がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>末期癌と介護について

1 名前: かず 投稿日:2001/10/04(木) 00:17
はじめまして。末期癌宣告を受けた母(68歳)の介護について、
どなたかご助言いただければ幸いです。
(生活保護を受給中です。)

手術でも救えない・・・という事から、放射線療法を続けてきましたが、
“杖をつけば5分程度はゆっくり歩行できる”ところまで回復した為、
一時退院をすることになりました。

現在、要介護2の認定を受けていますが、これまで通り(2時間×週3回)の
訪問看護では、3度の食事や入浴などが行えず、自立できぬままの退院に
不安を抱いています。

「一人暮らし」という事情もある為、家族のフォローとあわせ、ヘルパーさんの
訪問頻度を増やしたいところですが、末期癌の場合、介護保険ではなく、
医療保険の適用で対応という情報を耳にしました。

いずれにしても、介護認定度の見直しが必要との事ですが、
認定度があがらなかった場合の対策を考えると、とても不安です。

どなたか、似たような境遇の方、あるいは末期癌患者の介護について、
何らかの情報があれば、ご助言いただきたくお願いいたします。

訪問介護を受けながら、別途有料でヘルパーさんを手配することも
考えています。何卒、宜しくお願いいたします。

101 名前: さざんか 投稿日:2005/02/01(火) 03:26
なぜ落ちてるの?みんなの大切なスレなのに。

102 名前: のん 投稿日:2005/02/02(水) 03:33

>>98
てれさん、私の母も現在末期がん療養中です。
ホスピスに来て、1ヶ月が過ぎようとしています。
治らないと分かっているのに「一日でも長く生きていて欲しい」と
願うのが家族だと思うので、てれさんのその時の気持ちは、お母様も
嬉しかったと思います。
私には、3歳になる息子がいますが、もし私が癌になり、息子が「一日でも
長く生きていて欲しい」と願ったら、どんなに苦しくても自分の子ども
のために一日でも長くいきていてあげようと自分だったら思うだろうし、
自分を必要としてくれる人がいるというのは、嬉しいものです。
たとえ、どんなに痛くて苦しくても。


103 名前: てれ 投稿日:2005/02/05(土) 18:13
なおさん>
市役所に詳しく介護認定の話を聞く事ができました。
なおさんのおかげで、市役所に行って分からない事を
いろいろ質問できました。
本当にありがとうございます。

義母のバイパス手術はうまくいきました。
術後の経過も良好で手術前より義母は元気にしています。
『物を食べられる』という願いが近付いたからでしょうか?
リハビリしながらバイパスがうまくつながれば、念願の食事が
できるようになります。
退院の目処はその後になりそうです。

最初は母のこととダブって考えていましたが、
最近義母の姿を見て、ゆっくり話をする機会が増え
本当の母のように思えてきました。
自分の母にもこんな風に接してあげればよかったと思います。
のんさん、母親とはそういうものでしょうか?
のんさんの言葉に胸のつかえが降りたようで、少し救われた思いです。
自分はそんな風に考えた事がなかったから。。。
のんさんもお体には気を付けて、無理のないよう頑張りましょう。



104 名前: のん 投稿日:2005/02/05(土) 22:36
てれさん、お互いがんばりましょうね。

105 名前: yukousyou 投稿日:2005/02/05(土) 23:35
はじめまして。こちらの板には初めて書き込ませていただきます。
70歳の父が胆管癌で手術をし、その後に頚椎や腰椎などあちこちの骨に転移、
手術で左葉を切除したのですが、残っていた肝臓にも多数の転移がみつかり、
余命2,3ヶ月といわれました。骨の転移のため、最近急に歩けなくなり、
これからどんどん麻痺してくるといわれています。少しでも自宅で過ごさせてあげたいと思い、
兄弟や母を交えて相談し、介護保険の申請をしました。普段は母と
二人暮し。できる限り助けてあげたいと思っています。
色々とアドヴァイスください。これからよろしくお願いいたします。


106 名前: なお 投稿日:2005/02/06(日) 00:44
てれさんへ
さっそく市役所へ行かれたんですね、よかった(^^)
あとはケアマネージャーさんと、よく相談するといいですね。

お母様のこと
たとえ、お母様が「もう楽になりたい、もう闘いは終わらせて欲しい。」と望んでいたとしても、「いっちゃイヤだ!絶対死なせない!」と必死に願う娘の気持ちが、いとおしくてしかたなかったと思いますよ。
親ってそういうものだと思います。
娘としては「母親の死を認めたくない・他の人が諦めても自分だけは最後まで諦めない」って思うのは当然のことだと思うし、お母様は、自分が逝かなければならない悲しみの中で、娘に愛された事に満足して旅立たれたと思います。

だから、てれさんがとった行動を悔やむことはないですよ。
お母様は、てれさんに感謝しながら今も天国であなたを見守って下さっているはずだもの・・・。

今度はまたちょっと違った立場で、実の母を見送った経験のある嫁として、お義母さまの人生の終わらせ方に愛情をもって尽くしてあげて下さい。
頑張りましょね。

107 名前: なお 投稿日:2005/02/06(日) 01:09
yukousyouさんへ
お父様は、必死に闘っていらしたのに転移とは・・・本当に癌って憎いですね。

自宅介護は、思ったより大変な事が多いと思いますが、お疲れが出ないように頑張って下さい。
私の場合は、日々自分の体が思うようにならなくなってゆく父の、精神的な辛さを受け止めるのが、とても辛かったです。

介護申請をされたとの事ですから、ケアマネージャーさんと相談して家族が負担にならないようにサービスを活用されるといいと思います。

サポートが始まると、サポートにいらした方が色々ウラワザを教えて下さいますから、どんどん質問されるといいですよ。
私も、漏れないようなオムツの当て方や、お風呂の介助の仕方・マッサージの方法など、たくさん教えて頂いて助かりました。

お辛いでしょうが、頑張って下さいね。

108 名前: なお 投稿日:2005/02/08(火) 19:41
yukousyouさんへ

癌の末期だとだいぶ痩せてくるので、どうしても寝ているあいだに漏れてしまう事が多くなるようです。
父の場合も夜中によく漏れていて、パジャマを替えさせるだけでも大変でした。
病院で教わった裏ワザを下記に書きますね。

漏れないオムツの当て方(男性編)
尿漏れパッドを三角に折って陰茎を上向きに差し込んで包み込みます。
その上にパッドを2~3枚横に当ててからオムツをすれば、かなり漏れを防ぐ事ができます。

頑張って下さいね。

109 名前: yukousyou 投稿日:2005/02/08(火) 22:00
なおさん、ありがとうございます。いよいよ木曜日に自宅に連れて帰ります。
父はまだオムツはしていませんが、おそらく時間の問題だと思います。
夜中、少しでも母が楽に介護できるといいなとは思っています。
明日はベットが自宅に入ります。色々と準備しなくてはいけないと思いつつも
何を準備してよいのか、思いつきません。

110 名前: なお 投稿日:2005/02/08(火) 22:20
いよいよですか。
ベッドが入るのでしたら、もちろんマットも借りられましたよね?
ベッドパットのようなものを敷くといいです。
漏れた場合の防水シートも洗い替えと2枚。それから、忘れがちなのが、ベッドが届いた日に急いで買いに行ったベッド用のシーツです。

その他は、ゆっくり準備すれば大丈夫じゃないかな?
とりあえず、好物を用意してお父様を安心させてあげて下さい。
頑張ってね。

111 名前: 投稿日:2005/02/09(水) 22:33
Yukousyouさんへ

私は「フランスベット」の介護用レンタルをしました。
結局帰って来る事は出来ませんでしたが、始めに借りた物で
使い勝手が悪かったりするとパーツごとに取替えが出来るので
いいと思います。
お風呂の介護品は「買取」になってしまいますが、認定が降りていれば
かなり補助していただけますよ!
また、サンプル品があって買ってから使いにくいと困るので
ご本人に使ってもらって決めて下さい。と、言ってました。
と、言ってももう準備されてるんですよね。すみません。
大変でしょうが、やっぱり家族と過ごせる日々は大事だと
思いますので、頑張って下さい。

なおさん
お久しぶりです。少しは落ち着かれましたか?
今、会社でインフルエンザが流行っていて大変です。
私は今の所大丈夫ですが・・・。
なおさんも気を付けて下さい。

112 名前: なお 投稿日:2005/02/09(水) 23:27
ペさんへ
やっと49日が終わりました。
相続はまだ終わっていないけれど、一応ひと段落着いたって感じかな?
あんなに悲しくて、涙も枯れるほど出たのに、だんだん気持ちが落ち着いていく事を、少し寂しく感じたりしています。

インフルエンザは父に移しては大変、と家族全員で予防接種をしたので大丈夫です。
ペさんも気をつけて下さいね。

113 名前: まりん 投稿日:2005/02/20(日) 23:43
はじめまして。検索でこの掲示板をみつけました。
私の父も末期癌で、治療できない状態と言われました。82歳です。
口からの食事が出来なくなったら、水分補給の点滴しか出来ないそうです。
これ以上栄養を与えても、がん細胞を太らせるだけだからと。
でも、こちらの掲示板を見ていますと、鎖骨からの栄養補給も出来るのですね。
がん細胞を太らせるだけだから、水分補給の点滴しか出来ないと言われた方はいらっしゃらないようなのですが?
主治医の説明に納得出来なくなりました。私も鎖骨からの点滴を要求したほうがいいのでしょうか?
アドヴァイスいただけたら嬉しいです。

114 名前: いのげ 投稿日:2005/02/21(月) 00:41
中心静脈栄養で延命してご本人が幸せだと思われるなら希望を伝えられるとよいでしょう。
中心静脈栄養は家族が管理できない場合も多いので在宅ではしない医師の方が多いと思います。
また,主治医が手技的に不得意なのかもしれません。
事故抜去・出血・感染・気胸などの危険性もあることもご承知おきください。

