がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査
レス数が200を超えています。残念ながら全部は表示しません。
続ける場合は、新しいスレッドを作成してください

癌掲示板..>バイオラバー

1 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/01/05(木) 01:19
かなり高価なものですが、これを使った方おられますか。
「がん医療のスキマ30の可能性」という本に少し紹介されていました。

2 名前: M 投稿日:2006/01/09(月) 22:21
家族が使用中です。マットタイプのものを購入し、寝る時は布団の上の敷いて日中は身体に巻きつけています。
効果が目に見えるものではないのではっきりとは分かりませんが、
「効果が出てくる」と言われている使用から3週間あたり経った頃に腫瘍マーカーがグンと下がりました。

米国腫瘍学会でも、癌に効果があると認められているものなので信用しています。。

3 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/01/10(火) 02:51
1さん。私も同じ本を読みました。
現在、検査で特定できる癌巣はありません(手術と放射線です)ので、
癌に対する効果については、なにも言えませんが…。
枕に置くタイプを購入してみました。
今まで、朝までに一度か二度、トイレに起きていたのが、なくなりました。
熟睡できて気持ちがいいです。
起床中は、手術の跡にシャツの上からあてています。
こちらの方は効果らしい効果は、まだ(5日ぐらい)感じませんが、
当てている箇所がとても暖かくて、寒風にさらされて術跡が痛むことが
ありません。使い捨てカイロほど熱くならないので快適です。

ネットで応援サイトがあり、製造元などへのリンクもありましたので
お知らせします。
http://www.asakusakid.com/bio-rubber/

4 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/01/19(木) 23:45
2さん。米国腫瘍学会で認められていることについて
以下に載っていますね。
http://www.yamamoto-bio.com/yamamoto_j/New050513.pdf
親類ががんになってはじめてバイオラバーというものを知りました。
検討してみたいと思います。





5 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/05/31(水) 03:28
私がバイオラバーに注目したのは、以下の記事でした。

【がん細胞抑制に効果、山本化学工業が全身サイズのマット発売 
             FujiSankei Business i. 2005/6/10
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/art-20050609222504-EHMHPKFQDG.nwc

 複合特殊ゴム素材メーカーの山本化学工業(大阪市生野区)は9日、
全身サイズの「バイオラバーマット」を15日に発売すると発表した。

5月の米国臨床腫瘍(しゆよう)学会(米国ガン治療学会、ASCO)で
がん抑制効果を正式承認されたことから、販売に踏み切る。

 夏以降、米国で臨床試験を実施し、
年内にもFDAによる医療器具としての認可を受け、
日本でも来年以降に厚生労働省の認可取得を目指す。

 がん患者がマット上に横たわり間接的にがん細胞と接触することで、
がん細胞が弱体化する。
米国政府の公認機関、DNAマイクロアレイが繰り返し検査した結果、
同じ効果が確認され、米国フロリダ州で5月に開催されたASCOで正式承認された。

 次世代抗がん剤として注目されている酪酸ナトリウムとこのマットとの併用で、
 2-3倍のがん細胞抑制(死滅)効果があることが実証されている。

この製品は5年前に販売開始以来、国内でもがん患者や医療機関を中心に需要が拡大し、
2005年2月期の売上高は前期比2.2倍の11億円で、今期は20億円以上を目指す。】


マットの上に寝るだけなら、臨床試験なんて堅苦しいことでなく、
使用した患者からの声があってもよさそうに思うのですが。
使ってみた方、もっといらっしゃいませんか?

6 名前: 肺外科医 投稿日:2006/07/01(土) 10:56
去年のASCOの話ですね。

>がん患者がマット上に横たわり間接的にがん細胞と接触
>することで、がん細胞が弱体化する。
>米国政府の公認機関、DNAマイクロアレイが繰り返し
>検査した結果、同じ効果が確認され、米国フロリダ州で
>5月に開催されたASCOで正式承認された。

がん患者の研究なんかじゃ全然ないんですけど。前立腺
癌の培養細胞が相手で、培養フラスコをこのラバーで3
週間挟んでおいたら、アポトーシスが見られて、細胞の
増殖が抑制されましたってだけですよ。その研究が
(きちんとした科学的手続きにのっとって行なわれ、
一定の成果があったようだ、ということで)ASCOの年次
総会で発表してよいということになっただけで、人間での
効果が「正式承認」されたということではありません。

培養がん細胞におけるこのような効果はさまざまな物質、
方法で認められることで、ここから実際の患者さんで
役立つと認められて実際に使われるようになるまでには
ものすごい距離があるのです。

7 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/07/01(土) 11:18
>>6
>培養がん細胞におけるこのような効果はさまざまな物質、
>方法で認められることで、ここから実際の患者さんで
>役立つと認められて実際に使われるようになるまでには
>ものすごい距離があるのです。

同感です。
「千里の道も一歩から」と言いますが、
最初の一歩だけで商品化されている代替療法が数多くあるのでは?
二歩目、三歩目すら疑問の段階だと思います。


8 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/08/22(火) 04:14
はじめまして。
私も先日 父が肝臓がんで余命半年と宣告され
MIXIやこういった医療系のサイトで代替療法を探しております。

アガリクス、プロポリスの他、これも試してみたいと思うのですが
なにぶん情報がすくないもので.....

