aaaa

新201~

十二指腸癌

113 sakura
2010/05/11(火) 23:05
友人の話です。最初に閉塞性黄疸がでて、
手術をする為ステントをいれて黄疸0にして
十二指腸乳頭部ガンの切除手術をうけました。8時間に及ぶ
大手術で、術後膵液が漏れ胸水や黄疸にくるしみながらも、
抗生剤をうちなんとか3ヶ月の入院を経て
退院できました。ところが、退院後一ヶ月ほどで突然片方の足が腫れ
深部静脈血栓と診断。即入院となりました。肺塞栓になる可能性もあるため
ヘパリンとワーファリンを投与。その際のCTで肝臓に無数転移していることが
わかりました。ジェムザールを投与するという予定がすぐにたてられましたが、
入院中に高熱がでて、敗血症と診断され強めの抗生剤を10日ほどうたれました。
 そのため予定していたジェムザール投与が一週間予定よりもおくれ、再度
予定された日に診察にいき血液検査をすると黄疸が出ている為抗がん剤も
受けれないという事態になりました。また、血栓も残っている状態で
退院しても良いと診断されその後自宅療養しておりました。医者からは本人に
対して末期であるとすぐに告げたそうです。もう緩和ケアしかないというような
言葉もいわれたそうです。気持ちが落胆してしまい、状態も日に日に悪くなっていきました。
 またその医者は胆道ガンや膵ガンなんかにくらべると余後は良いといわれていたそうです。
 もし医療関係者の方がいらっしゃれば教えていただきたいのですが、
術後3ヶ月以内に転移、敗血症になるなどおかしい点はないでしょうか?
医者、病院側の対応といい術後の経過といい、インフォームドコンセントの杜撰さといい
納得いかないことばかりです。外科なので手術したいばかりだったのでは?
と疑問におもっています。また、この病気は手術しか方法がないのでしょうか?
この医者は他の選択肢を全く、伝えませんでした。術後5ヶ月以内に亡くなって
しまうことなんてあり得るでしょうか?
切らずにバイパス手術のみをして、抗がん剤をしていたほうが
長生きできたのではないかと疑問に思っています。
長々失礼しました。
 
新20
. 広告募集中2
名前 : E-mail(省略可) : 内容:
18歳未満利用禁止