この文章では胃ろう(PEG)の利点を強調されてます
http://www.peg.ne.jp/eiyou/doctor/ogawa.html

115 名前: みるく 投稿日:2005/02/21(月) 00:54
まりん様
私の叔母(73歳)も肺がん末期でホスピスの順番待ちをしています。
1人暮らしなので子供もいないため本人と一緒に私も説明を受けました。
入院申込みをした時にホスピスから点滴についての説明を受けました。
高カロリー輸液は多少の延命になっても症状緩和にはならず苦痛が長引くこと
また末梢血管からの点滴も過剰になると浮腫の増悪や痰が増えてしまい
かえって患者を苦しめてしまうのでホスピスでは行わないとのことでした。
本人も苦しむことなく最後の時を迎えたいと望んでおり
病院側の点滴に対する説明を納得して了解しました。
治療をしないという事でしたら高カロリー輸液をすることが良いのかどうか・・・
家族のお気持ちはわかりますが一番苦しいのはご本人ですから。


116 名前: みるく 投稿日:2005/02/21(月) 01:03
読み返してみたら説明が不十分でしたので補足します。
ホスピスでは末梢血管からの点滴は普通に行われますが
過剰な水分補給にならないようにするとのことです。

117 名前: なお 投稿日:2005/02/21(月) 02:27
私の父は、3年前に肺の小細胞癌が見つかり、抗癌剤で一応 肺は綺麗になった状態でした。
2年後に脳への転移が見つかり、そちらの治療をしていましたが、足のむくみがひどい為に入院した際に低ナトリウム血漿と肺炎になり、高カロリー輸液を開始しました。
治療の結果いったん肺炎も収まって、退院の時期を主治医と相談していた数日後に、酸素の取り込みが急に悪くなって検査したところ、肺に癌が蔓延していることが解りました。

もう手の施しようが無く2週間後に他界しましたが「肺の癌は綺麗になったと言われていたのに、やはり高カロリー輸液が癌の栄養になってしまったのでしょうか?」と主治医にお聞きしたところ「何とも言えませんが、その可能性がない事はないですね・・・。」と言われました。
せっかく体を元気にする為に栄養を摂っても、それを癌が栄養源にしてしまうなんて、癌て何て憎らしいんだろうと思いました。

まりんさんのお父様の場合、水だけでどんどん衰弱していく姿をみている事が忍びないのであれば、癌の栄養になる事が解っていても、お願いするかどうかといったところかもしれません。

118 名前: まりん 投稿日:2005/02/21(月) 08:08
皆さん、ありがとうございます。
苦痛を長引かせ、リスクもあるのなら、衰弱していく父を見るのは辛いですが、
先生がおっしゃるように、痛みの緩和と水分補給の点滴だけにしておこうと思います。
明日から自宅療養になるので、口からの食事が出来る今のうちに、おいしいものを手をかけて作って食べさせてあげたいと思います。



119 名前: yukousyou 投稿日:2005/02/26(土) 23:35
10日に家に父が帰ってきました。2週間がすぎました。
家に帰ってきてからは精神的に落ち着き、痛み止めを飲む回数が
どんどん減り、今ではデュロテップパッチだけで、間では一回も
オプソを飲まずにすむようになりました。大変なことはたくさんありますが、
やっぱり家に連れて帰ってきてよかったと思っています。
排泄の方はポータブルには移る元気は無く、ベット上で尿瓶でしています。
少しでも口から食べて、栄養を取れたらいいと思います。
エンシュアやラコールなどを試してみようかとも思っています。
どんな味なのか、飲みにくいのか、ご存知でしたら教えて下さい。

120 名前: なお 投稿日:2005/02/27(日) 00:54
yukousyouさん、お父様が帰って来られてよかったですね。
尿瓶ですか、うちの父の場合は使用しませんでしたが、介護用品のカタログを見たら便利な種類がたくさんありましたね。
エンシュアリキッドは以前父が抗癌剤で食べられなかった時に病院で貰って私も飲んでみましたが(たしかコーヒー味)、思ったほど飲みにくくはありませんでしたよ。缶入りで麦芽コーヒーみたいな味だったかな?
抗癌剤で食欲がない時でも、なぜか父はお寿司をよく食べたがったので、よく買いに行かされてましたが、人によって食べたくなる物が違うかもしれませんね。
お父様の食べたいものや、口当たりの良いアイスクリームやゼリーなど、頑張って工夫してみて下さいね。
介護でお疲れが出ませんように。。。

121 名前: まりん 投稿日:2005/03/15(火) 04:53
2月22日に父が家に帰って、自宅療養を続けていましたが、
昨日、息を引取りました。主治医の先生からは「月単位です。早いと思っていてください」と
言われていたので、覚悟はしていましたが、こんなに早く来るとは思ってもいませんでした。清拭だけではと、
訪問入浴をさせてあげる予定でしたのに、叶わぬ事となってしまいました。
尿パットを嫌がり、最後まで尿瓶を用意させていた父でした。真夜中にラーメンを作れと、唐突に言い出して困惑させられたり、
意識障害が出ていたのでしょう、にゅう麺はよく作って食べさしていたので、もしかしてソーメンのことではないかと、ソーメンの束を見せると、
「そうそう、これがラーメンてい」と安心したように呟いていました。
末期がんの症状に苦しむ父を十分に理解してあげる事が出来なかった事が悔やまれてなりません。
父の好きだった八朔や、最期に買いに行かされた健康ドリンクのCMを見るのがつらいです。
もっともっと、優しくしてあげればよかった・・・。現在、介護中の皆様には、残された時間を悔いのないように
お過ごしくださいますように。


122 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/03/15(火) 10:55
マリンさん、残念でしたね・・・。

どんなに尽くしても、残された者は「もっとああすれば良かった・・・」と悔やむものなのだそうです。
お父様にとっては、自宅に帰って家族に囲まれて過ごせたのは良かったのじゃないかしら。
マリンさんも、よく頑張られたと思いますよ。

今は色々忙しいと思うけれど、体に気をつけて最後のお見送りを頑張って下さい。
お父様のご冥福をお祈りいたします。

123 名前: はな 投稿日:2005/03/15(火) 22:18
はじめまして。昨日71才の父があと1、2ヶ月の命だと宣告されました。
腸閉塞と診断され入院しましたが、病状が良くならないためCTを取り腹水検査をしたところ
癌の再発が分かりました。6年前に胃ガンで胃を全摘したのですが、今回は小腸への再発ということです。
播種病変なので手術はできないし、自分で起き上がれないほど体力が落ちているので抗癌剤などもちろん無理な状態です。
それでも父は癌の再発には気付いていないらしいようで、回復して退院できる日を待ち望んでいます。
現在、下痢がひどいためまったく食事が取れず、高カロリー輸液により生きている状態です。
昨日医師からこのままだと癌細胞が育つだけだからそろおろ点滴をやめてお水やおもゆを取ったほうがいいと言われました。
父も自宅に帰りたいようなので一時退院させてみようかという話が出ています。
ただ、下痢がひどいため、トイレへ行く回数がかなり多く(おむつはしていますが、やはりトイレでしたいらしくトイレへ向かうのですが
間に合わなく汚してしまうことが多々あります)、自宅で過ごすとしてもきちんと看護できるのか不安です。
これからどうしたらいいのかいろいろ悩んでいます。
とにかく父親のしたいように、楽にしてあげたい。でも告知はしないつもりなので希望もあまり聞くことができない。
ここまで末期状態なのに告知なしでどうすればいいのか分からなくなってます。
泣いてるだけじゃ何も変わらないことは分かってるのですが、涙が止まりません。
どうしたらいいんでしょう?先生曰く痛みがないのがまだ救いだそうです。


124 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/03/16(水) 01:09
はなさん、辛いでしょ・・・。お話を聞いていると父の時のことを思い出して、はなさんの痛みが伝わってくるようです。
私も「今夜眠っている間に神様がリセットボタンを押してくれたらいいのに!」とよく思いました。
でも朝になると何にも変わってなくて・・・現実って残酷ですよね。

夜は思いっきり泣いてもいいけれど、現実に戻ったら闘う準備をしなくちゃね。
とりあえず、自宅に連れて帰るなら、明日にでも市役所へ行って介護申請をしたらいいと思います。
認定までは時間がかかるけれど、あまり時間がないかもしれないことを伝えて申請さえしておけばケアマネージャーさんなどに相談に乗って貰えます。
オムツ交換のプロの技を看護士さんに聞いておく事も必要です。

それから、私の父もオムツの中にするのがキモチワルイらしく這ってでもトイレに行きたがって困りました。
夜中に漏れていてパジャマの総とっかえもキツかったな~。
間に合わない事が多いなら、部屋にポータブルトイレを置くという方法もありますよ。介護用品のお店に相談されるといいです。
もちろん介護用ベッドは必需品。これは介護申請をしていれば1割負担で借りられます。
家族が余裕を持って介護出来るように、介護制度をうまく利用するといいと思います。

余命宣告は本人にとって良いのかどうか、難しいですね。
もしかしたら残り少ないかもしれない時間を、お父様が幸せに過ごせるように頑張って下さいね。

125 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/03/16(水) 09:41
なおさん、レスありがとうございます。昨日も主人に父の病気の説明をしながら大泣きしてしまいました。
どこからこんなに涙が出てくるんだろうってくらい泣いてます。まったく情けない娘です。

>現実に戻ったら闘う準備をしなくちゃね。
これは昨日看護師をしている友達にも言われました。
父親の最後をどう看取るのかということについてはまだ母親と話し合ってないので分からないのですが、
自宅へ帰ることを一番に望んでいる父の願いをかなえてあげることが一番かなあと思ってます。
わたしは東京、姉は海外に居るのでまだなかなか家族で話し合うことができないんです。
来週には姉も帰国する予定なのできちんと話し合いをする予定ですが、あまり時間がないのにこんなに
のんびりしていて大丈夫なのかと不安になります。