もうちょっと情報が欲しいですね。

9 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/09/02(土) 20:38
浅草キッドの水道橋博士の本「博士の異常な健康」にとても詳しくバイオラバーのことが紹介されています。
健康オタクの博士が実際に試した健康グッズなどについて書いている本で、最初わたくしは薄毛(笑)の項目に興味があって読みはじめたのですが、バイオラバーの項目がとても興味深く、現在実際に購入しようかと検討しております。
少なくともいろいろと出回っている怪しい商品とは全く違うということはわかりました。

10 名前: めろん 投稿日:2006/09/02(土) 23:29
以前にバイオラバーを購入しました。精神的ショックが原因で
夜中に何度もトイレに目覚め、眠りが浅かったのが
確かに改善しました。ただ、昨年人生最大のショックが起こった時には効き目がありませんでした。
でも、私はバイオラバーはインチキだとは思っていません。

11 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/09/24(日) 09:25
>>9
浅草キッドの水道橋博士の本「博士の異常な健康」にある
プロテイン入りシャンプーは、すでにブログなどで批判が出ていますね。
博士も実は剃っていて本当のハゲではなかったとか。

バイオラバーも、本当なら大いに期待したいのですが、
博士はヒトの胎盤エキスも同時に使っていて、どっちが効いたのかはわからないと
すでに断っています。
それに、バイオラバーは高額ですが、同じような材質のものが、
ずっと安い値段で出ているのも気になるところです。
http://www.orgahexa.net/
こちらも実際の病院で臨床例が発表されていますね。
(エビデンス云々というほどの量も質も満たしていませんが)

私はヒトの胎盤エキスはちょっと試す気になれないので、博士の体験談は
バイオラバーによるものであってほしいとは思うのですが、使ってみて自分で試さないと
わからないでしょうね。そのお金が惜しいと思ったら、やめるしかないです。

12 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/11/06(月) 11:22
詳しい説明が ここにあったので 買いました
http://www.eonet.ne.jp/~shoubai-hanjou/BAIO.html
私の腰痛が治るか これから試して また報告致します。


13 名前: 名無しさん@? 投稿日:2006/12/09(土) 01:28
>>12
「ガンに効く」と書いてあるのはまずいよ。
http://blog.mag2.com/m/log/0000005665/



14 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/09/02(日) 18:57
日本癌学会に正式に認められる予定なんだとさ。

15 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/09/03(月) 12:40
末期がんの母に利用を薦めようか検討しています
がん治療で利用中の方がいらっしゃいましたらいろいろと教えて頂けませんか?

16 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/09/14(金) 21:44
来月、日本の癌学会で確かに認められるみたいですね。

酪酸ナトリウムの兼用も試してみたいと思います。

17 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/09/16(日) 11:54
薬などの認定をするのは、国(厚生労働省)であり
「日本癌学会が認める」ということはありえません。

例えば、日本癌学会で「発表」の間違いでしょうか。
「発表」=「認められた」には全くなりませんし、
さらに、その発表がポスターセッションならば
ほとんど意味がありません。

もしも、業者が「日本癌学会に正式に認められる予定」
といっているのであれば、それだけでイカガワシイもの
と判断出来ます。

18 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/10/05(金) 14:14
11月号の『夢21』という雑誌にがん退治力ありと学会て認められたとありましたが…

19 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/10/05(金) 16:17
夢21!? 
その時点で、だめだめ。
表紙に患者家族を誘惑する文章があり、
結局、ここにしかない物、治療法を推奨するを「バイブル本、バイブル雑誌」といいます。
バックナンバーをあたるだけで、どいう雑誌かわかる筈ですよ

本気で助かりたいなら下記に属してる雑誌をあたる事です。
 http://www.medbooks.or.jp/

20 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/10/05(金) 22:43
でもNHKでもバイオラバー取り上げられたみたいですけどね。

21 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/10/09(火) 23:37
日本癌学会で発表されるってことのようですが、いつなんでしょう?
出来ればそちらを確認してから購入しようかと思っているのですが…
自分なりに調べても手掛かりなく…
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい

22 名前: 肺がんの家族 投稿日:2007/10/19(金) 12:57
通りすがりで申し訳ありませんが。少し情報を整理されたら・・・と思い書き込みます。丸山ワクチンの位置づけは「名無しさん@?」の通りです。結核菌や溶連菌製剤は抗がん剤としてイムノブラダーやピシバニールとして病院で使われ、抗がん剤としての扱いは受けていないもののアンサー(丸山ワクチンそのもの)も使われています。いずれも他化学療法と組み合わせて、です。副作用の心配なく、未承認がゆえに月数千円の負担で行える丸山ワクチンの選択は「あり」です。ただし、これだけに頼るのは無理があります。化学療法や代替療法(ほとんど石ころしか見つかりませんが)と併用されるのがよいと思います。ついでに学会発表について。学会発表の信頼性は、大規模な試験か、権威ある団体からの発表か、多数の報告があるかなどを検討して下さい。一論文で「使うか」考えないで下さい。世界から「アブラナ科植物」の論文を集めてみて下さい。多数の発表があるはずです。

23 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/11/12(月) 20:34
バイオラバーがなんたらって、バイブル雑誌が特集してた。
で読んだけど、結局、「ねずみ」「細胞」レベルの話。
後半は相変わらずの「体験談」。

日本癌学会などで発表される他の大多数の治療法を行うべき
ミカンの産地は、ミカンが効いた。
お茶の産地は、緑茶が効いた。
リンゴの産地はリンゴが効いた。

毎年、なんかしら出てくる奇異な発表の一つ。
まして口にするものには、昨今の風潮としてウルサイから、こういう物品系の報道にはしる。

24 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/11/17(土) 14:50
私も読みました。
表紙に「学会が!」と大きく記載されていたにも関わらず、言われるとおりネズミの話であり大半が体験談でした。
勉強になります。ありがとうございました。

25 名前: 名無しさん@? 投稿日:2007/11/26(月) 13:37
どこかの大学教授が 日本癌学会、日本癌治療学会で発表したのは 
マウスと人でと 書いていた様に 記憶しています。
何を読んだ時かは 記憶にないですが・・・

26 名前: 唳 投稿日:2008/05/15(木) 21:44
私も父が食道ガン末期でバイオラバーを買おうか考え中です。医師には反対されてて、つかうならほかの病院にいってくれ!といわれてますが…同じように医師に反対されてたけど使った方いましたら詳しく教えてください!

