aaaa

新201~

トモセラピー

28 名無しさん
2010/11/10(水) 04:05
>トモセラピーでの治療は副作用が少ない
かなり少ないということです。
理由は、例えば水晶体は18Gy当たると人は白内障に大抵なりま
す。ただ、トモセラピーは眼球を避けて照射できるということ
です。
ただし、避け切れない場合に5年間で5%の人に副作用を生ず
る線量程度が当たる場合はあり、その場合はその部分に副作用
の起きる人も出るかもしれない。
というのが疫学的な予想です。
副作用は、毛細血管拡張、病的骨折、壊死、閉塞、穿孔、潰瘍、
その他不全症候群等です。
もっとも、医師はこれらを説明したあとで「たぶん心配ないと
思います」と言うことでしょう。

>38回照射
トモセラピーでは、普通は分割照射法をとります。
理由は、低線量では細胞の回復能力が晩期組織反応(正常な細胞)
の方が、早期組織反応(がん細胞)より大きいために、がんは潰れ
て正常細胞だけが、復活することが期待できるからです。

また、腫瘍幹細胞(抗がん剤はきかないとされます)の増殖速度が
治療期間中の後半に放射線の影響で著しく加速されるので、これを
克服するために先進的な病院では、まれに加速分割照射法を加る場
合もあります。

分割照射と化学療法の同時併用するような場合は、計算が難しいの
で、強い抗がん剤はとりあえず止めることをお願いされると思いま
す。
 
新20
. 広告募集中2
名前 : E-mail(省略可) : 内容:
18歳未満利用禁止