昨日は父親の体調がここ最近にないくらい良かったようなんです。
こういうことを聞いてしまうと「もしかして奇跡が起きるんじゃないだろうか」なんて思ってしまいます。
でも起きるわけないんですよね・・・・

金曜日また帰る予定なのでその時に母といろいろ話し合おうと思ってます。
またこちらに来ますのでよろしくお願いします。


126 名前: てれ 投稿日:2005/03/16(水) 12:17
なおさん、ぺさん、のんさん
ご無沙汰しております。
色々とありがとうございました。
先日、義母が永眠いたしました。
結局、自宅には戻れずでした。
しかし、みなさんのお話を聞いたりお返事をくださったりしてとても励みとなり、また勉強いたしました。
私は次男の嫁の立場で、義姉や義兄やそのお嫁さんもいたりして、何かと気遣いがうまくいかなくて落ち込んだりしました。
自分の思いだけで、義母の看病にあたっていたと思い、反省してます。
しかし、これも勉強させていただいたと思っています。

葬儀も無事に終わり、あとは49日法要です。

実父と義父がまだ元気でいますので、これからは2人のために孫でも作ろうかと考えています。

皆様、本当にありがとうございました。
それから、今もご家族と共に戦っている皆様、お体を壊さぬよう…。


127 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/03/16(水) 19:57
てれさん、お義母さま、残念でしたね。
嫁として、お義母さまと心の通い合った瞬間もあったでしょうし、てれさんなりにご自分の体験から学んだことを元に頑張ったのですから、お義母さまも幸せだったのじゃないかしら。
うちの二人の息子はお嫁さんを貰うのにはまだ程遠い年齢ですが、息子のお嫁さんがてれさんのように真摯に心配してくれたら、やっぱり嬉しいと思いますよ。

葬儀は疲れたでしょ?49日までは悲しむ暇もないくらいにあっと言う間です。
体に気をつけて、カワイイ赤ちゃんを産んで下さいね。
お元気で。


128 名前: 投稿日:2005/03/16(水) 21:08
てれさん良く頑張りましたね!
仕事が忙しく、久しぶりに掲示板を見ました。
皆さんそれぞれに悩み・励まし合い「癌」と言う病魔に立ち向かって
闘っているんですね。
少し前まで自分も一員だったんだなぁ~と感じています。
「お嫁さん」の立場がどういうものか「行かず後家」になってる
私には分かりませんが、頑張ったことは必ずお義母さまに届いていると思います。
色々な事は時間が解決してくれます。(悲しいことですが・・・。)
お父様・お義父様の為にも(もちろん、ご主人も)元気を出して頑張って下さいね。
落ち着いたらまたここに来てください。
ゆっくり休んで次への活力をつけて下さいね。

129 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/03/17(木) 09:00
ペさん、お久し振りです。
お元気そうで良かった(^^)
今年は月命日に初彼岸・新盆・1周忌。。。とまだまだ色々ありますね。
うちはまだ相続が全部終わっていません(-_-;)
郵便局の口座を閉鎖するだけでも必要な書類がたくさんあっていちいちビックリしてしまいます。現在の戸籍だけじゃなく、生まれた場所の戸籍謄本まで必要(父は東京生まれ)との事で取りに行ったり、ほんと経験しないと判らない事って多いんだなって実感しています。
ペさんは弟さんと二人で頑張っていらっしゃるんですね。大切な人を亡くした悲しみはまだ癒えないけれど、お互いに頑張りましょう!
#ペさんの投稿が嬉しかったので、私信になってしまってスミマセン。

130 名前: 投稿日:2005/03/17(木) 20:53
なおさん
ホントにお久しぶりです。
お互い大変なことに変わりは無いみたいですね。
私もまだ手続き終わってませんが、弁護士さんに頼んじゃいました。
やってみたんですけど、面倒くさくて・・・。

父が亡くなり少しの間この掲示板から遠ざかってましたが、
発病する方・亡くなる方の多さには改めてびっくりしてしまいます。
なぜ?医学が進んだ今「癌」は大切な人達を早く連れて行ってしまうのでしょうね。
もう少し長い時間を与えてくれてもいいのに・・・。

父の居ない生活にも悲しいですが、慣れてきました。
でも、たまに訳が分からず淋しくて涙したりしてます。
「親離れは完璧」と思ってましたが、やはり親は絶対的存在ですね。
そうそう前に「合同慰霊祭」の話をしましたよね?
今月27日に市のホールで行います。もちろん出席しますが、
なんだか怖い気も・・・。

私も私信になってしまいました。ごめんなさい。
なおさん、皆さんお互い頑張りましょう!!
此処に来ると沢山の戦友が居るような気がして「頑張るぞっ!」って思います。
なんて、変なこと言ってしまいました。(反省です)








131 名前: のん 投稿日:2005/03/19(土) 01:05
久しぶりにここに来ました。
先日、母が永眠しました。とても穏やかな最後でした。

ホスピスに来て良かったのか、どうだったのか未だにわかりません。

普通の病院だったら、モニターなどつけてもらって、心臓がうごいているのか
実際に目で見て分かるだろうし、異常があればすぐに家族を呼んだりできるのでしょう。
しかし、ホスピスでは、「あくまでも自然で」という事で、あまりにも自然というか突然すぎて
あっけなかったです。

母が亡くなって2週間くらいは、なにもやる気が起きず、ぼーっとして過ごしました。
涙すら、出なくなってしまい、私は一体これからどうなるのか・・・という感じでした。
今は、すこしずつ外にも出られるようになってきましたが、何をやっても母のことばかり考えてしまいます。
食べていても「これは、母が好きだったな・・・」とか
孫と買い物に来ている人を見ると「母も生きていたらこうやって孫と遊びに行けたのに・・・」とか

死後の世界が本当にあるのか確かめたくて、恐山に行きたいとも思います。
母に会いたい・・・。


132 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/03/19(土) 20:14
のんさん、ご心痛お察します。。。
大切な人を亡くした後って、自分の気持ちをどう整理したらいいのか分からなくなってしまいますよね。辛いでしょ?
アドバイス出来ることは何もないけれど、私の経験からすると、辛い時はただ黙って時間が過ぎるのを待つしかないような気がします。

まだ小さいお子さんがいらっしゃるんでしたよね?お子さんもママの気持ちがどこかへ行ってしまっている事を悲しんでいるかもしれませんよ。
どんなに辛くても、残された者は生きていかなければならないんですもの、お子さんの為にも、亡くなられたお母様の為にも、早く元気を取り戻して下さいね。頑張って!

お母様のご冥福をお祈りします。

133 名前: いのげ 投稿日:2005/03/20(日) 02:49
自然なのが人間らしい最期だと思います

134 名前: 投稿日:2005/03/20(日) 09:58
のんさん
お疲れ様!そしてご苦労様でした。
お母様が安らかに最後を迎えることが出来たなら、選択は
間違っていなかったんじゃないかな?
逆を選んでいてもきっと、「これでよかったのかな?」と、感じると思います。

大切な人を亡くした後ですもの、やる気が無くてもボーとしてても良いと思います。
が、あまり落ち込んでしまうとお母様心配で離れられなくなってしまいますよ。
なんて、泣いてばかりいた(今も少し・・・。)私が言えることじゃありませんが・・・。
キツイかも知れませんが生きている人の時間は動いています。
まだ小さいお子さんが居るそうですので、お子さんのためにも
いつもの「のんさん」に戻れるよう頑張って下さい。
のんさんにお母様が大切な人のように、お子さんにとってのんさんは、大切な人なのですから・・・。
偉そうなことを言ってしまいました。
気に障ったらごめんなさい。


135 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/03/22(火) 18:11
義母が大腸癌で余命数ヶ月と告知を受けました。
腸閉塞を防ぐための手術が1ヶ月前に行われたのですが経過が悪く
どうすればいいのか・・・。本人には「悪いところは全部とった」と
いうことになっているのですが(血のつながりのある御兄弟の希望で)
術前・術後の説明では「1週間ほどで食事も摂れるようになり 退院できる」との
ことだったので、私は退院してきてからは食事やあらゆる方法で
完治に近い状態まで戻せるはずと信じていました(玄米菜食や丸山ワクチンなど)。
しかし食事どころか水分さえも摂る事ができません。体が受付ないのです。

腹水も溜まり始め、主治医は「ガンの悪性度が強い」といいます。
しかし食事ができるようになり退院する事を目標にと段階を踏んで
処置してくださっているので 今はどうにか腹水が治まる事を願って
いるのですが・・・。

最近では体を起こしたり横になったりするだけで吐き気を催し、
気分転換に・・・とゆっくり歩くだけでも吐き気を催してしまいます。
体もどこかが常に痛むようで、見ていて本当に辛いです。
ひょっとしてこのまま病状は悪化の道を辿る一方なのでは・・・。
と悪い方へと気持ちが揺れてしまっています。

本当にこのまま痛い・辛い思いばかりでいいのでしょうか?
ホスピスへの転院は考えなくていいのでしょうか・・・。
血のつながりの無い嫁の立場だからホスピスが思いつくのでしょうか。
血のつながりのある人(義母の御兄弟のみです。主人は血のつながり
ありません)が最後のことを一番考えているのでしょうし、私たち(夫婦)は
何も口出ししないほうがいいのでしょうか・・・。

元気なうちに家(資産管理や親戚付き合い・法要関係)のこと
を引き継いでおきたいと思うのは私のエゴでしょうか・・・。

気分を害す書き込みがあれば お詫び申し上げます。


136 名前: なお 投稿日:2005/03/22(火) 21:00
135さん、お義母様の容態の心配の他に「立場的な問題」があるのは精神的につらいですね。
投稿を読ませて頂いて感じたのは、現在の治療などをもう少し詳しく書かれた方が専門家の方たちのアドバイスを受け易いのではないかと思いました。例えば、1ヶ月前に受けた手術は具体的にどんな手術だったのか、腹水はどこに溜まっていてどんな処置がなされているかなど・・・。