27 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/15(木) 23:17
あまり主治医を困らせないで。
バイオラバーで検索して、どこも同じような記事、ネタで同じ商品でしょ。
それは代理店契約か、ネットワークビジネスの会員とかの1つの思想集団。

内容が何処も同じのは、、販売セミナーで配られたパンフレット見てるからだよ。
まともなら、酷評もあれば、別説もある。

つかうなら、販売元に「使える病院」を紹介してもらって、もしもの時は責任を取らせるくらいの覚悟が必要ですよ。 
販売元は、責任を取れないから、病院や日本の医療事情を批判するだけでしょうけど、、


28 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/21(水) 21:10
ウチは入院中でも使いましたよ。何か飲むわけじゃないし医師に確認もしませんでした。病変がある人はただのっけておくだけじゃなくてこすって使ったほうがいいと聞きました。ツボもあるみたいですよ。ウチはいい加減に使っているだけでしたが。体が温まるし私自身はお薦めだと思います。ちなみに私は完治して健康ですよ。

29 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/22(木) 07:42
あのさ、、
オリンピックの水泳の水着で、話題になってるんですよ。
水泳の水着で癌が治るって?

30 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/22(木) 08:57
>>28

通常のがん治療が奏効してよかったですね。
まあ、毒にも薬にもならないものだとは思うので、お金に余裕がある方は気休めとして使われたらいいんじゃないでしょうか。
ただし、あくまでも気休めにね。治療はちゃんと続けましょう。でないと治るものも治りませんから。
(しかし、山本化学工業株式会社のホームページをみてみましたが、あんなゴムのマットで体を挟んだら、そりゃ体温も上がるわなあ。どんなゴムだって汗だくですよ)


31 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/22(木) 18:13
岩盤浴ブームからの1つの流れでしょう。

32 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/23(金) 07:56
そーですか…もしも使ってなんかあったら…って不安があったんですよ。そんなの使ってみなきゃ人それぞれわかんないですよね。

33 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/23(金) 10:31
>そんなの使ってみなきゃ人それぞれわかんないですよね

使わなくても判るでしょう。
「磁石の入った腹巻」「毛布」「布団」の再来です。
「なんかがあったら」ではなくて、「良くて何もない」です。
効果があるのであれば、ちゃんとした数値で示されます。

34 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/23(金) 12:43
>>32

>そんなの使ってみなきゃ人それぞれわかんないですよね。

って、同意を求められても、そんなこと言っている人は、ここには一人もいませんが・・・

35 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/24(土) 07:17
>そんなの使ってみなきゃ人それぞれわかんないですよね

たしかにそうですね。
近所の神社のお札に効果があるかどうかはやってみなければわかりません。
近所の神社のお札に効果が無くとも、隣町の神社のお札に効果があるかどうか、これもやってみなければわかりません。
お札はだめでも、お祓いならばどうか、これもやってみなければわかりません。
また、私にあなたの全財産を払えば効果があるかもしれません。これならば、是非とも試していただきたいですがね。

36 名前: テンテン 投稿日:2008/05/26(月) 21:55
バイオラバーは、効くのでしょうか?
実際、家族や身近な人がガンと聞けば、
「米国臨床腫瘍(しゆよう)学会(米国ガン治療学会、ASCO)で
がん抑制効果を正式承認」などと書かれれば信じたくなります。
実際に、使われている方が声を聞かせてください。

37 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/27(火) 08:40
>>36

前の方のレスでもいくつか指摘されていますが、学会は治験薬又は医療機器を承認する機関ではありません。

バイオラバー云々以前に、「米国臨床腫瘍(しゆよう)学会(米国ガン治療学会、ASCO)で
がん抑制効果を正式承認」という文章は、100%間違っています。

なお、承認というのは、その治験薬又は医療機器を製造販売していいというお墨付きを与えるものですが、これは各国で異なる機関が担当しています。
日本であれば総合機構、米国ならFDAというようにです。

38 名前: <削除> 投稿日:2008/05/28(水) 22:32
<削除>

39 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/29(木) 18:19
今、水泳界で話題になってる「タコヤキラバー」で作った水着。
タイムが三秒縮んだ、ってニュースでやってる。

この「タコヤキラバー」のメーカーも山本化学ですね。
うーん。技術力は確かなメーカーなのか?

40 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/29(木) 20:03
タイムが三秒縮んで、癌が無くなるなんて!
♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!! 

 笑い

41 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/31(土) 11:28
本当にバイオラバーの実績や赤外線量の多さなどの情報を知って書き込みをしているのか分かりませんが、かなりの実績を上げている商品です。
最初は私もこんなゴムと思いましたが、使った方の話を聞き、その効果を実感しました。
私は展示会等で出品商品の販売をする店ですが、販売し始めて2年以上経ちますが実際に胃の切除手術を行なわれたお客様もただいま使用されて約1年になりますが、実際食欲も増し極端な冷え性も少しですが解消されたと言われ、とても感謝されました。
他にも腰痛の方が使われて遠赤外線の効果で腰痛の痛みが和らいだというお客様も数人おられます。
ここの書き込みにも多いですが、温かく良いと書いてある方とゴムだから温かくなって当たり前と言う方とおられますが、
最大の違いは、使用してある方(温かくて気持がいい)・使用してなくて偏見だけでの方(ゴムだから温かくて当たり前
)と言う大きな違いがあります。
私も使用されたすべての方が治るとは思いませんが、本当に私の販売した商品でがんを治せたという実績を出したいなと思います。
この商品はかなりの方が良い実感をされておりますので、高額な商品ですが特にがんの方には使用して実績を上げて頂き意見を聞かせて頂きたいと思います。
ちなみに、胃の切除のおばあちゃんは調子が良くなってきたので、薬の量を減らしておりますし担当の医師の方も出す、くすりはかわらないのに数値がいいので何かしていませんかと聞かれたぐらいだそうです。
このような方が今後も増えていくことを望みます。

