aaaa

新201~

明細胞腺癌でも妊孕性を残しました。

39 まりも
2013/09/10(火) 16:27
はじめまして。
このような掲示板があり、とてもはげみになります。
みなさまのご経験を励みと参考に、私も頑張ろうと強く思いました。

私は29歳、結婚1年目で子どもなし。9月あたまに卵巣癌 明細胞癌と診断されました。
診断されるまでの経緯は
5月の健康診断で卵巣に水がたまっていて、大きさも大きいので詳しい検査が必要ですと言われ、
自宅近所のクリニックに行き血液検査を行いマーカーは白ですが
手術が必要かと思いますのでと診察され、大きい病院へ紹介されました。

咳喘息のため造影剤を投与しないMR後、境界悪性腫瘍ではないか?ということで開腹手術で片側卵巣、卵管、大網の摘出を8月半ばに終えました。
腫瘍の結果は明細胞癌Icで、受け止められず、考えると涙が止まらなくて何も考えずに数日過ごしていました。

今の私の状況は昨日PET検査を行い、病院側は全摘が一般的な治療だが妊娠の可能性も残す治療法も考えるためPET検査をしましょうと。
またセカンドオピニオンもぜひと言ってくれました。
子どもができることを諦める ということが、未だにのみこめず
すぐに選択は迫られますがどちらにしようか悩んでいる中で、こちらの掲示板を発見しました。

最初のスレッドから数年経っていますが、経っていてもこちらにたどり着くほど
妊孕性を残す治療を選んだ方々の情報は少ないので、私のような悩んでいる立場の方にも励みになります。
そして長い文になりましたが、選択に悩んでいる方がこちらに訪問した時のために
明細胞癌と診断されるまでの経緯を書かせていただきました。

選択した時、またスレしたいとおもいます。






 
新20
. 広告募集中2
名前 : E-mail(省略可) : 内容:
18歳未満利用禁止