立場的な問題は難しいですね・・・お義母さまと一緒に住んでいて、本人の意思を聞いていらっしゃったのかどうかでも発言権も変わってくるでしょうし、ホスピスについては本人への告知が前提になります。

相続に関しては、遺言がない場合は基本的に法定相続人に分配されるという事はご存知ですよね。私は、相続関係は嫁が口を出すべきではないと思うので、何かの時はご主人に動いてもらうべきでしょう。
細かい事は、今、本人に聞くというのは難しいと思うので、ご親戚の中で信頼できて相談に乗ってくれる人がいると一番いいと思いますが・・・って言うか、後のことは周りの人が相談に乗ってくれるので何とかなりますよ。

今いちばんつらいのはお義母さま本人ですし、告知も含めて、本人が一番望む環境や治療法を選んでさしあげる事を最優先に考えられたらいいと思います。
嫁って、色々微妙な立場ではあるけれど、お義母さまのために愛情を持って誠心誠意尽くす覚悟さえあれば、お医者様とも相談して、これからの方向性など、周りを納得させる結論がでるのではないかしら。

なんだかナマイキなことを書きましたが、失礼があったらお許し下さい。
頑張って下さいね。

137 名前: はな 投稿日:2005/03/22(火) 22:13
ちょっと前にこちらに書き込みさせていただいた者です。
余命1、2ヶ月と告知された父親(本人には告知していませんが)が退院したがっているので
可能ならば退院させるつもりだったのですが、母親との話し合いの結果このまま入院していてもらうという結論に
達しました。体力がなくて一人でトイレができない、腸内の腫瘍のため下痢が止まらないという状態なので
すべて母親の手伝いが必要となるため退院となると24時間ずっと母親が負担しなければならなくなるかも
しれないのでそうなると60才を越えた母親には体力的にも精神的にも辛いようです。
私がやってあげられればいいのですが、おむつをした父親を見るだけでも辛いのにおむつを取って拭いて
あげてという処理が私にはできないと思ってしまいます。こういう風に考える私って冷たいんでしょうか?
退院を希望している父に対して入院を続けてもらう私たち家族って冷たい人間なんでしょうか?
私たちの考え方っておかしいんでしょうか?
それと病院は「どこも悪くないんだからもっと外出していいんだよ」と
言いながら退院を勧めるんです。どこも悪くないのに日に日に具合が悪くなるはずないじゃないかー!!と思ってしまいました。
何かうそでもいいから適当に病名をつけてくれればいいのに・・・医者が言うんだから退院できるはずだって父親は言い張るんですよね。

これからどうしたらいいのか毎日悩んでます。

138 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/03/22(火) 23:05
>こういう風に考える私って冷たいんでしょうか?
冷たいのではなく、やった事がなければ躊躇してしまうのは仕方ないんじゃないかな?
私の場合は、必要に迫られて義父のオムツを替えるようになったので迷っている間なんてなかったし・・・。
義理の父ですから、もちろん裸なんて見たこともないし、最初の頃はすごく恥ずかしいような申しわけないような感じでしたが、母がいない時は私がやらなければならなかったし、父になるべく恥ずかしさを感じさせないように「お父さん、オムツ替えますよ~」とか「お父さんのお尻ってカッコイイですね」なんて明るく言いながら全然平気な振りをしてさっさとやってました。(ほんとは匂いもあるし戸惑いもあったんですけど)
病院にいた頃に看護士さんが体の下にバスタオルを敷いてうまく体を横向けにしたりして工夫していたのを見て学んでおいて良かったと思いました。

父は自尊心の強い人でしたから、嫁にオムツを替えてもらうなんてみっともないことは絶対に嫌だと思っていたと思いますが、最後の方は義母よりも私に替えて欲しいとまで言ってくれるようになりました。
私の友人は、やはり嫁でしたが、便秘をしているお義父さんの肛門にゴム手袋をはめた指を突っ込んで出させたと言ってました。
覚悟を決めてやってしまえば、あとは慣れです。

それから以前にも書きましたが、介護制度を使えば(例えば夜の間だけとか、時間は好きな時に)ヘルパーさんが変わって見てくれますよ。

だからはなさんもやったら?と強制しているわけではありませんが、もしもの時に「やっぱりあの時、お父さんの希望を聞いてあげていたら・・・」と後悔するくらいなら、あと1~2ヶ月の間、頑張ってみるという選択もありかな?と思います。
もちろん、このまま病院でという選択をなさるのもはなさんの自由ですから、ご自分を責めないで下さいね。
頑張って下さい。

139 名前: π 投稿日:2005/03/22(火) 23:13
>>はなさん
はじめまして
お父様の介護の負担のことを考えてしまうのは仕方のないことだと思います。
自分も直腸癌・肝転移の父を2ヶ月ほど自宅で介護をしましたが、
父が元々脳血栓の後遺症で左片麻痺があったことも手伝い、苦労しました。
オムツのお世話にはなりませんでしたが、人工肛門を設置しましたので便出しなどのケアも自分がしました。
確かに下の世話というのは抵抗があるかと思いますが、自分の場合は慣れれば手に便が付いたくらいでは動じなくなっていたのも事実です。

お父様の介護が24時間にわたると言うことであれば、介護保険を使ってヘルパーさんに入ってもらうことも可能です。
自治体の介護保険課に行って相談をされてみてはいかがでしょうか?
要介護申請をしますと結果が出るまでには日数がかかりますが、
お急ぎの場合は「みなし認定」といって認定がおりる前提でサービスを受けることが可能です。

お気持ちはよく分かりますので、決して「冷たい」とは思いませんよ。
ただ、お父様がご自宅での療養を望まれるのでしたら、使える手はすべて使ってでも、
出来る限りお父様のご希望をかなえてあげて欲しいと思います。

140 名前: まりん 投稿日:2005/03/24(木) 20:14
なおさん、レスありがとうござます。
初七日が済んだ今も介護していた時の父の体の重みと温もりがまだ、手の中に残っていて、
切ないです。
てれさんも、同じ頃にお父様がお亡くなりになったのですね。ご冥福をお祈りします。
これから、自宅介護に入られる方へ。役に立つかどうかわかりませんが、オムツ交換時のパジャマのズボンの上げ下ろし、
結構大変ですよね。我が家の場合、自宅介護になってからは、ズボンは穿かせず、肌触りのいい大判のバスタオルを腰巻のようにして、
使っていました。これは随分と楽でした。本人の了解があれば試して見てください。
これからの季節は浴衣もいいかもです。

141 名前: はな 投稿日:2005/03/27(日) 11:16
なおさん、 πさん、レスが遅くなってごめんなさい。
せっかくいろいろアドバイスしていただいたのですが、結局は退院はせずに
病院で過ごしてもらうことになりました。母の意志です。
退院ではなく外泊を繰り返すことになったのですが、外泊だけでも母親の負担は
かなりのもので昨日も2時間しか眠れなかったということです。このままでは母が
倒れてしまいそうです。父親の希望も聞いてあげたいけど、いちばん負担になる母親の
希望も大事ですから。母が倒れたら誰も面倒を見てくれる人が居なくなってしまいますから・・・
みなさん、アドバイスや助言、ありがとうございました。
医師の話ではGWまでもたないかもしれないという話なのでそれまで出来るだけのことをしてあげようと思ってます。

142 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/03/27(日) 11:40
はなさんへ
癌センターの主治医も「介護する側が過労で倒れてしまう事もよくあるので、負担が大きい時は、少しの間入院して貰って家族が少し休むことも大切ですよ。」と最後の頃にアドバイスされました。
急変した時のことなどを考えると、病院にいた方が安心かもしれませんね。

入院していても(体を触ってあげるとか父親がどんなに大切な存在かを伝えてあげるとか)、してあげられる事はたくさんあると思うので、できる限り頑張って下さいね。

143 名前: はな 投稿日:2005/03/27(日) 13:37
>なおさん
担当の医師にも「特に消化器系の癌患者の場合は自宅に帰ると家族の負担はかなり大きい」と
話されてました。排泄が大変になるのでその分、手がかかるのかもしれません。
またこちらにお邪魔するかと思いますので、その時にはまたよろしくお願いします。

144 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/03/27(日) 17:39
まりんさんへ
まだまだ49日までは、色々忙しくて実感がないかもしれませんね。

そういう中でも、介護経験で得られたノウハウを、現在闘病中の人たちに伝えようとされるまりんさんは素敵な方だなと思います。
お互い頑張りましょうね。

145 名前: 投稿日:2005/03/27(日) 21:14
なおさんへ
お久しぶりです。お元気ですか?
今日は父の入院していた癌センターの「合同慰霊祭」に行って来ました。
驚いたことに去年1年間癌センターでは、743人もの
尊い命が「癌」と言う病気に奪われていました。
日が経つにつれ看護した時の辛さ・悲しさ・くやしさが薄れて行く気がしていましたが、
いっきにあの時に気持ちが戻り涙が止まりませんでした。
医師が言ってました。「近年、癌治療は目覚しく進歩しています。しかし、出来た位置・大きさ・進行状態に
大きく左右されてしまう。非常に残念です。」と。
遺族代表の方が言ってました。「夫婦になってから病気らしい病気はしたことが無い。
腰が痛くて病院に行ったら癌でした。」と。
怖いですよね?昨日まで元気だった人が病気にかかり、簡単に大切な人が連れて行かれてしまう。
いつ、何時、誰がなっても、おかしくないそんな病気なんだと、感じました。
いつか、この病気に対する特効薬が出来るのでしょうか?
「出来たら良いなぁ~」そして、そんな日が来ることを強く望みます。
改めて考えさせられる一日でした。
久しぶりの書き込みで、私事・支離滅裂でごめんなさい。





146 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/03/28(月) 00:05
ぺさんへ
合同慰霊祭 終わったんですね。
悲しみには「日にち薬」が効くと言うけれど、色んなことがあってまた巻き戻されたり・・・そうやってだんだん傷が塞がってゆくのかな?
悲しみにはさよならしたいけれど、だんだん悲しみが薄れてゆくのも何だかちょっと寂しいような気がするのは不思議です。
忘れたい悲しみと、忘れたくない思い出と。。。

今は10人に1人が癌になるらしいけど、ほんとに癌て憎いですね。。。
私がビルゲイツだったら、癌治療の研究費として何十億も寄付するのに!って思います。
こうやって、たくさんの人がこの掲示板に来て癌と闘っているけれど、それが徒労に終わらないように、一日も早く「癌征圧!」の日が来るといいですね。

お互いに、頑張って「今」を生きましょう!