42 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/31(土) 14:26
>41
体が温まるからどうしたの。
ここは、冷え性の掲示板ではなく、癌掲示板なんですが。

>本当に私の販売した商品でがんを治せたという実績を出したいなと思います。

販売する前に、きちんとがんに効くというデーターを確認しないと、ただの悪徳業者だからね。

ちなみに、がんに効くというのは、試験管などの中のガン細胞を抑制するだめけでは無意味です。
さらに、次の段階のネズミなどでの実験で効いてすらも、実際の人で効くのは1/10以下にすぎません。
つまり、きちんとした人に対するデーターが必要です。

なお、この商品は、実験管レベルの一研究結果について「学会で発表することを認められた」だけで
あたかも、それに治療効果があることが学会で認められた(治療効果がある)がごときことを
信じさせようとしていると見えます。

意図があったことを証明することは困難ですが、もしそうであるならば、一種の詐欺
(積極的に嘘をつかなくとも、相手が騙されるように意図的に話しなどをするのは詐欺に入ります)
ですから、41の業者さんは犯罪を犯さないようにご留意ください。

ついでに、胃ガン手術から時間がたてば、食欲が増してくることは当たり前です。
(これが体験談のこわいところです。バイオラバー以外の効果であるとしても、それは表にでてきません。)
41の業者さんにおかれましては、このようなことを熟知されて、健全な商売を続けていかれますように。

43 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/31(土) 16:04
>>41

貴重な投稿ありがとうございます

>本当に私の販売した商品でがんを治せたという実績を出したいなと思います
>すべての方が治るとは思いませんが

なんだそれ!?
思う/思うわないじゃないだろ? 何%に効果があるか根拠すらないって事かよ
科学的な根拠が無い代物を販売してるって事だぞ
サランラップや普通の腹巻と何が違うんだ? 
数千円の代物と何が違う? 
岩盤浴ブームに便乗したバッタもんだわ。詐欺だろ?

人として恥ずかしくないか? 

44 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/05/31(土) 18:38
この商品、やっぱり駄目ジャン。
過去何度も出てきている薬事法違反で逮捕された商品や詐欺商品と
全く同じセールストーク。



45 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/02(月) 09:13
つ>>41

>最大の違いは、使用してある方(温かくて気持がいい)・使用してなくて偏見だけでの方(ゴムだから温かくて当たり前
)と言う大きな違いがあります。

違いでもなんでもないですね。後者は前者の「使用感」を的確に解釈しているだけです。

「文句があるなら使ってみろ」ですか?
金運財布を売っている業者も同じこと言いそうですね。

まあ、「赤外線量の多さ」などという表現をする時点で基本的な部分が解っていないか騙されているかのどちらかですから、基礎の物理の教科書をお読みになることをお勧めします。

46 名前: マコモ 投稿日:2008/06/03(火) 22:55
私自身、体にガンを持っていますが、患部がかすかに痛む日が時々あり、
そんなときはバイオラバーマットで2時間、患部をこすると痛みがなくなります。


47 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/04(水) 07:25
>46

>バイオラバーマットで2時間、患部をこすると痛みがなくなります。

パイオラバーでなくとも2時間もこすれば、痛みがなくなっても不思議ではないですね。

>私自身、体にガンを持っていますが、患部がかすかに痛む

がんの場所によっても異なるのでしょうが、「患部が痛む」とはあまり聞きませんが、
本物の患者さんだったら、お体をお大事にしてください。

48 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/04(水) 09:01
>>47

患部が痛むことは往々にしてあるとは思いますが(術創などがあれば特に。無くても骨転移なんかは「患部」が痛いと思います)、かすかな痛みなら、2時間もすれば消えていきそうですね。

>>46

マコモさんにお願いですが、本当にかすかな痛みならバイオラバーマットでこするのと、タオルでこするのとを比較してみてください。何もしないで2時間ていうのも入れていただけるとなお良いです。
比較していただけたらご報告をお待ちしております。

49 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/04(水) 16:22
バイオラバー使用経験者です。

以前の検診で甲状線種(良性)が見つかりました。
見てもわからないほどの大きさでした。
3年間検査(エコー、及び細胞診)をしても
ほとんど大きさが変わらず、良性のままでしたので、
医者からも「異常を感じたら来院して」と、
診察の終了宣告をされました。

それでも、一度できた線種が小さくなるわけではないので、
母が、「良性だろうが腫瘍であることに変わりはないから」と、
自分が信じているバイオラバーを半強制的に
「首に(主に甲状腺あたりの部位)つけて寝ろ」と。

というわけで、つけてみました。
確かに体が暖かくなるような。。。。

でも、それって、えりまきみたいなもので、
首につければ当然暖かくなると思うから、
実際のところ、バイオアラバーのせいかは不明。

甲状線種の方はというと、
それまで上記のように変化無しだったのが、
バイオラバーをつけた頃から、急に大きくなって、
診察終了からわずか1年の間に二廻りほど大きくなってしましました。
今では、鏡で見ても膨らんでいるのがわかるくらいです。

