命の期限を決めるのは医者ではありませんよね。
ね。

それから、確実にこの世には奇跡、があるのですから。


473 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/03/26(土) 09:07
胆管癌で抗ガン剤治療をしたいのですが抗ガン剤が出来る基準は何でしょうか?


474 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/03/26(土) 16:23
>>473
参考の一つに。
http://www.iryoseido.com/kouenkai/032.html

475 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2011/03/26(土) 22:20
474さん
有り難う御座います。参考になりました。
胆管癌は総ビリルビンの数値が2を切らないといけないのか2.9までなら出来るのか知っている方いれば教えて下さい。

476 名前: たんば 投稿日:2011/05/18(水) 23:29
胆のうがんと思われる母は入院当初ビリルビンの値が10以上あり、1ヶ月がたちますが、未だに3.5です。
ステントは2度目で成功して、胆汁が出ているはずなのですが、何が理由で値が下がらないのでしょうか? 早く化学療法を始められれば、と思います。


477 名前: かんたんがん 投稿日:2012/07/13(金) 10:47
平岩先輩のことを変人扱いして、すみません。いまの段階では、
抗がん剤の選び方や、時間差攻撃については、かなり有望な方法
として雑誌記事に紹介されていました。
わたしも思うに、夜中に抗がん剤の点滴は良いのではないかと
直感的に肯定します。昼の点滴ではぐったりしてつらそうでした。
病院は嫌がるでしょうから、付き添いで看ることになりそうですね。
久しぶりに書いてみました。被爆者健康手帳を持ってあの世に旅立った
父はいまの原子力問題をどうみていることか。。。

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]