147 名前: はな 投稿日:2005/04/15(金) 21:03
ごぶさたしております。11日に父が亡くなりました。
外泊をしようと準備をしていた最中に脳梗塞で倒れ、3日間ほとんど睡眠をとらず
母と付添いました。まさか脳梗塞が起きるとは思ってなかったし、まだ大丈夫だろうと
思ってたので驚きました。こんなに早く逝ってしまうとは思ってなかったので・・・
今日で仕事を辞め、実家に帰り毎日のように父親の側に居てあげようと思ってたのに。
もっと早く仕事をやめて帰れば良かったと後悔してばかりです。
ただ、最期に側に居ることが出来、看取ることが出来たのは非常に幸せなことだと感じています。
苦しんでる姿を見てる時は「早く楽にしてあげたい」と思ってましたが、いざ居なくなってしまうと
苦しんでてももう少しがんばって欲しかった・・・なんてことを思ってしまいます。
かろうじて右足と左手が動いていた時には私や母が話しかけると、一生懸命に手を握ろうとしてるのが感じられ、
声にならない声をあげて、目を一生懸命動かしていました。涙を流していたので悔しかったんだろうと思います。
最後に何が言いたかったのかそれだけでも聞きたかった・・・
私にも霊感があったら良かったのに!!と真剣に思ってしまいました。
今も留守番電話に残っていた父親の声を聞いて泣いてます。

148 名前: 投稿日:2005/04/17(日) 19:56
はなさん
お疲れ様・ご苦労様でした。
お父様のご冥福をお祈りします。
最後に立ち会えたことお父様も幸せに感じていると思います。
最後にはきっと「ありがとう」って、言いたかったんじゃないかな?

これから落ち着くと疲れがドット出てくると思いますので
あまり無理せず、体調には気を付けて下さい。


149 名前: はな 投稿日:2005/04/23(土) 10:48
べさん、レスありがとうございます。
あれから体調を崩し1週間寝込んでおりました・・・
やはり疲れがかなり溜まってたようです。私以上に疲れてるはずの母は元気だというのに
情けないです。(泣)祖母も倒れてしまったので母親は自分が倒れる暇も無いのかもしれませんが・・・

150 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/04/23(土) 14:20
はなさん、大変でしたね。
看病で気を張っていた分、どっとお疲れが出たのでしょう。

ぺさんがおっしゃるように、お父様は最期にやはり「ありがとう」と言いたかったのではないでしょうか。
お母様や娘さんの幸せを願って逝かれたと思うので、お父様の為にも幸せになって下さい。

お体を大事になさってお母様を支えてあげて下さいね。
お父様のご冥福をお祈りします。

151 名前: さき 投稿日:2005/04/23(土) 18:06
はなさん
お父様のご冥福をお祈りします。
私の母も癌で亡くなりました。
霊感があったら・・・と思ったこともあります。
真剣にイタコに会うために恐山に行きたいと思ったこともあります。
月日は流れていきますが、母の事はいつも忘れたことはありません。

お互い頑張りましょうね。

152 名前: まりん 投稿日:2005/04/25(月) 08:17
はなさん、お父様残念でしたね。ご冥福をお祈りします。
今はお母様が一番お辛いと思いますので、お母様が寂しくないように支えてあげてくださいね。

私の父も先月、大腸癌で亡くなりました。朝、起こしても目を覚まさず、午後に先生が来てくれた時には
臨終していました。
癌と言われるのが相当に嫌だったのか、ぎりぎりまで病院を拒否していました。
従姉妹に説得して貰っても「勘弁してください、心の準備がまだ出来てない」と泣いて哀願されました。
最後は一人っ子で支えあう相手もいない私の為に往診だけならと、やっと医療を受ける承諾をしてくれましたが、
すでに、肺にまで水が溜まっている状態で、カウントダウンが始まっていました。
在宅看護でしたので、喉に痰が絡んでもすぐに処置をして貰えないなどありましたので、
病院だったら、もっと楽に逝かせて上げる事が出来たのかなぁと今でも思ってしまいます。


153 名前: 投稿日:2005/04/25(月) 20:27
まりんさん

一人での在宅看護思う以上に大変だったんでしょうね。
私も本当なら父を自宅で看護してあげたかったのですが、「準備」だけで
終わってしまいました。
でも今考えると、在宅看護がちゃんと出来たかなぁ~と思います。

まりんさんのお父様がご自分で「在宅」を選んだのなら
幸せに過ごせたんじゃないかな?と、思いますよ。
まりんさんは大変だったでしょうが・・・。

患者さんが選べる色々な選択肢が出て来てますが、
医療・設備・環境などが追いついて行ってない気がしますね。

これからまだまだ忙しい事があると思いますので、体調を崩さぬよう気を付けて下さい。


   




154 名前: はな 投稿日:2005/04/25(月) 22:25
>なおさん
そうだといいのですが・・・真剣に霊能者の方に見てもらおうと考えています。
とにかく父と話がしたいんです。

>さきさん
恐山、私も行きたいです。母に話してみようかと思ってます。

>まりんさん
自宅で看護をされてたなんてお父様は幸せでしたね。わたしは父を入院したままで逝かせてしまったことを
とっても後悔しています。
痰の吸引ですが、うちの父は3日間は痰の吸引を1時間に1,2回する程たくさん痰が出ていました。
涙が出る程辛く嫌だったのか、体が動かないので最後には歯でチューブを拒絶したり、顔を横に振ったり、
声にならない声をあげたりしていました。「お願いだから止めて!」と叫びたくなる程でした。
酸素マスクをするようになったら痰があまり出なくなってきたので「それならもっと早く酸素マスクしてくれればいいのに!!」と
看護師を責めてしまいたくもなりました。入院してるから楽に逝かせてあげられるとは限らないんだと感じました。
ますますターミナルケアに興味が湧いてきています。実際、ホスピスでの最後というのはどうなんでしょうね?

155 名前: π 投稿日:2005/04/26(火) 00:01
はなさん

まずはお父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます

実は自分も先月に父を直腸癌+肝転移で亡くしております。
うちの場合は発見が遅すぎたために手の施しようがなく、抗がん剤治療も体力的な問題などから勧められないといわれました。
結局、ストマの設置のみで執刀医から緩和医の手に委ねられ、昨年末より在宅にてケアを受けました。
その後、呼吸困難と激しい疼痛により再入院し、最後の3週間を一般病棟にて過ごしました。
幸い父がお世話になった病院は、緩和病棟こそなかったものの一般病棟でのケア体制が整っており、手厚いケアを受けることができました。
それでも、果たして本当にこれでよかったのかという疑問はぬぐえません。
もし、万に一つの可能性にかけて抗がん剤治療を受け、それがうまく効いてくれたら…父はもっと長く生きていられたかもしれません。
逆に、一般病棟でなく専門の病棟やホスピスに移っていたらどうだったのか?
最後まで自宅で過ごせたらどうだったのか?
考え出すときりがないくらいです…

そんなところから、緩和ケア、ターミナルケアの勉強を始めました。
勉強といっても、素人としては本を読んだりサイトに目を通したり…くらいしかできませんが。
まぁ、勉強して何が…といわれると、自分を納得させたいだけなんですがね(汗

これから、ひと段落ついた頃に疲れと悲しみがどっと出てきてしまうことと思います。
どうぞご自愛くださいませ。

156 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/04/26(火) 00:30
たとえどんな風にどんな場所で最期を迎えたとしても、家族はきっと「もっと他に良い方法があったのでは?」と悔いてしまうような気がします。
大切な人を結局亡くしてしまったのですから「完璧で後悔なし!」って人は、たぶんいませんよね。。。

でも、それはいくら考えても結局「今さら・・・」のことで「その時々で精一杯考えて最善の方法を選んだのだ」と自分で割り切るしかないような気がします。
やはり、自分の傷は自分で舐めて治すしかないのかもしれない。

私は父の介護をした経験から、介護の「ホームヘルパー2級」の資格を取ろうと勉強を始めました。
何だか、今でも父が天国から私の生き方を見ているような気がして、父に恥ずかしくないような人生を送らなくちゃ!思って・・・。

大切な人にもう会えないのだという現実は、受け入れるのに時間がかかるかもしれないけれど、やっぱ残された者はまだまだ生きていかなくちゃいけない訳だし。。。
皆さん、お互いに頑張って今を生きましょうね。

・・・なんてちょっとエラそうだったかな?(^_^;)




157 名前: みい 投稿日:2005/05/02(月) 09:17
はじめて書き込みをさせて頂きます。
患者は父(64才)で肺がんステージ4です。
肝臓と腎臓、骨に転移があり、肝臓の転移がかなり大きくなっている状態です。
かかる病院について悩んでおり、ご意見を頂ければと思い書き込みさせて頂きました。

父のガンは昨年11月、近場の病院にて肺がんが発見されました。
その病院から県立のガンセンターを紹介され、詳細の検査をした結果
肝臓に極々小さな転移が発見されました。
危険を承知でイレッサを選択。見事に失敗し、間質性肺炎を発症。
がんセンターではなく、元の近場の病院にて入院、治療をしました。

肺炎は完治したもののその間に肝臓の転移が大きくなってしまい、骨への転移も確認されました。

痛みがひどい為、がんセンターの呼吸器内科の先生と相談し、特に痛みが酷い骨の部分を放射線で、
薬はモルヒネ製剤で…と方針を決め、放射線科にかかりました。
今までの鎮痛剤が効かなくなってきた為、まずは放射線科でモルヒネを処方してもらったのですが...