すぐに診察に行きましたが、私の事情で手術をしないことに決めましたし、
医者も悪性ではないので、強いて手術を勧めませんでした。

もしかして、バイオアラバーのせい???
と思い、母の反対を押し切って、今ではつけていません。
その後、腫瘍の肥大は止まっています。

急に大きくなったのがバイオアラバーのせいなのかは、
わかりません。

悪性腫瘍である癌が消える?無くなる? というものなら、
逆に良性腫瘍であったために、
線種を育ててしまったのかも・・とも思っています。

母はいまだに固く信じていて、腰痛用に腰に当てていますが、
科学的に癌が消えると証明されたわけではなさそうですし、
説明を読んでもイマイチ納得できません。

私個人は母が勧めようと二度と使用するつもりはありません。



信じる人は使用すればいいと思います。



50 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/04(水) 19:37
>48

47です。

術後の傷が痛むのも、骨転移で痛みが出るのも、あるいは、腫瘤が神経を圧迫して
痛みが出ることがあるのも知っています。

ただ、患者さんの投稿、ブログなど、いろいろと見ましたが、手術の跡が痛い、とか、
骨転移が痛い、あるいは、腰(とか上腹部などなど)が痛いという表現はよく見ますが、
「患部」が痛いなどというのは、初めて見た「表現」だったものですから。
(ついでに言えば、「体にガンを持っています」というのも見たことがない「表現」ですね。)

51 名前: マコモ 投稿日:2008/06/07(土) 22:41
>48
比較してみるつもりで、まず衣服の上から、こすってみました。
(こする場所はいつも同じにして、時計回りに円をえがくようにしてこすりました。)
15分後、痛みは変わらないのですが、寒気がしてきたので、やめて
バイオラバーで15分こすったら体がホカホカしてきました。
不快な痛みは少しやわらかくなりました。
その後、38度くらいの熱が出ました。
少し熱が下がったくらいの頃に、ウール製のタオルケットを巻いてこすりました。
10分後に痛みがやや強くなったので、慌ててバイオラバーを巻いて2時間ほどこすりました。
痛みは軽減されました。
痛みが結構しぶとくて、バイオラバーだけで完全に痛みがなくなるということはなかったですが、
しぶとい痛みでもバイオラバーだけで痛みは軽減されるということはわかりました。
以前はかすかな痛みだったので、バイオラバーだけで痛みは消えていました。
今は以前よりも痛み方がやや強くなっているようです。
そして、痛みがあるときはバイオラバーだけでなく、体に良い色々なことをやって、
その相乗効果で痛みをなくしています。
なので、今はどれが痛みをなくしているのか、わからなくなっていた所でした。
今回のことでバイオラバーだけでも確かに効果があるとわかって、よかったです。

これは、実験ともいえないスキだらけのものですし、私自身が感じたことですので、
万人の方に当てはまるかどうかは、わからないですが、
なにかの参考になることができれば幸いです。


52 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/08(日) 02:04
ヨコですが。
>50
日本では「私は癌です」って言いますね。
でも、その表現は自分自身が癌だ、と言ってるみたいで非常に嫌です。

Ihave Cancer、私は癌を持っています、じゃいけないんでしょうか?

53 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/08(日) 07:27
>52
良否については言っていません。
「見たことがない「表現」」と言っているだけです。
ちなみに、「私は癌です」というのは比較的少ないですし、どちらか
といえば初心者の患者さんに多いようです。
「(○○がん)患者です」ないし「○○がんの患者です」というのが
一番多いようです。
(以上は、私の受けている「感じ」に過ぎませんが。)

そして、なりすましの方の投稿には、このようなどこか
耳慣れない「表現」が含まれていることがよくありますので
「疑い」(←断定ではありません)の気持ちを含めています。

54 名前: マコモ 投稿日:2008/06/09(月) 21:20
私は、なりすましではありません。
でも患者という意識は持ちたくないですし。
がん細胞の大きなかたまりと共存しているといえばよいでしょうか。
ますます、なじみにくい表現になってますね…。

55 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/10(火) 05:37
>54
そうであれば、なりすましとの疑いについては申し訳ありませんでした。

56 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/10(火) 21:56
バイオラバーについて、効果があった方書き込みしてください。
購入を迷ってます。お願いします。

57 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/11(水) 08:43
>>56

「効果があった」っていう書き込みがあったら信用して買っちゃうの?
それではインチキ商品のいいカモですよ。

迷ってるんなら止めといた方がいいと思います。
効果に疑問があったらまず効きません。

58 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/11(水) 18:55
>>56
*********************************************
健康・機能食品等々の商業目的の書き込み、
健康・機能食品・代替医療の類を
宣伝、挑発する書き込みは禁止します
*********************************************

頭の中では結論が出ているのでしょう。
業者に連絡を取れば、あなたの望む答えが得られるでしょう。

「答え」を探すような行為は、既に「信心」です。

59 名前: <削除> 投稿日:2008/06/25(水) 22:57
<削除>

60 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/28(土) 02:25
バイオラバーてインチキだったんですね 是非買いたいと思います

61 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/28(土) 02:58
インチキ買ってどうするの?それで誰かを騙すの??

62 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/29(日) 00:14
大学で研究しているようです。

ゴム素材、がん増殖抑制 兵庫医科大発見 
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001179002.shtml

兵庫医科大の島博基教授(泌尿器科学)の研究チームは二十七日、
ウエットスーツのゴム素材から放射される遠赤外線に、
前立腺がん細胞の増殖スピードを抑える効果があることを
動物実験などで突き止めたと発表した。
論文は二十三日付の米科学誌「ネイチャープリシーディングス」(電子版)
に掲載された。

 ゴム素材は活性型ゴム・レジン(RB)で、
遠赤外線で生体の温度を〇・三六度上げる効果があるという。
これを三種類の前立腺がん細胞に当て、八日間培養したところ、
細胞数は約二-三倍に増えたが、増殖率はRBを当てなかった細胞(約四-九倍)
よりも低かった。
さらに、ヒトの腸管内にある物質「酪酸ナトリウム」を低濃度でRBと併用すると、
いずれの細胞も死滅した。

 また、前立腺がん細胞を植え付けたマウスを、RBで囲んだおりと、
RBのないおりで飼育した実験でも、RBのおりのマウスで増殖スピードが抑制された。

 島教授は「実験成果は、理論的にすべてのがん細胞に有効。
副作用のない治療の確立へ、臨床応用も検討したい」と話している。

63 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/29(日) 07:46
「Nature Precedings」に行って見たら、発表前ないし予備段階
(pre-publication research and preliminary findings)の
発表の場にすぎず、掲載についてはチェックはしているが、厳しい
ものではない(ピアレビューは課していない)ことが明記されている。
(つまり、一人前の発表ではない)