この放射線科の医師の話がコロコロと変わり、不信感を覚えています。
放射線治療をやると言ったり、もう無駄だからできないと言ったり...
今まで4回外来にかかりましたが、その度に話が変わっていきます。
また本人に向かって「そのくらいの痛みは我慢しろ」や、先述もしましたが、
「もう無駄だ」といった発言もします。
しかも叱責に近い口調で言うのです...

ガンが進行し、有効な打つ手がない事は、本人も私も十分理解しています。
転移の範囲が広い為、骨に放射線を当てても、それ以外の部位が痛む可能性も承知しています。
それでも戦っているのです。
せめて痛みが柔らぐよう、必死の努力をしたいんです。

父もこの医師の発言にかなり傷つけられており、「放射線をしても他の部位が痛むのであれば
近場の病院で薬を出してもらって、最後を迎えたい」と言うようになりました。

近場の病院は病床50ぐらいの中規模の病院です。
父のかかりつけの病院でした。
内科と外科、ペインがあり、初期のガンであれば手術もできます。
(父も9年前、ここで胃がんの手術をし、これは完治しました。)
今でも急に熱が上がった時などは診て頂いています。
医師は大変丁寧で温かい方ですし、病院の関係者の方もよい方ばかりです。

今の段階で、病院(かかりつけの医師)を移るかどうか悩んでいます。
このまま我慢して専門医に診てもらった方がよいのか、
父の希望通り近場の病院がよいのか…
がんセンターだと車で1時間程度かかってしまうというのも懸念材料です。
(父が疲労してしまう為)

長々と書いてしまい、申し訳ありません。
何かアドバイスがありましたら、ぜひ宜しくお願い致します。

158 名前: yukousyou 投稿日:2005/05/02(月) 10:53
私の父は胆管がんですが、やはり、肝臓と骨に転移があります。
骨転移に対しては、2箇所にペインコントロール目的で放射線治療をしました。
放射線をする前から内服やパッチなどの麻薬を使っていましたが、
放射線を受けてから少し痛みはよくなり、痛み止めを飲む回数が減りました。
手術をした病院では放射線療法がうけれなかったので、手術をした病院に
入院(ペインコントロール目的で入院中でした)しながら、毎日放射線治療に
違う病院に車で通いました。(10回受けました)入院していたところが
外科で、父にとって決して満足といえる入院環境ではありませんでしたが、
やはり、家から近いということ、今までの経過を知っているということで、
転院には踏み切れませんでした。結局は痛みがある程度コントロールでき、
自宅で過ごせるうちに自宅で生活させてあげたいと思い、自宅療養に
切り替えました。訪問診療で今までの病院から往診もきてくれるので、
助かっています。主治医には満足はしていませんが、こちらの言うことに対しては
快くきいて、要望を聞いてくださるので、ある意味では助かっています。
色々な情報がある中で、何がよいのから見出すことは簡単ではありませんが、
お父様にとってよい方法が見つかりますように、、、。

159 名前: みい 投稿日:2005/05/02(月) 19:38
yukousyouさん、コメントありがとうございました。
転移があっても、放射線で痛みが軽くなっている方がいらっしゃるんですね...
放射線科の医師の話だと、まったくの無駄…といった話になってきていたものですから
参考になりました。
父と相談して、かかりつけの病院を変えるかどうか相談してみます。

自分は中学生の頃に母を亡くし、15年間父と2人で支えあって生活をしてきました。
本当にかけがえのない父親です。
父に対して自分も何ができるか...どうしたらいいか分からなくなる時がありますが
何より父が安心して緩和治療を受けられる環境を作ってあげられればと思います。

160 名前: 名無しさん 投稿日:2005/05/02(月) 23:43
以下は緩和ケアの医療者の方のHPです。

緩和ケア病棟24時
http://blog.livedoor.jp/kotaroworld/

骨転移に対する放射線療法は抗腫瘍を期待してのみでなく
緩和目的の照射もあるそうです。
お時間があったらご相談されてみてはいかがでしょうか。

161 名前: みい 投稿日:2005/05/03(火) 20:33
160さん
大変参考になるサイトのご紹介ありがとうございました。
是非、参考にさせて頂きます。

昨日から父は急に眠る時間が増えてきました..非常に心配です..



162 名前: π 投稿日:2005/05/04(水) 00:50
みいさん、はじめまして

「痛みを我慢しろ」なんて、そんなひどい医者はどこの誰ですか!?
それもがんセンターといわれる病院とのこと、心中お察し申し上げます。

ガンの痛みは我慢してはいけないものです。
もちろん、すべての患者さんには痛みを緩和してもらう権利があり、医療者にはその義務があるのです。

個人的な見解になりますが、その放射線科の医師には見切りをつけられた方がよいかと思います。

あまりにひどい話と思い、ついつい口を挟んでしまいましたm(_ _)m
お父様が少しでも安らかなお時間を過ごされますよう、お祈りしております。


163 名前: 投稿日:2005/05/04(水) 20:51
みいさん

始めまして!本当に酷い医者が居るんですね。
私の父は「静岡県立癌センター」に入院していましたが、たまたまなのか
父の居た病棟の先生・看護士さんはとても良い人たちでした。
治療を拒否した父を、本来治療のための病棟で最後まで見て頂きました。
緩和ケア・ホスピスを考えましたが、「この病棟がいい」と思っていた父の気持ちを
優先してくれました。とても感謝しています。
いくら素晴らしい医療・設備があっても、治療を受ける患者さんの気持ちを
少しも分かってくれない処なんて良くないと思います。
私も 162さんの意見に賛成です。
患者側に立って治療してくれる病院・医師が居ないのが現状なんでしょうが、
お父様・みいさんが「後悔」しない方法を取るのが一番だと思います。

うまく言えませんが、頑張って下さい。

164 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/05(木) 01:21
痛みを我慢しろなんてとんでもない医療者です。
呼吸器の医師と相談して決まった方針なのに我慢しろとは?!
呼吸器科の医師に相談して
放射線科の担当医を変更してもらうことはできないのでしょうか。
遠慮することは全くないですよ。
妙な人はどんな職業でもいるものです。
最悪それで雰囲気が悪くなってしまうようなら
お近くの病院に移られたほうがいいかもしれませんね。
緩和放射線治療のように設備が必要なこともありますが
お父様やご家族が安心できて、医療者が協力的な環境が望ましいですよ。
みいさん、頑張って!応援してます!

165 名前: みい 投稿日:2005/05/05(木) 22:41
πさん、ぺさん、>164さん コメントありがとうございました。
書き込みが遅くなってしまい、申し訳ありません。
ここ数日夜になると高熱が出てしまい、近場の病院で休日診療で
通いで抗生剤の点滴を打ってもらっていました。。

皆さんの温かいお言葉、本当にありがたく思います。
本当に嬉しいです...ありがとうございます。

明日、放射線外来の予約で病院に行きます。
父と相談し、明日も以前と同様冷たい態度を取られるようであれば
別の病院にかかる事にしようという結論に至りました。

今の所なんとかモルヒネで痛みがコントロールできていますし
このがんセンターよりちょっと遠くなってしまいますが、
放射線治療のできる病院も見つけました。(まだ問合せはしていませんが..)

まずは連日の熱が落ち着いてからのアクションになってしまうかと思いますが
何よりこれ以上父に不快な思いはさせたくないと考えています。



166 名前: あいりん 投稿日:2005/05/06(金) 12:01
がん専門病院の中には治療(治す事)にのみ目がいき、緩和ケアがおろそかになりがちであったり、
悲しいかな「ソレ」は自分たちの役目ではないと思って意欲が削がれたりする医師もいるようです
皆が理想的なホスピス等で緩和ケアを受けられない現状であるのなら
現場での緩和に対する無理解や無知無関心は、患者に苦痛を強いることになりますね・・
各病院に緩和ケアを専門でする医師がいればいいのでしょうが
その負担はたいへんなものになるでしょう
市中の個人医院の医師が緩和医療にもっと積極的に取り組んで
受け皿になっていただくのがいいのかなぁとも思います
医師とて神様ではないので、それぞれの役割があるという割り切った考え方もあるでしょう
その仕事の過酷さを思うと完璧を望むのも無理がありますしね
それでも、ぺさんのかかった病院のように患者のためを思いすべてに最善を尽くしてくれる病院医師もいます
感謝にたえませんね


しかし、みぃさんの件「その医師の態度」はそれ以前の問題に見えます
苦しい想いをしているおとうさまに医師が更なる苦痛を与えてどうします?!
転院後落ち着かれたら、今後のためにもその病院の投書箱等で苦言をなされてはいかがでしょうか

167 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/05/06(金) 18:24
みぃさん、ご心中お察しします。

やはり癌センターのような所は、一刻でも早く治療を受けたくて待っている人がたくさんおられますから、そういう人優先になってしまうのかもしれませんね。。。
父の末期の頃もそうでした。主治医が「ここはどうしても癌を積極的に治療する人が優先になってしまうので、申しわけないけれど、急変した場合は近くの病院に行かれた方がいいでしょう。」と紹介状を書いて下さいました。
併設された緩和病棟は予約待ちで、もしかしたら間に合わないかもしれなかったので。

でも、それにしてもみぃさんのお医者様の発言は人格や適正を疑ってしまいますね。
私も皆さんと同じで、出来るなら転院されることをお薦めします。
お父様が穏やかな日々を送られますように、応援しています。

頑張って下さいね。

168 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/05/08(日) 10:13

ちょっと誤解を招く書き方だったかもしれないので、書き添えます。
父の場合は、入院していなくて延命も拒否して自宅介護だったので、先生はああいう言い方をなさったわけで、入院していたらきっと最期まで診て下さったと思います。

転院は難しいと思うけれど、後悔のないように頑張って下さいね。

169 名前: みい 投稿日:2005/05/10(火) 19:59
あいりんさん、なおさん、コメントありがとうございました。

結局父の高熱が続き、放射線科へは、私1人で行きました。(薬も取りに行かなければならなかったので…)
本人もいなかった為、転院の事ははっきりとは触れませんでしたが、父は高熱が続いて近場の病院で診て
もらっている事を告げ、しばらくがんセンター側へは来れない旨を伝えました。
はっきりと転院の意思を告げた訳ではありませんが、病状からいって自然と
近場の病院でメインでかかる事になりそうです。。

改めて父と話をしたところ、前回の医師の発言には余程傷つけられたのか、もうがんセンターには行きたくない…との事。
なし崩しな感もありますが、このまま近場の病院で診てもらおうと思っています。
父の在宅希望もよく理解して頂いていますし、何より父が安心して診察を受けられますので...

がんセンターも呼吸器科の医師は大変良い先生だったのですが...
本当に病院選びは難しいものですね。。

170 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/05/10(火) 23:11
みいさんへ。
私の経験からしか言えませんが、父の場合、最期は近くの病院で診て貰って良かったと思っています。
何より、毎日通う(最期の数日は泊り込んだり、何度も呼び出されたりする)家族も楽でしたし、セデーション(?)と言うか、延命(人工呼吸器)を拒否していた父の意思を理解して下さり、最期は睡眠導入剤を使って苦しくないように逝かせてくれました。

どこまで積極的な治療をするかの判断は難しいけれど、お父様の心の安らぎが一番必要な気がします。
お辛いでしょうけれど、頑張って下さい。

171 名前: ひろみ 投稿日:2005/05/12(木) 08:19
初めまして。今日初めてここに来ました。
皆さんのレスを読ませていただきました。
私も両親を癌で亡くしており、読みながらその時のことを思い出していました。
実は私も2年ほど前に悪性の進行性癌になり手術をしました。
抗生剤は効かない癌(?)の為手術だけでしたが、その時先生が「手術は成功80%は大丈夫でしょう」
とおっしゃってました。ただ、もし後にまたがんが出た場合、(再発、新規ともに)
その時は何のすべも無いとの事でした。用は諦めて下さい。ですね。
私が本当のことを知りたいと望んでたので先生はそういって教えてくれました。
なぜかと言うと、私の父は癌だと知らずに逝きました。
後に私は本当にそれが良かったのか・・・父は知りたがっていました。会社も経営してるし色々したかった事もあったのでしょう・・
だから母の時は兄と相談して告知しました。私はそれで良かったと思います。
だから私も先生にお願いして告知していただきました。
それに当時、私は母子家庭でまだ9歳の子供がおりそのこの子の事が心配だったので・・
で、先週検診に行ったら何かできている様で、またかも知れません。
そこで色々調べてるうちに(きっとアガリスクと同じ様なものかと思うのですが)良さそうなのを見つけました。
で飲んでみようかと思い、一応ここにも張っとこうかと・・
http://www.*********.com/index.htm
私も頑張ります。皆さんも頑張って下さい。



172 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/12(木) 09:03
ひろみさんも大変な想いをしましたね・・・
でも、本人に事実を伝えるのはいいと思います
逃げて癌がなくなるわけではないですもの
本人も周囲も、皆で「生きること」を見つめ支えていきましょうよ

でもね、、、ちゃんとした検証もなく「~で癌が治る」や、そのちょうちん本にはほとほとうんざりなんです
しかもものすごく高価で、人の弱みに付け込むような怪しげなものばっかり
どうかそんな紹介は代替トピでお願いします


173 名前: ひろみ 投稿日:2005/05/12(木) 11:41
すいませんでした。私も考えたんですが、買う買わないは自分しだいだしと思って・・
金額も8000円ぐらいだったもので・・
ただたんに少しでもそれが良いものならと思って書き込んでしまいました。
今後は気をつけます。

174 名前: 千春 投稿日:2005/05/12(木) 12:25
>>171 ひろみさん。
172さんも仰るように、せっかくのいいお話が貼り付けられたHPで台無しです。
「今後は」などと仰らずにそのHPのURLだけでも削除依頼をなされたらいかがでしょうか?

175 名前: ひろみ 投稿日:2005/05/12(木) 14:45
削除願いだしました。
皆さんに嫌な思いをさせてしまったのですね。
失礼しました。

176 名前: 千春 投稿日:2005/05/12(木) 14:57
ひろみさん、お手数をおかけしました。
みんなあの手のHPには辟易としているもので・・・。
削除依頼申請感謝致します。

この先もこちらで癌についてのお話聞かせてくださいねっ!
これからもよろしく^^v

177 名前: ひろみ 投稿日:2005/05/12(木) 15:08
イエイエ、私がこのホームページの説明を見ずに書き込みしてしまったので
本当に申し訳なく思ってます。
千春さんわざわざ返信ありがとうございます。
チョッと落ち込んでいたのですが、直りました。(●^o^●)


178 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/12(木) 19:49
>で飲んでみようかと思い、一応ここにも張っとこうかと・・

↑実際に飲んで試したわけではないんですね?
それまでの文章の深刻さとは違いすぎる文面が「宣伝」と受け取られたのでは?

179 名前: 172 投稿日:2005/05/12(木) 20:07
ごめんね、落ち込ませちゃったのかな
「宣伝」と思ったわけではないのですよ
あぁしたものには不信感があるのは確かなんですが、
特に書き込む場所がよくなかった、と思ったのです
こちらの掲示板を訪れる誰でも、できるだけのコトはしたい気持ちでおりますが
よく考えて調べて勉強して、「商売的なもの」には踊らされないように
あまつさえ、他人に薦めるとなればその「責任」にも配慮していかなければなりません
たとえそれがいくら安くても、もしタダでも好意でのプレゼントしたとしても
責任がもてるわけではないモノであるならば、慎重にしなければなりませんね

「買う買わないは自分しだい」
もちろんそうなのですが、このトピを訪れる方々にその判断を強いるのも酷でしょう
そうした商法は「癌」の周辺には渦巻いておりますので・・・

180 名前: ガン患者 投稿日:2005/05/13(金) 11:01
このブログで励まされていたのですが、
急に、なくなってしまいました・・・。
http://blog.goo.ne.jp/papablog

どなたか、ご存知ないでしょうか?

181 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/05/13(金) 12:51
>>180さん
検索エンジンにてURLを検索するという形で、掲示板は拝見することができました。
また、そこからのリンクでHPと思われるページにも行くことが出来ました。

ところで…ここからは冷たい言い方になると思いますが、ご質問のサイトは患者さんご本人の「闘病記」ですね。
患者さん(特に末期)の介護について話すここのスレからすれば「スレ違い」ではないかと思われます。
こちらの管理人さんが患った癌のスレッド、もしくはサイトの探し方として「PC武装板」あたりへ書き込まれた方が
よろしかったのでは…と、思いました  m(_ _)m

182 名前: HT 投稿日:2005/05/14(土) 19:20
>>180さん

http://www.cocolabo.com/
になっていますよ

183 名前: yukousyou 投稿日:2005/05/15(日) 11:13
久振りにこちらにきました。自宅療養をはじめて3ヶ月がたちました。
退院前には余命は2~3ヶ月を言われましたが、退院後痛みも落ち着き、
精神的にも落ち着きました。落ち着いていながらも、徐々には悪くなっていく父を見ながら、
母や私は父をこのまま家で看取ってあげたいと思うようになりました。
今かかっている病院は何かあれば救急車といわれていて、訪問看護の方も、
この病院系列のところなので、時間外は病院へという方針です。
色々調べていますが、なかなか情報がない中で、何をどのようにしたらよいのか
悩んでいます。入院が長かったので、嫌な思いや我慢を父はたくさんしてきたので、
ここで家族に囲まれた最後を迎えさせてあげたいです。

184 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/05/16(月) 00:36
yukousyouさん、お久し振りです。
自宅介護、頑張っていらっしゃるんですね、偉いな~!

お近くに掛かりつけの個人病院はありませんか?
個人のお医者様で往診して下さるところを当たってみてはいかがでしょうか。最近、往診して下さるDrも増えていますよね。

以前にも書きましたが、父の場合も近所の掛かりつけの先生(実は父は一度も診てもらったことはないのだけれど、母や私たちは風邪を引いたときなどいつも診て頂いていた)に「何かの時には・・・」とお願いしておきました。
とても親切な先生で「深夜でもいつでもいいですから電話して下さい」とおっしゃって下さいました。
結局お世話にならずじまいでしたが、自宅介護している私たちにとってはとても心強かったです。
お向かいのご主人(肝臓ガンの末期)が亡くなられる前にも、よく往診にいらしていました。
そういうお医者さまがお近くで見つけられるといいですね。

それか、介護認定をされていらっしゃるなら、ケアマネージャーさんに訪問看護についてなど相談してみるという手もあるかも。

介護する側が、疲れから倒れてしまったという話をよく聞きます。
お疲れが出ないように頑張って下さいね。

185 名前: yukousyou 投稿日:2005/05/22(日) 16:47
レスありがとうございます。ケアマネさんに相談してみましたが、
あまり反応はよくありませんでした。1人個人医院の医師を紹介してくれたので、会いにいきました。
まだ一度あっただけなので、よくわかりませんが、「緩和」という観点で父をみてくれるのか、
本当に「いつでも」とんできてもらえるのか、、、まだまだ話し合いが必要な感じです。
他にも何箇所かあたってみようと思っています。「在宅ホスピス」という考えで往診してくれるような
先生に出会いたいのですが、情報もなく、難しいですね。
なおさんのうな「深夜でもいつでもいいですから電話して下さい」というひと言、欲しいです。

父はいつなにがおきてもおかしくないといわれながらも、落ち着いています。
本人が頑張ろうとする気持ちが強いので、こちらもそのがんばりに答えてあげたいと思っています。
私は一緒には住んでいないので、子供たちを学校や幼稚園に送り出し、末っ子だけを連れての
通い介護なので、家に帰れば介護からは開放されますが、一緒に暮らしている母はずっとなので、
少しでも母が安心して父といられるような環境を整えてあげたいです。

今の訪問看護は入院していた病院系列で24時間対応ではありません。
もちろんとてもよくしてくれるのですが、時間外は不安です。
いつでも飛んできてくれる、そんな存在が母の安心につながるのでしょうね。
なんとか色々と考えたいです。



186 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/05/22(日) 23:30
yukousyouさん、お子さんがまだお小さい中、看病に通うのは大変でしょ?
お母様のお疲れも心配ですね。

お母様が風邪などで通われている病院は近くにないですか?
いきなりお願いするよりも、見知った先生がいらっしゃればいいのですが・・・。
ご近所の評判や、自治会の方に良いお医者様を聞いてみるとか・・・何か良い情報があるといいですね。
訪問看護は、他のところには頼めないのかしら?