そして、内容は、ペレット皿で培養した前立腺細胞がんの話であって
産経記事にあるような、生きたネズミではまったくない。
(研究者側が誤解を与えたのか、記者が間違ったのかは知らないが)

ペレット皿周りの温度環境がどうなっていたかは、発表からはわからないが
ペレット皿の表面の温度が0.36℃高くなっても不思議ではない。

遺伝子が活性化うんぬんの部分は専門的すぎて理解不能であったが、少なくとも、
「バイオラバー臨床応用か」などというものではない。

しかし、「Nature Precedings」に発表などというレベルのものを
わざわざマスコミに流すとは兵庫医科大学のレベルがしれる。
=====================================================

新聞を含むマスコミは、不正確な記事を書くことがよくあります。
できる限り、モトネタを確認するようにしましょう。

64 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/29(日) 12:19
梅干で癌が~、緑茶で~ と毎年出てくる、一発ネタでしょうか。
これで発表が終われば、その程度のモノとなるでしょう。



65 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/06/30(月) 08:55
シャーレの温度上げるのに、ゴム使う必要はないよね。
恒温機の設定をいじるだけ。論文は読んでないけど、対照群を40℃ぐらいにして、ゴム群を40.36℃とかにしたら、このくらいの増殖スピードの差は出るかもね。

66 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/01(火) 00:46
まあ、研究が継続されるのなら、その結果待ちというところですが。

ただ温度を上げるだけなら、なにもバイオラバーでなくても
使い捨てカイロでも十分高温になるんじゃないだろうか?と思ってしまうが、
カイロで体表温度だけ上げても癌には届かないんだろうな。
単に温度の問題じゃなくて、遠赤外線というところがミソなんだろうか?

67 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/02(水) 10:43
>>66

遠赤外線だからといって、都合よくがん細胞のみに熱が伝わる可能性はほとんど無いです。
そもそも、遠赤外線って、体の奥深くまで伝わるものじゃないですし。

68 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/03(木) 14:28
山本化学工業、医療具としての認可をFDAに申請。
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080702/biz0807021929017-n1.htm

特殊合成ゴムメーカーの山本化学工業は2日、健康用特殊素材「バイオラバーメディカル」を、
がん抑制に効果のある医療具としての認可に向け、米国FDAに申請したことを明らかにした。
認可取得後は日本でも同様の手続きを進めるとしている。

 「バイオラバーメディカル」は高純度の石灰石に、貴金属や炭素などを混合して製造する。
ミクロ単位の細かな気泡を内包し、微弱な遠赤外線を放射するため保温性が高く、
体温を恒常的に0・36度上昇させる機能がある。

 この機能に着目した兵庫医科大学の島博基教授が、がん細胞の増殖を抑制する効果について、
マウスを使って実験したところ、がん細胞アポトーシスを促す遺伝子が活性化し、がん細胞が減少。
抗がん剤と併用することで、細胞が死滅することを確認したという。

 同社は装着するだけで、副作用を心配せずにがんの治療が可能な、
新しい素材としての普及を図りたいと考えており、
関心を持つ世界中の研究者に同素材を無償提供するとしている。

 同素材は現在、健康用特殊素材として日本、米国など6カ国で販売しており、
売上高は年間約15億円。

69 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/03(木) 14:56
>>68

無茶苦茶ですな。

マウスの結果でFDA申請って・・・

70 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/03(木) 20:19
>69

申請するのは自由ですから・・・

なお、論文?を確認した範囲では、「マウスの結果」のような
立派なものではなく、「ペレット皿で培養した前立腺細胞がん」
のようですよ。

71 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/10(木) 03:19
これ、バイオラバーのことですよね?

週刊ポスト(2008年7月18日号)
藤原紀香も愛用!「がんが消えるベスト」の英科学誌<発表>論文

島博基・兵庫医科大学教授、山本富造社長、藤原紀香 他

72 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/10(木) 09:07
100%全額自己負担&自己責任のお国柄ですし、FDAなら通るのではないでしょうか。
ただ、申請の段階や、評価の定まらない段階での>>71の記事は
オリンピックの水着騒動に便乗した週刊誌の戦略でしょう。

磁気腹巻きの再来に思えてなりません

73 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/10(木) 13:05
>磁気腹巻きの再来に思えてなりません
そう!お金の余裕がある人で、「高級腹巻き」を買った程度のものだと思いますが。
まぁ、これから暑くなるというのに腹巻きで温め、マットで温めなんて、
愛用してる方も、これから愛用する方も、お疲れさまです。

74 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/10(木) 13:25
>>71

藤原紀香さんってがんだったんですか!?

ってそんな訳ねえ~
意味ねえ~

75 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/10(木) 13:27
>>72

>100%全額自己負担&自己責任のお国柄ですし、

これ、単純に間違いですよ。もう少し最近の米国薬事行政等をお勉強された方が・・・

76 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/10(木) 16:48
日本の水泳選手には愛用されなかったし、話題づくりでしょう。
週刊誌ネタです。
来月、来年は違う商品で「がんが~~」ですよ

77 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/24(木) 23:54
未承認抗がん剤の情報等で有名な「がん患者のあきらめない診察室」にて、
バイオラバー装着の参加者を募集しています。
装着できない頭部を除き、多くの癌が募集の対象となりますが、自腹です。
もちろん効果があることを認めたからではなく、それを確認するためのもの
ですから誤解無きように。

相手方にご迷惑をかけそうなのでリンクは貼りません。
掲載場所は下記のとおりです。

がん患者のあきらめない診察室>緊急レポート>活性化ゴム、バイオラバーは温熱療法を超えることができるか?

78 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/25(金) 08:56
何してんだろうね。
「遠赤外線」は与えられた熱に応じて出るもので、外から熱を加えなかったら、その温度に見合った遠赤外線が放射されるだけです。
温熱治療よりも費用が安いみたいに書いてあるけど、当たり前でしょ。ゴムなんだから。それでも16万もするんですよ。どこが安いんだか。
仮にバイオラバーに何らかの効果があるとしても、それは「遠赤外線」の効果ではありません。
どうして正直に、「理由はまだ良くわかりませんが、試験管内で腫瘍の増殖抑制効果を示しました」って言わないのかねえ。

79 名前: アバ 投稿日:2008/07/27(日) 22:49
バイオラバーについて効果的な表現をすると徹底的にたたかれるのですね。
本当に効果があった人がわざわざ書き込みしないですね。

残念です。
購入を検討されっているひとは買ってください。
そしてこすりまくってください。

体が反応すればそれでいいと思います。


時間があるひとは、
FDA認証され日本で医療器具として認知されるまでまってください。

80 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/27(日) 23:02
↑↑↑
>79 一番醜悪でいやらしい宣伝方法っすね。
最悪だ・・・こんな奴のいうもんにだけは少なくても関わりたくないわ

81 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/28(月) 06:16
>効果的な表現をすると徹底的にたたかれるのですね

当たり前。 
なぜ海外でなく日本で医療器具として承認される道を選ばないのか疑問です。

82 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/07/28(月) 09:29
>>79

試験管内の結果では、FDAはがん治療の効能としての許可は絶対にしませんよ。
別の効能・効果でだったら医療用具として認可される可能性はありますが。

余談ですが、ピップエレキバンも医療用具になっていますね。今だったら考えられないことですが、当時は臨床試験の評価がいい加減だったのですね。

83 名前: 名無しさん 投稿日:2008/08/01(金) 13:47
どなたか、島教授の発表された論文のタイトル、ご存知ありませんか?
PubMedで検索かけても、それらしい論文に当たらないんですよね。
バイオラバー、どうも胡散臭いんですけど、自分で論文よんでから判断したいと思ったのですが、「ネイチャーで発表(記事によっては、Nature Precedingで、とありますが)」という情報だけでは、たどり着けません。
たどり着けない、という事実だけで、たいした事無いってことなんでしょうか;

84 名前: 名無しさん 投稿日:2008/08/01(金) 13:49
83です。
追記ですが、英語の論文でも大丈夫です。ご存知の方、よろしくお願いします。

85 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/08/01(金) 20:16
Nature Precedingsのサイトは
http://precedings.nature.com/
であり

「Documents on Nature Precedings are not peer-reviewed」
http://precedings.nature.com/site/help#what_is_nature_precedings
とされています。(その他、サイト及び掲載ペーパーの性格について
の説明があります。)

それでお尋ねのペーパーは
http://precedings.nature.com/documents/1980/version/1
http://precedings.nature.com/documents/1980/version/1/html
とにあります。

私見としては「たいしたことない」ですが、83さんの感想もお願いします。

86 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/08/02(土) 02:46
https://miranca.com/
博士も知らないニッポンのウラ#32

山本富造さんがゲストで後半にメディカル面でのバイオラバーについて話していますね。
あくまで作り手の話ということを十分踏まえた上でどうぞ。

87 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/08/02(土) 14:28
「博士も知らないニッポンのウラ」を見てここに辿り着きました。
山本社長もおっしゃってましたが、
>>85の論文ではハッキリと「in vitro and in vivo(生体外と生体内)」と
書かれているのですが、>>63の「生きたマウスではない」との情報は
正しいものなのでしょうか?
ヌードマウス(体毛のない実験用マウス)を使った実験は一般的には
ガン細胞を皮下に移植し経過を観察するものであり、
この論文でも、培養した細胞に対する実験のほかにも
ヌードマウスで実験していますよね?

88 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/08/03(日) 07:47
>87

85に原典のペーパーのアドレスがありますから、それを読まれたら
明確にわかるでしょう。
情報の真偽を調べたいならば、可能な限り、二次情報に当たったり、
人に尋ねるのではなく、原典に当たるべきでしょう。
(特に85で原典のアドレスがわかっているのですから。)

もっとも、私は英語を読むと蕁麻疹がでそうになるので、本当に
必要な時以外は遠慮しますが。


89 名前: 87 投稿日:2008/08/03(日) 08:58
もちろん論文を確認しました。
疑問文になったのは、英語や病理学的な知識が完璧ではないので
どなたか十分に読みこなせる知識をお持ちの方に
解説していただければ、と思っていたためです。
生きたマウスの実験であることは再三の「in vivo」との言及、また、
論文の主旨からいって私には間違いないように思えます。

もちろんNature Precedings自体は正式発表ではなく
前発表の場であり、十分に検証されたものとは言えないのでしょうが、
論文の中でも「バイオラバーが必要なら連絡を」と呼びかけているように
検証先を募っているといった感じに見えます。
ですから、私個人は現時点ではバイオラバーは否定も肯定もできず、
これからより広く検証されていくことを希望するだけです。

「博士も知らないニッポンのウラ」を見ればわかると思うのですが
山本化学工業は優良企業ではあるものの、
社員60人の規模としては小さい会社です。
水着問題においても検証してくれといってもその場が与えられずに
苦戦していたり、中小企業ならではの苦労があるようです。
広まらない理由は、バイオラバーではないのですが、
こちら(http://www.taishitsu.or.jp/topics/t0210.html)の
情報も参考になるかもしれません。

こうして書くと山本化学工業を応援しているように
思われるかも知れませんが、私は、
血行がよくなって万病に効くような言い方をしていたり、
飲み物用のバイオラバーで飲み物がおいしくなる、
と謳ったりしている点には大変怪しいものを感じています。