やはりあなたがいない間、一人で診ておられるお母様の負担が心配ですよね。
何もお力になれないけれど、応援しています。
頑張って下さいね。

187 名前: 投稿日:2005/06/03(金) 06:29
先週、肺癌のため祖父が亡くなりました。
告知されてから二年でした。
医師の言葉により祖父は病理検査もせず、放射線、抗がん剤治療、薬物治療など何もせずに自宅で生活をしました。
大学病院からは「通ってもらっても仕方ないから」と言われX線しかない個人病院に紹介されました。
徐々に食事が出来なくなり痩せ細り最後の一週間は苦しかった様で点滴を受けに紹介先に通院しました。
栄養剤の点滴と啖切りの薬を処方してもらっただけでした。
皆様の書き込みを初めから拝見させて頂きました。

188 名前: 投稿日:2005/06/03(金) 06:46
皆様の御家族の様に何か治療をさせてあげたかった、違う担当医師なら治療を祖父も受けたかもと今更ながら思いました。
祖父は何もせずにそれで良かったのだろうか…
先生の言葉は気にせずに前向きにもっと説得すべきであったのではないかと…
祖父は私には父でもありました。
家庭の事情で二歳より祖父母が育ててくれました。
今は感謝の思いでいっぱいです。
皆様の書き込みを拝見し同じ苦しみを抱えた方がたくさんいらっしゃるのに驚きました。
病と闘われてる御家族の方、大変だと思いますがお体に気をつけて頑張って下さい。

189 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/06/03(金) 10:04
孫さん、介護 お疲れ様でした。

前にも書きましたが、残された家族はどんなに最善を尽くしたつもりでも「もっと何か出来たんじゃないか」「もっとああすればよかった」と悔やむものだそうです。
「余命告知」のスレッドも拝見しましたが、私はご祖父様が最後を自宅で迎えられて良かったのではないかと思います。
自宅に帰りたい!と願いながら、病院で亡くならざるをえない方も大勢いらっしゃいますし。
余命を告知されたあと、新しい治療法を試したとしても、もしかしたらたった数ヶ月(?)の延命のために副作用で苦しい思いをするだけだったかもしれません。

悔やむお気持ちも解りますし、お悲しみはいかばかりかと思いますが、今は心静かにお祖父様のご冥福を祈られる事で、いいのじゃないかしら?

孫さんが幸せになることが、何よりの供養になると思うな。。。
ご冥福をお祈りします。

190 名前: 投稿日:2005/06/03(金) 15:08
なお様

優しいお言葉を有難うございます。

そうですね、おっしゃる通りどの形を取ってもきっと後悔したと思います。

本人の意思を尊重したのでこれで良かったと心から思える日が来るといいなと思ってます。

祖父に安心し喜んでもらえる様に私も病気を治し幸せにならないと駄目ですね。

頑張ります。

191 名前: yukousyou 投稿日:2005/06/07(火) 20:39
お久しぶりです。往診にきてもらえる個人医院の先生を見つけることができました。
「何かあったらいつでも電話ください」と本当に嬉しいひと言をいただきました。
安心して自宅療養が続けられそうです。

192 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/06/07(火) 21:39
yukousyouさん、よかったですね!ほんとにヨカッタ(^^)
まだまだ大変だと思いますが、頑張って下さいね。

193 名前: 次男の嫁 投稿日:2005/06/10(金) 07:37
初めまして 私は次男の嫁で旦那の母が肝硬変をわずらって癌の末期にも犯されていると医師からの説明でした。
もともと、肝臓が悪く心臓も良くない状態で、正直どの病気で逝ってもおかしくないと言われました、きっと夏まではもたないだろうと
そして多分来週には退院します。
生活保護を受けておりいままで介護の認定もおこなっておらず(今頃になって申請中です)
一人暮らしで、このまま退院させて、大丈夫なのか心配です。儀母は退院を心待ちにしています。
転院させるには、今の状態では見た目元気なのであまりにもしのびないです。
ですが 面倒を見れる人がいません(いるのですが 他の兄弟は皆知らん顔です)
長男はお見舞いには週1ぐらい来ますが、何もせず、きているだろうと他の事は何もしてくれない状態です
長女は忙しいと言って介護のヘルパーの仕事があるからこれないらしいです。
長女の娘は現在成人をしていますが週4ぐらいバイトが忙しいらしく手伝えないそうです
私はいままで儀父(儀母と儀父は離婚をしていました)
の面倒を見てきてほぼ2年前は胃癌でなくなりました。その際も他の兄弟は母方についてるので見舞いにも葬式にも顔はださないと
言われ、次男夫婦(私たちだけで)で見送りました。そのため
いままで母の事は何もしていなかったのですが、末期の状態で他の兄弟は何もしないこのまましとくと
そのまま どっかで倒れて逝ってしまいそうで私が手を貸してしまいました。
でも 限界です。何をどうしたらいいのかわかりません。この文章も何を書いたのか、ただの愚痴になってるだけになってしまったような
退院後 転院させるべきか 一人でも様子を見に家事を手伝ってあげるその程度しか出来ないけど
そのほうがいいのか 私一人ではもう どうにもならないです
次男(旦那は父の事で手を貸すつもりはないそうです)

194 名前: mika 投稿日:2005/06/10(金) 13:09
次男の嫁さん
ご心痛お察し致します。

お義母様の転院については、ご本人の希望もあるかと思いますが、在宅療養については、ケアマネさんにはケアプランを立てていただいては? 介護認定待ちでも対応してくれます。介護施設についても、病院にもソーシャルワーカーさんがご相談に応じてくれます。
ホスピスも通常数カ月待ちですので、今のうち手配されれば、いざというときに心強いかと思います。

ご心労は尽きないと思いますが、くれぐれもご自愛くださいね。

195 名前: なお◆MeiFiwsU 投稿日:2005/06/10(金) 15:44
次男の嫁さん、色々と複雑で大変そうですね。
でもあなたの優しさは、きっとお母様や周りの家族にも伝わると思いますよ。

「夏まではもたないだろう」と言われての退院ですから、ひとり暮らしは心配ですね。
急変や・痛み・身の回りの事が一人で出来なくなった時などを考えると、本当は転院の方が良いのかもしれませんが、本人が退院を心待ちにされているとなると・・・。

mikaさんのアドバイスに加えて、いざという時に入院させてくれる病院や、往診に来て下さる開業医を探しておかれるといいと思います。
頑張って下さいね。

196 名前: 次男の嫁 投稿日:2005/06/11(土) 17:47
アドバイス ありがとうございました いろいろ愚痴はでますが
自分が出来る事から やろうと思います。
ありがとうございました。

197 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2005/06/14(火) 10:51
次男の嫁さん、はじめまして。
お姉さん(長女)がヘルパーをなさっているのなら、その事務所に依頼してお姉さんに担当してもらうって訳にはいかないですか?
お近くじゃないと無理なのかな?
友人は、父親の介護をそのようにしてました。

198 名前: 次男の嫁 投稿日:2005/06/15(水) 09:58
>197さん ありがとうございます。
そのとうりなのですが、相変わらず知らん顔で、私が連絡しても無視されます。
携帯の番号を言ってなかったのでそっちから連絡をしたのですが、声を聞いて切られました。
私の事を、押し付けがましいそうです。そんな状態で頼むのは
ちょっと無理があり、いままでもそうでした。
とりあえず今は市役所から介護認定も済みケアマネージャーセンターで医療保険の方も
使えそうです。長女は母の家から5分もかからない所に住んでいるのですが
正直そんな人がヘルパーの仕事をしていいのかと問いたい気分です

199 名前: 親不孝な17の一児の母 投稿日:2005/06/19(日) 17:36
私の母は去年の5月に転移性の肝臓癌の末期と診断され、今までに何度も入退院を繰り返してきました。
それまでに最近出たという8種類の抗がん剤を使ってきましたが、効果が出るのははじめだけで副作用の方が強くでるようになってしまいました。
(手足の痺れや舌の感覚の麻痺、貧血etc…)
今現在は全く治療をしていない状態です。そのため、腹水でお腹はまるで妊娠さんのようになり、足はむくみでぱんぱんになってしまい、ベッドから起き上がることや立ち上がるなどもとてもひどそうです。
先日、主治医の先生から抗がん剤の治療を続けて副作用で体調を崩しているよりも、自宅へ戻ってのホスピスにしたらどうかという本人を交えて話をされ、本人の自宅へ戻りたいという希望から自宅でのホスピスということになりました。

母はすっかり落ち込んでしまい、元気をなくしてしまいました。
こういう時に家族は、母に対してどのよぅに接したり、支えたりしたらいいのかわかりません…。

200 名前: 通りすがり 投稿日:2005/06/19(日) 23:04
親不孝な17の一児の母さん

ご自宅に戻られたら、お母様の好きなものを食べさせてあげたり、できるだけそばにいて話をしたり、できる範囲で頑張ってみてはいかがですか? お母様にとって、ご家族の支えが何よりだと思います。

うちの母も末期ですが、近々在宅療養がはじまります。今は母と家族、友人の写真をいっぱい撮っています。母の笑顔を少しでも多く残しておきたいから・・・。きっと宝物になると思います。



  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]