90 名前: 87 投稿日:2008/08/03(日) 10:54
論文をもう一度確認しました。
こちら(http://precedings.nature.com/documents/1980/version/1)の
pdfバージョンのほうが見やすいのでオススメします。
論文はいろいろと前提条件やメカニズムの考察部分は難しいですが、
実験部分の記述はそれほど難しいものではありません。
ヌードマウスの実験は9ページ後半の
「Apoptotic effect of RB on tumor growth in vivo」という項目です。
また、後の実験方法の概説部分、17ページの最後の段落で
ヌードマウスの実験について述べています。
非常に簡単な記載しかありませんが、
それは研究者であればどのような手法であるか、
容易に類推できるからだと思われます。
私は専門家ではないので容易ではありませんが、
英文を素直にとれば、これは
生きたヌードマウスを用いた生体実験ということになります。

91 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/08/05(火) 09:01
>>90

仰るとおり、ヌードマウスを用いて腫瘍増殖抑制効果を確認した実験をしているようですね。
ところで、論文からはどんな実験をしたのかいまいち読み取れない気がしますが(コントロール群の設定とか、バイオラバーの使い方とか)、87さんは読み取れましたか?

92 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/08/05(火) 21:17
前回の書き込みで抜けていたのですが、
ヌードマウスの実験ついての数値データは、
24ページの「Figure 6」に載っていました。
最終ページがその関連図です。

>>91

ご指摘の通り、方法についての記述が不十分な感じがします。
特に17ページの実験方法の記述部分はたった4行しかなく
ほかの実験の説明と比べても、おおざっぱ過ぎる印象です。
正式な論文ではなく、とりあえずの前発表だからなのでしょうか。
山本科学工業のサイトの新着情報に掲載されている
「米国臨床腫瘍学会 承認(PDF)」のほうがまだましで、
飼育ケージの外部にバイオラバーを留置、といった記載がありました。
しかし、どの方面から、どのくらいの距離で
バイオラバーを使ったのかはわかりませんでした。

大学名・実名を明記してデータを堂々と出している以上、
それなりに自信はあると思うのですが…
ほかに検証する研究機関、大学などが出てこないものでしょうか。

93 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/08/06(水) 10:55
>>92

>大学名・実名を明記してデータを堂々と出している以上、
それなりに自信はあると思うのですが…

う~ん、大学といっても、こんな例もあるのでねえ・・・

http://www.soseiworld.co.jp/data/kanazawa11.html

最近は大学も経営難で、産学連携の名の下に怪しい企業のお先棒を担ぐこともありますから、大学だというだけでは残念ながら信用はできません。
(兵庫医大が信頼できないといっているわけではありませんよ。大学だからちゃんとした研究をしているとは限らないって事です。)

94 名前: 87 投稿日:2008/08/06(水) 19:15
>>93さん

私は全面的に信用しているわけではありませんよ。
といってもある程度は信頼していますが。
というのは、もし再現性がないねつ造だとわかれば
発表した医師と協力企業は著しく信頼を損なうと思うからです。
これだけの発表なのですから、はっきりいって
学者生命・企業生命を賭けているのでしょう。

ついでにいえばリンク先の論文は、論じられた範囲に限定すれば
事実である可能性があるのではないでしょうか。
ただし、
・in vivoの実験でないこと
・単に企業と大学間でやり取りした書簡であること、
・具体的な効果を直接的にいっていないこと
これらの点で論文の性質にはかなりの差があります。
ですから事実だとしても「それで?」といった感じです。
創生水なるものの効能はわかりません。
ただ、なにがしかの効果があるというのであれば
何故より公的な治験へと進まないのかと不審に思うだけです。

やはり実際には、FDAや厚生労働省の治験を経て医療器具として認可されるかが
大きなポイントになってくると思います。
バイオラバーの場合は、そのような方向に進みつつあるようなので
(http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080702/biz0807021929017-n1.htm)
効果の有無が明らかになるのも時間の問題といえるかもしれません。
まぁ、そう簡単にはいかなさそうなのですが…

95 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/08/07(木) 08:43
>>94

「創生水」は、大学の名前を冠しながら、こんなにだめな実験しちゃってるよという例なのですが・・・
正直言って、医学系の実験には物理・化学系と比べてかなりいい加減なものがありますので、注意が必要です。

>やはり実際には、FDAや厚生労働省の治験を経て医療器具として認可されるかが
大きなポイントになってくると思います。

だとしたら、バイオラバーはだめですね。
なぜなら、がん治療に効果があるかどうかは、必ずヒトで試さなければなりませんから。

リンク先の記事は、最大限好意的に解釈して、FDAに治験の方法を相談しに行ったというところでしょう。
もし本当にマウスのデータで申請したのだとしたら、申請料をどぶに捨てるようなものです。
ヒトでの効果が未確認なものは100%蹴られます。
(「FDAに申請した」ということを売りにして販売拡大を狙っているなら、必ずしもどぶに捨ててはいないですが。効能と無関係な特許を取得して広告する手に似ていますね)

96 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/09/14(日) 23:10
健康365という本に紹介されているバイオシートはどうなんでしょうか。


97 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/09/15(月) 09:25
どうなんでしょうかって聞かれても、
バイオラバーそのものなのですが。

98 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/09/21(日) 23:14
バイオラバーは癌抑制遺伝子を活性化させる最小限の体温まであげる
物だと理解してますが、バイオラバーでなくても上がりそうなんですが。
なぜバイオラバーでないといけないんでしょうか?

99 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/09/23(火) 19:19
バイオラバーでないといけない
とは誰も言ってないと思いますが。

いけないどころか、効果があるかどうかすら定かではありません。

100 名前: 名無しさん@? 投稿日:2008/10/08(水) 04:09
>>94  www

U-tec.co.jp|広告出稿|(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]